2010年04月28日

費用とリスクのどちらを取るか?

先日まで天気が良かったのに又しても雨・・・。
でも気温がそこまで低くないので気分的に楽でいいですね。

mail
で、今日も記事を纏める時間が無いので雑記ですが・・・、ここ最近はいろいろドラッグマシンのセティング面などの相談に乗ってくれている向こうでNHRAのスポンサーを行いつつプロクラスのドラッグレースチームを持つショップの人達とメールのやり取りを流れ流れてでしているのですがw、連日現地との時差の関係でメールのやり取りは基本的に深夜〜朝方まで行って、自分がギブして一度睡眠タイムをもらってまた再開w
で、さすが本場のレース屋さんの話なので非常にためになるノウハウかと思いきや今年のトップフューエルのマシン内容だったりで訳が分からず・・・。
でも最近よく思うのですが、以前はいろいろな人から聞いたり読んだりでアメリカの商品や対応は大雑把で時間や納期などもいい加減なイメージでしたが、以前のように激しく怪しい激安ショップを使わない限り、実際にこうして向こうの人達とやり取りをしてみると非常に紳士というか、ノリがよくて自分が質問をすると、他の人と協議して別々に意見を返答してくれたり、現地で仕事の時間が終わっても夜までメールのやり取りを続けてくれたり。というか、画像のとおり自分が返信する前に次のメールがやってきて付いていくのに必死ですが・・・^^:
で、先日あるお方からメールを頂き個人的な意見で誰かに迷惑を掛けるつもりはありませんが、中途半端に利益だけを見て国内で輸入販売していて、うちは輸入して売るだけだからサポートや保障はしません。なお店や、何か不都合があっても向こうの商品だからノークレーム・・・。で終わりにされるくらいならば、どの道リスクもありますし、そう考えると個人輸入するリスクの方が失敗が少ない気がします。
ただ、輸入しても取り付けが出来ない場合などは仕方ありませんが、向こうの流行を取り入れた国内の限られたパーツに縛られるのではなく、本場の市場でより多くの中からチョイスできるメリットなどもありますので興味があるのなら失敗を恐れずに突っ込んで行った方が経験的にも技術的にも良いのでは?と実際に突っ込みまくってるバカな自分は思います^^:
(玉砕経験もいっぱい有りますがそれもまた後の経験になりましたしw)
何のこっちゃ?って話ですが、あるお方へのメールの返信ついでに記事にしてみましたw

IMG_6608
ということで作業の方も連休は遊びに行きたいので連休前に各作業も追い込み中です^^
が、画像のFCR改の実験君となる予定だったビクスクのMF06さんは以前からバイクが欲しいと言っていた仲間の知人に譲る事となり、連休明けの納車を目指して急遽製作中です・・・。

akane380 at 16:40│Comments(0)TrackBack(0)│ │雑記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔