2009年12月02日

R1-Z クラッチトラブル

前回のKLX作業の続きはテールランプを何にするかが決まらず、続きが書けませんでした^^:
なので今回はこちら↓

IMG_3915
先週末に行った作業で穴埋めですが・・・、ヤマハR1-Zのクラッチ不調とのことで不調の症状は 「エンジンを掛けてスタートしようとしてもクラッチが切れずギアが1速に入りずらくなって、無理にギアを入れてもエンストしてしまう。 」 とのこと。
とりあえずエンジンを掛けずにオイル注入口のキャップを外して内部を覗きながらクラッチを切ってみるとクラッチが正常に切りきれていないのでオーナーの「前日は普通に乗れていた」と言う話からしても原因はクラッチの張り付きで間違いないようです。
とりあえずエンジンを掛けていないそのままの状態でクラッチレバーを握り、オイル注入口からマイナスドライバーを入れてクラッチ板をべリべリと剥がしてクラッチの張り付き症状も無事に取れて復活したので軽症だったようですが、湿式クラッチが張り付く大抵の場合はギアオイルに水が混入し乳化していることが多いので、とりあえずギアオイルをドレンから抜いてみるといい感じの灰色に変色し、やはり白濁していました。
と言うことで修理開始ですが、画像が思いっきり中途半端な状態からの紹介ですいません^^:
元々KLXの作業ネタを予定していたので、このメンテは記事にする予定になく診断〜バラし始めを画像に残していませんでした・・・。

IMG_4637
ということで・・・、バラしたクラッチがこちらですが、スチールプレートにフリクションプレートが張り付いていた跡(サビ)が綺麗に残っています。
今までも何度かクラッチの張り付きの症状を見ていますが、殆どの場合はフリクションプレートに染み込んだ水分でスチールプレート側にサビが発生してしまいサビにより張り付く場合が殆どで、さらにナゼか今まで放置車両や乾式などを除くと古いヤマハのRZシリーズ、TZR系でしか見たことがありません^^:
初期のオイルポンプシールが問題なのでしょうか?
ちなみに12Rもクラッチが変で、当たりがおかしいのは自分の車両だけか?と思っていたところそうでも無いようで・・・。

IMG_4643
そんなこんなで今回はフリクションプレートとスチールプレートを交換して、最後にギアオイルもフラッシングすれば修理完了♪ とはならず、まずは何でギアオイルに水が混入したのか?の原因追求をしなくてはなりません。

IMG_4645
とりあえず今回はウォーターポンプのオイルシールが原因だった(画像撮る前に捨てちゃいました。。。)ので、元々付いていた圧入時に芯の出にくい初期タイプの凹型のモノからR1-Z後期のダブルシールタイプの対策品に交換し、だいぶお疲れのウォーターポンプのインペラーシャフトも綺麗にクリーニングがてら点検します。
で、今回の張り付きの引き金となった原因が判明。

P1020643P1020647
ウォーターポンプのインペラーシャフトを研磨してみたところ、異物を噛んだ跡やメッキの剥がれが見つかり、この傷がオイルシールのリップ面を攻撃しながら徐々に冷却水がミッション室へと流入したっぽいです。

っということで、インペラーシャフトを追加注文し入荷待ちですw
始まり中途半端で中身は結果論の終わりさえかなり中途半端な穴埋めネタでした。
年末はやる事が多いのでスイマセンw

akane380 at 02:22│Comments(2)TrackBack(0)│ │作業記事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by S14まさ   2009年12月03日 21:52
5 Gabuさんこの前はウルフのオイルシールの件ありがとうございました!!
原因はつきとめたのですが、組みつけの際、キックギアのケース部とクラッチカバーのクラッチワイヤーが取り付けられるところが壊れてしまいました…(泣)
結局ジャンクエンジンを購入し、載せ変えしてエンジンかけて走行しようと思ったら…
クラッチ張り付いていたようです(笑)
ちょうど今週末にクラッチとウォーターポンプやろうと思っていたので記事読んで驚きました!!!
とても勉強になります!今回もありがとうございます!
2. Posted by Gabu   2009年12月05日 03:08
>S14まささん

どう致しまして^^
っというか、ケース壊してしまったのですか^^:
でもそろそろ年式的にパーツのストックも必要な頃だと思いますので、ジャンクエンジンも大切に保管しておけば将来の宝ですかね♪

S14まささんの作業と今回の記事がリンクしたようで穴埋めとは言え、書いて正解でしたw
ウルフが早く直ると良いですね^^
またその辺りの模様も記事で見れることを楽しみにしてます^^

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔