2013年07月30日

マユツバモノ?

今年に入って一度もまともに走らせられていないのに仕様変更とかって実に不本意ですが、SBR_9439
やれるうちにやっときましょう!ってことで前回、ヘッドの容積を計測しましたが・・・

SBR_9456
燃焼室容積の計測が終わったところでピストンがリセス加工と修正の旅に出てしまっているのでシリンダー側が測れず作業を進められないのでこの間にバルブのリフト量が増える分のポート径をリフト量に合わせて拡大しようと思います。

SBR_9465
径を拡大するといっても闇雲に広げるのではなくバルブとリフト量と排気側なら圧力の関係によって最低ラインでの流量が計算式によって求められますので、前回その計算を元に現在の仕様まで削りこみをしてありますから、今回は同じ計算を用いて差額分の必要な量だけ広げます。
・カムとバルブが共に純正の時はステージ
・カムかバルブのどちらか一方がオーバーサイズになった時がステージ
・カムもバルブもサイズアップした時がステージ
みたいな感じで条件が変わる分、徐々に微かな変化を付けていますが、蛇口に付けるホースと一緒で蛇口の流量に対して細過ぎず太過ぎず丁度良い太さ(容量)に持っていければ圧損などの無駄が無く他との良い相乗効果が得られる♪・・・んじゃないかなぁ。。。と。
まぁ、以前にも書きましたが排気管やポートなどは「これが絶対だ」という答えが無い部分なのでここに書いている事はあくまでも個人的なものです。

SBR_9617
その計算式もこうゆう内燃機関やチューニングメーカー系、レース関係の本を読み漁っていて「へぇ〜」って知った事を盗み取り入れながら自分の経験を重ねていった我流なので嘘か本当かも定かじゃない眉唾ものですのでw

SBR_9618
それにしてもいろいろな人に本を貸してたら殆ど帰って来ないってどーなんでしょw
本田さんの本と井深さんの本は全て持っていたハズなのにこの有様・・・。
あ、俺だって心当たりの方は返却よろしくですw
※ 本田宗一郎伝とPOP吉村の伝説は共に4冊目を買い直したので返却不要w

SBR_9620
ちなみに十代〜二十代始めの頃に買っていた懐かしのレッドバッジシリーズも未だに持ってますw
この頃はチューニング関係の本がこうして売られてたんですよね〜^^ ネット社会は当然便利ですけどあの頃はあの頃で知りたい欲求を満たす為に都内の専門系の本屋を巡って必死に探して満たした時の達成感にまた違った良さが・・・ って話が飛びましたが、もっと話飛ばして本日から擦れた心を癒す為にちょっと旅行に行ってきますw


akane380 at 02:41│Comments(2)TrackBack(0)│ │DRAG RACE 製作記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by oneoff   2013年07月31日 18:27
昔から濃いいの読んでたんすねぇw

ニヤリとしちゃいましたよ!

ネットが無い時って本当に試行錯誤して、色んなとこから知識を貪欲に吸収してましたもんねぇ...

今思うと不便だけど思い出に残ってること多いす!
2. Posted by Gabu   2013年08月05日 10:33
>one offさん

遅くなりました!
始めの頃は「実践・メカニック」のような整備要領書を読んでいたのですが、知りたい欲求に身を任せて気付けばマニアックなのまで読んでましたw

便利な世の中は楽で良いですが不便は人を向上させ育てましたよねw
なので最近はあえてグーグル先生に頼らないようにしていますw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔