2016年03月15日

FCRネジリペア

SBR_5198
以前にCRキャブをセラコート仕様にて制作させて頂いた際に、オーナーさんから普段はそのマシンは都内のZ系で有名なお店に整備をお任せしているとのお話を伺っていたのですが、いつものようにキャブをバラし始めるとネジの締め付けトルクが当たり前のように適正で、どこを緩めても緩めた際にパキン‼ なんて甲高い金属音がする訳もなく、適正トルクでカチッスーっとネジが緩む凄く丁寧な締め付けで、作業をするにあたってネジを緩めるこちらが気分が良くなるような仕事をされていて勉強させて頂きましたが、

SBR_5758
キャブレターのネジって結構な確率でやっつけられている場合が多いですよね^^:
うちに作業で入ってくるキャブでもチラホラと要修正な個体が混ざってきますが。。。
普通に考えたら4mmのボルトですのでそこまでグイグイ締め込んだらナメるって分かっていても、やはりガソリンが漏れ出たら危ないというイメージからか?必要以上に高いトルクで締め込まれてネジ山をズコズコにしてしまうケースが多いのかもしれませんが、

SBR_5906
ひと昔前だったらそんな場合は金属パテで埋めてタップ立てて、その後は強度が無いので恐る恐る締め込んで使って・・という感じでしたが、今はリコイルでネジ穴を修正すれば場所によっては元の状態以上の強度も可能と、技術の進歩に日々感謝です^^

感謝と言えば・・・

4AG
先日仕上げたFCRキャブのガンコート仕様の装着画像をオーナーさまから送って頂いたのですが、自分が当時乗っていたボロハチとは違ってメチャクチャ綺麗に作り込まれたエンジンルームにAE100系の5Vの4AGをスワップしたハチロクへの装着で、綺麗に作り込まれたエンジンに合わせてガンコート処理をしたFCRキャブも、取り付けた際にエンジンとの一体感があって、送って頂いたメールを開いてパッとこの画像が表示された時に自分がキャブレターを塗りたいと思っていたのが車体やエンジンとの一体感を出したいという思いからだったので、まさにコレだ^^ と、装着画像を送って頂けて改めてこのペイントサービスを始めて良かったなと再確認することが出来ました♪
今回もこのような有意義なプロジェクトに関わらせて頂くことが出来ました事、誠に光栄に思います♪

IMG_0384
そしてもう一枚送って頂けましたこちらの画像は以前にセラコートにて仕上げさせて頂いたCRキャブですが、先ほどのメカニカルな雰囲気のFCRキャブとは対象的に、カワサキ空冷Zの雰囲気を損なわないようにとエンジンの質感に合わせたセラコート仕様のCRキャブで、オーナー様サイドで色の選択に悩まれた甲斐もあって組み付け後の纏まりもバッチリで、エンジン周りの色使いも統一して他と差別化を図った渋い仕上がりになっていて、色調の選択の際にアドバイスをさせて頂いたこちらとしましてもこの纏まり具合に一安心しました^^
セラコートなどは錆びや腐食などの耐食性に大変優れていますので、単なるイメチェンというだけでなく、今後もこの状態を長く維持してくれる強い味方になってくれることと思います♪

ということで、今回装着画像を送って頂くことでいろいろと自分の中でも再確認することが出来ました。
画像を送って頂けました両オーナー様、本当にありがとう御座いました^^

akane380 at 17:19│Comments(6)TrackBack(0)ガンコート&結晶塗装 | FCRキャブ 〜改造編〜

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 砂粒   2016年03月15日 21:48
愛車を見てもらいたいと思わせる内容がてんこ盛り!
お金溜まったらいくぞー!
2. Posted by Gabu   2016年03月16日 03:12
>砂粒さん

ありがとう御座います!
お願いですので気軽にお金が溜まる前に遊びに来てください^^
その場合はsecretbase-racing@nifty.com宛てに事前連絡で不在の確認だけお願いします!

PS, 何となくですが、砂粒さんは昨晩プラグのメールを送って頂いたHさんでしょうか?
3. Posted by BB   2016年03月19日 20:47
リコイル、知りませんでした。便利なのがあるんですね〜!勉強になります。ありがとうございます。
古いピアノの長いヒンジなんかは、マイナスネジの向きが全部揃えてあったりするので、トルク的にはアレですが職人さんの美意識みたいなものを感じます。

ていうか、キャブの写真がもうなんか美しすぎて思わずコメントしてしまいましたすみません(笑)
4. Posted by Gabu   2016年03月20日 06:24
>BBさん

お疲れ様です^^

BBさん担当するのピアノの仕上げには芸術的な美意識が特に必要ですね^^

ちなみにリコイルという名前以外にもヘリサートという良い方(商品名?)もありますので良かったら調べてみてください^^
今まで専門の機関に出さないと出来なかったようなレベルの作業が簡易的に自分のような個人でも行えるようになって技術の進歩さまさまです^^:
5. Posted by oneoff   2016年03月20日 14:37
ガブさんの記事はマニくて物欲刺激系
ですから楽しいですよねー


ネジ緩めてるときや締めてるときにパキン!って
いうのなんすか?

規定トルクでカーボンパーツ締めてるときにも
鳴るんすけど、かなりこわいっす!
6. Posted by Gabu   2016年03月21日 05:23
>one offさん

物欲を刺激してジャンジャン日本経済を回しましょう!っと言える財力が欲しいですw

あのパキンとなる甲高い音ですが、もの凄く単純に言ってしまうと歯ぎしりのような金属同士の摩擦から出る音です。
モリブデン系のグリスを付けて締めてあげればあの音を回避しつつトルク管理もしっかり行えますし、ネジと相手の保護にもなりますのでお勧めです^^ ※ グリスを塗ると緩みそうなイメージですが、一般的なボルトは仕組み的にそうではありませんので安心してください。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔