2012年05月03日

vs High Flow 三回戦目

ということで、前々回のNOSのフューエルラインの燃圧下げろ作戦の続きです。
IMG_0761
今回オリジナルのNOSジェッティングチャートの検証テストを行うためにナイトラス・オキサイド・システムの燃料側のシステムを変更するべく燃料の圧力を目標10psi 付近まで落とす作業を行っておりますが、とりあえず当初スタート時に50psi ほどあった燃圧を第一弾として低圧レギュレータを投入したところ、約半分の25psi まで燃圧を下げることが出来ましたが、この結果はレギュレータのお陰ではなくただ単にリターンホース径が細い事によるフン詰まりによるもので、第二弾として本来このレギュレータが制御できる極低圧域まで燃圧を下げるべく細いリターンホース径を1サイズUPさせて流量を上げてみたものの結果は−4psi と差ほど変わらず費用対効果薄・・・。

IMG_0751_
原因はリターンホースの画像のこのインジェクター側のリターンホースとの合流部分で双方の圧力によりシールドされてしまっているのが原因だろうなと。。。

IMG_0920
ということで今回の第三弾では燃料ポンプの噴出量にリターンを追いつけ追い越せをさせるべく、アールズおじさんがこれブチこんだれや!! っと自分の心の中に言ったか言わぬか威力抜群の実弾という名の溶接用のアダプターを準備しました。

IMG_0892
で、早速取り付け場所の確認ですが、現状で既にいい所にNOSの燃料取り出し口を新設してしまっているので、取り付けの際に後々になってあいつが邪魔でネジが回せない・・・。とかそんなオチにならないように、

IMG_0895
尚且つポンプ側に悪影響が出ないような場所を考慮していい感じの場所を探します。

IMG_0899
そういえば車の免許を取って車をイジりはじめた時に、何で燃料ポンプはタンク内でガソリンに浸かっているのに電気がショートして火災にならないんだろ?ってずっと不思議に思ってた時期がありましたが、
当時は今のように何でもネットに繋げば簡単に調べられる環境ではなかったので、世の中には不思議なことがいっぱいでしたねw 
でもまぁ、その好奇心のお陰でいろいろ飛び込んで人間関係や世界観が広がって少しずつスキルアップしているような気がするので今と当時でどちらがいい時代なのかは微妙ですが・・・。

※ ガソリンが引火しないという意味ではありません。ガソリンは静電気のスパークでも引火します

IMG_0927
そんなことを考えながら要らないモノをバラして観察した結果・・・

IMG_0904
画像の燃料ポンプブラケットのステーを留めているスポット溶接にあまり影響が及ばなそうな の部分に上手いこと穴を開けることに決定。

IMG_0951
こんな感じっす。

IMG_0932
で、燃料タンクを下げるとインナーフェンダーとタンクの間の隙間がかなり狭く、これまた配管を組み終わってさぁお終いって時にインナーフェンダーに当たりまっす!というオチを避けるため・・・
IMG_0946
出来る限り厚みを無くす為にサンダーで削りますが、削る際の熱にやられてこんなことにw

IMG_0954
で、あっちがまだ厚いな、こっちが薄いな・・と全体を均等に削ろうとして気づいたら最終的に削り過ぎて殆ど無くなってたって話ですがw、とりあえず無事に付いたので結果オーライということで・・・。

IMG_0968
そして燃料ポンプを組み直してタンクに設置して、前回製作したメッシュホースもホースエンドを交換したり新規に作り直して組み上げ完了でっす。
今回の最大の目的はここの修正だったのでこれでだいぶタンク下のスペースがスッキリしました^^




で、例によって結果というか、





今回の作業効果の程は・・・




IMG_0974
結果 - 約18psi
前回の結果が24psi 付近だったので、今回の作業内容で6psi ダウンの18psi 止まりということは又してもキャーーっ!!って感じですがw そこからの〜

IMG_1033
レギュレータの調整が利いて燃圧を緩めれば当初の50psi の目盛りの反対側の約8psi 付近まで下げることができます・・・ということは・・・燃圧下げろ作戦成功です♪
ちなみにレギュレータの調節ネジを少し改造したので調整のふり幅が大きめですが、燃料タンクの残量次第で多少低圧側に影響があるかもしれません・・・。が、まぁ、とりあえずこの低圧域まで燃圧が落ちてくれればテストが始められそうですが、純正I/J 側の燃圧もやはりいままでフン詰まっていたようで、同じように元の圧力に下がった影響でこちらも若干燃調がズレたようです^^:

ということで、言うは易しで日々こんな感じで戦ってます的なひとつの作業工程を紹介した記事でしたw

akane380 at 20:17│Comments(4)TrackBack(0)NOS ナイトラス・オキサイド・システム | DRAG RACE 製作記

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by oneoff   2012年05月03日 22:43
うーん、面白いですねw

知識と経験があるから試行錯誤して、それが思い描いた通りになると脳汁出そうですね!

で、燃料ポンプがショートした時は何で燃えないんですか?w
2. Posted by Gabu   2012年05月04日 02:22
> one offさん

いえいえ、タンク内でバチバチショートさせたらたぶん吹っ飛びますww
自分が言ったのはなぜ燃料ポンプはガソリンに浸かっているのに電気が使えるのか?
そのポンプへの通電時にガソリン(液体)を介してショートし引火しないのか?
という疑問を当時持ってましたという話です^^:

ただ燃料ポンプ内で電磁モーターが回る際のスパークは問題ないのとガソリンが絶縁体であるが為など物理的な理由があるのですが、簡単に書いて他の人がガソリンはショートしても大丈夫的なイメージをされたら危険なので詳細は伏せさせてください^^:


3. Posted by 目撃者   2012年05月04日 19:43
そこはドラッグコースではありませんよ(笑)

おかげで渋滞中の眠気がとびました(笑)

4. Posted by Gabu   2012年05月05日 02:00
>目撃者さん

どこかで目撃されましたかw
このコメントを頂いた頃だとすると・・・あっ。
たぶんそれは一瞬の居眠りで見た夢だと思いますw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔