2013年07月23日

スカッフィ〜!!?

SBR_9413
前回、福島から戻って一度バラしてみた自分の12Rの腰上ですが、上方向から見ながらバラしている最中は異常も無いかなぁ・・・と思ったものの、

SBR_9480
作業を進めて確認していくと2番、3番シリンダーの壁面が向き合うようにして
SBR_9470
SBR_9473
このように微かにピストンが溶けてシリンダーに張り付き・・・
SBR_9412
ピストンクラウンもこのような有様でトップリングが噛み付かれて抜けなくなってしまっていました^^:
今回はガスケットの抜けも無いのに何故こんなサイドの変な所が。。。って感じですが、症状的には棚落ちではなく熱によるスカッフィングのように思えるのですが、前回の2本リング仕様のCPピストンならまだしも今まで散々使ってきた実績のあるJEピストンで何故今更ここが・・・と謎に。。。 ピストン周辺パーツやシリンダーにはDLCやWPCなどの表面処理を施しているので本来なら油膜切れを起こし難いハズなのですが、やはり材質の相性や掛かり具合で効き目の問題なども出てくるのでしょうかね・・・。とりあえずもう一度同じ処理を施して同じように症状が再発するかを確かめてみないと何とも言えませんが、まずはこのタイミングでピストン変更は痛手となるのでピストンが使えるのかを早急に知るためにピストンをバラしてパーツクリーナーで脱脂したら車に乗り込み一路いつも困った時にお世話になっている八王子の ナプレック さんへ。
到着してすぐに代表の名古屋さんに対応して頂き、ピストンを見て頂いて再使用出来るかの判断をして頂いたところ、軽傷なので修正すれば使えない事もないだろうとのことで一安心^^:
ついでに新しく組むカムのリフト量に合わせてリセスも切り直してもらうので残りの2つのピストンも梱包して発送しあとは帰って来るのを待つだけです^^
今回、コーティングしたシリンダーは大して使用することも無く瞬殺で無駄になりましたが、何とか最小限の損害で済んだので助かりましたw

SBR_9439
とりあえずその間にハイカムに合わせた次のステップの準備に取り掛かりますが、NA+ハイカム+NOSでもハイコンプ?って部分で圧縮をどうしようか・・・、従来通り自分の考えでDRAG+NOSメインと考えてセオリーに反して圧縮を少し落としてみようか考え中です^^:

akane380 at 03:55│Comments(4)TrackBack(0)│ │DRAG RACE 製作記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yayabusa   2013年07月23日 12:21
こんにちは、重症かそうでないかと言えば私にとっては十分重症ですが、復活のメドが立っていてヒトゴトながらホッとします
メカチュ+NOSの圧縮比は先日のアフターでも話題になり興味の有る所ですね。
2. Posted by Gabu   2013年07月25日 02:08
>yayabusaさん

お疲れ様です!
壊れると新たな知識が得られるので修理の出費以外はブローも楽しいモノですw

圧縮比とNOSの関係をいろいろ仕様を変えながらログを取ってみて特性を探ってみたので、今回はその結果から考えた部分を反映させてエンジンを組んでみます^^
3. Posted by oneoff   2013年07月27日 10:39
スカッフィーってディズニーの新しいキャラクターかと思ってしまいましたwww

最後の画像は何してんすか?

オイル?

面白いことばっかしてますねぇw
4. Posted by Gabu   2013年07月28日 04:29
>one offさん

TDLに焼付き抱き付きキャラでスカッフィー如何でしょうか?w

最後の画像は現在の仕様の圧縮比を計算する為にヘッドの燃焼室容積を測らなくてはならないので、ヘッドにオイルを注入して容積を測っているところですw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔