2016年11月24日

セラコート 秋の新色・・・

出来ますた♪SBR_1540
ということで来週の日曜日12月4日にパシフィコ横浜で行われるホットロッドカスタムショーにエントリーするハーレーのショーバイク用のハブを前回セラコートで仕上げさせて頂きましたショップさんから追加作業を沢山いただきまして、その中の一つとしてハーレー用ミクニ TMキャブのセラコート仕様が完成しました^^
ちょっと遊んでトップキャップを結晶塗装にしてみましたが、この色合いだとヨシムラっぽいですね^^
ただ今回はハーレーということでこの部分はオレンジを希望されていたので塗り直します^^

SBR_1522
そしてこちらのスイッチBOX周りの部品もセラコート処理にて色替えをしますが、

SBR_1531
希望は出来るだけスロットルホルダーの色味に近い色で、キャブレターのトップキャップと同じオレンジをボタンに施すという内容で承りました。

SBR_1675
そして色替えを行って仕上がった物がこちらですが、今回の希望はオレンジにメタリック感が欲しいとのことで、今まで何度か調色をして色合わせをしてきた中で基本的にセラコートは同じ色でも窯に入れるタイミングや焼く温度、硬化剤の比率によって色味が変わって再現性が難しいのに加えて、塗料代が1cc 辺り50 円以上とユンケルを超えるほど高価でw その分を費用に乗せるとお互いに洒落にならないので難しい調色は基本的にしないようにしたのですが、今回はショーバイクということでビルダーさんの理想を実現させるべく妥協はしたくないと個人的に考えて
SBR_1683
作っては塗って実際に焼き上げ色味を確かめて、それを元に作っては塗って焼いて確かめてと・・・

PN8A4691
以前に別のハーレーのヘッドを同じようにオレンジで色合わせをして調色した際にメチャクチャ苦しい思いをしたのでその時の悪夢が一瞬脳裏を過りましたが、

PN8A4694
でも仕上がった時には最高に気分が良いので今回も何とかやり切ってやろうと・・・

SBR_1665
で、やはりただのオレンジでさえも難しいのにメタリック感を出さなきゃいけないので塗料も大量消費で、さすがにキャブレターのキャップとスイッチボタン数個でウン万円請求も出来るハズもなく既に大幅な赤字路線決定w

SBR_1660
でも材料も尽きかけた最後の最後に上手く行かない部分を打開する秘策にある色を添加することで綺麗な発色のオレンジメタリックを作る事に成功♪

SBR_1667
スイッチBOXのカバーも艶感の違いがあるので全く同じ色味とは行きませんでしたが、調色を重ねて色味を近づけてボタンも制作したオレンジとブラックで塗り分けて完成♪ となった訳ですが、実物を確認して頂いたところやはりメタリック感が無い方が良いとの事で・・・

SBR_1681
普通にハーレーのオレンジに近い色を取り寄せて・・・

SBR_1695
そのまま仕上げさせて頂きまして結果、途方も無い赤字w ですが、あのオレンジメタリックを生み出せたことで応用できる技が生まれたので結果的に後々プラスに転じると思い・・・たい・・ですw
KTMやハーレーの方、この大量に余ったオレンジは如何でしょうかw
SBR_1689
ちなみにスイッチBOXの方も実際に施工した物をみてイメージが変わったとの事でシルバーとブラックでシックにスイッチ類を塗り直して完成^^
ショーバイクですからレースマシン同様妥協することなく、この辺はビルダーさんのインスピレーションに任せて最終的な纏まり重視でジャンジャン色変更をして頂ければと思います♪

SBR_1686
ちなみにフロントフォークのアウターチューブの色を色見本の中から選択して頂いて、いざその色をメーカーに発注したところ国内に在庫が無いとの事で、急遽その色も作る羽目になったのですが、右の色見本に対して人間やれば出来るもんだなぁ・・・とw
お陰でこの色はもう買わなくても良くなったので在庫がなく調色する羽目になって結果ラッキーでした^^

SBR_1645
ということでアウターチューブもブラックと調色したシルバーで施工して完成です♪
ショーの搬入まで残り10日を切ってまだ外装を制作したりマフラーを制作したりしているとのことで、そのギリギリアウトになりそうな追い込み具合には、いつもレースの当日まで作業が終わらない自分としてはシンパシーを感じずにはいられませんw
自分の方で受けている作業もまだ全て終わっていないので他の作業の合間に潜り込ませて進行中ですが、どうも耐熱セラコートを施工予定のマフラーの制作がりがギリギリになるようで、そちらも色を指定されているのでいまからドキドキですが、自分もマシンの全貌を見ていないので最終的にどのようにまとめ上げたマシンが完成するのか今から非常に楽しみです^^

SBR_1713
ちなみにFCRキャブレターのラージボディとのサイズ比較ですが、流石ハーレー用といった感じでこの海外向けというTM50 ?キャブレターはかなり大きかったです^^

akane380 at 12:51│Comments(4)TrackBack(0)セラコート 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 砂粒   2016年11月24日 22:23
女性の化粧と一緒で・・・塗装ってスゴイΣ(O_O;)
あ、自分の塗装はクソですw
2. Posted by Gabu   2016年11月25日 02:06
>砂粒さん

やはり今どきは時代錯誤でガングロマンバメイクなみの個性が必要かもしれませんね(笑)
内も外もリセットして生まれ替えさせましょう^^
3. Posted by oneoff   2016年11月25日 15:59
今日ブツを発送するんで、冷蔵解凍した後、1キレ5mm幅くらいでスライスして炭火でレアに焼いて塩コショウ、半分は漬けにしてこれまたレアで焼いてどうぞ!漬け汁はヤヤブサさんにでも聞いてくださいw カレーはインド人シェフが唸ったカレーですので堪能してください。決してフレーム塗装の催促の品ではありませんので(白目
4. Posted by Gabu   2016年11月26日 07:27
>one offさん

ありがとう御座います!!
自分の病気はやはりこの時期がダメなようで体調が降下中なのでジビエ肉を食べて年の瀬を乗り切りたいと思います!^^
フレームも時間が掛かってホント申し訳ありません・・・w

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔