2019年11月14日

お久しな筑波サーキット

SBR_4915
先日の日曜日に久しぶりにテイスト・オブ・ツクバを観に筑波サーキットまで行ってきました。

SBR_4917
毎回草レースとは思えない程のお客さんの数で観る側も走る側も盛り上がっていて、畑違いのレースを愛する人間としては羨ましい限りです^^:

SBR00000000
今回も個人的な見どころはコーイチさんの新しいエンジンでの走りで、

SBR_7435
昨年にコーイチさんがシリンダーに二輪業界ではまだ殆ど採用されていない特殊なライナーコーティング技術(サクラコート(仮))を採用されていまして、

SBR_7432
元々はメルセデスやAMGがF1などに採用してきた技術として10年ほど前から存在している技術ですが、ここ数年で国内でも独自に技術開発を行い、メッキシリンダーとは異なるコーティングを行う事によって鉄スリーブを排除してメッキシリンダーと同じような効果を持たせつつ、自由度が高くコストが安い(メーカー量産時)という技術で、以前から話をしていた中で今回コーイチさんが幅広い人脈を生かしていち早く採用されたので、今後の耐久性などによってはメッキシリンダー車のボアアップ時など面倒&高額な再メッキから解放され自由度が広がるなど結果が楽しみなエンジンだったりします。

iphone_IMG_1930
そして今回の個人的な見どころ其の二が、夏頃にお邪魔したSANCTUARY本店さんで見せて頂いた国内での登録が可能なオリジナルフレームに、空冷Zのエンジンを載せてインジェクション化にしたこちらのA16というシリーズのレーサー版のA16R。

SBR_5017
フレームのディメンションや足回りのセットアップなどは正直自分にはよく分かりませんが、今まで色々な人が色々な仕様を作ってきたであろう空冷Zの2バルブエンジンをベースに43mmのスロットルボディ+フルコン化でパワー面よりも扱いやすさでどの位アドバンテージを広げられるか?という点に興味がありまして、フルコンのセッティングなどはいつもお世話になっているPAMSさんが担当されているとの事で、こちらも今後の展開が気になる結果が楽しみな分野ということで注目してきました^^

SBR00000006
SBR00000011
そして迎えた決勝ですが、コーイチさんとSANCTUARYさんのマシンはクラスが違うのですが、参加台数の関係で混走という事で同じ枠での走行だったので比較し易くて良いな・・とレース観戦を始めたのですが、

SBR00000024
結果的にコーイチさんとSANCTUARYさんが2番手争いを展開してラップタイムでSANCTUARYさんが上回る結果と、また二輪業界に新しい可能性が垣間見れたレース結果でした。

SBR00000015
そしてトップを独走していた29号車の山根選手が大会Fastest となる57秒台を記録したとの事で追走するコーイチさん達の今後が楽しみです^^

iphone_IMG_1923
そして帰りの道すがら柏のFactory GEAR さんに寄って工具を買い足しに^^

iphone_IMG_1922
ここのFactory GEAR さんは自分が愛用しているKTCのミラーツール版のneprosの取り扱いが多く、毎回SANCTUARY本店さんに伺った帰りには立ち寄るのですが、ここ数年ずっとこのままneprosを使っていてもバリエーションが少なすぎて揃わないからSnap-onに買い替えようかな・・・と悩んでいたところ、前回伺った際にやっとneprosのバリエーションが増えて一通り揃うようになったので、今回買い揃えが必要な種類を調べてきてまとめ買いする事で、やっと工具箱に統一感がでてきました^^
ただ、見習い修業としてアルバイトでバイク屋さんに入ってから27年近く経ち、工具を揃えるのにも時代ごとに金銭面や技術面の身の丈など紆余曲折あってそれぞれの工具に思い入れもあったりで、今回揃えた事でダブってしまった工具達を捨てるわけにもいかず、むしろ愛着があって使い慣れた分、新規に買ったneprosをあまり使わないというただの自己満浪費に終わりますた。。。

akane380 at 01:35│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by 砂粒   2019年11月14日 18:24
サクラコート、聞いた事有ります。
こう言った技術進歩は知らないだけで、沢山有るんでしょうね。個人でやるととんでもない値段になりそうだ。
2. Posted by Gabu   2019年11月15日 03:20
>砂粒さん

お疲れ様です^^
最近の革新的な技術も意外に調べてみるとかなり昔に理論が確立された古くからある仕組みだったりします。
当時では出来なかった技術レベルの向上や材質の高性能化で現実の物に出来てきているのかもしれませんね^^

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔