2017年05月17日

いろいろシーズン in

SBR_2701
先月あたりから2輪も4輪もレースシーズン突入でNOSガスのリフィルの依頼件数も徐々に増えてきました。

それに伴って増えるのが気温の上昇によるトランポや車内での保管やガレージでの保管時に起きるボトルの破裂ですが、SBR_0022
破裂といっても爆弾のようにボトル自体が爆発するわけではなく、画像のセーフティーディスクという一定の圧力に達すると破れてボトル内のガスを抜く安全装置が働くだけですので見た目に破裂したのかが分からず、せっかくリフィルをして意気揚々とレースに出かけてもいざと言う時にボトルが空だった・・・。というあるあるネタ的な経験を積む羽目になりますので、これからの時期はボトルの保管と取り扱いにはくれぐれもご注意ください。

SBR_2675
そしてこちらはボトルバルブの修理ですが、NXのボトルバルブは栓の不調から信頼のNOS社製のボトルバルブに交換で、NOSボトル側のバルブは振動によって折れてしまったサイフォンチューブの交換という内容ですが、この2本はどちらもハーレーでドラッグレースに参戦されているショップさんのボトルで、一方は兵庫のクスノキカスタムワークスさんで、もう一方は岡山のリバーフィールド パフォーマンスさんのボトルですが、この両ショップさんは共にシャーシダイナモを完備していて毎回ハードなテストを行っており、時折電話などで話をしていると内容的に今年くらいにそろそろタイムも抜かれそう。。。 とか思っていたら、先日の岡山でリバーフィールドパフォーマンスさんがなんと 1/8mile の練習走行で5秒台入りをしぶっちぎられ、 クスノキカスタムワークスさんが6.2秒台と自分の12Rの自己ベストである6秒フラットに僅差なところまで迫られてしまい、国産の純正200馬力オーバーな現行マシンなら未だしも、もともとベースになってるハーレーのエンジンって何馬力だっけ?と調べてみると、元が約70馬力前後と知って愕然としてしまいましたが、トライ&エラーを繰り返し度重なるエンジンブローも物ともせず常に前進あるのみなこのような猛者な方々が身近に居てくれると非常に良いプレッシャーになるなぁ・・・と^^

SBR_2779
その他にも精力的なショップさんと話をしていると早く自分も走っていろいろ試したい!・・・。と思うのですが、作業のお時間を頂いているこられの部品達にも同じような気持ちで部品の帰りを待っている人たちが居て、今製作中のVMAXのオーナーさん達も待ってくれていると思うと正直自分の作業に手が出せないので、まずはそれぞれの期待に応えられるよう優先順位をしっかり考えつつ、自分のは時がきたら一気に組み上げられるようデアゴスティーニ状態で毎月少しずつ加工しながらお楽しみで進めてます^^:
なので今年はレースは?と聞かれるのですが、タイミング的に後半からのスタートになってしまいそうです。。。

そして今週末は筑波サーキットでテイストオブツクバが行われますが、SBR_2786
自分の12Rの熱害対策用に用意したヒートシールドをまだ走れない自分の12Rに代わってコーイチさんのGPz1000RXのアルミタンクに施工させてもらいました^^

SBR_2781
とは言っても、元々コーイチさんが既に目をつけて以前から対策を施していたモノを手直しさせて頂いたという話なので・・・

SBR_2789
本来なら下面と側面だけでもいいのですが、それじゃ元の状態と変わらないので悪ノリして今回は全面に施してみましたがなかなかレーシーな雰囲気が出て良いですね^^
当日は行けるかどうか悩んでいたのですが、褒美として当日のチケットを頂いたので日曜日は息抜きがてらツクバサーキットに行って皆さんの熱い走りを拝んで英気を養ってきます♪


akane380 at 04:27|PermalinkComments(6)TrackBack(0)NOS ナイトラス・オキサイド・システム 

2017年05月09日

FCR / CR キャブ用 オリジナルドレンボルト

年々時間の経つペースが加速して二十代の頃は一週間が月火水木・・・と普通でしたが、最近は興味本位に生き過ぎているからか?w 一週間が月水金に、酷いときには月木土に感じて時間の流れがあっという間で良く言えば充実、悪く言えば貧乏暇無しなあっちゅう間な日々を送らせていただいておりますw

で、前回この記事「 今年の新作準備 」を書いてから恐ろしい事に一年以上時が既に経過していたようで、今年の新作準備のハズが悲しくも去年の旧作準備に変わっていたという・・・。
しかも一度年末に思い立って途中まで記事にしようと下書きがしてありましたのでそのまま当時の下書きを使ってお送りいたしますw

SBR_5205
ずーっとやらねば、やらねば・・・と心の片隅で思いつつ、時間がだいぶ経ってしまったオリジナルのキャブレター部品ですが、一番初めに大阪の加工屋さんに試作を頼んだのが震災前で、その後もいろいろ風呂敷を広げ過ぎてしまって後回し後回しで中々形に出来ず、

SBR_1593
完成度を上げる為にキャブレターペイントの作業をモノにするまで削り出しのこの状態でガレージの片隅で眠る(忘れ去られる)こと約5年w
理想のキャブレターも製作出来るようになり、いつも新しいキャブレターを作る度にあの部品さえあればもっとキマるのになぁ。。。というか、いい加減腐食してたらどうしましょ?などと思っていて、真面目に年内中には絶対に作ろうと思いつつ気付けば既に年末で焦りまして、

SBR_2208
この忙しい年の瀬に細かい仕事をごっそりとアルマイト屋さんに出しましてw やっと完成しましたオリジナルの削り出しドレンボルト♪

SBR_2140
完全な自己満ですが・・・、いままで地味な色ばかりだったキャブレターをまた一歩理想的な個性派 派手派手キャブレターへと進化させる選択肢が増えました^^

SBR_2231
今回の製作にあたり材質は装飾目的なので用途的に剛性よりもアルマイトの染色性の良さを重視したA5056材を使用しまして、

P1010413
大阪の加工メーカーさんにお願いをしてマシニングによる削り出しにて一つ一つを削り出して頂きまして、

SBR_2186
関東のいつもお世話になっている業者さんでアルマイト処理を行って頂きましたALL Japan made な 100%国内生産品となります。

SBR_6090
本来なら中国など海外の業者に委託して一貫製作を行えば製造コストも半分近く抑えられたのですが、使う場所的に信頼性が求められる事と自分の半分趣味的な拘りキャブの一部分となる部品なので、今回は国産に拘って関西と関東の業者さんの力を借りて製作させて頂きました^^

SBR_2226
なので本当は昔のRC用のマグキャブに採用されていたような緩み止めのワイヤリングが出来るレーシーなバージョンとの2バージョンを予定していたのですが、製造コストが嵩むので、当時、夜働いていたスタンドでバイクと一切関係のないバイトの女子高生にどっちのデザインが良いかのアンケートを取ってきてもらった結果、女子高生達からシンプルな方が絶対に良いとのお墨付き?を貰いシンプル一本になったという本当に拘っているのか疑問な面もw

SBR_6118
そして今回CRキャブ用も同時に製作をしているのですが、CRキャブのドレンボルトには元々燃料排出用の孔が設けられておりますが、

SBR_6165
今回、FCRキャブ用のオリジナルドレンボルトにも同じように燃料の排出用の孔を設けて、

SBR_8969
ドレンボルトを緩めた段階でチョロチョロと排出が出来るように作ってありますのでいつものあのネジが取れた途端にドバーっと出る厄介さから開放され、燃料が出きってからボルトをキャブから取り外してフロート内の不純物の確認が楽に出来る仕様となっています。

SBR_6315
SBR_2245
SBR_9300
SBR_2323
実際の使用例がこちらですが、ネジ径が合えばFCRキャブやCRキャブ以外にもTMキャブレターやPWKなどにも使用が出来ることが一部確認されています。また最後の一枚はシュアショットさんのビンテージなハーレーに組まれていたVMキャブにもちゃっかり取り付けた図ですが、本当は台座部分がVM 純正と形状が若干違い本来推奨は出来ませんが、元々付いていたボルトのネジ山が古くてガタガタになって燃料が滲んでいたので栓代わりに代用していただきました^^:

SBR_6348
で、今回大量に製作したのでこのドレンボルト単品での販売も行おうと考えた結果、このドレンボルトを購入していただいた時に別途Oリングを取り寄せて準備してもらうとなると無駄に時間も費用も面倒も掛かるなぁ・・・ということで、ガソリンに浸しても変形しない耐油性の純正と同等のOリングをセットにして販売させて頂く事にしました。

そして価格ですが・・・


FCRキャブレター用   オリジナルドレンボルト
CRキャブレターオリジナルドレンボルト


そして販売方法ですが、やり取りの簡単なヤフオクに出品する予定ですが、そちらの準備ができるまで下記専用サイトでも購入可能となっておりますのでもし購入をご希望の場合にはこちらから宜しくお願いいたしますm(_ _)m

web shop


ということで構想から6〜7年。。。 やっと正式にリリースする事ができました♪


akane380 at 03:43|PermalinkComments(6)TrackBack(0)オリジナル商品 | セラコート

2017年04月29日

セラコートも作業も日々進化

連休前納期の作業に追われて心に余裕が持てないせいか、今回アップしようとした12Rの記事を間違って消去してしまい心が折れたので別のネタですw

#2380163
ここ最近、作業に追われて更新頻度が落ちているせいで全然画像もアップ出来ていないので、今度から記事と記事の合間に画像だけアップして生存報告だけして行こうかな?と。。。

SBR_2024
#5363907
それと今月も複数ご依頼を頂き絶賛増殖中なキャブレターペイントワークですが、

SBR_9501
このたびセラコートのH-146 グラファイトブラックのツヤが生まれ変わりまして、

SBR_0133
セラコートブラックの泣き所だったツヤ感がアップしました♪
いままではツヤありブラックで作業依頼をされた場合にはセラコートブラック+クリアーの合わせ技か、ガンコートでの施工方法から仕上がりを選択していただいておりましたが、これからはセラコートの1コートでもある程度のツヤが求められるようになったので、今後は提供コストと品質の両面をより良くすることが可能となりました^^

SBR_9918
それと以前から製作を予定していたウェットブラストですが、今年に入ってからどうしても必要な作業が入った事に加えて、ここ最近の状況的に製作する時間が取れそうにないので一先ず勉強がてら既製品を購入しました。
で、ウェットブラストといえば先駆者はマコーのココットが有名ですが、スペース的な問題と、うちは多分キャブレターやエンジン関係の部品位しか作業をしないので同じマコーからリリースされている一回り小型のレピッシュというタイプを選択しました。

で、ウェットブラストって何?という方も居るかもしれないので簡単に紹介させて頂きますと、SBR_9435
一般的なサンドブラスト(通称ドライブラスト)はコンプレッサーからの圧縮空気を利用してメディアと呼ばれる砂を勢いよく対象に吹き付けて塗装や錆などを落とすもので、その特性上 細かなメディアでは吹き付けた際に勢いが届かないので質量のある粒の大きな荒めのメディアを使用するしかなく、結果的に研磨力が強くなりキャブレターやエンジン内部のような繊細さが求められる部分には作業後の仕上がりが荒すぎたり作業後に隅々まで入り込んだ大粒のメディアがキャブレターやエンジン内部などの細かな通路を詰まらせるリスクもあって精密箇所への使用は厳しいのですが、

SBR_9906
対するウェットブラストは水にメディアを混ぜた混合液(スラリー)を圧縮空気を使って勢いよく吹き付けるのですが、ドライブラストと違って非常に細かな微細な粉のようなメディアでも水に混ぜて吹き付けるので勢いを保ったまま対象に当てることが可能で、使用する細かなガラス粉は対象にぶつかった瞬間に自分が砕けることで対象となる部品への攻撃性が殆ど無いことと、残留するメディアが水で流れやすいなど・・ドライブラストに比べて非常にリスクが少なく、キャブレター内部やエンジン部品などの洗浄クリーニング作業に適したシステムになります。
※ ドライブラストでもメディア(ドライアイス、重曹など)によっては問題を回避できる場合もありますが、今回は一般的なサンドブラストとウェットブラストの比較として書いております。

SBR_9982
ちなみにこのマコーのレピッシュという機種は元々は別用途の産業用としてラインナップされている機種なのですが、

SBR_9975
バルブの切り換えで通常の処理用のガンの他に小さなスポット用のガンへの切り換えが可能で、繊細さが求められる細かなキャブレターの施工にうってつけな丁度いい仕様なんです^^
メーカーはこの機種でのガラスビーズの使用は推奨しておりませんが・・・

SBR_9967
ということで、今までだと外側のみ綺麗にして、内側は擦ったりクリーナーで汚れを落としたりで根本的に古い状態のままでしたが、

SBR_0118
これからは内側はウェットブラストで長年の汚れをクリーニングし、外側はドライブラストで汚れを落としつつセラコート処理で表面をコートしバリっと仕上げる事が可能となり、レストア作業のお手伝いでも更なる品質の向上を目指せるようになりました^^

SBR_0084
それにしても今月は分解状態での入庫が多く、組み立て後の完成画像が撮れなかったのが悲しいです・・・^^:

SBR_9782
が、とりあえずは連休前納期の作業が全て完了して一安心です^^

#19355843
そして今月はエキゾースト関係のセラコートのご依頼も多く頂いたのですが、耐熱セラコートは自然乾燥で5日を要するので、この耐熱セラコートのスケジュール調整と乾燥スペースを確保するのが大変で今後のちょっとした課題となりました。。。
SBR_0072
直6

SBR_9842
V8

SBR_9962
直4

といろいろな車種のエキゾーストを作業させていただきましたが、とりあえず長くなってしまったので耐熱セラコート関係はまたそのうち書きます。

SBR_9861
そんなこんなで一ヶ月先の6月納期とさらに7月納期の作業も既にケツに火がついている状況なので、出来るだけ作業を消化できるように連休中もセコセコ頑張ります^^

akane380 at 04:39|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2017年04月16日

可能性・・・

SBR_9967
先日の深夜、家に帰る前に今日の準備でとカワサキの古いバイク(Z1000Rと言われたような・・・)のキャブの化粧直しでセラコート処理のご依頼を承ったので準備をするべく、ボール盤でバタフライバルブを留めてるネジのカシメを飛ばしながら古いビンテージバイクの作業は毎回緊張するなぁ・・・とか考えつつ、変形させぬようバタフライバルブを慎重に取り外してスロットルシャフトをキャブレターから抜いて帰ったのですが、

SBR_9970
今日の昼間に何気なく引き抜いたスロットルシャフトを見てみたら非常に綺麗だったので写真でも撮ろうかなぁ・・とか考えて、このシャフトに関係する部品も一緒に置いて撮ろうとセットをしていたらシャフトからの二次エアを防ぐためのUリングが一個無い・・・。
で、気筒別に小分けにした時に他の部品と一緒にしちゃったのかな?なんて軽い気持ちで探し始めたものの何処にも無く、何で無いわけ?と先日ガレージ内でキャブを持って歩いた動線上を小一時間探しても無く、参ったなぁ。。。と^^:
今回このキャブレターの作業依頼をくださったのはコーイチさんが紹介してくれた神奈川の有名なショップさんで、レースマシンの整備など高い技術力で有名なショップさんなのでこの消耗品のUリングなどは組み付け時に新品に交換するだろうから最悪無くなっても問題は無さそうっちゃ無さそうなのですが、無くしたという事実が受け入れられず、いつだか自衛隊が演習中に実弾一発を山の中で無くして雪の中を徹夜で探して見つけたというニュースを思い出してその後も気合を入れて夕方近くまでガレージ内を探してみたのですが見つからず、一旦休憩しようと自販機でジュースを買うのに小銭を出したら、

SBR_9980
ポケットの中から小銭と共にUリングが出てきますた・・・。
こんなレアケースも有るんだという可能性のお話でした。以後気をつけます。。。

SBR_9854
って、本当は今回は自分の12Rのネタを紹介するつもりだったのですが、余りにもやり切れなかったもので12Rネタはまた次回にします^^:

akane380 at 03:41|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2017年04月09日

ポート研磨の道具 2017

前回に引き続き今回はポート研磨をする際の道具編ということで、ここ最近自分が使用している道具と使い方の紹介ですが、

SBR_9645
20年ほど前の18、9の頃に初めて画像のエアリューターと超硬バーを買って、休みの日に地元の解体屋から適当なエンジンを買ってきてはバラしてポート研磨の練習なんかをしていましたが、当時はインターネットがまだ普及していなかったのでポート研磨の情報を得るのも一苦労で、道具に至っては何が売っていてどこで買えるのかも分からない毎日が手探り状態でしたが 、

SBR_9614
今じゃインターネット様さまで道具も情報も簡単に手に入って本当いい時代になりましたよね^^

SBR_9617
このイチグチのマイクロフラップもエンジ屋での修行時代に雑用の合間に社長がポート研磨を加工室で行っているのをチョロチョロ見て、社長が一服してる間に盗み見てイチグチの電話番号をメモして電話して ” 何処で買えますか? ” ってイチグチに問い合わせて近所の水道屋さんで注文してくださいって・・・そんな時代を過ごしていたので未だに情報に飢える癖が直らず、やはりインターネット様さまですw

SBR_9628
そんなお世話になったマイクロフラップも時代と共に進化?していまして、このヤナセ の neoフラップシリーズは今までのマイクロフラップと少し仕様が違いまして、

SBR_9631
イチグチの均等にペーパーが配列されたマイクロフラップと違い、ペーパーが3枚ずつ重ねられているので強度が強く、

SBR_9634
イチグチのマイクロフラップはポート2気筒分を処理したくらいで画像のようにすぐに残念な状態になってしまうのですが、ヤナセのneoフラップシリーズは4バルブの4気筒を処理した後でも画像のような状態で使い勝手がいいので最近はヤナセのフラップホイールを多用しています。

SBR_9638
それから以前は整形段階で軸付砥石なども使用していましたが、これが結構な曲者で深い傷を残すので好きじゃなかったのですが、

SBR_9493
今は軸付ペーパーも共回りし難くてサイズも豊富に出てきたので整形はもっぱらこの軸付ペーパーを使用して作業を行っています。

SBR_9498
ちなみにこの軸付ペーパーは使っている内にペーパー部分が消耗して研磨力が無くなってしまうのですが、

SBR_9501
前後を入れ替えたり、研磨力の無くなった先端をカットして使ったりすると1個で以外に多く使うことが出来てコスパもなかなか良いと思います。

SBR_6596
とか言いつつ、今まで上で紹介してきた道具達は使い勝手は良いのですが、4輪のエンジンと違って2輪のポートは絞り部分やガイド穴周辺が狭くて道具が入らず殆ど使えない事も多いので、昔ながらの基本に忠実に 地道にコツコツと精神修行が出来て、尚且つ安上がりな耐水ペーパーを使った研磨を如何に楽に効率的に行うか?を常に自分は模索しながら作業をしているのですが、

SBR_1081
以前まではこのようにアルミの棒を加工したモノにペーパーをグルグル巻いてテープで止めて使っていたのですが、この方法はとにかく一回一回ガムテープをクルクル巻いて、巻き終わったらテープで止めて、ペーパーがダメになったらテープを剥がしてペーパーを交換して・・と、かなり手返しが悪く面倒で効率が悪いやり方でした。

そこで現在ではもっと効率よくストレスのなるべく掛からないやり方で行っているのですが、SBR_6593
まずは以前までのやり方と同じようにホームセンターで買ってきた6mmのアルミの丸棒に鉄ノコやバンドソーで1cm 位の切れ目を入れて、

SBR_6599
切れ目が入れ終わったらそのままでは隙間が広いので、切れ目にペーパーを挟んで軽くハンマーで叩いてペーパーが落ちない(ペーパーの取替えが出来るように潰し過ぎない)程度に切れ目の隙間を潰します。
この隙間はペーパーを何度も差し替えているうちに削れてクリアランスが広がってきますので、その都度ハンマーなどでコンコンっと叩いてクリアランス確保をしていきます。
(削れていくのを嫌ってステンレスの丸棒や鉄の丸棒を使うと、丸棒でポート内壁を傷付ける恐れがありますので出来れば攻撃性の少ないアルミを使うのが良いかと思います。)

SBR_6603
これで完成です。
以前までのようにいちいちペーパーをグルグル巻かずに一回分(丸棒一周分)位で適当にペーパーをカットして、研磨力が落ちたら手返し良く次から次へとペーパーを差し替えてチャッチャと進める作戦ですが、ペーパーの付け替え作業に慣れてしまえば効率がかなり良いので作業ペースも以前よりもアップしてだいぶ良くなりました。

SBR_6602
そしてこの丸棒を使った研磨の時に、このように棒に対して平行にペーパーを取り付けて使用すると・・・

SBR_6607
このように研磨をしているうちにペーパーが下側に逃げて棒の先端が露出してしまい、ポート内壁に傷をつける恐れがありますので、

SBR_6609
ペーパーを棒にセットする時には予めペーパーを斜め前方に向くようにセットして・・・

SBR_6610
このように丸めて使用すると実際に研磨をした際に無駄が無く丁度いい向きになります。
また角度を強くすることで先端を尖らせると、ガイド穴周辺のノーズ脇の細い部分なども比較的簡単に研磨する事が出来ます。

SBR_6613
そしてアールのきつい窪みやガイド穴周辺などを攻める再には、画像のようにペーパーを二つ折にして挟んで予め回転方向に癖を付けてから使うと・・・

SBR_6614
ペーパー正面が使用出来ますので、ガイド周辺など通常の巻き方で届かない場所や入り込めない場所などを攻める時にはこの方法を使います。

SBR_9655
また、このやり方で使用する丸棒は4発一機分を作業し終えた頃にはご覧のように先端が丸く削られて最後はポロッと折れてしまいますので使い捨ての消耗品扱いですが、6mmのアルミの丸棒であれば1m で500円前後とかで買えると思いますのでコスパも良く 趣味のポート研磨には特にお勧めです。

SBR_9658
また、このやり方は細かく切ったペーパーの消費がめちゃくちゃ激しいので、100均などで小分けのケースを買ってきて、予めペーパーを1枚の半分ほどをカットして小分けにして使うとペーパーがごちゃ混ぜにならず、さらに作業効率が上がるかと思います。

SBR_9620
そして個人的にポート研磨ではあまり使用しない軸付ゴム砥石ですが、こちらは主に燃焼室の仕上げやピストンの仕上げなどに使う事が多いです。

SBR_6369
で、その燃焼室の仕上げの作業の流れを紹介しようかと思って以前に自分の12Rのヘッドを使って段階的な仕上がりが分かるように順番に仕上げながら画像を残してみたりもしたのですが、全く更新が追いついていません。。。
忘れていなければそのうちこちらも関連ネタとしてアップしたいと思います^^:

akane380 at 03:31|PermalinkComments(4)TrackBack(0)ポート研磨 段付き修正