2017年04月29日

セラコートも作業も日々進化

連休前納期の作業に追われて心に余裕が持てないせいか、今回アップしようとした12Rの記事を間違って消去してしまい心が折れたので別のネタですw

#2380163
ここ最近、作業に追われて更新頻度が落ちているせいで全然画像もアップ出来ていないので、今度から記事と記事の合間に画像だけアップして生存報告だけして行こうかな?と。。。

SBR_2024
#5363907
それと今月も複数ご依頼を頂き絶賛増殖中なキャブレターペイントワークですが、

SBR_9501
このたびセラコートのH-146 グラファイトブラックのツヤが生まれ変わりまして、

SBR_0133
セラコートブラックの泣き所だったツヤ感がアップしました♪
いままではツヤありブラックで作業依頼をされた場合にはセラコートブラック+クリアーの合わせ技か、ガンコートでの施工方法から仕上がりを選択していただいておりましたが、これからはセラコートの1コートでもある程度のツヤが求められるようになったので、今後は提供コストと品質の両面をより良くすることが可能となりました^^

SBR_9918
それと以前から製作を予定していたウェットブラストですが、今年に入ってからどうしても必要な作業が入った事に加えて、ここ最近の状況的に製作する時間が取れそうにないので一先ず勉強がてら既製品を購入しました。
で、ウェットブラストといえば先駆者はマコーのココットが有名ですが、スペース的な問題と、うちは多分キャブレターやエンジン関係の部品位しか作業をしないので同じマコーからリリースされている一回り小型のレピッシュというタイプを選択しました。

で、ウェットブラストって何?という方も居るかもしれないので簡単に紹介させて頂きますと、SBR_9435
一般的なサンドブラスト(通称ドライブラスト)はコンプレッサーからの圧縮空気を利用してメディアと呼ばれる砂を勢いよく対象に吹き付けて塗装や錆などを落とすもので、その特性上 細かなメディアでは吹き付けた際に勢いが届かないので質量のある粒の大きな荒めのメディアを使用するしかなく、結果的に研磨力が強くなりキャブレターやエンジン内部のような繊細さが求められる部分には作業後の仕上がりが荒すぎたり作業後に隅々まで入り込んだ大粒のメディアがキャブレターやエンジン内部などの細かな通路を詰まらせるリスクもあって精密箇所への使用は厳しいのですが、

SBR_9906
対するウェットブラストは水にメディアを混ぜた混合液(スラリー)を圧縮空気を使って勢いよく吹き付けるのですが、ドライブラストと違って非常に細かな微細な粉のようなメディアでも水に混ぜて吹き付けるので勢いを保ったまま対象に当てることが可能で、使用する細かなガラス粉は対象にぶつかった瞬間に自分が砕けることで対象となる部品への攻撃性が殆ど無いことと、残留するメディアが水で流れやすいなど・・ドライブラストに比べて非常にリスクが少なく、キャブレター内部やエンジン部品などの洗浄クリーニング作業に適したシステムになります。
※ ドライブラストでもメディア(ドライアイス、重曹など)によっては問題を回避できる場合もありますが、今回は一般的なサンドブラストとウェットブラストの比較として書いております。

SBR_9982
ちなみにこのマコーのレピッシュという機種は元々は別用途の産業用としてラインナップされている機種なのですが、

SBR_9975
バルブの切り換えで通常の処理用のガンの他に小さなスポット用のガンへの切り換えが可能で、繊細さが求められる細かなキャブレターの施工にうってつけな丁度いい仕様なんです^^
メーカーはこの機種でのガラスビーズの使用は推奨しておりませんが・・・

SBR_9967
ということで、今までだと外側のみ綺麗にして、内側は擦ったりクリーナーで汚れを落としたりで根本的に古い状態のままでしたが、

SBR_0118
これからは内側はウェットブラストで長年の汚れをクリーニングし、外側はドライブラストで汚れを落としつつセラコート処理で表面をコートしバリっと仕上げる事が可能となり、レストア作業のお手伝いでも更なる品質の向上を目指せるようになりました^^

SBR_0084
それにしても今月は分解状態での入庫が多く、組み立て後の完成画像が撮れなかったのが悲しいです・・・^^:

SBR_9782
が、とりあえずは連休前納期の作業が全て完了して一安心です^^

#19355843
そして今月はエキゾースト関係のセラコートのご依頼も多く頂いたのですが、耐熱セラコートは自然乾燥で5日を要するので、この耐熱セラコートのスケジュール調整と乾燥スペースを確保するのが大変で今後のちょっとした課題となりました。。。
SBR_0072
直6

SBR_9842
V8

SBR_9962
直4

といろいろな車種のエキゾーストを作業させていただきましたが、とりあえず長くなってしまったので耐熱セラコート関係はまたそのうち書きます。

SBR_9861
そんなこんなで一ヶ月先の6月納期とさらに7月納期の作業も既にケツに火がついている状況なので、出来るだけ作業を消化できるように連休中もセコセコ頑張ります^^

akane380 at 04:39│Comments(10)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 砂粒   2017年05月01日 09:31
話題に出ていた、ウェットブラストが!!
サンドブラストを体験させてもらった時、エアブラシで塗っている感覚で綺麗になるのが楽しかったです。

•••確かにブログ止まると、忙しいのだな。と思う次に、まさか!!
となるイメージが勝手に付いてま砂粒w
2. Posted by Gabu   2017年05月02日 03:30
>砂粒さん

お疲れ様です^^
やっとウェットブラストを準備することが出来ました^^
これで理想の仕上がりにまた一歩近づきました。

ブログの更新ももっと簡素にして頻度を多く出来れば良いのですが、自分の中で既に更新した気になっていることが多くどうも上手く出来ません^^:
これからブログの更新方法も少し変えながらいろいろ試してみますm(_ _)m
3. Posted by エンドルフィン   2017年05月06日 14:30
5 いつ観てもどんな品観てもカッコイイですねー!まぁ、色分けする場所や使う色などGabuさんのセンスがあるから余計カッコ良く観える訳ですが‼︎ZRXが生きてる時に観てたらソッコー部品色々お願いしてました。
4. Posted by Gabu   2017年05月07日 04:55
>エンドルフィンさん

いつもありがとう御座いますm(_ _)m
常に納得の行く仕上がりをコンスタントに作るには技術的にまだまだ全然ダメな部分が多いので日々修行と勉強の毎日です^^:
今日も24時を跨いだ辺りで帰れる予定だったのですが、仕上がりが気に入らずにやり直しをして結果この時間になってしまいました・・・。
エンドルフィンさんはZRXに乗られていたのですね^^
ZRXが生きているうちに・・・ということは。。。
5. Posted by エンドルフィン   2017年05月12日 23:26
5 はいー⤵︎エンジンを焼いてしまいまして😣それでZX-12Rに乗り換えた訳でして(^_^;)乗り換えたからZX-12Rの記事とか探しててGabuさんのとこに辿り着いたってのもあるので単車を逝かせたのは残念ではありますが結果として良かったのかなと思って前向きに捉えてます‼︎
6. Posted by Gabu   2017年05月13日 04:02
>エンドルフィンさん

そうだったのですね^^
ZRXのエンジンを逝かせてしまうほどの乗り方で12Rに乗ったら相当速そうですね^^;
自分は直線以外でしたら腕が無いのでペケペケな250TRで十分です(笑)
7. Posted by ヒロポ   2017年05月21日 05:09
初めまして!
セラコートについてお聞きしたいのですが、3Dプリンターで出力したABS樹脂に施工してもらう事は可能でしょうか?
8. Posted by Gabu   2017年05月23日 01:28
>ヒロポさん

初めまして <(_ _)>
ご質問を頂きましてありがとう御座います。
ABS樹脂への施工は何度か行っているのですが、3Dプリンター用の樹脂は何か一般的な物と違い等はありますでしょうか?
耐熱温度やブラスト後の肌質など毎回非鉄材に対しては正直「やってみないと判らない」部分が多く判断に迷うというのが本音ですので、もし宜しければ3Dプリンターで製作された不要な廃材などがありましたら、そちらを使って事前にテストをさせていただき判断をさせていただければ幸いです。
もし宜しければ secretbase-racing@nifty.com まで改めて詳細等をご連絡をいただければと思いますので宜しくお願いいたします。
9. Posted by ヒロポ   2017年05月23日 02:31
ありがとうございます!
完成はもう少し先になると思いますので、完成次第連絡させて頂きます。
10. Posted by Gabu   2017年05月23日 04:30
>ヒロポさん

承知しました。
またその際にお声掛け頂ければと思いますので宜しくお願いいたします^^

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔