2019年02月20日

伊達じゃない

〜 各種作業依頼に関しまして 〜

現時点での各作業における納期のお約束が出来る作業受付は、
現時点で3月中旬以降からの予約受付となっております。
現在作業依頼が重複しておりまして、預かり品の置き場所が無い状態となっておりますので、
ご依頼を頂けます際には部品を発送していただく前に、一度 secretbase-racing@nifty.com 又は右欄下に御座いますお問い合わせフォームよりお問い合わせを頂きまして、入庫予定日などを打ち合わせの上でのご依頼を頂ければ乗れない期間が最小限で済みますので宜しくお願いいたします。
いつもご依頼を頂いておりますショップ様などにおかれましては納期に余裕を持ってご依頼を頂きたくご不便とご面倒をお掛けしますが、以上、宜しくお願いいたします。

SBR_5547

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

SBR_5416
ここ最近隔週でV-MAX1200のネタを紹介させて頂いておりますが、V-MAX1700 ターボの制作も同時進行で進めています。

SBR_5449
現状ではまだ組み上げには程遠く準備段階で、スペースの限られているバイクで如何にして効率の良いシステムを作るか?と、頭を悩ませながら寸法と睨めっこをして一品モノの専用部品などの作り物に追われている状況ですが、

SBR_5316
状況を見極めながらじっくりと時間を掛けさせていただいたお陰で当初選択肢に上ったものの、バイクで使用するには少し難ありだった最新のMoTeC M1も技術の進歩に伴ってバイク用のソフトウェアパッケージが開発されて使用できるようになったりと、

SBR_5406
こちらのV-MAX1700 のターボ化計画も楽しみながら激しい内容で進めていきますので順を追ってご紹介していきます^^

iphone_IMG_0712
それにしても先日V-MAX1700に使用するMoTeC を買いに埼玉のAVOさんに伺って、帰りに同じ埼玉にあるエスコートさんの工場にお邪魔をさせて頂いたのですが、この時は先日に鈴鹿で行われた名神タイヤ presents Attack 鈴鹿 2019でのタイムアタックに挑むべく新たに制作したE/g を搭載しての組み上げの段階で、その作業を傍らで見させていただいたのですが、常に現場での作業性を考慮しながらの作業など大きな目標に挑む先輩方の背中を見させていただいて改めて勉強になりました。
そして、分かっていつつも改めて使っている部品達のレベルが違い過ぎる事に驚きつつ、カスタム車両とレース車両の違いってこうゆう実戦経験から生まれた細かい技術や心配りなんだろうなぁ・・・と ” 伊達じゃない ” という言葉はこうゆう時に使うんだろうなと改めて実感し勉強になりました。

iphone_IMG_0713
そしてこの数日後に鈴鹿サーキットで行われたAttack鈴鹿でのタイムアタックにて、このチームESCORT率いるランサーEVO9 が、今まで5年近く破られることの無かった鈴鹿サーキットに於けるチューニングカーのコースレコードを1秒半近くも更新して “ 1分58秒298 ” を記録し、新たなチューニングカーのコースレコードを樹立と、華々しいコースレコードを樹立した瞬間ではなく、その結果に向けて黙々と作り上げる瞬間を見られたことに感動していますし、このような表には出ない先輩方の真摯に取り組む姿を間近で見させていただけた事に感謝しています。
当日は大変お忙しい中お邪魔をさせて頂きまして本当にありがとうございました。

Attack
AttackさんのHPより抜粋
そのAttackですが、次戦は今週末の02月23日(土曜) 9:00〜16:00に筑波サーキットで開催され、エスコートさんのEVO9の走りも生で見れますのでお時間のある方は生で観戦しに行ってみては如何でしょうか^^
詳細は⇒ AttackさんのHPにて


2019.3.3 追伸

VOPTさんが当日の様子をアップしてくれていました。
↓   ↓   ↓



akane380 at 05:06│Comments(4)│ │V-MAX1700 ターボ製作 

この記事へのコメント

1. Posted by 砂粒   2019年02月21日 09:35
オーナー兼ドライバー!?1秒半?!色々と興味を強く感じます。

1700のターボもタイムどこまで行くか、こちらも興味強いですね!
2. Posted by Gabu   2019年02月22日 03:44
>砂粒さん

お疲れ様です^^
オーナーの安藤さんの意気込みや気合たるや半端ないですよね^^
ドラッグも周回も両方国内記録保持者で一代で事業も成功させて世界を飛び回って・・もうザ・ノンフィクションで取材して欲しいくらいです(笑)

1700のタイムも砂粒さんの1200のタイムもどこまで行くか? 試行錯誤の旅が始まると同時にチャレンジが楽しみですね^^
3. Posted by ジーマ   2019年03月02日 14:18
3月2日の記事について。

感動的な回想シーンからの〜


>と長い前置きが終わったところで現在制作中のV-MAX 1700のサージタンクを見て頂きましょう・・・

キャッハッハッハ〜 (>▽<)w
久しぶりに腹が痛いww

また、コメント出来ない(設定忘れ?)ようにしてあったのがツボww

カップ麺みたいにお湯を入れて出来上がりって物じゃなくて、何度も何度も試行錯誤して、やっと出来上がる「とっても価値の有る物」が私の相棒に組み込まれると考えただけでとっても幸せですぅ(//▽//)

引き続き、ワクワクしながら作業にあたってください。
きっと、見た人をワクワクさせるようなバイクになると思います。
4. Posted by Gabu   2019年03月03日 04:46
>ジーマさん

お疲れ様です^^
コメント欄の件、ジーマさんにご指摘頂いて初めて気が付きました。。。
直そうと思ったのですが、こちらでは何も操作をしておらず、古い記事と重なってしまって直し方が分かりませんでした^^:
スマホからだとコメント欄が表示されるようなのでライブドア側の問題かもしれません。

処女作の時はとりあえず見切り発車で始めたものの、スロットルボディが片側に若干オフセットしていたという衝撃の事実などもあったので今回はしっかりと寸法を取って先ほど二作目の寸法取りを終えてきました。
もう少し作業が進み最終形のイメージが見えてきましたらディスプレーの件も含めて改めてご連絡いたしますのでもう少々お待ちください^^

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔