2012年06月26日

もう一つの軸トルク

そういえば、前回自分の12Rのエンジンを降ろしたついでにバルブクリアランスを測りまして、一箇所を除いて全て基準値内前半で揃っていたのですが、一箇所だけ0.08mmクリアランスが他の平均値よりズレていたので交換しようと思ったら手持ちのストックにその必要なサイズのシムが無く、500円のシム買うのに送料だの手数料だので1000円ちょい取られるのはしゃくだなぁ・・・、でも基準値内とはいえズレてるのを見逃すのも気分悪いしなぁ・・・、欲しいサイズよりも0.05mm大きいシムなら有るからそれをオイルストーンで削って使うっつっても、オイルストーンで手でシャカシャカ削ると面が綺麗に出ないから使ってるうちに割れちゃうし、それで後々変なことに発展したら目も当てられないしなぁ。。。
しゃーない、買おう!!IMG_1944
で、500円のお買い物で送料1000円払って購入したところサイズを見事にプラスマイナイス逆で発注してしまい、夜な夜な重く反省しつつ、オイルストーンでシャカシャカとシムを削ってたって噂です・・・。

IMG_1955
そして後日、その現実を受け入れられなくてポチっと再度500円のお買い物に1000円を費やして希望のサイズをゲットしたって噂も・・・

そんなこんなでエンジンの軽いメンテナンスも終了したのでメンテ前との比較兼次回分解時のための各種計測を再度行いますが、そんな中の一つがこちら↓
IMG_1959
クランクの軸トルクのチェックですが、カタログに載っている軸トルクがうんちゃらとかではなく単純にクランクを動かすのに必要なトルクのチェックで、実にくだらないことやってんなぁ・・・って感じでしょうかねw

IMG_1966
一番初めの純正時が何Nm で、エンジンO/h時に表面処理を何処何処に施して何Nm軽くなったとか、プラグがあるのと無いのとではこの程度の差があるのか。などなど変化を知ってフリクション対策に有効なモノとそうでもないモノを見極める為にも、エンジンの状態を把握する上でも自分にとっては非常に重要な計測箇所なんですw
トルクレンチを使った測り方にもコツがあるので一重に比較は出来ないと思いますが、とりあえずこんな場所を計測するのも面白いっすよ〜 といったところで、自分のエンジンもいい感じで組み上がったので次はNOSの配管の製作に移ります。。。

akane380 at 03:41│Comments(2)TrackBack(0)│ │DRAG RACE 製作記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by oneoff   2012年06月27日 10:58
各部のトルク計ってるのは変態すねw


12Rのリアタイヤが泥だらけなのが.........ダートっすか?w

10nmくらいイケるオススメのお手ごろトルクレンチって何かないでしょうか?

持ってないんでチャりんこのカーボンパーツ類に挑めませんwww

コワすぎる..............
2. Posted by Gabu   2012年06月28日 10:44
>one offさん

せっかく行った作業結果を「良くなった気がする」「悪くなった気がする」など、感覚的なプラシーボで終わらせない為にも出来るだけ数値で変化を把握しています^^:

タイヤの土はガレージに入る時に拾ってしまった土だと思われますw

トルクレンチですが、10Nmのような小さなトルク管理で通常のプリセットタイプのお手ごろトルクレンチですとカチッっとしたクリック音が確認しづらかったり、指定トルクに合わせにくかったりとあまりお勧めできませんので、個人的に10Nmあたりのトルクレンチであれば安価で正確なビーム型(プレート型)のトルクレンチをお勧めしたいところですが、ビーム型は収納に場所を取りそうだなぁ〜という場合にはダイヤル型のトルクレンチをお勧めします^^
ちなみにK○Cのデジラチェは買って一度使って最悪だったので即オク行きしました・・・

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔