2015年09月22日

セラコート仕様ついに完成♪

Cerakote Firearm Youtube Art 2015
先月、念願かなってやっと米NIC社製セラコートの講習を2日間受けて晴れて認定工場としての資格を得られた特殊コーティング技術のセラコートですが、

SBR_9490
講習後も条件を変えながら独自にコーティングの性能や再現性、スプレーガンのサイズと相性などをテストして、テスト結果が良くない時に総代理に相談をするとテストの条件がシビアで厳しすぎると怒られw、ガンコートよりも癖のあるネタに翻弄され、ここ最近は連日ブースに篭って繰り返し試行錯誤を行った結果、何とかセラコート施工時の癖や注意点なども掴んで安定的にセラコートの性能が得られるようになったので、いざ実践♪

ということで・・・SBR_9610
世界初!? セラコート仕様のFCRキャブがついに完成しました^^
今回はフルセラコート仕様ということで、細かな部品も含め、FCRキャブの純正ファンネルもゴールドで行かせて頂きましたが、かなりシブい仕上がりでバッチリです♪

SBR_9421
そしてこちらは日産の古いL型エンジンのヘッドカバーに施工させていただいたのですが、コーティングの質感はご覧の通りしっとりとしていて最高です♪

SBR_9427
そして常温乾燥と60℃から可能という低温からの焼き付けに対応したセラコートを今回採用したことにより、今までのガンコートでは170℃の高温焼き付けが必要だった為に施工が出来なかった加速ポンプ機構のワンウェイバルブ栓に熱に弱いジュラコンを使用した古いタイプのFCRキャブでもこれからは問題なく施工することが可能となり、

SBR_9593
キャブレター以外でも60℃の温度に耐えられる材質であれば・・・

SBR_9601
このような耐熱性の無い塩ビパイプをもアルミパイプ風に低温焼き付けコーティングをすることも可能となりました^^

cerakote_specs
cerakote_WCP
そしてそのような条件ながらセラコートは耐薬品性、耐傷性、耐食性、耐熱性、耐衝撃性などそれぞれに特化した塗料が開発されており、耐磨耗試験の結果ではガンコートの8倍の耐久性を記録していて、
SBR_9493
このようにハンマーでガンガン叩いても剥がれ難いなど、先ほどの塩ビパイプに対してもですが密着性はかなり目を見張るものがあります。

SBR_9481
また、以前にもお伝えした通り、エキゾーストパイプやタービンのエキゾーストハウジングなど高温部分に適したC-シリーズは常温乾燥ながら最大で1200℃の高熱に耐え得る性能を持っていますので、使う用途に応じて今まで手出しの出来なかった過酷な条件に晒される部分へもオリジナリティーを追加することが可能となりました^^
※ 画像の青い炎部分の先端温度は1600℃近いので、この温度域は本来カバーしておりませんw

このように施工できる幅が広がっても性能面ではどうなんだ?と心配されてしまうかもしれませんが、性能面でもトップレベルの性質を発揮しており、2輪では採用に至る審査基準の厳しいハーレーやVANCE & HINES などの一流メーカーからも必要部品に対して指定されるなど品質と性能に対しては一定の信頼も持ち合わせておりますので、今まで通りのガンコートと共に必要に応じてセラコートも安心して選択して頂ければと思います。

SBR_9610
ということで、先日セラコートが完了したこちらのマットなFCRキャブを取り付けしにオーナーさん宅に伺ってきたのですが、この画像を見てこのFCRキャブが何用か想像が付く人って居ますかね・・・?


その車両とは、まさかまさかな・・・


こちら↓SBR_9652
のマットなモデナには残念ながら?2発分足りないのでw



SBR_9644
こちらのバリっと仕上がったS30Z に取り付けをさせて頂きました^^

SBR_9638
で、先ほどのヘッドカバーもこちらのS30Z用のモノだったのですが、FCRキャブとヘッドカバーを組んで無事完成で、品質も仕上がりも含めオーナーさんに満足して頂くことが出来ました^^
それにしてもフェラーリの調律されたエキゾーストサウンドは当然キレがあって凄いのですが、このL型+FCRキャブのアクセルを踏み込んだ際に奏でる乾いた甲高いエキゾーストノートも負けず劣らずで、オーナーさんがフェラーリよりもZの方が乗っていて楽しいと言うのも納得なくらいにご機嫌でした♪

SBR_9665
ということで、これからは既存のガンコートに加え、さらに特殊なセラコートも活用して出来る限り不可能を可能に変えてガンガン施工して行きたいと思います^^ が、何分一人でやっている為、作業が溜まり始めると直ぐにショートしてしまうのでその辺をどう効率良く回すか?がこれからの課題になりそうです^^:

akane380 at 09:19│Comments(2)TrackBack(0)│ │セラコート 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by oneoff   2015年09月25日 13:52
おおー!こりゃすげぇー!

これでガブさんもヒルズ族っていう六本木の
暴走族になるんですね..........


今のうちにサイン貰っておこうかな......


これならあのブツ全体の塗装が可能ということになりますね.......
2. Posted by Gabu   2015年09月26日 23:52
>one offさん


そうですねw、名前は最近ニュースで流行りなアレに対抗して「ヒールズ」でお願いしますw
このコーティングはそもそもがアレ用のコーティングなので用途としてはバッチリOKですw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔