2014年12月31日

来年に向けて・・・

今年一年もあっという間に時間が過ぎて、思い起こせば今年もいろいろな方々と出会い、新たな発見をする一方で要らぬ失敗などなどw 、絡んでくれた皆様のお陰で後に笑い話に出来るような良い一年を過ごす事が出来ましたw
ドラッグレースの活動では最終的に最後の仙台で8秒入りをさせることが出来ませんでしたが、折れる事無く、来年も継続して目標に向かって突き進んで参りたいと思っております。

そして先日、来年を見据えて久々に12Rの作業も再始動致しました。SBR_0528
シーズン終盤に掛けてレブリミットを11500rpmから段階的に上げて13000rpmを使うようになってから連続して発生したバルブのコッター飛びの原因を追求してみたのですが、
SBR_3941
ヘッドを分解して改めてバルブ周りを検証してみたところ、バルブスプリングが変形してヘッドに干渉していた痕があったので、
SBR_3972
試しにスプリングテスターでカムリフトの際の状況を再現してみたところ、縮み込んだ際の線間同士のクリアランスがバラバラでこれが原因でリフターやシリンダーヘッド壁に干渉してスムーズな動きが害され追走性に問題が出たのかな・・・と。
SBR_3974
一応このバルブスプリングは強化品に交換してあったので、次回は別の加重や特性のバルブスプリングを試してみたいのですが、12R用の強化バルブスプリングって殆ど出てないんですよね。。。
エンジンデータブック無き今、流用出来そうなバルブスプリングをどうやって探すべきか・・・^^:

SBR_3943
とりあえず換えのバルブは既に用意してあるので、あとはバルブスプリングをどうするかだけですね。。。

そしてここまで数年に渡ってひたすらエンジンを壊しに壊してさらにぶっ壊して壊れる箇所もクランク周りに始まり、ピストントラブル⇒強化⇒ガスケット抜け⇒対策⇒ヘッドトラブル⇒対策⇒バルブスプリングトラブル⇒対策検討中と下から上に故障箇所が移動して内容がハードになるにつれ徐々にシビアな問題に移行して参りましたが、壊す度にその部分を修正なり対策を打って信頼性を向上させ徐々にタイムも上がり、回転数も上がり、NOSのジェットのサイズも上がりでだいぶ今の仕様は一定の条件下であればタイムもそこそこ期待できるし信頼性も出たかな?と。
前回の福島もせっかくその前の仙台でいい感じにタイムを詰めて行って自己ベストも更新であと一歩・・・ という所までマシンが仕上がって来てたんだから変に冒険とか仕様変更なんてしなけりゃ良かったのに。なんて話を複数頂いたのですが、仙台の時の考えは最後の仙台だから下手な冒険や実験要素は一切せずにとにかく目標に向けてタイムを狙うつもりで走ったのですが、後の福島は来年に向けてぶっ壊す方向の無茶ぶりで走っていたので個人的には壊れて結果オーライ♪ くらいにしか思っていないんです^^:
あの福島で案パイを取って石橋を叩いてこのトラブルがもし来シーズンの初っ端に起こっていたとしら、確実にシーズンを棒に振って頭を抱えていたでしょうから、シーズンオフの間にじっくりと対策を練れる今のうちに壊したってのは逆にラッキーなことなんです^^
そしてもうひとつ、今のうちに壊れる箇所を出来るだけ炙り出さなければならない事情があったのですが、個人的にエンジンを組んだりバラしたりを繰り返しながら各部の状態などを見ていると、最初のほうに比べるとエンジンの信頼性もある程度は確保出来たかな?と、そして今回のようなバルブスプリングの変形などの現象はただ単に高回転の回し過ぎやスプリングレートの問題だけなのかな?各システムの制御の仕方にもだいぶ問題があるのでは無いかな?いうことで、来年はそろそろ12R 計画の最終段階に進もうかな?ということで、

P1140210
先日、埼玉のAVOさんを訪れて

SBR_3948
モーテックによる12Rフルコン化計画に関するお話を伺って参りました^^
正直、今の仕様はエンジン、NOS、シフター、点火制御のそれぞれが独立した部品で制御されていて、どんな状況でもスイッチが入ってしまえばタイミングも気にせず各部品は淡々と設定された通りに動くだけ。。。
エンジンがストールしてもリアが滑ってホイルスピンしててもシフトミスを連発してもスロットルに付けたマイクロスイッチが押されれば点火時期とか関係なく全開でNOSが噴射されてしまう訳で、そんな仕様でNOSに大きな役目を負わせ依存するのは正直厳しすぎるんだよなぁ・・・と。
理想としては制御系はひとつで、エンジンやシフターやNOSの制御を回転数やスロットル開度や車速を元にしっかりと制御させて、走行毎にそれらのデータを細かく分析できる環境やシステムが欲しいんですよね。
そしてモーテックを使用するのであれば、複雑なウェットNOSのシステムを取っ払ってインジェクターを容量の大きいものに交換してドライNOSにて制御した方が今よりも安定するかもしれませんしで、夢は広がるばかりw

とは言ってもモーテックを使用するにあたって1、2年は勉強の年になるだろうなぁ・・・。と考えていたので、まずはセッティングの勉強に専念する為にも、それまでに出来るだけエンジンの信頼性と理解を上げておこうという考えで今までやってきましたので来年が非常に楽しみなのですが、ただ来年のスケジュールがどうなのかなと・・・。個人的に来年はイベントが多いもので、予定が被って走れる機会が少ないのにお高いフルコン組んでも仕方ないですからね^^:
そんなこんなでカタログを眺めて現在保留中です・・・。

P1140213
そしてAVOさんの帰りにエスコートさんに年末の挨拶をしに伺ったら・・・

valve
V8用の超巨大なチタンバルブを見せていただけましたw  比較用に置いた隣の10mmのディープソケットは1/4サイズではなく一般的な3/8のモノですが、これだけ大きくても材質がチタンというだけあって驚くほど軽く、しかもこれクラスのエンジンの内容を聞くと驚愕な異次元な話ばかり・・・^^:
世の中まだまだ知らぬことばかりで自分が見ている可能性ってかなり小さいことなんだなぁ・・・とw
来年もいろいろな事を吸収して少しでも良いマシンが作れるよう成長できるようにガンバリマスw

そんなこんなで今年一年ブログにお越しくださった皆様、レースでお世話になった皆様、いろいろな場所で絡んで頂いた皆様、本当にありがとう御座いましたm(_ _)m
来年も馬鹿一直線でよろしくお願い致します。それでは皆様よいお年をお迎えください。

akane380 at 05:52│Comments(2)TrackBack(0)│ │DRAG RACE 製作記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by NOBU   2014年12月31日 20:15
来年も色んな意味で期待してます。
良い年で有るますように。
アァお体にはお気を下さい、また入院しないよに(笑
2. Posted by Gabu   2015年01月03日 05:43
>NOBUさん

既に具合が悪いのですが。。。病には勝てません(笑)

今年もよろしくお願い致します^^

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔