2012年12月18日

続 ・ なんちゃってファイバーワーク

ということで前回の続きですが、P1120751
初日にデザイン〜造形、2日目に造形の続き、3日目に板金整形を終えサフェーサーを吹いて終了で、4日目にしてやっと製品の制作ですが、

P1120764
前回の最後にサフェーサーを吹いて乾燥させたマスター型に、今回は最終的な製品を作る段階ということで離型処理もしっかりと行います。
ちなみにサフェーサーって普段は乾燥すると艶が引けてありませんが、表面をゴシゴシ磨けば普通に良い艶が出ますのでしっかり磨いて、磨きが完了したら表面に特殊なワックスを塗りこんで離型処理をし、最後にマスターの左右に分割する際のフランジを作る為に厚紙で仕切りを入れたら、そこは面倒なのでw またガムテープで離型処理を施し・・・

P1120791
本来ならここで一発ゲルコートを塗りたいところですが、今回はゲルコートの硬化剤が見当たらなかったのでそのままFRPを蓄層していきます^^:

P1120794
そしてFRPを蓄層して樹脂が硬化したら余分な部分をカットし、一旦型から製品を外しますが、今回は硬化させるのに無理な熱を加えてしまったので少しサフェーサーが膨れて付いてしまいましたが、後にペーパーをサッと当てれば消えるのでまぁ良い良いです。

P1120798
そうしたら今度は先ほど型から外した製品をもう一度型にはめ戻し、また離型処理の代わりにフランジ部分にガムテープを貼って

P1120800
逆側にも同じようにFRPを蓄層していきます。

P1120803
そして同じように余分な部分をカットして、製品を型から外す前にフランジ部分にドリルで後に使う固定用のボルト穴を開けてからバキッ!!っと外せば製品の分割状態の物が完成するので、

P1120829
それらの分割された製品のフランジ部分にFRP樹脂にガラスパウダーを混ぜて作ったタルクを塗って、

P1120830
そのまま左右を合わせてボルトでガッチリ固定して接着し、あとはフランジ部分など不要な部分をカットして接合部分に1プライだけ補強としてFRPを貼って最後に多少見栄えもよくなるよう全体をざっと研磨して仕上げれば・・・

P1120866
こんな感じでオリジナルエアインテークアダプターの完成です。

P1120930
あとは適当に黒く塗って目立たないようにしてイベント当日を乗り切りましたが、最終的な差し込み部分の長さなど本仕上げはこれからシーズンオフの間に時間を掛けてゆっくりテストしながら行っておきます^^

P1120913
 まぁ、構想から制作まで4日ですから本職の方からすれば全然なってない!と怒られそうですが、今の自分には趣味の園芸みたいなものなので結果良ければ何とやらですw
とりあえずこれで来年の吸入効率が今までよりも確実にアップされたと思います♪

akane380 at 03:04│Comments(0)TrackBack(0)│ │DRAG RACE 製作記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔