2012年02月16日

新たな教訓ゲット♪

前回のスロットルボディーの話で思い出した去年の作業記録なのですが、IMG_9210
一昨年にNitrous Oxide Systems(以下:NOS)の仕様をドライ仕様からウェット仕様に変更して、その後実際に使い始めたら使い勝手が悪く、所々気になる箇所が出始めたので早々にNOSの仕様と配管周りを気になった部分の対策を打ちながらオリジナルで一から変更したりしてまして・・・、

IMG_9215
その後もちょくちょく気になる部分を変更しては実際にどのように変化があるのか?また実際に狙った通りの結果が得られているのか?など、個人的な興味本位で条件を変えながらNOSの噴射イメージのテスト

↑こんな事をしている時に、突然亜酸化窒素の代役を務めている圧縮空気の噴出がストップ。
で、なんだ?どうした?とバラして確認してみると、また一つ良い教訓が得られました。

それがこちら・・・
P1070604
原因は単純なNOSの燃料と亜酸化窒素(N2O)ガスの流量を規制するガス側のフレアジェットの目詰まりが原因でしたが、今回詰まっていたモノは0,5mmほどの小さな塵。。。
一応、燃料側には燃料タンクから出てすぐにフューエルフィルターをセットしてソレノイドバルブの直前にもダストフィルターをセットし、N2Oガス側にもソレノイドバルブの直前にダストフィルターを1つセット。
そしてジェット交換の際にはジェットの目詰まりを確認してと、正直ゴミの混入は無いだろうなと油断していました・・・。
このようにダストフィルターを途中に組み込んであるのでゴミの混入は殆ど無いだろうという思いが心の中にあったのですが、普段からフィルター前の配管などもしょっちゅうバラしては組んでと仕様を変えているのでその場合のリスクも考えると、やはりダストフィルターだけを信じるのはいかんな・・・と、このような形でマシンがダメージを負う前にこのような危険があると経験できてまた一つ新たな教訓になったので非常に良かったです^^:

これが実際の使用で燃料側が詰まってN2Oガスだけを噴射したとしたら一発だけ極端に薄くなって異常燃焼を起こしてエンジンをダメにしてたかもしれません。
あんな小さな塵一つでエンジンをダメにするのだけは避けたいので、これからは塗装時なみにダストに注意して作業したいと思います^^:


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by oneoff   2012年02月17日 09:47
昨日は素敵な贈り物をありがとうございました!

Gabuさんカッコええことするなぁw

ステッカーありがとうございました〜チャリにバシバシ貼るかなって感じですv^^

来週の休みにはバイクカバーも4ヶ月ぶりにめくって、バッテリーの充電とステッカーチューンでもしますwww

俺も湾岸のキティGUYチーム入りっすね!

いつかマジで走りに行くんで、ガチドラッガーの走り見てみたいっすね★

広島から高速で何時間かかるやろ.................

それよりも捕まらずに辿り着けるかどうかっすねw
2. Posted by Gabu   2012年02月19日 03:33
>one offさん

いえいえ、お祝い好きなものでw
こちらこそ一方的にちーば君とかふざけたモノを送りつけてしまってすいませんw

広島から千葉ってめっちゃ遠く感じるのですが、仙台に走りに行くと広島とか九州から来られている方なんかがいて、仙台めっちゃ遠い〜なんて言ってる自分等が情けなく感じますw

でも自分も広島と福岡に行ってみたい飯屋さんがあるんですよねぇ・・。
で、飛行機のチケット代とか調べてる自分はやはりバイク乗り失格ですねw

しかもチケット高くて飛べません・・・
なのでやはり最後は夜間の高速かっ飛ばして高速バスで行こうかとwww

ここ最近、都内も新名所が沢山出来たので千葉、神奈川、都内一日観光ツーリングの添乗員ならお任せください^^

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔