2020年03月17日

FCRキャブレター 他 オーバーホールとペイントについて

SBR_0151
普段よりセラコート処理に関するお問い合わせを頂く中でキャブレター制作に関するお問い合わせも多く頂くので、よくある質問に答えつつ作業の流れなどを紹介する説明をアップしておきます。

SBR_8827
まず多いのが中古のキャブレターでも制作出来ますか?という内容と、個人でも作業の受付はしていますか?という内容ですが、キャブレター制作のオーダーはショップ様、個人オーナー様問わず、また中古ベースでも新品ベースでも画像のような分解ベースでも施工は可能です。

SBR_8848
キャブレター制作時には新品中古品関係なく、分解出来る部分は全て分解をした上で、一つ一つの細かな部品も全て施工対象として希望される仕様にてハンドメイドで個々に合わせて制作を行います。

SBR_8873SBR_8984
割れやクラック、致命的な欠けなどボディ自体の程度が悪くなければ新品ベースでも中古ベースでも仕上がり自体は基本的に変わりませんのでご安心ください。

SBR_1235
また中古のキャブレターをベースとした場合にこちらで施工前に各部のチェックをしまして、制作しても本来の性能を発揮出来ないような著しく状態の悪いキャブレターに置きましては施工費用が無駄となってしまいますので作業をお断りするか、当該箇所の修理が可能な場合にはオーナー様とご相談の上、修理等を行って再生などの作業を追加して行っております。

SBR_1245
実際の作業の流れとしまして、

SBR_1256
分解時には各部の変形や消耗具合を目検に頼らず電子顕微鏡を使用して状況診断を行い、

SBR_1434
分解後に洗浄と空焼きをして・・・

SBR_0395
消耗部品や変形などが見られた場合には・・・

SBR_0525
予算などを打ち合わせの上、許される場合には新品部品への交換を行います。
※消耗部品などパーツの持ち込みも歓迎ですので、交換パーツを既にお持ちの場合にはキャブレターと一緒にお送り頂ければ組み付け時に新品に交換をして組み付けを行います。

SBR_1268
また通常のO/hでは分解しないメーカー非分解部分も結構な割合で内部のOリングにダメージを受けている個体が存在するので、必要な場合には分解をして、

SBR_1307
不良個所の修正や長年の汚れをウェットブラストを使用して艶出しも兼ねた洗浄を行った上で、

SBR_0378
シーズンオフや定期的なメンテナンスの際に強力な洗浄剤を使用してガンガン洗浄しても純正のようにOリングがヘタレないよう高耐久な対策素材でオリジナル制作した専用のOリングKitを使用して組み付けを行い、純正よりも高耐久な仕様で復活させます。

SBR_1414
そして非分解部分の組み付けが完了しましたら・・・

SBR_1447
各キャブレターに合わせた専用のマスキングKit を使用してブラスト処理を行って、

SBR_1466
ブラスト後に超音波洗浄機にて入念に洗浄を行い、再度焼き付け乾燥後にコーティング作業へと移ります。

SBR_1497
そしてご希望の各仕様に合わせてセラコートやガンコートを駆使して細かな部品の一点一点にコーティング作業を済ませたら・・・

SBR_2238
各部を調節しながら元の状態のジェッティングにて組み付けを行い、組み付け後にオーバーフローのチェックと、

SBR_2240
加速ポンプの状態などをチェックして問題が無ければ完成です。

SBR_2198
そして先行しているキャブレターの作業が完了する頃合いに次の予定のキャブが入荷して作業を開始して、

SBR_2722
完成した頃に・・・

SBR_2712
また次の作業の入庫が・・・という感じで作業の受付は予約順となっております。

SBR_5716
また、キャブレター制作はFCRキャブレターやCRキャブレター以外にもハーレーで多く使われているHSRキャブレターなども全て分解のうえで、

SBR_6186
専用のマスキングKit を使用して一点ずつ塗分けを行って制作をします。

SBR_8411
FCRキャブレターなどに限らず他のキャブレターでも新品中古品関係なく施工対象となりますので、画像のようにヤレていても、

SBR_8718
施工後は新品ベースと同様外見の見た目は基本的には変わりませんので、機関が良好なら現在ご使用中のキャブレターベースで全く問題無いかと思います。

SBR_6194
またキャブレターの制作作業は全てハンドメイドで一品モノに近い作業となりますので、画像のような取り扱い実績の無い古いハーレーのショーバイク用のキャブレターでも、

SBR_6224
出来る限りご希望の仕様で仕上げられるよう作業を行っております。

SBR_2699
そして上で紹介しました古いハーレー用のキャブレターを装着したシュアショットさん力作のHRCSベストアワード賞獲得マシンが先日発売されたVIBES誌のカバー車両になっており、
SBR_0153
キャブレターと共に施工させて頂いたハブとブレーキが一体の非常に高価な足回りなども含め、詳細はVIBES 4月号にてご覧いただけますので宜しければ仕上がりの参考程度にご覧ください^^
という事でこの辺で終わりにして、次回はFCRキャブレターの加速ポンプの交換手順の説明記事を紹介しようかと思います。

SBR_2686
最後に各作業は完全予約制で常に予約順に作業を開始しておりますので、その都度作業に取り掛かれるタイミングや納期が異なります。
イベントなどが控えている場合にはお時間に余裕を持って事前に secretbase-racing@nifty.com までお問い合わせ頂ければと思いますのでよろしくお願いいたします。

この記事へのコメント

1. Posted by 砂粒   2020年03月18日 17:25
全ばらし!電子顕微鏡にて検品!過程を報告!
此処までやってくれる所、他にあります??
2. Posted by Gabu   2020年03月19日 04:37
>砂粒さん

お疲れ様です^^
十人十色でキャブレターの状態もそれぞれなので、何か新しい発見があるかもしれない・・・という一心で毎回分解して顕微鏡を覗いています^^

PS,
ガスケットがやっと届きそうです^^:
3. Posted by エンドルフィン   2020年03月22日 20:46
お疲れ様です!確かにここまでやる方居ないと思いました!!こうゆう手間暇かかる事をしながらタイム削りですよね(ーー;)1人でですか?いや・・・何人かでやってたとしても凄い(゚Д゚)
4. Posted by Gabu   2020年03月23日 05:08
>エンドルフィンさん

お疲れ様です^^
作業は常に一人で行っているので全然捌ききれていませんが、いつもご依頼をくださっているショップ様などがご理解をしてくださって、納期を多めに見てくださっているので何とか助かって繋げていけています^^:
こうして作業に打ち込める仕事量と環境に日々感謝です^^

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔