2008年09月

2008年09月29日

チャンス台無しw バカ丸出し。。。

久々に思いっきりボケをかましてしまいました。。。
マジェスティーのインナーペイント作業でオーナーさんからパールホワイトで!と頼まれていたので外装のシルキーホワイトに合わせて始めに少量の色で見本を作って配合を決めて、それらの準備が出来たところでベースコートのホワイトを入れて次の工程でパールコートを乗せるのですが、何を血迷ったかパールの調色をする際に違う色のパールを手に持った事に気付かず使ってしまいご覧の有様に・・・。

IMG_9143

普段パールコートをする時は1コート目、2コート目、3コート目・・・と一回一回時間を置きながら塗り重ねて行き、その都度パールの濃さや色合いを見比べて作業を進めるのですが、今回は途中までパールが違う事に気付かず作業して ”なんで外装の色に近づかないんだ?”と不思議に思いながら作業を進めておりました。。。 ちなみに気付くまで4時間近く塗っっては待って、塗っっては待って・・・で基本的に間違っていると気付いた瞬間、それまでの集中力が無くなり精神的にブローw
そのまま家に帰り、何であんな間違えしたんだろ?と考えてみたら色の調色をする時にもう一つのパールホワイトの作業デザインを考えながら調色していたので体がそっちの調色に反応してしまったような気が。。。確かパールの容器の番号を見て確認して ”これでOK”って自分でも認識してたし・・・。
やはり一つの事をしている時に他の事を考えながらやるとこうなる的な凡ミスでやり直し決定ですが、ベースコートを綺麗に仕上げたんだと思えば結果オーライですかね・・・。


akane380 at 00:11|PermalinkComments(2)TrackBack(0)作業記事 

2008年09月26日

来年のレースメニューは・・・

ついに9月ももう少しで終わり10月の最終戦までの猶予が残り一ヶ月!!
最終戦ってことで今回も高レベルな車両が集まりそうでかなり楽しみですが、それはそれとして・・・そろそろ本格的に来年に向けた仕様を考え始めなければならない時期となりました。
やはり本格的に目標を立てる為には10月に行われる最終戦の自己タイムを見てから来年のメニューを考えたいのですが、今現在非常に悩みの種となっているのがトップクラスでも余裕で戦えるパワーを持たせる為に念願のターボ仕様をシーズンオフの間に製作するか?現状のNAでのドライNOS仕様からウェットNOS仕様に変更してもう一年NAでの走りを追求して戦ってみるか?という問題です。

IMG_9166

それというのも当初の予定では念願のドラッグレースに参戦したことで早く結果を出したいという思いから、1シーズン目はノーマルで9秒中盤を目標に走って2年目にターボ仕様で一気に目標を狙いに行こう!的な考えだったのですが、実際にコースで走ってみると公道では得られないデータというか、経験が豊富にあることに気付いてしまい ”あれやったらどうなる?” ”これをこうしたらどうなる?”などまだまだ試したい事がたくさん出てきてしまい、尚且つNAで8秒台を狙う方向でもう一年戦った方が後々のレベル的に面白いんじゃないのか?と来シーズンの仕様に悩みが出てきてしまいました。
ただもう一つターボ延期の理由があるのですが、最近になってちょこちょこ12Rの車体側をイジるようになって気付いた事がターボ化するにはモノコックフレームによるフレーム一体式のエアクリーナー(サージタンク)の容積に対する問題(多分全体で4,5ℓ分・・・。)やE/g、補機類などのアフターパーツの自由度に対する問題、フレーム側の加工で切った貼ったする事になるので後々のリスク問題など、いろいろな短所が出てきてしまい、一度始めてしまうとフレームが使えなくなり後戻りが出来なくなってしまうのでもう一年NAで戦って再来年に新たな作戦を練ろうかと・・・などと言い訳をしつつ本音はこれ・・・↓

5d_1_1280x1024

ずーーっと後継機の発売を待ち続け、前回発売するとの噂がガセだった為に購入資金として取っておいたお金で思わずセッティング用にノートPCを購入してしまったのですが、ついに待ち続けたCANONのEOS 5Dの後継機EOS 5D Mark兇11月にリリース♪
今使っているEOS 20Dも発売と同時に購入し気付けば後継機の30D 、40D 、50Dとモデルチェンジを続け、モデルチェンジのたびに性能が愕然に良くなり。。。日にちが経つにつれ自分のカメラはバグが多くなり。。。で最近では隣の芝生がかなり青く感じて仕方ないんですw
と言っても、もっぱら被写体はバイクか部品なので基本性能は関係無いのですが・・・w
でもこれも自分の目標だったのでゲットせねば。
そんな訳でターボ仕様にする為の部品調達資金でカメラのボディーを購入したいなぁ・・・と半分決定なので多分、来年はNAウェットNOS仕様で行くことになりそうすw と言ってもあくまでも目標は8秒入りのまま♪
現状ノーマルで9.6秒までタイムを縮めているので周りが言うほど大変とも思えないのですが、その辺も実際問題どうなのか?を腕試しがてら試しつつ画像後ろのヘッドを中心にリメイクして目標に到達するかしないか挑戦してみます^^ 決してターボパワーなんて必要あります・・んw

PS,上画像のH断面コンロッドは12R用ではなく、たまたまストックとして購入しておいたハヤブサ用ですw 当初12Rのスペックを見るまではハヤブサを購入する予定でまさか12Rを買うとは思っていなかったものでハヤブサ用パーツのストック多しですwww


akane380 at 00:19|PermalinkComments(4)TrackBack(0)DRAG RACE 製作記 

2008年09月23日

ドラッグコースも作ってくれ・・・。

自分の住んでいる地元の周辺には千葉南サーキットと新東京サーキット、京葉スピードという3つのサーキット場がチョロっと行ける比較的近い位置にあるのですが、このほど家から10分弱の山側に建設中の袖ヶ浦フォレストレースウェイという全長2.4kmの本格サーキットが2009年に誕生します。

race sode

一時期は地元住民の方々の反対もあり工事が一時中断して皆で署名活動などをしてその甲斐があったのか関係無かったのかw工事は順調に再開されたのですが、よくよく考えてみると ”ドラッグレースなんてやるわけないよな。。。ってかメインストレート400mじゃ無理だし・・・。”っということで基本的に家から近くても無縁なサーキットがまた一つ誕生しましたw
それこそ結構前に木更津の鉄鋼関係の工場跡地にドラッグ専用コースを含んだ複合施設を作るという話があったのですが、メインスポンサーの外資系企業が降りた為、あっさりと話が無くなってしまいました。。。
ストリートで走るな!と取り締まるくらいなら整備不良と題して巻き上げたお金の一部で関東の山奥にでも一本くらいドラッグコースを作ってそれを税収に回してくれればいいのに・・・w 関東ならそこそこの需要がありそうなもんですけどね。。。

akane380 at 00:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)雑記 

2008年09月20日

今がチャンス!!

一体何がチャンスなの?という話ですが、やっとやる気を奪う暑さから開放されて日に日に涼しく秋っぽい天気になってきた今日この頃♪ とか言いながら台風くらってますがw
この自分の生態系に適したシーズン中に出来るだけ多く作業を進めておかなければまた身も心も寒い極寒の中での水研ぎ作業が待ていますw
IMG_9105

そんなわけで早速マジェCのインナーペイントを進めるべくインナーカウルの取り外しに掛かったのですが、なんだか涼しいおかげで作業が順調にはかどり自己ベスト更新の20分弱でインナーカウルの取り外し作業が終了w
とうぜんカウルの爪の割れや欠けなどはありませんが初めてバラす車両などは、どこに爪があってどこにビスが付いているのか分からないので傷を付けぬよう手探りでバラしていくのでホントに時間が掛かります。
カウルの脱着といえば、板金屋時代にベンツのSLが入庫してとりあえず右のドアパネルとダッシュを外そうか・・・。となったのですが見るからに高級感満載な内装でバラすのにかなり大事になった記憶があるのですが、最終的にそのSLは特殊な塗装工程が必要な事が判明し、街の板金屋レベルで対処出来ないとの事から普通にヤナセに持って行きましたwww ちなみにそのSLは国産のセルシオクラスなら新品パーツを使っても40〜55万前後の修理内容でしたが、ディーラーでの修理見積もりなんと320万円w
1000万オーバーな車両なので当然かもしれませんが、こんなん絶対いらん!と心に誓った瞬間でした。 まぁそもそも買えないのですがw 買えないついでにこの前、ニスモからR35 GT-R用のクラブパッケージパーツがリリースされたらしいのですが、
・カーボンバケットシート左右2脚=189万円 
・チタンエキゾーストシステム=189万円
・シャシーパッケージ(ホイール+FRサス)=220.5万円・・・。

あれだけの車両を777万円という価格で登場させて一般にも買える希望を持たせたのにパーツはトータル500万オーバーとぶっ飛び価格w ただこのパーツがそんなに必要か?といえばそうでもない・・・。
やはりアッパークラスなお金持ち向けパーツなんでしょうかね。。。


IMG_9113
そんな非現実的な話はさて置き、自分はインナーカウルを鏡面仕上げにすべくシワを無くす為のシワ取り作業に専念します。。。

akane380 at 00:29|PermalinkComments(2)TrackBack(0)作業記事 

2008年09月16日

そーゆう時代なのか?

先日ショップで働く後輩から連絡があり ”まさかの事態になりましたよ!あのTRSUTが倒産しました!”との報を受け「ナゼ?」って感じでほんとかよ?と思いつつ実際にトラストのHPを見てみると後輩の言っていたとおり設備投資などで数十億もの負債を抱え、一時的に業界内で倒産したとの話が流れていましたが現在は倒産はせずに民事再生法の適用を受けるとのコメントがHPに載っていました。
でも実際に再建出来るのか、このまま順次事業を縮小していくのか・・・トラストと縁の深い大手量販店やショップなどは今後の動向にハラハラしていることと思いますが、最近は海外でも日本のチューニングパーツが人気と聞いていたので安泰かと思いきや、やはり近年の規制強化や走り屋に憧れる若い世代の減少など、チューニング業界全体が下火になっており、速さよりもにルックスに拘る流れが強いという事なのでしょうか・・・?

trust

そして次の日に別のショップへNOSに使用するガスを補充しに行った時にもやはりこの話題になったのですが、もしこのまま最悪な結果になったらTRUSTユーザー含めチューニング業界が凄いことになるな。と懸念されていました・・・。
とりあえずトラストが再建できるのか?他のメーカーに吸収されるのか?最悪の結果になるのか。。。
自分もレース屋時代に山武にあるトラストの工場を何度も訪ねて色々な思い出があるので出来れば頑張って立て直してもらいたいと思います!
PS,上野のバイク街も光○が夜逃げ状態で潰れバイク街が終わってました。。。

akane380 at 00:07|PermalinkComments(3)TrackBack(0)雑記 

2008年09月13日

なんだかなぁ。。。

以前、とあるサイトの250TRのコミュニティを覗いたところ250TR特有のエンジンストール現象(バルブクリアランス不良)に対する対応策や質問などが多く見受けられ、”やっぱこの症状で困ってる人多いんだなぁ・・。”程度に観覧していたのですが、そのエンジンストール症状に対する答えというか対応策?に「アイドリングを上げれば直る」とか「チョークを引いておけばOK」といった書き込みが目立ち、カワサキもここまでみんなが困ってるのだから思い切ってリコールすればいいのに・・・。と思うのですが、カワサキってある意味そういうボロというか、オイル滲みやメカノイズなどのダメな部分がカワサキらしさ的な ”味”として通用するから凄いなとw
IMG_9087

ホンダ車に乗ってよく思うことは ”さすがホンダ!!”ですが、カワサキに乗って思うことは ”またか男カワサキ・・・。”w
でもほんと、なぜか他のメーカーにはない感覚でカワサキだけは許されるというより許しちゃうんですよねw ある意味カワサキに乗るたびに ”これもか・・・”という諦めかもしれませんが直す楽しみを与えてくれますからww
とりあえず250TRに乗っていて信号などで停止する際にエンブレを掛けて極低速域になったところでエンジンストールする場合や、信号が青になりスタートしようとしてアクセルを開ける瞬間にエンジンストールする場合は大抵バルブクリアランスの調整で直りますのでバイク屋さんでの調整をお勧めします。
作業内容的には簡単な調整作業×2なので工賃も千円とか二千円程度だと思いますので250TRやエストレアをハラハラしながら乗っている方には是非ともお勧めです☆

akane380 at 01:14|PermalinkComments(7)TrackBack(0)雑記 

2008年09月09日

オーナー以上にショック・・・。

8月のレースが終わって溜まっている作業をどんどん進めて終わらせていこう!と作業を進めている中の一台、R1-Zですが先日エンジンを始動して ”さぁキャブセッティングやって終わりだ♪”と大詰め作業をしようとしたところ、1KTの定番であるギアシャフト部分のオイルシールからポタポタとギヤオイル漏れ。。。
このエンジンって確かヤフオクでO/h済みって事でオーナー買ったんだよな?などと思いつつ、新品のオイルシールを組み直してエンジン始動!が、何回かレーシングさせてエンジンに負荷を掛けると至るところからオイルがポタポタと垂れてくる・・・。

IMG_8972

終いにはタイミングローターのケース部分からオイルが吹き出し ”なんでここからオイルが!!”と疑問に思いながら回転しているローターをよーく見てみると若干左右に振れててバランスがおかしい・・・。しかもプラグを外してキックをしてみるとギヤオイルらしきオイルが微量ながら吹き出てくる。。。
まさかギヤオイルがクランク室に流れ込んでいるのでは・・・と考え、原因を探ろうか悩んだのですが、2stエンジンの構造上クランク室にギヤオイルが流入すること自体変な話なので、とりあえずオーナーに電話してエンジンが使えない状態にあると説明しどうするかを話したのですが、オーナー的にはまたオークションで安いエンジンを購入して載せ換えたらどうか?との案を頂いたのですが、そこでまた変なエンジンを掴んで手直しが必要となるのであれば、エンジンをしっかりO/hした方がトータル的には多少費用が嵩みますが、中古でどんな状況下にあったか解らないエンジンで全開にするよりは確実で安全とお伝えし、とりあえずどうするかの最終判断はオーナーにお任せすることにしました。


IMG_8983

それにしても数日前にオーナーに連絡して ”あと少しで完成なので近々納車出来ますよ!”と言っていたので、予想外の事態にオーナーさんもかなりガッカリしておられましたが、自分もセッティングが終わったらまた一台ガレージからオーナーに納車できる♪と思っていたので悪い知らせとなった今回は非常にガッカリです。。。

IMG_9018

とりあえずオーナーの判断を待つ間に他の作業を進めるべく、R1-Zは完成間近にしてエンジン不調で作業一時保留となりました・・・。

IMG_9067

そして一時帰宅は当然自走できない為、軽トラに積まれてドナドナとご帰宅。。。
今回はヤフオクにて落札したエンジンの不調というアクシデントで自走不可となった訳ですが、オーナーもガッカリ、自分もガッカリななんとも後味の悪い結果となってしまいました・・・。やはりオークションなどで説明と違う部分があってもノークレーム・ノーリターンなどの暗黙の了解がある以上、説明文を鵜呑みにせずある程度のリスクや覚悟は必要なのでしょうか?
とりあえず自分なら同じ過ちを繰り返さない為にも以前積んであったエンジンをベースに手っ取り早くO/hしてやり過ごしてしまうのですが、果たしてこのR1-Zの運命や如何に・・・。 というか、次落札したエンジンがまた不調だと二度手間ならぬ三度手間・・・多分、オーナーと一緒に幻滅しそうですね。。。


akane380 at 23:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)作業記事 

2008年09月06日

10月のレースが終わったら・・・

来年に向けた12Rのメニューをいろいろ考えて、徐々にステップアップさせていく予定ですが、ここ最近になって地元に同じカワサキの車両で(多分12Rではないか?との話)自分と良く似た車両が走っているらしく、しょっちゅう皆から ”何処行くの?” とか ”元気無いじゃん、どうした?” などと連絡があり、かなり周りが自分と見間違えて連絡をしてくれますw
さすがにそこまで間違われると興味が沸いてくるので、みんなの目撃証言を元にどんな感じかを纏めたところ、自分と同じような形でロー&ロング仕様、そして車体とヘルメットが同色系のグリーンw
ただ周りの目撃時間が夕方以降なので薄暗くてあまりハッキリとは見えていないらしく、なお更自分と間違えてしまうようです。。。

ただ、自分との見分け方もあるようで、自分は基本的に街中でもシグナルスタート全開&爆音で走っていますが、その方は静かなマフラーでゆったりと走っているらしく、その姿を自分と間違えた仲間などは ”ゆっくり走行=落ち込んでる→あいつもいろいろ大変なんだな・・・。” と勝手に元気がないと判断してくれるようですw
それにしても・・・。

IMG_9006

こんなのに似た車両って一体どんなのかある意味興味しんしんですが、とりあえず只でさえ人と一緒が嫌いなのに間違われるとは何事ぞ!っと言うことで次戦のレースが終了したら塗り直し決定!!w
というか、この耐久仕様はルックスは最高に気に入っているのですが、如何せんヘッドライトが暗くて対向車とか路地から出てくる車が自分を原付と間違えてか、こちらの接近スピード無視で飛び出してきたり、前方を塞がれたりとかなり夜の走行で死に目を見てますw

IMG_9001

なのでリペイントついでに次回は性能も考慮して作り直すことにしたので、ヤフオクで手に入れたキズモノのサイドカウル(左右で200円w)を板金して純正のヘッドライトを使いつつ、ラムエアの変更なども含め来年に向けた作業を進めます♪
なので残り1戦の仕様をどうするか・・・というか、作業する暇あるか?って感じですがw、予定ではストックエンジンで走るのは今回が最後となるハズなので、ストック状態で9.5秒を狙えるよう調整できればと考えています。
とりあえず現状、次のレースまで一ヶ月半もあるし何とかなるだろうと毎回のごとく余裕ぶっこきで後で痛い思いをしそうですww

akane380 at 15:03|PermalinkComments(4)TrackBack(0)DRAG RACE 製作記 

2008年09月03日

レアパーツ満載なCB400F

先日、以前いろいろと作業させていただいたCB400Fのオーナーさんからパーツの取り付けを頼まれ整備に行ったのですが、オーナーさん宅に着いて久々にそのCBとご対面したらエラい事になっていました。

IMG_8953
↑こちらがそのCB400Fですが、自分が作業した当時は普通のCBだったハズが、久々に見たところ当時モノパーツ満載でその手のマニアにはたまらない車両に変化していました♪
そしてオーナーさんはCBの新車当時、既にバイクに乗っておりいろいろ当時のことに詳しいのですが、自分は当時が全く解らないのでこのオーナーさんのネットワークで得た情報を元にCBやZなどの当時モノパーツの見分け方を教えてもらって偽物と本物の見分け方など非常に勉強になってます。
そしてこのオーナーさんは他にもCBやZを所有しており、その一台一台が貴重なパーツ満載で仕上げられているのですが、その中でも自分が一番気に入っている車両がこちら↓

IMG_8963
CBやZで有名なショップのオーナーさんから譲り受けたCBをさらにイジッた車両で、ハヤシ仕様なペイントにメナーニというメーカーからリリースされていた当時モノのシングルシート!CBのシングルシートというと丸みを帯びたRCタイプが定番ですが、こんな形状もあるんだ・・・。とそれ以来個人的にお気に入りなパーツです。というか、ガレージ内の各車両を見ていると当時モノ博物館っぽくてほんと飽きませんw
そんなこんなで作業もしなくてはならないので作業開始♪

IMG_8966
今回の作業は、見た目は当時モノパーツで武装していても走りはしっかりとしたいというオーナーの拘りで画像のDYNA2000の取り付け(他のCBからの交換)作業を頼まれました。

IMG_8958
とは言っても、普通にハーネスを外してボルトオン感覚で取り付て、あとはタイミングライト片手に点火時期調整を済ませれば終わりなので大した作業でもないのですが、やはりやった事が無いと出来ない部分なので次回からはオーナーさんご自身でも他のZやCBなどのポイント調整が出来るように調整方法など作業要領などを説明しながら作業させてもらい、いざ作業が終わって試乗してみるとどうもエンジンのフィーリングがおかしい・・・。
とりあえずオーナーさんにも乗ってもらったところ、以前からキャブのセッティングが今ひとつでこんなもんだったとのことで自分がまともな状態で乗って見たい♪という思いでオーナーさんの了解を得てFCRキャブのセッティングをイジらせてもらい、ジェットが足りない関係で8割ほどまでしか煮詰められませんでしたが、30年近く昔のエンジンとは思えないくらい元気にカッ飛んでくれました♪
そして近々、自分のガレージでの作業が一段落したら以前からオーナーさんと計画しているCB400Fの船場仕様をガレージにて制作予定なのでどんなルックスになるのか乞うご期待ですw


akane380 at 16:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)作業記事