2015年05月30日

SBR流 CRキャブ × ガンコート

ということで、今回はいつものFCRではなく・・・、SBR_5714
CRキャブのガンコート編ということで、画像の一般的なお疲れ模様のCRキャブをベースにガンコート処理の流れをご紹介します。

SBR_5716
まず一番初めに各部のダメージを記録するために一度ガソリンを入れて異常が無いかと、外見の傷や破損状況を確認したら・・・

SBR_5763
キャブレターをガンコート処理に向けて分解します。

SBR_5774
分解が済んだら一度油分を落とすために超音波洗浄機に掛けて汚れを落とし、

SBR_5781
その後、CRキャブ用に製作したオリジナルのシールKit を使ってブラストのメディアの混入を防止しながらボディー全体をサンドブラスト処理して、その後洗浄して再度超音波洗浄機で洗浄してと行ったりきたりしながら徹底的に表面を綺麗に仕上げたら、表面に汚れが付く前に出来るだけ早く下地処理をしてガンコート処理を施します。

SBR_5824
で、オリジナルで調色して最近お気に入りの炭のような質感がでるカーボンブラックと命名した艶消しブラックでボディーを塗って、スピゴットなど小物関係を半艶ブラックで塗り分けて、170℃の高温の窯でしっかり2時間掛けて焼き上げればガソリンに侵されないガンコート処理の完成です^^

SBR_5918
で、あとは各部を組み上げて調整したらCR スペシャルにもう一つスペシャルをプラスしたガンコートスペシャルCRキャブの完成です♪ ってFCRキャブの時の作業手順と全く流れは変わらないのですが一応紹介しておこうかなと・・・^^:

SBR_5903
そんなこんなで仕上がり具合はこんな感じでして、

SBR_5909
当初の年代を感じるお疲れ具合からブラック × ブラックでボルト類も合わせて新調して渋め路線な硬派な仕上がりに^^

SBR_5930
どさくさ紛れなこちらのCRキャブはガンコートCRのサンプル用に製作した物で、ボディーをオリジナルで調合したチタン風のシルバーをベースに小物をゴールドにして少しゴージャスに^^

SBR_5932
FCRキャブと違ってCRキャブは塗る面積と塗る部品点数が多いので、SBR_5938
少し派手に仕上がっちゃうかな?と思ったのですが、意外に渋く仕上がりましたね^^

SBR_5945
とりあえずオイルクーラーは別作業の物ですが、こんな感じのセットなら少しだけ貴賓が感じられるんじゃないかな?なんて・・・、あ、いや、まぁ十人十色ということでw こんな感じでモノトーンなキャブレターに個性を与えつつ、自己主張の強い個性派キャブレターが続々誕生中ですw

akane380 at 03:43│Comments(2)TrackBack(0)ガンコート&結晶塗装 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by oneoff   2015年06月05日 15:22
ブツがあるんですが........

危ないかもしれんけやめておけと師匠から
お言葉をwww


近くに住んでればアレなんすけどねぇ...
2. Posted by Gabu   2015年06月06日 03:23
>one offさん

とりあえず銃を塗るためのガンコートですが、本物を塗るのは日本ではやはりリスキーというか犯罪ですからねw


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔