2015年06月24日

迷わず行けよ、行けばわかるさ右向け左

前回の記事内容はちょっと日和ってましたので今回は追伸です・・・。SBR_6371
体調が優れないとどうも無難な道を進もうとしてしまうようで、スロットルボディーを塗る際に以前にガンコート処理したシリンダーヘッドと色を合わせてガンコート処理をしていたら、パッと見で純正と変わらない色味に気付いて急遽塗りました感を出す為にゴールドを取り入れた小細工はやはり失敗したなと・・・^^:

SBR_6044
ここ最近、GSF1200の修復作業やレストア作業などで目立たないようなシンプルな色合いを意識してのガンコート作業が続いていたのでその気持ちの流れで色をチョイスしてしまいまして、ハッと気付いての土壇場での選択だった事もあり、その中途半端なゴールドとの兼ね合いの仕上がりが何だかなぁ・・・と。

SBR_6395
で、やっぱりどうも変だなぁ、ベアリングを組んだら後戻りは出来ないし、このまま軽いやり残し感を引きずりながら使うのも嫌だなぁ・・・。とウダウダ考えた結果、やり直ししよう!と思い切ってブラストを掛けて色を塗り直しまして、
SBR_6401
シンプルイズベスト!





なんてまだ早い?wSBR_6438
可能性の探求こそSBR流私の生きる道w

SBR_6409
やはり気持ちがブレた時は悔いなくやり通すに限りますね〜 ^^
仮組みの感じもやっとしっくりきたので、これで心置きなく前に進めそうです♪


※追伸の追伸
SBR_6137
今回の内容は個人的な趣向ですので、ガンコートをご依頼の際にはシンプルイズベストなこのような激シブ仕様のオーダーとか大歓迎です♪
当然のようにご依頼の際にはお気遣いなくお気軽にご相談くださいw

akane380 at 04:01│Comments(4)TrackBack(0)DRAG RACE 製作記 | ガンコート&結晶塗装

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yayabusa   2015年06月24日 04:36
おおぉー
スロットルボディーが、楽器と言うか仏具というか、何だか崇高なカンジに( ̄▽ ̄;)
あ、本日は有り難う御座いました!
2. Posted by oneoff   2015年06月24日 16:38
ギラギラ進みたいすよね!
3. Posted by Gabu   2015年06月25日 03:57
>yayabusaさん

お疲れ様です^^
はい、スロットルボディはかなり神々しくなりました(笑)
これで金運アップとかしたら最高なのですが・・・^^:

こちらこそMuzzyの寸法ありがとう御座いました^^
4. Posted by Gabu   2015年06月25日 04:05
>one offさん

みんな死に向かって生きているのなら死ぬまでにやれるだけガンガンやったモン勝ちですよねw
やばい時はone off さんの ”止まったら死ぬ ”ってあのフレーズを厳しい時に自分に言い聞かせて凌いでますよw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔