2020年02月18日

Dragyでスタート練習

SBR_1149
待ちに待ったV-MAX1200のドラッグレース1/4mile 9秒台チャレンジが今年も幕を開けました^^

SBR_1220
前回のシェイクダウンでは5回の走行で10.9秒から10.4秒台までタイムを縮めて、最後はシリンダーのガスケット抜けでリタイアとなってしまったのですが、

thumbnail_IMG_9210
その後、シリンダーのガスケットを交換してオーナーさんが一人旅立って走ってきた北海道の地では10.3秒までタイムを縮めて、あと少しで目標の9秒台入り・・・というところでシーズンが終了したのですが、とりあえず来年(今年)の寒いセッティング的に一番パワーの出せる時期のセントラルで一気にタイムを狙う方向で進めて、一気にタイムを狙う作戦としてドラッグレースで一番肝心な60ft区間のタイムを詰めようと考えた訳ですが、

SBR_0308
上のタイムシートはどちらも自分の12Rで仙台を走った時の物ですが、1/4mile通過時の速度差は殆どありませんが、スタート後の60ft区間のタイムが0.1秒違うだけでゴール通過時の1/4mileのタイム差が0.25秒近く開いて、前半の0.1秒が後半のタイムに大きく影響しているのが分かるかと思います。
このスタート時の加速度を上げるためにレース前には練習をするのですが、正直今まで自分の時も含めて練習を行っても見た目や音、雰囲気的な判断だけで本当にタイムが良くなっているのか?などを知る事が出来ず、とりあえず練習したしなんとかなるだろう・・・というお守り的な感じでやってきました。

SBR_1110
そしてクラッチの仕様変更などでいよいよ効果や変化が詳細に分からないと辛くなってきた時に、電気関係の仕事をしている先輩が見かねて自作の計測装置を作ってくれてそれに合わせて簡易的なクリスマスツリーなども作ってみたりもしたのですが、最終的に作ってもらった基盤や電気回路の仕様を自分がはっきりと理解できずにインテリアとなって終了。。。と、なかなか上手く行かない事もありましたが、今は時代が進んで非常に良い製品があることを知りました^^

SBR_0980
それがこちらですが、富山のサブライブさんが2年ほど前から輸入し販売をしているGPSを利用したドラッグレース専用の計測システムで、その名も『 Dragy 』です。
現時点で昨年末からの在庫切れが続いて入荷待ちとなっておりますが、価格は19,800円(外税)で購入は下記専用の販売サイトから購入ができます。
販売専用サイト:http://dragy.jp/index.html

dragy
製品の仕様はこのような物らしいです。

SBR_0981
そして本体のサイズは非常に小さく軽量で、

SBR_1083
専用のアプリが無料で配られていますので、ios端末かandroid端末を使用してアプリをインストール後にBluetoothで携帯などと接続してセットで使用します。
使用方法は非常にシンプルで電源ボタンすらなく、携帯などでアプリを立ち上げ、この2つをBluetoothで接続すると勝手に電源が入りますので、両者を持った状態でスタートボタンなどの操作を必要とせず、停止状態から走り出せばその都度自動的に計測を開始して、1/8mile以上走れば結果がスマホ側にその都度保存され、後で遡って確認が出来るといった内容です。
なのでバイクなどでグローブをしていてもポケットに入れておけば自動的に計測を開始してくれますので、「アプリを立ち上げて接続する⇒ポケットに入れて走る⇒結果を見る」だけの動作しか要りませんので非常にシンプルです。
※ その他にスマホのカメラと連動した動画撮影モードもあるようですが、そちらはまだ試していませんので省略します。

iphone_IMG_3171
そして計測出来る項目は距離だけでなく、それぞれのスピードへの到達時間など選択して希望する項目の計測が可能です。

iphone_IMG_3115
そしてこちらが計測結果の画面ですが、下記に表示されるタイムの他に加速Gや速度、気温や高低差なども同時に記録されます。

iphone_IMG_3170
そしてそれらのデータはこのように保存されていきますので、後から仕様の違いによる加速Gの変化などを比較検討をする事が可能です。

SBR_1037
という事で説明が長くなりましたが、先ずはシーズンオフの間眠っていたマシンの調子を見る為、シュアショットさんにお邪魔してシャシ台上で吹け上りのテストなどを行って、

SBR_1060
その足でいつもの地元の練習場に移動をして早速Dragyを使って練習開始ですが、

Dragy0001
当初、目指せ1.6秒台!なんて話で始めたものの、走行時のタイムを比較出来るようになると残酷なもので、いろいろ試しても全然タイムが縮まらない現実を突きつけられ、結果は詳しく知らない方が良かったのかも・・・とか考えてしまったりで「兵庫まで遠征遠いなぁ・・・」なんて希望が見えない状況に軽く凹んで足が重くなってみたりw
で、流石にこれはマズイですよ・・・ということで、数日後にまたオーナーさんに時間を作って貰って補習をしたのですが、今回はスタートの苦手な自分に代わって特別講師として遊心のコーイチさんを誘ってオーナーさんにアドバイスなどを頂いて、タイヤの空気圧やリアサスのセッティングなど自分の苦手な部分をいろいろ教えて頂き、それにオーナーさんも頑張って応えた結果・・・、

Dragy0002
やっとコンスタントに60ft区間のタイムが1.6秒台に入るようになって、なんと加速Gが一般舗装路で2Gを超えるまでにw
これはイケるぞ!と希望をもたらす良い機械にDragyはなりました^^
このように仕様や走り方などの変化を比較検討をするのに非常に有効なアイテムですので、エンジンやクラッチを消費しながら無闇やたらと走って練習するくらいなら買っても損は無いかと思います。
特に今回のように片道600勸幣紊發△0泊3日な修業のような過酷な遠征の場合は希望があるのと無いのとでは精神的な面も非常に大きいので・・・w
ということで、今週末のセントラルサーキット周辺の天気が今のところ非常に微妙ですが、出来れば走りたい、でも雨なら・・・

SBR_9060
筑波で開催されるAttackを観に行きたいw
どうして予定が被ってしまっているのか・・・w
関東も天気が微妙ですが、関東も関西も晴れる事を願って、走れば結果は出ると信じて行ってきます^^

2020年02月05日

フルコン化に向けたハーネス処理

SBR_9686
前制作者さんのセンスでハーネスやら配管やらが縦横無尽に張り巡らされて街中でカラスが作った巣のような状態だったV-MAX1700ですが、スペース確保の為にABSユニットの撤去と、そろそろフルコン化に向けたハーネスの処理を・・・と作業を開始しましたが、何がどうしたらこうなったのか意味不明が数多く点在するこのV-MAXのハーネス処理は元の状態に戻すまでが非常にストレスの掛かる作業で、配線図と睨めっこしながら一本ずつ役割を理解しながら断捨離をしての作業で大変でした・・・。

SBR_0954
そしてABSユニットとエンジン制御系のハーネスも不要となるので全て裁断して・・・、

SBR_0952
全体的に不要なスイッチ類や配管なども撤去し、メインハーネスもかなり細径にする事が出来ましたので、ハーネス関係でサージタンク周りの取り回しがギチギチだったのもこれで少し余裕が生まれて解消出来そうです^^

SBR_0958
そしてエンジン回りのセンサー類なども全て撤去してしまったので、タンクカバーにセットされているメーターの幾つかが機能しなくなってしまったのですが、ハーネスを作り直してあげたらちゃんとに動くことが判明♪

SBR_0976
とは言え、当初このタンク下のスペース内にサージタンクやら水冷式のインタークーラーやらそのポンプやらと非常に狭いスペースにギリギリの間隔で詰め込んでしまったので、スペースの関係上このタンクに設置されたメーターは撤去して塞いでしまう計画だったのですが、どうしようかなと。
ここでこのメーターを再利用するとなると色々当たってしまって当初の予定から再度フィッティング類の変更と取り回しの変更が・・・。
希望が見えたようで実は絶望だったというオチでした・・・。





akane380 at 05:40|PermalinkComments(6)│ │V-MAX1700 ターボ製作 

2020年01月22日

三協リール 修理

iphone_IMG_2834
それにしても今年は預かり修理の作業予定が多いので、モノで溢れてゴミ屋敷状態となってしまったガレージのスペースを広げるべく年末の大掃除でガレージ内を整理したのですが、溜まりに溜まった段ボールが畳んだ状態でも軽トラ一台分もあって、良くこれだけの量を貯めていたなぁ・・と自分でも驚いてしまいました^^:

SBR_9436
そしてガレージの使い勝手を良くしようと、リールタイプのエアホースリールが欲しいなぁ・・と思いつつ、ちゃんとした品を買うとなると新品で4万近くかぁ・・そんな綺麗なのも要らんなぁ・・・と、2年くらい前に欲しい型のリールがジャンク品として確か2千円くらいでヤフオクに出ていたのでそれを買って、以来ずっと置きっぱなしだったのですが、今回やっとガレージも整理されてこのリールに光の当たる時がやって来たので活用するべく直す事に。

SBR_9443
で、出品時には作動確認が取れていないという理由でジャンク扱いだったので、実際にジャンク品なのかをチェックするためコンプレッサーと繋いで圧縮空気を送って問題の有無を確認してみると、接続部分からのエアー漏れと内部からもエアー漏れの「シュー」っという音が聞こえてくるのでホースが劣化しているのか?はたまた Oリングが逝ってしまってるだけかな?と、内部の状態を確認する為、早速分解して確かめる事に。

SBR_9445
で、外装の外周のネジを6本ほど外してカバーを取りますが、当初戻りバネが効いているので中のシルバーの蓋を外した途端にビックリ箱のようにホースが勢いよく回転して飛びだすのではないか・・・と恐る恐る蓋を外しましたが、リールのストッパーが効いているのでゼンマイのように巻かれているバネの力が一気に解放されるといった事も無く、意外に簡単に分解修理が出来る事が分かりました^^

SBR_9448
そしてストッパーで巻かれていたバネの力を逃がしてフリーにしてからホースを取り出して軸受け部分のOリングをチェックしてみると、3か所あるOリングの全てが劣化してカチカチに。

SBR_9451
とりあえず一般的な規格物だろうからアストロのOリングセットとストレートのOリングセットのどれかの規格が合致するだろうと、適当に近いサイズのモノを代用して組み付けて・・・、

SBR_9452
再度コンプレッサーからの圧縮空気を接続してリークチェックを行ってみると漏れも止まって、まだまだ使えるホースリールをお安くゲット♪

SBR_9453
折角なのでホースも新品に変えて長さも増やそうか・・・? と考えたのですが、ホースの状態は弾力もあってまだまだ使える状態なのでそのまま再利用する事にして組み立てですが、まずはホースをリールに巻き付けて、

SBR_9455
その後に巻きバネをグルグルと回して戻りバネのテンションを掛けますが、元々のバネの巻き回転数が9回転だったのですが、元の巻き数だと戻りのバネの勢いが強すぎて、不意にリールのロックを解除してしまった時に勢いよくホースが戻ってしまい、その際に周りのバイクなどにエアガンがヒットして傷を付けたら嫌なので、敢えて戻り回転数を若干抑えて最後の方で巻き戻る勢いが落ちるようにセットして組み上げました^^

SBR_9535
そして作業性や使い勝手を考えて、自分の可動範囲をカバーできるように設置をしますが、やはりリールタイプだと収納が楽でホースに躓いてコケそうになる事もなく、なぜもっと早くに直して使わなかったのか・・と後悔するくらい作業環境が良くなりました^^

51fZnAHcmML._SL1024_
ちなみに本来の設置方向は今回の向きとは逆なのですが、戻りバネの力を弱くした関係で今回は戻り口を下向きにして使っています。
設置の際にはお間違えの無いようご注意ください。

SBR_0485
という事で工具箱上のデッドスペースも棚を作ってずっと作りたかったカッティングプロッタ用の置き場所も確保で作業性が更に良くなりました^^

で、片付いたのも束の間・・・SBR_0493
正月早々に壊れたテレビをネットで買い替えて、家に運んでこられても直ぐに交換出来ないし・・・とガレージに配送してもらったら凄く邪魔で急いで買わなきゃ良かった・・・と軽く後悔中。。。

iphone_IMG_2959
そして話は飛びまして、先日、V-MAX1200のオーナーさんと仲間と今年の1200のタイムアタックに向けた予定を考えつつ都内でご飯を食べて・・・の流れで、帰り掛けに浅草寺に寄っておみくじを引いてきたのですが、

iphone_IMG_2954
今年は吉で書いてある事も非常に前向きに良い事が書かれていたので、この内容が結果的に当てはまる一年になるよう今年も全力で努力し精進していきたいと思います^^

akane380 at 03:08|PermalinkComments(2)│ │作業記事 

2020年01月15日

東京オートサロン2020

SBR_0103
新たな一年のスタートという事で、今年も新年一発目のイベントとして東京オートサロンに行ってきました^^

SBR_9934
オートサロンの来場者数の推移を毎年見ていると増加傾向にあるようで、今年は輪をかけて例年以上に混んでいたように感じましたが、先ほど調べてみたらなんと今年も3日間で33万人もの来場があり、昨年比1.6%増だったとの事で、その中でキャンギャル目当てと車目当ての割合がどの位かが気になる所ですが、日本の基幹産業である自動車産業を象徴する東京モーターショーの一日当たりの来場者数を改造車の祭典が超えてしまうという手放しに喜べない状況の中、まだまだ自動車のカスタム業界は世界に向けて盛り上がれそうですね^^

そして、今年の注目株といえば・・・SBR_0016
SBR_0018
SBR_1051
SBR_0053
トヨタがリリースしたGRスープラかと思いますが、純正はパッとしない印象でしたが、HKSさんなどワイドボディ化された新型スープラは普通にカッコ良かったです。

SBR_9876
そしてワイドボディと言えばRAUH-Weltさん、

SBR_0181
それとLiberty Walkさん。

SBR_0172
そのLiberty Walkさんが制作してきたER34+L型E/gのスーパーシルエット仕様のSKYLINEが個人的に以前に製作途中で断念したR34の顔面をスワップしてSR20E/gを積んだR32の完成形のイメージがこんな感じだったなぁ・・・と、身近な車種をベースとしていて、発想や纏め方が今回のオートサロンの中で個人的に一番良かったように感じました^^

SBR_9971
ちなみにチューニングカー部門での最優秀賞を獲得したのはRE雨宮さん制作の SA22Cをベースにしたストリート-7 IMSA仕様で、まさか車業界にも” 当時物 ” 仕様的な流れがやって来るのか・・・と思ったら、往年の名車のリメイク仕様とのことで、ワイドボディ化など進化されていました^^

SBR_9931
そして会場内を歩き回って、今回の目的の一つである富山のSABULIVEさんのブースにてドラッグレースを手軽に楽しむアイテムを購入するべくお話を伺いに行ってきましたが、残念ながら現在売り切れ中との事で、そのアイテムが入荷しましたらこちらのブログでご紹介したいと思います^^

2020.2.18更新
ゼロヨンタイム計測装置『 Dragy 』に関する記事を下記URLにアップしました
http://secretbase-racing.com/archives/2020-02-18.html


SBR_0246
そしてモーテックの件でいつもお世話になっているAVOさんの隣のHoosierさんのブースにはいつも明るく接してくれるコテツさんが居たりと、業界の関係者さんが一堂に会するので新年の挨拶回りも出来て良い一日でした^^

SBR_0224
そして先日のV-MAX1700の配線制作の件などのお話をしつつ、AVOさんのブースには各サイズのカラーディスプレイが展示されていたのですが、

SBR_0244
SBR_0241
メーターのデザインを自由に作れる事は知っていましたが、外部カメラを接続してスイッチ操作でモニター代わりとしても使えるようで、バックミラーを付けない自分としてはバックカメラをセットすれば後方確認が出来る・・・と、ちょっと夢が広がりました♪

SBR_0203
場所が変わって会場外には昨シーズンまで活躍していたGT500のマシンが展示されていて、

SBR_1070
今季からLEXUSに代わってトヨタのGRスープラが走り、ホンダのNSX-GTもエンジンの搭載位置などが大幅に変わってどのような勢力図が生まれるのか? 今年は富士か鈴鹿か茂木の何処か一戦くらいは観戦に行きたいなぁ・・・と。

SBR_0097
とりあえずホンダが好きなので各レースでホンダを応援しつつ、今年も各レースの開幕が楽しみですね^^

最後に・・・
SBR_0257
ドラッグスリックの印象の強いHoosier ( フージャー ) Racing Tireですが、実は筑波サーキットのFF最速マシンに使用されていたタイヤもHoosierだったりと、ドラッグレース以外でも性能を発揮しているHoosier Racing Tire ですが、

SBR_0254
そのHoosier Racing Tireを国内で扱うDEEP STAGEさんから " 誰かモトクロス用のタイヤを使ってくれる人居ないかな? ” との事で、完全なレース用タイヤですので限られた人向けとなりますが、モトクロスでレースをされている方がもしこの記事を見てくれていて、下記URLのカタログのタイヤに興味がお有りでしたら是非 secretbase-racing@nifty.com までご連絡を宜しくお願いいたします^^

〜以下DEEP STAGE様のHPより抜粋〜

2018年新発売
2輪バイクのオフロード競技用に新しく開発されたモトクロスタイヤです。
2018年より販売開始されたまだ新しいタイヤですが、すでに全米のモトクロス選手権で実績を伸ばし、各クラスを制覇している今、全米のモトクロス界で話題のタイヤです。
異次元のコーナリングスピード、ブレーキング及び加速を体験して下さい!
様々な路面コンディションに対応する為のコンパウンドが用意されています。

フージャータイヤ モトクロス カタログHP





akane380 at 03:14|PermalinkComments(2)│ │イベント観戦 

2020年01月07日

また1年頑張っていきましょう

SBR_9559
改めまして、新年あけましておめでとうございます。 
今年も無事にガレージで新年の抱負や予定などを考えながら年越しの瞬間を迎える事が出来ましたが、今年は毎年聴こえていた近所のお寺の除夜の鐘の音が聴こえず、まさか苦情問題がこんなところにも来たのか?・・・と、加速度的に変な国になってるなぁ・・・と煩悩を消すどころか、ちょっとイラっとして109つ目の煩悩が誕生した寂しい年越しでした。。。

SBR_9618
で、寂しいと言えば、毎年お正月の三が日くらいはご近所に配慮してコンプレッサーの機械音など音の出る作業は行わないようにしようと、今年の元旦はVMAX1700のハーネス制作の準備で配線図とカプラーの組み合わせを探して過ごしまして、

SBR_9636
VMAXのカプラーとMoTeC M1のカプラー形状が同じという事に気が付き、純正ハーネスの使える部分だけピンを組み替えて使おうかなぁ・・・などとうだうだとやって、夜の9時位になって寒くなって来たし今日は帰って年末に録り貯めた番組でも見るか・・・。と帰ったのですが、

iphone_IMG_2867
テレビを付けて見始めたら正月早々テレビが壊れて勝手に監獄仕様になってしまい、おいおいホントかよ。。。と、テレビも見れないしガレージに戻って作業するか・・・と、服を着増ししてガレージに向かって、

コソコソとVMAX1700のオイルフィルター用のブラケットを作っていたらSBR_9599
何も難しくないネジ切り作業で「ポリッ」とタップが折れて心も折れるという踏んだり蹴ったりなお正月を過ごしていました。。。

旧ブログ
まぁ極めつけは年末にとある方から連絡を頂いて教えていただいた ” 古いブログが消えてますよ ” という衝撃の新事実発覚でしたがw、なんだか設定を間違えて消えてしまったようですw
とりあえずお金が出て行って煩悩が溜まる1年になるっぽいので、今年の年末には除夜の鐘の音を高速300連打くらいお願いします!ということで、いつ終わるかも分からない人生ですので、どのタイミングで終わっても悔いの残らぬよう楽しんで、今年も一年間前傾姿勢に前向きで頑張りますw





akane380 at 03:48|PermalinkComments(6)│ │作業記事