2010年06月16日

空燃比ロガー XD-16

とりあえずまずは禁煙の結果報告ですが、禁煙生活3日目で喫煙本数は・・・いまだゼロ♪
何だか、病院でもらったニコチンパッチのサポート力が凄いのか吸いたい願望が殆ど出ません♪
ただ動作的な癖でふと風呂上がりなどに無意識に何かが足りない、何かが足りない・・・。とキョロキョロ辺りを見回して ”あ、いまタバコ探してたのか。。。 ” ってことが多々ありますがw、 気晴らしにアクエリアスなどの清涼飲料とか飲むと気が晴れます。
ただニコチンパッチの副作用に「不眠、寝つきが悪い、悪夢を見る」と書いてあったのですが、ほぼ100%寝ると夢を見るようになりました。ウトウトしてる時も夢を見ます。(※ 個人差があります)
悪夢ではないのですが、現実的な夢(その日に行った作業の続きで明日行う予定の作業をしている夢など)予知夢か?って思うような夢ばかりで熟睡出来ず、逆に疲れます^^: 一応医師から熟睡出来ないようなら寝る時はニコチンパッチを剥がして寝てくださいと言われたのですが、まぁ、それだけ強い薬を使わないと吸いたい衝動を止められないんだなぁ・・・と再確認しました^^:

とりあえず一日4箱から0になって離脱症状(禁断症状)がピークを迎えると言われた3日目の実験一号のインプレですが、当初思った苦しい辛い禁煙生活とは程遠い気楽さです。が、もしニコパッチが無かったらどんな離脱症状に襲われるのか試してみようか・・・と思ったのですが怖いので止めときましたw
とりあえず自分が禁煙を始めたからといって好きで吸っている人に禁煙を勧める気はありませんが、どうせ続かなそうだし・・とやらずに諦めて吸うなら意外に禁煙も楽しいっすよ♪と何でも試練、実験と考えるアホな自分は思いますw

と前フリが長くなりましたが話を戻してマシンネタです。
今回のテスト走行前に行った作業報告<其の二>であります。
今回から昨年までタンク上部に設置していた空燃比データロガーのLM-1を邪魔にならない何処かに置き換えたくいろいろ考えた結果・・・、
IMG_8280IMG_7618
やはりスペース的にリアシート下しか無いんだよなぁ・・・という事で、今回は見た目のすっきり感と使い勝手の両方を良くするため、テスト前にロガーの搭載位置を画像のリアシート内に変更する予定だったのですが、画像のようにLM-1 をリアシート下に入れてしまうと、
1.電源が入れられない
2.O2センサーのウォーミングアップ(センサーヒーター)終了が分からない
3.レコードボタンが押せない
などの問題が・・・。

とりあえずそれなら電源を入れてロギングさせておけば良いじゃん。って話なのですが、バイクのバッテリーで使用するとセルを回した時の電圧降下でLM-1がリスタートしてしまい、またウォーミングアップからやり直しをして、ウォームアップが終了しないとロギングがスタート出来ないという落とし穴が。
だからと言ってエンジン掛けっぱなしで走行順を待ってしまうと12Rは直ぐに熱ダレを起こしてしまいますのでそれも避けたい。。。
要はウォーミングアップの状態判別が出来て、手元でロギングスタートの操作が出来れば良いんですが・・・と思ってGRIDさんのHPを覗いたら外部モニターで状況判断が出来てロギング操作も出来る打って付けの外部メーターを発見♪
そして早速注文したのですが、当初の予定では出発前夜の木曜に届くハズが自分の手違いでテスト前に間に合わず、既にLM-1 などのリアシート下への移設も配線などを作り直して無事完成していたので腰も痛いってのに今更作り直しは無理っす。。。どうしましょ?な状態に陥り、

IMG_7497
悩んだ挙句、背に腹は変えられん!ということでLM-1をバラして即席で基盤を改造して外部電源スイッチと外部レコードボタンを簡易的にA/F計のステーに設置する方が作業的に楽っす♪ ということで、当日は画像の状態で対処したのですが、やはりウォーミングアップが残りどの位で完了するのかが分からず闇雲にロギングしてくれていることを祈ってボタンを押すだけで殆ど失敗し使い物になりませんでした。というか、そもそも人間が故障してまともに走れもしませんでしたがw

ということで仙台から戻ったらGRIDさんからの荷物が無事に届いていました。
IMG_7513IMG_7519
今回変更するXD-16(右)と以前までのG3(左)での比較ですが、まず厚みが全く違うので以前のG3だとハンドルを切った時にカウルスクリーンに干渉していたのがステーの取り付け位置を低くすることで解消でき、G3は取り付けの仕様上、バイクではノイズを拾ってしまい殆ど当てになりませんでしたが、XD-16ではMTSピンケーブルで接続するので常に安定しています。(※ 安定=常に正確ではありません)
また付属でベゼルや各メーターパネルが白/黒の2パターンずつ付いてくるので、パソコンで設定を入力し直してメーターの役割を各種仕様変更することも可能です。

IMG_7610
ということで早速取り付けですが、取り付けはLM-1と付属のMTSピンケーブルを使って接続し、あとはメーター側の+と−を取るだけで完了ですが、通常セットになっているケーブルでは長さ的に足らない場合もあるかもしれません。今回はGRIDのHさんがバイクのドラッグだったよね〜?と多分足りないだろうと長いケーブルを付属してくれて助かりました^^ ちなみに、そのお心使いのメールに自分が気付かず発送が遅れたのですが・・・ホント毎度余裕が無くてすいません^^:

IMG_7596
そしてスイッチONと同時にLM-1、XD-16共に電源が入り、一瞬、全点滅なオープニングがあるのですが、さすがに写真ではその色の移り変りを撮ることが出来ませんでした^^:

IMG_7600
で、この画面が今回一番欲しかったウォームアップの残り%を教えてくれている状態ですが、これがH100 (実際には88%位で止まって一気に100%)になると・・・

IMG_7606
A/F 計測を開始して表示してくれるので、この状態になったらデーターログを開始できるので、メーターに付いている黒いボタンでLM-1を操作してロギングのON / OFF などを操作します。
またAFRからλ 値への表示切り替えや外周の青〜赤に変わる領域設定などはPCと接続することで変更が出来ます。
とりあえず以前のG3と比べると、やはりバイクでアナログ?というか、指針タイプだとフル加速状態で一瞬の確認時にパッと読み取れない事が多々あったのですが、デジタル表示だと頭が混乱せずに状況判断も出来そうなので最初からこっちにしておけば良かった・・・と後悔です^^:
また空燃比計やロガーをあまり信じない方が良いよ。とよく仙台などでセッティングをしていると言われますが、今さらそんなこと言わずもがなです。
多分、その人なりの経験で忠告して頂けて優しい人だなぁ・・・とありがたく思うのですが、その時に ” へ〜そうなんですか、それはマズいですねぇ・・・” なんて話を合わせてしまって、そんなことを言いつつも普通に使っているもので次回からその人の目が気になって使いづらいので・・・^^:
なーんて言うと、んだテメーこの野郎って思われそうなので嘘ですww
とりあえず自分はGRIDさんにお世話になってる分、好きなだけですので^^

akane380 at 13:38│Comments(2)TrackBack(0)DRAG RACE 製作記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 飛電   2010年06月16日 18:44
私もこっちのメーターを使っていますよ〜

車であっても、視認性の良い方がいいですしね。


折角のAFメーターもセッティングの時間がなければ、意味ないんですけどね・・・
2. Posted by Gabu   2010年06月17日 02:09
>飛電さん

中山第2戦での表彰台3位ゲットおめでとうございます^^
周りがみんな表彰圏内で活躍しているのに自分はいまだ蚊帳の外です^^:

飛電さんもこれでしたか^^
確かに足ガッチガチだと、バイクより振動で視点が合わないですもんね^^:
視界性もよく機能的にも申し分ないので自分ももっと早くこれにしておけば良かったと買って後悔しました。

でも最近、自分も夜な夜なセッティング時のグリップが無さ過ぎで困っています・・・。
このままでは自分も下手したら宝の持ち腐れです^^:

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔