2016年10月23日

無駄に挑戦をするバカ者

毎週毎週一週間が過ぎるのがあっという間で、そろそろ11月3日に富士スピードウェイで開催されるアメフェスに向けて12Rの準備もしないとな・・・ ということで、SBR_0823
今回は作戦として、アメフェスでは今まで散々悪足掻きで試行錯誤をしてきたロックアップクラッチを封印して普通に手動のクラッチ操作で挑もうかな?と。
今まで何とかクラッチ側のセッティングで対処してマシンを制御してやろうと取り組んで参りましたが、アメリカの路面のようにベタベタにラバーが乗ってグリップの高い路面ならまだしも、国内のような普通の舗装路と変わらないグリップの低い路面ではアクセル全開でクラッチをスパっと離してもグリップせずロスを生むばかりなので、クラッチ側でスリップしないように調整すると今度はクラッチがその分滑るってだけでどっちにしても前に進まずタイムが落ちるばかりなんですよね・・・。
個人的に今のエンジンの仕様ならスタートさえ決まってくれれば確実に8秒台には入ると考えていて、いつもスタート〜60フィートの区間タイムが1.8秒前後なので、ここを1.5秒台に入れられれば後半のタイム差にかなり大きく影響しますので、とりあえず年々走る機会も減ってしまっているので今回は無難にロックアップを封印してタイム狙いで事前にスタート練習をして挑むことにしよう!と決めていたのですが、

SBR_0457
前回、茂原のイベントで迫力のあるドリフトのパフォーマンスを見ていたら何だか無難に行こうとした自分の考えがセコく感じてしまって、とにかく自分の独自的な考えを持った仕様で目標に向けて挑戦するから楽しめてるのかもな・・・ ということで作戦を変更して失敗を恐れずアレやコレやと作戦を練って、

SBR_0795
早速部品を注文。

SBR_0800
とりあえず現状マルチステージのロックアップクラッチを使用しているのはスタート時の馬力を稼ぐのが目的で、スタート時はクラッチを切った状態でアクセル開度100%の全開。で、そこにNOSをドライショットで40馬力分吹いていますので、クラッチをスパっと離した瞬間にギア比を考慮してもそこそこな馬力を発生させている訳ですが、単純にそのままではエンジンが鬼ストールするか、無事に繋がったとしても壮絶なバックドロップを食らうかリアタイヤが空転してしまうかで、それでは困るので微妙な力の伝達をロックアップクラッチ側で操作して段階的に伝達する出力を増やしてロスなく発進しようというのが本来の目的なのですが (※ マルチステージとシングルタイプのロックアップでは考え方、使い方が若干異なります)、とは言っても路面のグリップが低いとそれに合わせてロックアップの伝達調整を緩くしなくてはならず、結果的に通常の路面ではグリップが低すぎてロスしか生まなくなるので何とかならないかな?・・・と毎度何とかエンジンをマネジメントして制御してやろうと試行錯誤しながら挑戦しているわけで、このジレンマを解決するために前回モーテックを購入した訳ですが、モーテックの導入は来年からと決めておりますので今回は最後の悪足掻きで単純な仕組みでロックアップをサポートするシンプルなトラクションコントローラーを自前で制作して実験してみようかと思います。

SBR_0683
で、こちらも相変わらず試行錯誤なリアサスですが攻めの姿勢ということで、今回また更なるバネレートの仕様変更を行ってみました^^

SBR_0888
で、完成したマシンをいつものテストコースに持ち込んでいざテストですが、まだ実験一発目なので速い遅いの評価までは出来ませんが、とりあえずスタート時のトラクションをコントロールすることには成功しました♪

が・・・2本目の走行でトラクションコントロールの設定時間を短くしてクラッチ側の負荷を上げて走行したところ、
SBR_0808
スタートしてトラクションコントロールが解除されて一気に出力が全力で掛かった瞬間、インプットシャフト側のセラミックベアリングが無残な姿に。。。
本来ならトラクションのコントロールを段階的に解除出来れば良いのですが、ON-OFF操作の簡易的な仕様なもので解除後のパワーの立ち上がりに無理があったようです・・・。

SBR_0869
とりあえず時間が無いのでテストは終了してガレージに戻ってミッション交換のためにエンジンを降ろしますが、

SBR_0873
壊れた部品を集めて検証したところ、当初セラミックボールが粉砕してベアリングが破損したのかな?と思っていたのですが、粉砕されて居なくなったボールは一つで、破片の状況的にベアリングのレースが先に破損して壊れたという感じで、

SBR_0876
いい感じだったミッションも割れたレースの破片を噛み込んでしまって終了。。。

SBR_0879
分解時に気付いたのですが、フロントのスプロケットは以前から刃が欠けていたようでw 、ロックアップのセッティングが決まらないとこのように駆動系がどんどん壊れます^^:
なので本当は出力をもっと落として扱いやすくした方がタイムにもマシンにも良いってことは分かってはいるのですが、何とかこいつを制御してモノにしてやろうという挑戦が経験にもなり楽しいもので・・・w

SBR_0910
とりあえずエンジンも一通りバラしてチェックをしてみたのですが内燃機側は全く問題がないようなので、ミッション関係の部品が届き次第組み直して復活の予定ですが、

SBR_0818
ベアリングが粉砕して軸がズレた時にロックアップ用の専用ロッドが折れてしまったようで、アメリカのMPS Racing に注文したもののアメフェスまでに間に合うかどうか・・・。
最悪、溶接して加工屋さんにお願いして旋盤加工して誤魔化しで使用するか? この部分だけが不安材料です。。。

akane380 at 13:49│Comments(12)TrackBack(0)DRAG RACE 製作記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ケンタロウ   2016年10月23日 14:44
お疲れさまです^^

クラッチ板の次はベアリングですか…ちなみに某スズキの某ハヤブサは現行型になってスプロケ側のシャフトが太くなってます^^;

自分もボチボチ、アメフェスの準備に取りかかります!まずはハイエースの床張りからですがw

フロントスプロケットは530ですよね?
2. Posted by 砂粒   2016年10月23日 19:56
うわー!うわーーー!!
高速実験室なだけに、トライ&エラーなのはわかりますが・・・うわぁ〜
3. Posted by Gabu   2016年10月24日 01:35
>ケンタロウさん

お疲れ様です^^

アメフェスに向けてオイル交換しようかなぁ・・まぁ今回は良いか。とケチった考えをしたのが12Rにバレて強制オイル交換に持ち込まれたっぽいですw

消耗が激しいので今は530に戻してます^^:
チェーンの初期伸びもいつまで伸びるんだ?ってくらい伸び続けてますw

ハイエースはオイルの匂いは取れましたか?^^:
ケンタロウさんも準備頑張ってください!
4. Posted by Gabu   2016年10月24日 01:40
>砂粒さん

お疲れ様です!
人様のマシンでこうなる前に自分のマシンで経験できただけ良かったです。
また壊し方にも納得の行く壊し方と情けない壊し方がありますので壊して悲しいこともあれば嬉しいこともありますが、今回は目的が上手く行ったが為に壊れたということで結果良かったです^^
5. Posted by oneoff   2016年10月24日 08:56
うへーこりゃまたエライこっちゃになってますね!あの12Rをこんだけバラしてたら、今日本でトップの12Rメカニックですねw
6. Posted by Gabu   2016年10月26日 11:11
>one offさん

毎度お約束的なパターンに陥ってますw
12Rのエンジンならそこそこネタは持ってるかもしれませんw
7. Posted by yayabusa   2016年10月27日 14:39
チラッと聞いてはいましたがいつも通りの追い込み方ですね^^
私は1年以上空いたのでちゃんとスタート出来る自信がゼロでっす!
現地ではよろしくお願い致します。
8. Posted by Gabu   2016年10月28日 02:03
>yayabusaさん

お疲れ様です!

毎度目標に向かっているのか遠のいているのか分からない事をやっております・・・。
一年以上はヤバいですね^^:

また当日宜しくお願いします!^^
9. Posted by mach712r   2016年10月30日 20:30
見るのが遅れてしまいました。。。。
現在組み付けてありますが、専用ロッドありますよ。
10. Posted by Gabu   2016年10月31日 02:57
>mach712rさん

お疲れ様です^^
お気遣いありがとう御座います!
何とか誤魔化しで補修出来まして難を逃れました^^:
また困った時にはお力添えを宜しくお願いいたします^^
11. Posted by mach712r   2016年11月01日 12:28
補修出来たんですね、よかったです。
12. Posted by Gabu   2016年11月05日 19:07
>mach712rさん

お疲れ様です^^
コメントが遅くなりまして申し訳ありません。

何とか低クオリティながら直すことが出来ました^^:
いつもお気遣いしてくださり本当にありがとう御座います^^

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔