2024年06月14日

セラコートも値上げのご連絡

USDJPY
ドル円の為替が2年近く掛けて形成された週足のアセンディングトライアングルを大方の想定通りに上抜けして青天井になってしまいましたね。
先日のNOSのリフィル同様、米国製のセラコートも価格を決めた当時から材料の輸入調達コストが50%近く上昇してしまいまして、万が一にもドル円が下抜けしたら値上げせずに済むから結果を待とうと薄い期待を胸に気長にやっていましたが、決着の着いた現状の結果を踏まえましてガッカリしつつ、値上げをすることにしました。

SBR_8558
とは言っても殆どの作業に於きましては一度に使用する材料代などは大して多くはないのでほぼ影響はない予定でして、一度に大量に塗料を消費するエンジン一機丸ごとなどの作業において若干塗料代を上乗せさせて頂く形での値上げとなりますので宜しくお願いいたします。

USDJPY1
それにしてもドル円がこんなにも仮想通貨のようなハイボラな値動きをするとは思ってもみませんでした。
日本の国力が如何に下がって円がゴミになっているかって話ですよね。

sankei
円の価値がゴミになろうが、国際影響力が下がろうが、上流だけはウハウハなようで、上流の懐が温まれば自分のような愚民が死のうが知ったことかwって話なんでしょうけど。

ちなみに以前から不思議なのですが、ニュースなどで円安のニュースの際に上昇チャートを使用していますが、円の価値が下がっているのになぜ上昇しているチャートで報じるのでしょうかね?
USDJPY2
円の価値が下がっているのですから普通ならこのように下落チャートを使うのが普通だと思うのですが、国民感情を逆なでしないようにこうゆうのも印象操作の一環なのでしょうかね・・・。

IMG_4379
以前にツイッターに流れていたこの画像が笑えて好きなのですが、現在の円安相場では富裕層だけが儲かっている現状、国民が株式側の心境で、日本のお偉いさん方が皆、仮想通貨寄りな気がしてなりませんね。。。





akane380 at 04:27|PermalinkComments(4)

2024年06月05日

TMRキャブレターの使用に関する注意点

先日にTMR-MJNキャブレターの新品状態からの不調の件(新品のTMR-MJNのオーバーホール作業
)とメーカーにオーバーホールを依頼しても不調が治らなかった件の記事(TMRキャブを扱うメーカーの技術力)を公開させて頂きましたが、かなり反響?がありまして、同じような状況に悩んで有られる方が沢山居られたようで、沢山の作業のご予約をいただいたのですが、TMRキャブレターを使用しているオーナーさんでこのブログを偶然見てくださっている方なんてTMRオーナー全体の0.1%にも満たない数でしょうから、0.1%未満の方からでさえこれだけの反響があるという事は相当な数のオーナー様がトラブルに合われているのではないかと。
今のところ新品時からアイドリングが上下して安定しないが2割ほど、あとはオーバーホールに出して戻って来ても不調が治っていないというのが8といった割合です。

で、” メーカーにオーバーホールに出したのに不調が直っていない ” とか、” 新品なのに既に二次エアを吸ってアイドリングが乱高下してしまう ” というのは論外として、今回はオーナーさんサイドによるTMRキャブレターの不調を招くパターンとして、
其の一:セッティングが必要以上に濃い状態で乗っている
其の二:攻撃性のある燃料添加剤を使用している

の2パターンをご紹介したいと思います。

SBR_2236
まず初めに一番多い不調を招くパターンはセッティング不良によるVシール周りへのダメージで、不調で入庫してくる多くのTMRキャブレターは画像のキャブレターのようにスライドバルブ周りが燃料の成分で湿っている個体が多く見受けられるのですが、このようなセッティングの濃い状態で使用を続けていると・・・、

SBR_8491
やがてこちらの画像のようにスライドバルブの湿った部分に汚れが蓄積していき、

SBR_8493
キャブレター内部のジェットブロックなどには煤が溜まり、

SBR_8502
パイロットスクリュの先端にも煤がこんもりと溜まってアイドリング付近のセッティングを狂わせてしまいます。

SBR_8506
そして一番の問題が、Vシールと共に機能するこちらのアルミリングが汚れによって溝の中で自由に動けなくなり動きが悪くなってしまい、

SBR_1389
濃い状態で使用を続けていた事でガソリンに浸され続けたVシールは本来の形を維持できずに変形をしてしまい、密閉を保てなくなるのでアイドリング不良などの不調を発症するようになってしまいますので、TMRキャブレターに於かれましては、あまり濃い状態での使用は避けた方が良いかもしれません。

また、オーナー様のお話を聞いていると街乗り用のバイクという事で安牌を取って濃い目のセッティングで乗っている方が多いようですが、
SBR_3637
TMR-MJNキャブレターに関しては霧化された燃料が大量に吹き返してポート内に付着しますので、必要以上のジェッティングには注意が必要かと思います。
※画像は噴射イメージです。

SBR_3648
ちなみに作動時にはベンチュリーが働きますので左右には広がらずにこのような感じで吸気の脈動効果によって羽のように前後にパタパタと吹き返しと吸気を繰り返して煽るような動きで作動しますが、低開度域などの流速の遅い領域ほどMJNはVシール周辺が濃い状態になり易いかと思いますので、街乗りでゆっくり乗る方ほどセッティングには気を付けなくてはいけないかもしれません。

そしてTMRキャブレターで不調を起こす原因で次に多いのが燃料添加剤による影響での不調ですが、SBR_8001
燃料添加剤の成分が悪いのか?燃料添加剤の分量をしっかり測って濃度をきっちりと守って使用しているのか?など、使用条件が分からないのではっきりとはしていませんが、ワコ〇ズの添加剤とFCR〇〇という添加剤を入れ始めてから調子が悪くなったという症例が何件も上がっていますので、TMRキャブレターのVシールに限らず、FCRキャブレターのリップシールも同様に燃料添加材で侵されてしまいますので使用に際しては注意が必要ではないかと思います。

order
ちなみに余談ですが、京浜のFCRキャブレターなどの場合には部品が欲しくなったらビトーR&Dさんにメールをすれば100個単位でも直ぐに入手可能ですが、TMRキャブレターに関してはメーカーの部品供給力が低くく、日常的に使用するような主要な部分のOリングでも基本的に受注生産で納期が2.5ヶ月〜半年というのが普通なようで、ミクニに紹介された代理店さんも基本的に在庫が乏しく、国内だとWebikeさんが一番多く在庫を抱えているので頼りっぱなしですが、それでも在庫切れが多くてTMRキャブレターを扱い始めてから部品の調達が一番手を焼いている部分だったりします。。。
現行のレーシングキャブレターなのにセッティング変更などで必要な時に必要な部品が入手出来ない、このような部分でもミクニのキャブレターを使用する上では注意が必要な点かもしれないですね。



akane380 at 02:06|PermalinkComments(0)│ │TMRキャブレター関係 

2024年05月25日

NOSリフィル料金改定のお知らせ

SBR_1560
NOSのリフィル(充填)サービスを行い始めてから、かれこれ10年以上経つのですが、今まで一度も値上げを行わずにおりまして、

SBR_0393
その間に何度も仕入れコストが上昇し、今では当初の5割増し程度になっておりまして、そんなに大量に出るものでもないし多少の赤字ならまぁ良いか。と、限られた場所でしか提供していないサービスで、レースに出る為にこれが無いと困る人も居るので必要な人達でシェアしましょう程度に値上げをせず適当に据置きのままサービス感覚でやっていたのですが、ここ最近の値上げが影響してか? 4輪関係でNOSのリフィルを行っていたショップさんが連続して何件かリフィルを辞めてしまったようで、4輪で使用する10lbや15lbなどの大瓶でのご依頼数が急に増えてしまい、ハイペースで出れば出ただけ赤字が膨らむのでこのままでは流石にやる意味が無いな。。。ということで今回初めて値上げをさせて頂く事になりました。
新しい料金は流石に5割増しとまでは行きませんが、現在の2400円から昨年段階的に値上げされた25%分を加算した1lb=税抜き3,000円とさせて頂き、2024年6月1日より適用となりますのでご依頼の際には宜しくお願いいたします。





2024年05月17日

テイスト・オブ・ツクバ

先日コーイチさんからテイストのチケットを頂いたので、久しぶりに筑波サーキットで開催されたテイスト・オブ・ツクバを観戦してコーイチさんの応援をしてきたのですが、
IMG_4203
思い返してみれば、2年前くらいにコーイチさんの新しいフレーム製作のお手伝いをしてから一度も行けていなかったので、今回2シーズン振りくらいでしたが、

SBR_8350
相変わらずテイストは大人の運動会状態で観客もエントラントも皆さん凄い熱気でした^^

SBR_8092
ちなみにフレームの方も走りに悪影響のあるような問題は無さそうで予選で58秒台を出して6番手・・・、58秒台を出しても6番手ってのがまた凄い話ですが、

SBR_8178
久しぶりにテイストを観に来たらイエローコーンさんがオリジナルフレームに現行のZX10Rのエンジンを積んだモンスターマシンを2台持ち込みエントリーしているようで、

SBR_8401
画像の先頭からオリジナルフレームに隼のエンジンを積んだ隼仕様のマシン、オリジナルフレームに新型のZX10Rのエンジンを積んだZ1000仕様のマシン、H2R、先のイエローコーンのオリジナル車両の2台の計5台がそれぞれプロのライダーによるライディングにてバックストレートではぶっちぎりの速度差で駆け抜け、ぶっちゃけイジリ倒して180馬力前後の車両でワイワイガヤガヤやっていたところに純正200馬力超えのエンジンを積んだプロの上位ライダーが参戦してきたら勝負になりませんよね。
で、嫌なら見なきゃいいじゃん!を実践して観に行くのを止めて足が遠のいていたのを現地に行って思い出しましたw
個々が造ったオリジナルフレームに最新のハイパワーなエンジンを積んでプロのレーサーがライディングする様はレース内容的には凄く面白いのですが、なんか以前まで愛車をイジって入賞圏内を目指して切磋琢磨走っていた古参の人達が全員無理ゲー状態になってしまっている様を見るのも気が引けてしまってなんか・・・ね、と。
レースなので一台でも飛び抜けたハイパワー車が入ってきてしまうとレギュレーション内で勝つための手段は選ばないのは当然で、その相乗効果で全体のレベルが上がっていくのが普通で甘ったるい自分の考え方がいけないのは分かってはいるのですが、混走のままベースとなる純正エンジンの馬力を190馬力とかを境にクラス分けとかすれば良いのにと。。。

SBR_8353
ただ、本戦が始まって前5台の後を追うコーイチさんとの間に割って入ってきたCB1100Rが居まして、カッコ良いけどこれも現行のエンジンを搭載した専用マシンか?とその場で画像を確認してみると、

SBR_8173
なんと、空冷の純正エンジンペースの車両で、この車両でよくあのトップグループに食いついて行くな・・・なんて思ってみたら、

SBR_8355
このマシンを操っていたのはMotoGPやホンダのワークスライダーを務めていた宇川徹さんだったようで、滅茶苦茶ガチプロやないかいっwと。
ただ、マシンに優位性は無いので、絶版車をフルに使い切っての熱い走りはテイストらしくて見応えがあって非常に格好良かったですし、あれだけパワーを出しつつ長時間の酷使に耐えられるエンジンを作った方の腕前も結構なものだなと。そうゆう昔ながらのチューニング的な要素を楽しむのが個人的なテイストらしさだったもので、なんか最近の新型エンジンスワップにネガティブな感情を抱いてしまってすみません。
そしてコーイチさんは本戦の途中で補器類のトラブルによって戦線離脱しDNFで終了。

SBR_8462
SBR_8464
それにしてもトップグループを走るプロの方達は本当に凄い走りで迫力があり、それなりのリスクを背負ってギリギリの走りをしているのが凄く伝わってくるのですが、このファイナルラップで先頭に躍り出たZ1000のライダーさんだけは一人だけ背負ってるリスクが違う走りで、この狭い筑波サーキットで前後輪をハーフスライドさせながらコーナーを駆け抜けていく様は見ていてドキドキで、純粋にレースとして観た時にはかなり楽しいイベントですので、これからもっと盛り上がる事間違いなしでしょうね^^




akane380 at 03:35|PermalinkComments(0)│ │イベント観戦 

2024年05月11日

TMRキャブを扱うメーカーの技術力

自分は中学を出て直ぐに飛び込みで近所のバイク屋にアルバイトとして業界に入ってから今まで30年ほど修業を続けているのですが、SBR_8007
その修業人生の中で20代の前半まではもう辞めようかと考える事がよく有ったのですが、そんな心が折れそうになった時に心の支えとなってくれたのが1995年の17の頃に上野のバイク街に行った際に見つけて購入したPOP吉村の伝説というヨシムラ創業者である吉村秀雄さんの半生を紹介した本で、この本が発売された数か月後に吉村さんがこの世を去ってしまったので、その人となりが知りたくて空いた時間に少しずつ読み進めて ” こんなに苦労をしてきたのか・・・。 ” と、まだまだ自分は甘いと気合いを入れ直し、その後4輪の世界で修業をするようになった頃に出逢った本田宗一郎伝を読んでやっぱり自分はまだまだ甘い!とやって来た訳ですが、

SBR_8008
そんな修業時代に使っていたスクラップブックの表紙にはヨシムラのステッカーを貼って、

SBR_8009
見開きの裏側には明治38年12月21日に連合艦隊司令長官の東郷平八郎さんが連合艦隊の解散式で読み上げた「聯合艦隊解散之辞」の最後の一節を吉村さんが書したものをプリントして貼り付けて、追い込まれて心が折れそうな時にこの一節を心の中で読んで気合いを入れ直して耐えた事が何度もあるくらい、自分の中で吉村秀雄さんは本田宗一郎さんに並んで精進する上で心の支え的な崇拝する存在であり、それは今でも変わらないという事を前提に今回の記事を書いております。


半年ほど前になりますが、一件のコメントを頂きまして、SBR_コメント
コメントの内容は、TMRキャブレターによくある「アイドリングが不調になったTMRキャブレターのオーバーホール作業をメーカーに依頼して戻ってきたら不調が改善されていなかった」ではなく、「アイドリングが不調になったTMR-MJNキャブレターのオーバーホール作業をメーカーに依頼して戻ってきたら不調が更に悪化していた」という内容で、その後メールにてやり取りをさせて頂き、当該のTMR-MJNキャブレターのオーバーホール作業をウチの方に改めてご依頼頂ける事になったのですが、

SBR_2994
TMR-MJNキャブレターがガレージに到着し、今回はどんなミスをメーカー ” Y ” が犯したのかと興味津々にワクワクしながらオーバーホール作業を開始したのですが、今回も期待を裏切らない仕上がりで、こんなレベルの人間がキャブレターを扱う位にあのメーカーは人手に困っているのか・・・と、噂に聞くアルバイトがマニュアル片手にオーバーホール作業を行っている説もあながち冗談ではないのではないか・・と頷ける仕上がりの作業レベルに驚きましたが、

SBR_2983
まずはオーナー様がメーカーにオーバーホールを出して戻ってきたら不調が悪化していたという原因部分がこちらですが、

SBR_2984
普通に考えてこの接着剤の使い方はプロはしませんよね・・・。
このボンドの使い方を見て一瞬、オーナー様自らが分解した可能性も脳裏に過ったのですが、この部分のOリングは一般の人は入手が出来ませんので普通であればリスクを冒して一度剥がす事はしないだろうという事と、何と言っても、このメーカーの組み付けミスの特徴である真ん中の丸いOリング形状がクイっと引っ張られたような形で変形しているのは紛れもなくメーカーの作業者しか出来ない技で、

SBR_3306
自分も同じミスを犯さないように何故あのような変な組み付け方が起こるのかを一度試しに再現をしようとしたのですが、余程変な組み方をしているのか?こちらではあの変形させる組み付けを再現する事は出来ませんでした。
なので、メーカーでは何らかの治具を使ってジェットブロックを組み付けているのでは無いかと考えていますが、そのような状況判断からしても、この組み付けを行ったのはメーカーで間違いは無いだろうと考えておりますが、こんな仕事をするほど落ちぶれているなんて正直悲しいですね。

SBR_3305
ちなみに今までに、数十機ほどメーカーにオーバーホールを依頼したのに不調が改善されていないというTMR-MJNキャブレターのオーバーホール作業を行わせて頂きましたが、毎回不思議なのがちゃんとOリング類を換えているのか?という点でして、O/h直後の個体なのにOリングが劣化していて何故?と思う事が多々あるのですが、交換した部品を返却しない隠蔽体質なメーカーの作業姿勢には不信感しかありません。

SBR_3322
ちなみに新品のVシール自体にも注意点が必要でして、

SBR_3313
これらを単純に新品に交換しても不調が改善されない事が多々ありますので、TMRに関しては個々の調整が必要になってきます。


SBR_3327
そしてOリング類を新品にて組み直しを行わせて頂きまして、組み付け後のチェックを行って納品ですが、始動チェックの結果、問題無く作動し不調も改善されたようで一件落着となりました^^
今回ご依頼を頂いたTMR-MJNキャブレターのメーカーでの仕上がりは完全に素人作業な仕上がりで、今回の物は特に酷かったのですが、基本的には毎回同じような作業で不調が改善されていない場合が多く、作業レベル的に今のメーカーには熟練工のような技術者が不在なのか?と考えていますが、ここ最近ニュースなどでも大手メーカーの不正だの改ざんだののニュースなどもよく流れていますが、技術大国日本も終焉なのでしょうかねぇ。。。
古き良き時代、本田宗一郎伝とPOP吉村の伝説この2冊は今でもAmazonなどで中古で安く入手出来ますのでお勧めです。




akane380 at 06:12|PermalinkComments(2)│ │TMRキャブレター関係