2016年02月19日

亜酸化窒素(通称:NOSガス)の規制と取り扱いについて

既に何件かお問合せを頂いておりますが、昨日、厚生労働省より審議の結果、一酸化二窒素(以下:亜酸化窒素 通称:NOSガス)が指定薬物に新たに指定された件で、

〜 以下厚生労働省のHPより一部抜粋 〜

「中枢神経系への作用を有する蓋然性が高く、人の身体に使用された場合に保健衛生上の危害が発生するおそれのある物として、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(昭和35年法律第145号)第76条の4に基づき、医療等の用途以外に供するための製造、輸入、販売、所持、使用等を禁止」 と新たに定められましたが、

今回のパブリックコメント案件番号 495150202 の回答によりますと

亜酸化窒素


御意見の概要:
一酸化二窒素は、ロケットや自動車等のエンジンの助燃剤、化学反応を用いた半導体基板上への成膜用途として使用実態があるため、使用に支障がないよう配慮して頂きたい。また、使用の際の許可申請の有無について確認したい。

御意見に対する考え方:
「医療等の用途」として、「元素又は化合物に化学反応を起こさせる用途」を規定します。 一酸化二窒素をロケットや自動車等のエンジンの助燃剤として使用することは、「医療等の用途」の「元素又は化合物に化学反応を 起こさせる用途」に該当します。 ※一部抜粋し登載


ということで今回の亜酸化窒素の指定薬物に指定された事に対するモータースポーツの分野での影響は

エンジンの助燃剤として使用する場合には法には触れず問題ありません。
が、大気開放させるパージはタイーホに該当する行為かと・・・

また ” 「医療等の用途」として、「元素又は化合物に化学反応を起こさせる用途」を規定します。 一酸化二窒素をロケットや自動車等のエンジンの助燃剤として使用することは、「医療等の用途」の「元素又は化合物に化学反応を 起こさせる用途」に該当します。 ” と記載されておりますが、パブリックコメントの続きには
「なお、一酸化二窒素を「医療等の用途」に使用する際、医薬品医療機器法(※1)や指定薬物省令(※2)に基づく許可申請の手続きはございません。」

とのことで、今後も特別な資格や手続きを得なくともモータースポーツの分野においては今までどおり変わらず亜酸化窒素の使用が認められておりますので一先ずは安心して頂ければと思います。
というか、今回の法令によってむしろ今まで人によって意見が分かれて微妙にグレーだったNOSガスの使用や取り扱いが厚生省のお墨付きを得られたことで逆にモータースポーツの分野においては使いやすくなったんじゃないかなと・・・そんな気がしますね^^
ただしここが抜け道となって他の用途に使用されるような結果が生まれてしまうと肩身が狭くなりかねませんので、今までと同じように当ガレージとしましては専用のボトル以外への受付は一切行いませんので予めご了承願います。

※1:医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関す法律(昭和35年法律第145号)受取意見総数(通):20
※2:医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第二条第十五項に規定する指定薬物及び同法第七十六条の四に規定する医療等の用途を定める省令(平成19年厚生労働省令第14号)


その他、より詳細な亜酸化窒素の取り扱いに関するお問合せ等は下記にてお願い致します。
厚生労働省医薬食品局監視指導・麻薬対策課
(代表電話) 03(5253)1111


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by oneoff   2016年02月25日 12:07
ガブさんがタイーホされんのが毎日不思議でならんですよ........
2. Posted by Gabu   2016年02月26日 02:13
>one offさん

そんな・・超絶ホワイトな自分に向かって何を言いますかw
少しはone offさんの超絶ブラックを分けて頂きたいくらいです!w
3. Posted by mach712r   2016年03月02日 19:05
歯医者さんで吸ったことがありますよ。

自動車等のエンジンの助燃剤としてならokで、よかったですね。

私は過給器を付けたい!!
4. Posted by Gabu   2016年03月04日 01:48
>mach712rさん

お疲れ様です!^^
自分の通っていた歯医者さんでは使用していませんでしたので未だにこれがどのように医療機関で使用されているのかが分かりません^^:
でもエンジンの助燃剤としての使用が許可されて本当に良かったです。
とりあえずこれでまだまだ自分の目標タイムに向けてチャレンジを続行することが出来そうです♪

PS, 自分も次期マシンは過給機を組みたいと思います^^
5. Posted by mach712r   2016年03月04日 20:56
笑気ガスと言うようです。
笑気麻酔は、厳密には「笑気吸入鎮静法」と言います。
酸素に笑気(亜酸化窒素)という気体を混ぜて鼻から吸い込む麻酔法です。笑気は無臭の気体で、お子様でも無理なく吸入できます。
笑気ガスは、全身麻酔でも使用されているのですが、笑気吸入鎮静法では30%以下と低濃度で使用するため、安全性が高いことが特徴の一つでもあります。
低濃度の笑気ガスの吸入で、気分が楽になり、痛みや緊張、恐怖などを感じにくくできるそうです。

吸ったら癖になるかもです・・・・・・ウソです(^^">
6. Posted by Gabu   2016年03月08日 03:32
>mach712rさん

申し訳ありません!
PCの調子が悪くてコメントが返せませんでした。。。

詳しい説明を頂きましてありがとう御座います!
自分の行っていた歯医者では一度も使用してくれませんでした^^:
バナナ味の麻酔みたいなのを塗られた覚えならあるのですがあれは嫌がらせだったのでしょうか・・・。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔