2010年01月09日

寅年なだけに・・・

Dトラ仕様のKLXの続き作業ですが、そろそろ12Rで予定しているFRP関係の作り物も並行して作業を開始して行きたいと思います。

IMG_4920
そして前回、昨年末にドタバタしながら作業しただけで今年に入ってから作業をしておらず現在も差ほど作業は進んでいないのですが、とりあえず画像の0.5mmのエンビ板でイメージを作ったモノは素材的にもろいので今回FRPで一度複製を作るべく、型取りを行います。

IMG_4932
ということで、早速型取り開始ですが、この画像は去年末の深夜に作業の合間の一服ついでに行った作業なのでかなり適当ですが、まずはデザインしたエンビ板の型を取る為に作業台に置いて、エンビ板がペラペラですぐに変形してしまうので、FRPの蓄層の際に型崩れを起こさぬよう裏側の何箇所かに補強として余ったエンビ板を貼っておき、下の作業台にもFRPが貼り付かぬよう必要箇所をビニールテープでマスキングしておきます。
今回は時間が無かったので今年に入ってから追々型の修正をする方向で作業をしたのでかなり適当ですが、本来ならこの時点でしっかり面などを出しておくと後の作業が楽になると思います。
また、エンビ板にFRPは食い付かないので今回は下処理無しでそのまま作業します。

IMG_4935
そしてFRPの張り込みですが、今回は他の作業で使用した時に余った廃材部分のFRPマットを手でちぎり、それをほぐしながらハケで樹脂を塗りこんでの作業ですが、今回はエンビ板がペラペラで圧を掛けると型が変形してしまうので脱泡はせず張り込んだままエア噛みなどは後々修正していく方向で作業し、張り込みが完了したら硬化するまで放置します。

IMG_5097IMG_5094
そして年末年始を経てすっかり忘れて放置しっぱなしでしたが・・・、年末に出来なかった大掃除をするのに作業台(実は棚の一部)が必要なので、棚作りをする為、ヘラを作業台とFRPの間に差し込んで少し浮かせ、そのまま上に持ち上げてバリバリと剥がしていくと画像のような状態で剥がれます。

IMG_5119
あとは不要な部分をカットしてトリミングしてあげれば型取りの完成ですが、カットする際にはFRP側に型の跡が残っているのでそれを頼りにカットします。
そして今回は少しパテで修正する必要があるのでもう少し作業は続きますが、まずは車両の出払った今がチャンスなのでガレージの大掃除&模様替えをしておきたく、その後に改めて作業を再開します。


akane380 at 02:53│Comments(2)TrackBack(0)│ │KLX250 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by faith   2010年01月09日 08:22
ついにブサカウル製作ですか^^

年末にバラバラにして眺めてみたんですが、結構色んなフロントいけそうな感じでしたねw

ラムエアのダクトの虫とかゴミが入る形状のとこに萌えってなりましたwww
2. Posted by Gabu   2010年01月10日 01:06
>faithさん

そろそろ12Rの作業開始ですが、BUSAカウルの修正前にシートカウル内の整頓をする為のボードやその他の細々とした小物製作を先に開始しつつ、BUSAカウルの形状などを同時進行で考えて行きます。

そういえばアッパーカウルですが、12Rに一度GSX-R1000とCBR1000RRの耐久を当てがってみたのですが、SS系のモノはエンジンサイド部分の幅が狭くて意外に車体とのバランスが面倒臭そうでした^^:
でも基本的に何でも加工すればイケてしまいますよね^^

それにしてもラムエアダクトの膨らみ部分に萌えるのはかなりマニアックですねw
あの部分はレゾネーターと言う部分で吸気音の消音やエンジンの吸気脈動を調整したりする役目を持ってます。
が、今回、自分のは取っ払って新規に作るか考え中です^^
まだまだアッパーカウルもやる事いっぱいです・・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔