2017年10月27日

FCRキャブレター フルオーバーホール

FCR非分解Oリング補修用
前回の記事でこの度Newアイテムとしてオリジナル製作しましたFCRキャブレターの非分解部分のOリングを紹介させて頂きましたが、ありがたい事に今回も不良在庫にはならずに済みそうな勢いでお引き立てならびにお問い合わせを頂いております^^

SBR_9984
そこで本当はこのOリングセットにさらに組み付け時の注意点などを記載した簡単なマニュアルを製作して付属させたかったのですが、それらの製作作業が全く追いつけていないので、取り急ぎ購入して頂いたオーナー様達向けに急遽ここの記事を使って説明ページとさせていただきます。

SBR_9448
まず、この非分解部分は元々メーカーサイドでバラせないようにしっかりと金属パテで接着されている部分ですので、留めてある2本のネジを緩めても簡単には分解する事が出来ません。
今回も分解が出来ないと何件かご相談を頂きましたが、ここは個体差があり簡単にパカっと分解出切る個体もあれば、全然ビクともせず頭を悩ませる個体もあります^^:
そこでここ最近数をこなすようになって何となくコツが掴めてきたので参考程度にこの非分解部分の成功率の高い分解方法をご紹介します。

分解3
まずこれは絶対にやらないで頂きたいのですが、金属パテの接着が剥がれないからと画像のように分割部分にマイナスドライバーなどを挿し込んでテコの原理で無理矢理キャブボディを分解しようとすると簡単にキャブレターが割れてしまい再起不能となってしまいますので、この手の荒業だけは絶対に行わないでください。

分解1
分解時のポイントとしては、画像〇部分のフロート部分を浮かせた状態で傷が付かぬよう脚などで固定して、

分解2
キャブレターに攻撃しないようハンマーの柄など丁度良いサイズの木の棒を画像のように角の部分に接着面に対して平行に当てて、ドアをノックする時くらいの力加減で軽くコンコンと叩くと比較的簡単に分解する事が出来ます。
※ キャブレターボディは鋳物ですので強く叩いてしまうと簡単に割れてしまったり変形しますので、もし簡単に外れなかったとしても焦らず急がずに地道に作業を行ってください。
※ ダウンドラフトタイプはここのネジ穴部分が肉薄で弱いのでご注意ください。


SBR_0326
また、格子を留めている六角穴付きボルトの取り外しですが、ここのボルトはネジのロック材を使用していますので緩みにくく、更に小さい事もあってボールポイントタイプの六角レンチを使用すると簡単にネジ穴を舐めますので、六角レンチで取り外す場合にはストレートタイプを使った方が無難かと思いますが、それでも高確率で舐めます^^:
ですので作業をする際にはOリングのセットに代えのネジも2本セットにして入れてありますので、ネジの頭をドリルで飛ばして分解した方が速くて楽かと思います。

SBR_0187
その際に注意して頂くことは頭を飛ばしたネジを取り除く際にペンチなどでボルトを掴む分をしっかり残しておいてください。

SBR_0191
気分良くこの掴む部分も全て削り去ってしまいますと非常に厄介な事になりますのでご注意ください。

SBR_0193
そして組み付け時にはOリングを新品に交換後、中強度のネジロック材を使用してしっかり固定してください。

SBR_0386
そして今回ご依頼いただいたキャブレターは磨耗してクリアランスが広がっていたベアリングも交換するのでこのタイミングで抜き取ってしまいます。

SBR_0493
ここまでが分解時の注意点となります。
※ それぞれ元通りの組み合わせで組み付けられるように気筒毎に番号を振って元々のペアを見失わないようにしてください。

SBR_0510
そして組み付け前に長年の汚れをウェットブラストを使ってしっかり洗浄しますが、真鍮ブラシでゴシゴシ磨いても古い汚れが落ちて綺麗になると思います^^

SBR_0534
この時に金属パテを除去したり削ったりしないでください。
接合面に金属パテが残っていると気分的に気になるかもしれませんが、この金属パテの凸凹がカチ割りの役目を果たし元の位置で組み付ける際に重要になる事と、この金属パテを中途半端に除去した場合には接合時に噛み合わず隙間が出来てしまい、2次エアの問題や水平が崩れるなどの問題が発生しますので、各気筒でのペアをしっかり合わせる事と共にご注意ください。

SBR_0514
そして作業の方はウェットブラストのメディアと直接洗えないポート内の汚れを落とす目的で超音波洗浄を行い、

SBR_0520
洗浄後は流水でリンスをした後、エアブローをして焼付け乾燥炉で一定の温度で空焼きをして水分を飛ばします。

SBR_0527
その後は分解した逆手順で組み付けですが、この非分解部分のOリングには液体ガスケットなどは塗らずぞのまま組み付けてOKですが、

SBR_0537
キャブレター側の接合面には2次エアの防止で液体ガスケットを本当に相当薄く、これで本当に大丈夫かな?と心配になる程度の量で十分ですので、非常に薄〜く伸ばして塗付してください。
※ 元々塗られていた金属パテで接合面には殆どクリアランス(隙間)は生まれませんので、塗り過ぎてしまうと漏れ出て違うトラブルを生みますのでご注意ください。

SBR_0539
また塗付の際には幼児用綿棒(大人用の一般的な綿棒だと毛羽立ってしまいますが、幼児用は毛羽立ち難いのでお勧めです。百均などでも購入できます)で塗ると楽に薄く均一に塗ることが出来ます。

SBR_0545
そして液体ガスケットを塗ったら直ぐに合体させてネジで固定し、あとはこの状態で液体ガスケットが固まるのを一晩待ってから組み付ければ完成です♪
以上で非分解部分のOリングの交換作業は終了です^^

もしOリングの件で何か分からない事や上手くいかない事がありましたら

secretbase-racing@nifty.com 

までお気軽にご連絡をお願いいたします。


SBR_0728
で、今回は外見も生まれ変わらせますのでペイント作業を行って・・・

SBR_9634
組み付け前にベアリングもバリエルタを塗った新品に交換しまして、

SBR_9984
全て組み付けて各部の作動やオーバーフローなどの漏れ、滲みのチェック全て問題がなければ作業終了です^^

SBR_0019
入庫当初は圧漏れでバラついていた加速ポンプも気筒間でのバラつきも改善して復活です♪

SBR_9973
そして今回作業をさせていただいたFCRキャブレターは4AG E/g を積む4輪のAE86にて使用されているモノで、販売元はサーキットでの周回アタックなど、4AGでは有名なSS-WORKSさんで自分も一台目の86に乗っていた時に喉から手が出るほど欲しかったKit ですが、前回SS-WORKS製のFCRキャブレターを作業させて頂いた時にも普段思いもよらないような部品がオリジナル製作されていて流石だなぁ・・・などと思っていたのですが、今回の個体には真鍮から削り出した真鍮製浮動バルブが組まれておりました。。。
この真鍮の前にはチタン製やステンレス製も製作して試していたとの事で、4輪の先輩方の性能に対する拘りに改めて驚かされました^^:

SBR_0045
ということで不調発覚〜Oリングの製作にペイント作業などでだいぶお時間を頂いてしまったこちらのFCRキャブレターも来月のサーキット走行に間に合うよう無事に完成しました^^
見た目意外に性能面でも吹け上がりと踏み返した後のレスポンスが以前と比べ物にならない位に良くなったとの事で喜んでいただけて本当に良かったです♪

SBR_9937
そしてもう一機、だいぶお疲れ様な状態だったこちらのハーレー用のFCRキャブレターも・・・

SBR_0052
SBR_0054
内外ともに心機一転生まれ変わりました♪
以前だったら申し訳なくも諦めていた不調FCRをこうして元気にすることが出来るようになってオーナー様にも喜んでいただけて本当に嬉しく思います^^
他にもまだまだこんなモノがあれば良いのになぁ・・・な作ってみたいオリジナルパーツも沢山あるので、また新たに製作したらご紹介いたします。

akane380 at 03:28│Comments(6)オリジナル商品 

この記事へのコメント

1. Posted by oneoff   2017年10月27日 10:34
へ、変態過ぎて1日500km走りたくなりました!

琵琶湖3周とかしたいんですよね.........

これ見てキャブバラしてどうにもこうにもならん!ってなったオファーが急増ですね(はぁと
2. Posted by 砂粒   2017年10月28日 00:03
部品一つ一つの精度が性能やら乗り味になるんですね。
教科書みたいだw
しかし、マジで綺麗になりますね。

バリエルタ、高いですよね。
3. Posted by エンドルフィン   2017年10月28日 14:00
5 スッゲェーっ‼︎ 色んな努力の賜物ですね!
4. Posted by Gabu   2017年10月29日 02:33
>one offさん

自転車で1日で500km走ったらそれは流石に・・・ってone offさん普段から400kmとか走っているから普通にやりかねないですね^^:
琵琶湖一周って何kmだろうか?と調べたら200kmもあるんですねw
3周って500km OVERじゃないですかw
さすがポンチを地で行く生き字引ですねw

ちなみに既にやってしまった系の作業が入ってきているので、やってしまう前にと思いまして・・・w
5. Posted by Gabu   2017年10月29日 02:42
>砂粒さん

お疲れ様です^^
以前に京浜のFCRなどのキャブレターを組み立てる部署で働いている人と話した時に、「いくらレーシングパーツと行ってもメーカー出荷時の状態は意外に適当だからしっかり組み直さないとダメですよ」と教わったのですが、最近新品のキャブをバラすと稀に連結部分のネジが締まっていなかったりジェットがナメていたりで驚きます^^:
なので単純な組み直しだけでも性能に変化が出るかもしれません。

バリエルタ高いですよね^^:
逆にベアリングは安いので、安いベアリングに高価なグリスを塗るのが変な気分です(笑)
6. Posted by Gabu   2017年10月29日 02:44
>エンドルフィンさん

お疲れ様です^^
ありがとうございます!
これでまた一つ今まで出来なかった事が出来るようになりました♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔