2014年06月18日

天国モード or 地獄モードなJD-STER Rd.2

Pen Seur0224
今回もドタバタで精神的にだいぶ病みましたがw  何とかマシンを形にして行って参りましたなJD-STER Rd.2 in 仙台ハイランド DRAG RACE WAY。

Pen Seur0237
今回は西日本ツーリングの際にお世話になった九州のyayabusaさんがSECRET BASE Racing としてエントリーしてくださり・・・

Pen Seur0220
同じく九州の健太郎さんは PRO HEAD MOTOR FACTORYの林田さんのDRAGマシンを駆り九州より遠征されご一緒させて頂きました^^

で、まずはメシウマな地獄モード全開な自分の方からのご紹介ですが・・・。
今回は出発の4日前にはエンジンを組み上げたものの、ちょうど梅雨入りと重なって天候も悪く、どうせ組んでも乗れないなら・・・とエンジンは一発で掛かることを前提に、レース中などにその場凌ぎで行った短絡と直結のオンパレードな配線のスリム化を行うべく間引き作業を行ったりタコ足状態なハーネスを見直したりして全体の作業が終了しエンジンを掛けられる状態になったのが出発前夜の木曜日の夜。
で、いざクランキングをしてエンジンに火が入ると明らかに排気音がおかしい。。。
どうもエンジンが片排になっているようなドドドドド・・・という調子でアイドリングもせず、その状態でレーシングをするとマフラーからは黒煙を噴いて明らかに燃料が濃い・・・。
そうこうしている内にエンジンも止まってしまい、再度セルを回してクランキングするもエンジンは掛からずプラグを外してみるとすすで真っ黒になって燃料が濃いのか?と。
とりあえずその日は夜も遅く、近所迷惑にもなるので明日燃調をイジってみて様子見かな?とか考えて作業を終えたのですが、翌日の出発当日に燃料マップでマイナス補正を実際に掛けて燃料を絞ってみるのですが、いくら薄くしても空燃比計は反応せず燃料が濃いままの表示で、しばらくするとまたエンジンが掛からなくなってプラグが真っ黒な状態に舞い戻り。。。
なんだろうなぁ・・・マフラーを触ってみると4発ともちゃんと燃焼はしてるみたいだし、プラグがすすで真っ黒ってことは圧縮がおかしいのか?バルタイでもミスったのかなぁ・・・、と急遽ヘッドカバーを外してバルタイを測定してみるも間違って無い。。。
もしかしたらクランクを後期型のに変えた時に点火ローターも一緒にそのクランクに付いていたモノを使ったから前期と後期で点火ローターの形状が違い、点火するタイミングが合ってないのかもしれん!と純正部品で調べると2000年式と2003年式では部品番号も値段も全く違う・・・。ということはついに原因究明か♪ と前回使用していたクランクからローターを外して今回組んでいたローターも外して実際に手に取り見比べてみると、何ら変わらぬ同一商品で「これで部番が違い値段が2倍以上も違うのは詐欺やないかーい!」と意気消沈w
その後も症状は治らず、インジェクターから燃料は出ているし、プラグもしっかり火を飛ばしているしで原因追求の為にヘッドを開けてはバルタイを少し変えて変化を試みたり・・・。
SBR_7731
で、出発時刻を過ぎた頃にお互いに近い距離に位置するスロットルポジションセンサーのカプラーと吸気圧センサーのカプラー形状が同じ事に気付き、まさか・・・と配線図で調べてみるとしっかりと逆に組んでいたことが発覚。。。
なんでこんな特殊な異型カプラーをよりによって隣り合う二箇所で使うんだよ紛らわしい・・・。とか思いながらカプラーを組み替えて、変化を見るために少しイジってしまったバルタイも再度元に戻してこれでやっと直っただろう。と安堵する気持ちとともにセルを回してエンジンを始動するもプラグは燃料ビタカブりで相変わらず掛からない。。。
配線の組間違えも無いし、断線もしてない・・・。
インジェクターから燃料も噴いてるし点火も火はしっかり飛んでる・・・。
その割にはエンジンは掛からないしアフターファイヤーやバックファイヤーなどの異常燃焼の症状も無い。
もしかしたらサブコンがパンクしたのか?とパワコマ関係を外して純正ECUで制御するも症状は変わらず、純正ECUを予備のECUに交換しても症状に変化無し。。。
ダメだ。。。もう連日の完徹で頭も回らないし思考が働かない。。。

SBR_7742
ということで複雑な思考は避け万が一があるかも知れないしな・・・と、またヘッドを開けてカムを取り出し、作業し易いカットエンジンにカムを組んで再度バルタイを検証しながら、各ジャーナルのプロフィールもチェック。がやはり仕様書通りで異常無し^^:
もう今回はギブアップかもしれない・・・とか頭の片隅で思い始めながらも、もしかしたらとカムを組み込んでいろいろ数パーセントでも怪しい部分を虱潰しに試すも相変わらず変化無しで、気付けば出発時間を大幅に過ぎた土曜の朝8時を回った段階でタイムリミットも体力も限界なので最終的な判断を出すためにも純正のカムを組んでエンジンを始動してみて、これで答えが出るだろう。と純正カムに交換してエンジンを始動するも然程症状は変わらず変化なし。。。
でも逆にこれでエンジンに異常が無いことは確定したな・・・。ということで、カブりに弱いレーシングプラグから二極タイプの純正プラグに交換すると相変わらず片排気味ながらもエンジンは何とか始動したので、とりあえず思考が働かないのと健太郎さん達と宿が一緒なので夕方までには仙台に到着したかったので、「問題は点火系」と標準を定めて究明作業の続きは現地で行うことにして、まだ組んでいなかった外装などを組んで準備完了と共に出発し、夕方に仙台入りして健太郎さん達と合流してその日はそれ以上の作業は行なわないことに。

Pen Seur0099
そして迎えた当日ですが、前日に辛うじて掛かったエンジンは既に掛からなくなっており、外したプラグはビシャビシャに濡れて相変わらずの状態に^^:
で、早速プラグを外したり何だりしているとドラミが始まり、ドラミが終わって直ぐに作業に取り掛かり、少しすると走行準備のアナウンスが流れたのでオフィシャルさんに一本目をキャンセルする旨を伝えて仲間とあれやこれやと原因追求を進め、周りが予選を一本走り終える頃に自分等もやっと不調の原因を発見。

SBR_7726
今回も完全に自分のミスですが、ダイレクトイグニッションに向かうハーネスを長さを揃えようと一箇所でバチンと切ってしまったことで、この絶縁した繋ぎ目部分でノイズが発生していたらしく、そのせいで点火不良を起こしていた事が発覚。。。
ハーネス作業の際には段々に長さを変えてカットするという基本を怠ったが為に招いたトラブルですが、絶縁チューブを巻けば平気かと思っていましたが、今回はちょっと甘かったようでまた一ついい勉強というか、苦い教訓になりました・・・。
とりあえずここを対処したらエンジンは何事も無かったかのように一発始動^^:
ヨッシャ!とか心の中でガッツポーズをしながらもこの時点で組まれているカムはお試しの純正カムで、試しに組んだが為にシムも最薄の2.00mm のベースシム仕様で、バルブクリアランスも広くこのまま走る訳にはイカない仕様ということで・・・

SBR_7497
現地でのカム交換を視野に入れていたのでカムとシム一式を交換するべく急いで作業開始。
この時既に予選は2本目に突入し、2本目もキャンセルしていたので予選3本目に間に合わせるべく作業を進め、ヘッドを開けてカムを取り出して一つずつシムを入れ替えてカムを組んでバルタイを合わせてカムキャップを組んでトルクレンチで締め終わってよっしゃっヘッドカバーを付けようか!・・・というところで予選3本目の呼び出しと共に終了の音が。。。
いつもならもっと全体の予選時間が長かったのですが、今回は台数もそこそこでコース上でのトラブルもなく最終的にレース終了後に2本もおまけ走行が可能になるほど早いサイクルでレースが進行出来たようで、お陰様で全く作業は追いつけずw

jpg
とりあえず本戦以外にもテスト&チューンクラスという以前でいうところのストリートETクラスにも参加していたので、午前中は走ってないけど午後一のテスト&チューンクラスは走っても良いですか?とオフィシャルさんに聞くと、そちらではなくビギナー向けなドラッグチャレンジクラスで2本走って良いよという指示でイェス!レッツドラッグチャレンジ♪ と初心に戻ってコースインしてみたものの、いざバーンナウトをしてみるとそれまでに濃いガスで湿ったマフラー内の油分が排気で熱せられてタイヤスモーク以外の白煙が上がっていたので腹下を確認すると集合部から溶けた油分がポタっと垂れていたので走行中止。
もう何がしたいんだか分からないレベル。。。超ヘタレです・・・。

そんな地獄モード全開な自分とは裏腹に、
Pen Seur0162
毎回福岡のひよ子をくれる健太郎さんはイケイケで9”340secを叩きだして自己ベスト更新w

Pen Seur0072
yayabusaさんに至っては快進撃を続けCrazy8/Bクラスの決勝で9”450sec での自己ベスト更新でおまけに優勝!初仙台にして初JDで初優勝って流れは素晴らし過ぎますw
あぁ、早く自分も地獄モードから天国モードに抜け出したいっす・・・って全部自分で撒いた種なんで自業自得スけど^^:

Pen Seur0194
とりあえず最後は仙台の思い出にいつか見た憧れのJDDA風にマシンを止めて記念撮影で〆

ということで、今回は九州からのご両人のお陰で楽しい旅になりました^^
また9月か10月にボスも含めお待ちしております!
お返しのお土産は当然、また関東のひよ子ですw
って健太郎さん、そろそろお土産にお互いに関東と福岡のひよ子を持参するの止めましょうww

akane380 at 02:57│Comments(12)TrackBack(0)JD-STER DRAG 参戦記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 健太朗   2014年06月18日 17:11
JDお疲れ様でした!

色々、ありがとうございました(^-^)

次回は9月かな?と3人で話してたところです^^

また次回お世話になります!

ps 福岡のひよ子はバリエーション豊富なのでまだまだ大丈夫ですよw
2. Posted by oneoff   2014年06月18日 18:12
うーん!マジで地獄ですねwww

時間に追われ、原因究明に追われ.........

おまけに走れない.......狂います!


いや.....すでに狂ってるから平気ですね!

解決☆

ヤヤブサ号マジ渋いなぁ........
3. Posted by NOBU   2014年06月18日 20:46
ヤバそうなので取り合えず動画取っとけと思ったら、現実になるとは…
2号さんの優勝は良かったですね(笑
4. Posted by Gabu   2014年06月19日 03:42
>健太郎さん

仙台お疲れでした^^
もし9月遠征なら林田さんのブサがオーナードライブで何秒出るかも楽しみですね^^

また次回楽しみにお待ちしております!

PS, アンチひよ子になりそうですw
5. Posted by Gabu   2014年06月19日 03:50
>one offさん

one offさんの中で何か自己解決をされてしまったようですがまだまだ正常の範囲内だと自負しておりますw
でもそろそろ精神的に崩れそうですw 嘘ですw

yayabusaさんのブサも渋いですよね^^
6. Posted by Gabu   2014年06月19日 03:57
>NOBUさん

2号さん・・ですか・・・?
とりあえずこちらは客人の yayabusaさんが優勝してくれたのでめっちゃ嬉しかったですよ^^



7. Posted by yayabusa   2014年06月19日 09:27
お疲れ様です(^^
楽しい2日間を有り難う御座いました
トーナメント中のセコンドまでして頂き、あのアドバイスが無ければあの結果は無かったです
で、…ですが、今度は是非並んでステージランプ灯したいです(^^;

昨日の夜もKボスと飲みながら構想してました。
8. Posted by ライムグリーン   2014年06月19日 12:39
ライコランドでお会しましたメカニックです.igコイルの断線はfiランプの点灯が出てきませんかね、ちなみに僕の12r(a1)はイリジウムブラグで、全域快調です
9. Posted by Gabu   2014年06月20日 02:07
>yayabusaさん

当日はお疲れ様でした^^
今回、自分は走らずで呑気に客観的だとまた違った楽しみもあったりで、それはそれで楽しかったのですが、それは今回だけにして自分も次回は流石に走りたいです^^:

なので次回までにマシンに磨きを掛けてお待ちしております!^^
10. Posted by Gabu   2014年06月20日 02:16
>ライムグリーンさん

その当時に駐輪場で声を掛けて頂いたメカニックさんですね^^
ライコも今じゃ懐かしいですね^^

とりあえず記事にも書いておりますが、今回は普通に通電し点火も行なわれている条件下での些細なノイズによる点火の乱れが原因です。。。



11. Posted by かわだ   2014年06月20日 10:31
5 JDお疲れ様でした!

カムの件、アドバイスありがとうございましたm(__)m
日本語環境では
ネタが何であれ、2輪チューニング関連でのマニアックな検索をかけると
大概はGabuさんのブログにたどり着きます。
ならば
生きた本人に直接聞けばてっとり早かった
と盟友の若田部氏と関心することしかり(^_^)

次回も色々お世話になりますのでよろしくお願いします(^^)/~~~
12. Posted by Gabu   2014年06月21日 04:33
>かわださん

JDお疲れ様でした^^
今回、ピットの電源もお借り出来て大変助かりました!
改めて有難う御座いましたm(_ _)m

ターボだと何かとNAとは違う考え方が必要になるのでいろいろ調べていくのも楽しいですよね^^
川田さんと若田部さんのVMAXがNA派とターボ派で双方何処まで速くなるのか自分も毎回楽しみにしております!^^



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔