2013年01月

2013年01月29日

ようこそ日本へ

ガレージで深夜まで作業をした帰りに遅めの夕飯をぷらっと食べに行くことが多いのですが、去年の暮れ辺りから地元のな〇卯に深夜のバイトで中国系?の女の人が働き初め、いろいろ先輩から教わって仕事を覚えようと一生懸命さが伝わる感じで、こーゆう人って偉いなぁ・・・っなんて、言葉もあまり理解していないであろう異国の地で頑張る人を尊敬したり。
で、親子丼を注文して待つこと数分、出てきた親子丼は正直親子丼の域ではなく、どちらかと言えば「卵かけご飯」に具材が加わったような品で正直おいおい待て待て・・・と。
しかもお冷を注文したら洗い場の蛇口をキュッキュと回してジョ〜っとグラスに汲んでまさか・・・って思ったら ” ハイ ” ってw、で、アザーッス!とゴクって飲んだら当然のように思いっきり生ぬるい水で気持ち悪いw
でもまぁお国柄の違いもあるし、片言の日本語で頑張ってるんだし、厨房にまだ入ったばかりなんだろうなぁ。と寛大な解釈をしてここで下手に指摘して先輩に怒られても可哀相だしな・・・。と大目に見てその場を後にし、そんな事を忘れた年末頃にまた食べに行った時にまだその中国系の女性が働いていたのでその時の事をふと思い出しつつ注文し、少しドキドキしながら出された親子丼がまたクオリティーが低くて正直 ” こりゃダメぽ ” と「すいませーん、白身の生っぽいのが苦手なんで少し炒ってもらっていいですか?」と異国の地から来て頑張っているアルバイトさんが怒られたら可哀相なのでクレームにならないようにあくまでもこちらのわがまま的に日本人のスタッフにお願いをして作り直してもらいその場をやり過ごしました。

そして先日、ガレージでの作業帰りに小腹が空いて何となく親子丼が食べたくなって今年初のな〇卯へ・・・
で、またその中国系のアルバイトさんが対応してくれてドキドキしながら親子丼を頼み待つこと数分・・・




   出された品がこちら↓ (この状態ですw)
IMG_0360
   ク、クオリティ・・・マジで低ぃw いくら安いから仕方ないとはいえ、まるで残〇じゃねーか。。。
   ってことで3度目のなんちゃらに寛大な心もへし折れ日本人スタッフ諸共説教したっす・・・。

IMG_0362
   そして作り直して出てきたこちらの親子丼は極端に中まで火を入れたヴェリー・ウェルダンで、
   ある意味これも既に親子丼じゃないよね?・・・とw
   ファストフード店にクオリティーを求めちゃいけないと分かっちゃいるのですが、さすがにねぇ・・・
   と、気持ちをリセットして次回作が気になる楽しいお店ですw

akane380 at 03:31|PermalinkComments(8)TrackBack(0)雑記 

2013年01月26日

ZX12R 純正コンロッド

前回、前々回と下書きに埋もれていたコンロッドネタをアップしましたが、肝心な純正との比較が無かったのでまさかまさかのコンロッドネタ3連発w ということで自分の記録用に追加でアップしときます^^:

IMG_4357
で、早速測定結果ですが、コンロッドボルト単体での計測では前回のARP製のコンロッドボルトが1本19.1g 、キャリロ製が18g だったのに対して、純正は形状やナットが付属している事も関係して1本34g と重量も多めの結果となりました。

IMG_4359
そしてコンロッド単体での重量は327g と純正は個体差で重量にバラつきがあるのでこれが重い方なのか?軽い方なのかは別としても、やはりH断面コンロッドの方が軽量で13.2gの差がありました。

IMG_4360
ということでコンロッドボルトの34g × 2 + コンロッド単体の327g =純正コンロッド1セット395.2g ?って計算が合わないっす・・・。
一体どこで0.2g という端数が生まれたんだ?ってことでもう一本のコンロッドボルトを量ってみたら・・・

IMG_4361
なんと、もう片方のコンロッドボルトを量ってみるとボルト単体で既に先ほどのボルトよりも0.2g もの重量差が・・・w
まぁこの辺はいざとなったら純正を何個も取り寄せて仕分ければ済む部分なので良くも悪くも純正というやつですね^^:

akane380 at 01:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)DRAG RACE 製作記 

2013年01月22日

ARP vs キャリロ 超高級ボルト

ということで前回の続きですが・・・、
IMG_4103
今回は前回のキャリロ vs クロワー vs ヨシムラ のロッド重量測定に続いてボルトの重量測定ネタですが、今回のコンロッドボルトというのは車体を構成するネジ類の中でも特殊な存在で、材質、形状、強度、扱い方、そして値段w と全てが他のボルトとは違う特殊な存在で、一見単純そうに見える中にきっと凄い技術が隠されているであろう部品です。
そんな気になる部品にも作りの違いはあるのか?を検証ですが、とりあえず前回に引き続きヨシムラさんとこのは材質も形状も全く違う異種格闘技状態なので参考程度に測定ですw

IMG_4088
ということでメインはこちらのキャリロ製コンロッドボルト(画像:左) とARP製コンロッドボルト(画像:右)の重量に違いがあるのかどうか?といった根暗なところですがw 、パッと見でキャリロ製のボルトはボルトのツバの部分がARP製のボルトに比べて薄くデザインされているのに対して、キャリロ製のボルトはシャフト径の太い部分がARP製のボルトよりも短めに作られているなど見た目に重量に対してお互いにプラスな部分とマイナスな部分があります。

IMG_4091
そしてヘッド部分の肉抜き加減は穴径や深さに然程違いも無いように思えますが、

IMG_4090
ボルト後端に設けられているストレッチゲージを当てる穴の形状はキャリロが細い穴径で少し深いのに対して、ARP側は広く浅い・・・と、ここは軽量云々ではなくそれぞれの推奨する工具のアタッチメントの形状に合わせたって感じなのでしょうか・・・?

JPG
ということで正直どっちもどっちのような気がして差は無いかなぁ・・・?というのが正直なところですが、
パッと見でどうでしょうかね?w
個人的にどっちが重そうか?を考えた時に、シャフト軽の太い部分の面積が多い左のキャリロ製かなぁ?という意見ですが、行けば分かるさ測れば分かるさ!ということでさっそく計測です。

IMG_4094
まずはキャリロ製ボルトを秤に乗せて実際に測ってみたところ、重量は18g となりました。
そして次にARP製のボルトを秤に乗せて量ってみたところ・・・
IMG_4099
驚きの+1.1g も差がありましたw
前回の記事で行ったサイズの全く異なるコンロッドでの重量差でさえ1.6g だった事を考えるとこの小さな部品単体で1.1g 差を生むって凄いことですよね。。。
両方ボルトのサイズやネジピッチは同じで伸び率もほぼ一緒なので、その条件の中で独自に開発した材質の比重が違うということでしょうか・・・^^:

IMG_4100
とりあえず強度区分が上のボルト達と同じかはさておき、参考までに同じネジ径のヨシムラスーパーロッド用の焼入ボルトは18.3g とやはりここでも最軽量で優勝ですw

SBR_0008
ということで話は今に戻り、今年用の12Rのエンジン製作に使用するためキャリロよりも1g 重いARP製のボルトを流用して使用するためにお取り寄せです。
で、自分の今年のエンジンの仕様は前回登場したクロワー製のHビームコンロッドを使いますが、実に3年も前に購入していてやっと使える段階までやってきたというテストの地道さを実感・・・w
ちなみに元々付いていたキャリロ製のコンロッドボルトではなく、なぜ重い方のARP製ボルトを今回選択したかですが、こちらのARP製ボルトはメジャーなブランドでシェア率も高く、現地で安く売っているショップなどが沢山あるので国際送料も含めて1本3500円前後で購入できるのに対して、キャリロ製のコンロッドボルトは買いづらい上に現地価格で既に6000円前後(当然1本ですw)とぶっ飛んで高いんです・・・。
それを8本も用意しろだなんてボンビーな自分には到底出来ませんw

本来なら静止状態でたった1g の違いでもクランクが高速で回転した時の遠心力が働いた状態では桁違いの重量差になるので部品は軽いに越したことはないのですが、それ以前に自分の財布の中身が軽すぎたところに丁度5月のテイストに向けてコーイチさんもスペアで1セット欲しいとのことで、複数購入で単価あたりの送料を浮かせてさらにお得に♪ とお互いにプライベーターなもので趣味の経費削減に努めておりますw

※ 注) この記事は3年前に下書きとして製作していたもので測定もその当時に行ったものであり現在の最新ボルトを使って量った数値ではありません。
材質や技術の進歩でもしかしたら今はさらに軽くなっているかもしれませんので記事の内容を当てにせず暇つぶし程度に見てください。


akane380 at 03:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)雑記 | DRAG RACE 製作記

2013年01月19日

コンロッド対決

IMG_4108
突然ですが、

IMG_4105
右から順に、CB750用ヨシムラ製アルミコンロッド、GSX1300R 隼用キャリロHビームコンロッド、ZX12R用クロワー製H断面コンロッド、さてどれが一番重いでしょうか?!ってネタを当時書こうと思っていた3年位前の下書きを発見したのでまたまたリサイクルw
で、一応暇な方が居ましたら見た目にどれが一番重いと思いますか?
見た目に大きい真ん中のGSX1300R用か?そんなこと言っといて一見大きい隼用のモノより左のZX12R用のHビームの方が実は重いんです!とか言うんじゃねーの?とか、いくらCB750用のヨシムラスーパーロッドがアルミ製とはいえ、1970年代当時の製造技術じゃ意外に重いんじゃないのか?なんて考えてみたりw

IMG_4038
で、答えですが・・・、実際には見たまんま真ん中のGSX1300R用のキャリロHビームが一番重量があるので「なんだよそれオチねーのかよ」って話なのですが・・・w
まぁこうして双方を実際に重ねて比べるとこれだけの差がありますから下段の隼用のHビームの方が重量があって当然っちゃ当然なのですが。。。

IMG_4044
ちなみに実際にコンロッド単体で重量を測ってみるとZX12R用のクロワー製Hビームの重量が313.8g

それに対してGSX1300R用のキャリロHビームは・・・
IMG_4043
さすがにこちらは大きいだけあって先ほどの12R用の313.8g に対して重さが315.4g も!! って12Rのとたった1.6g しか差がねーじゃねーか!って話なのですがw、なぜ大きさに差があったのに1円玉2枚分も変わらない重量なのか・・・。

IMG_4109
それはショートストロークな12Rのコンロッドは剛性確保のためにメタル幅が広かったりでその分重量増なんです・・・。

IMG_4048
ちなみにヨシムラのCB750用のスーパーロッドはやはりアルミということで脅威の200g とダントツの最軽量w

IMG_4052
1970年代の初期の頃に国内ではなくアメリカで製造されていたようですが、キャップの合わせ面をギザギザにして剛性を上げつつ位置ズレを防止したりと現代のかち割りタイプに似た発想を当時に採用していた吉村さんの熱意はさすがです。
で、さらに驚きなのはこのコンロッドが発売されていた1970年代当時、750RS用のヨシムラ製860ccボアアップKit の値段が16,700円、ボンネビルカムシャフトが23,800円という時代に、なんとこのコンロッドセットが48,000円もしたというので当時は高級品の一つだったようです。

IMG_4086
ということで嘘か真か・・コンロッド本体の次は1本20g に満たないコンロッドボルトのネタで次回に続きますが、手前がキャリロ製で奥がARP製と両方サイズは同じですが、さてやはり重さも同じでしょうか?w

akane380 at 03:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)雑記 | DRAG RACE 製作記

2013年01月16日

鉄敷ホイール

IMG_9018
いつか続きを書こうと思いつつ下書きになって埋もれている作業ネタを整理していたら「ペイント完了♪ 」ってお題で下書きのままになっていた古い下書きネタが発掘されたので、3年後しでアップっすw
画像の鉄敷は仲間が仕事の足として使っている軽四に履かせるために用意した乗用車用の純正16インチの鉄敷ですが、それを画像のようにブラックにレッドのラインで塗ってみました・・・。というだけの話だったのでネタにするのを止めたのをいま書いてて思い出しましたw
12Rの準備が遅れているのでまたペイントネタ復活するかもです。。。


akane380 at 00:50|PermalinkComments(4)TrackBack(0)作業記事 

2013年01月12日

ZX12R 2012仕様メモ

2013年の新しい仕様を作るに辺り、去年までの仕様メモを書き残しておきます。
IMG_2237
〜 エンジン仕様 〜
エンジン:00' ZX12R( A型 )ベース
シリンダーヘッド:B型流用 ポート加工、修正面研、カムジャーナルラッピング、カムキャップWPC処理
カム:INT EXH 共にA型320、バルブタイミング純正
バルブ:INT - Ferrea製 1mmオーバーサイズステンレスビッグバルブ、EXH - 純正フェースカット
バルブスプリング:純正、セット長合わせ
バルブリテーナー:APE製 チタンバルブリテーナー
バルブガイド:純正打ち替え、リーマー加工、INT側飛び出し切除
タペット:WPC処理
ヘッドガスケット:Cometic 製 0.4mm
NOS フォガーノズル:シリンダーポートダイレクトショット
ピストン:JEピストン (純正83mm) 1199cc リセス溝加工、バランス取り、WPC + モリブデン処理
コンロッド:純正バランス取り、メタル合わせ(WPC処理)
クランク:B型純正流用、フライホイール単体軽量バランス取り後一体バランス、メタル合わせ(WPC処理)
ミッション:A型純正ベース+B型ギヤミックス インプットシャフト、アウトプットシャフト、レース、ブッシュ類WPC処理、ベアリング変更、スチールボール除去
チェンジドラム:ドリリング軽量加工(WPC処理) 、シフトロッド、シフトフォーク類(WPC処理)
チェンジドラムカム:Sport Factory Pro製 Evo Shift Star Kit
オイル / ウォーターポンプ:WPC処理+スズ複合処理
クランクケース:オイルジェット追加工
クラッチハブ:オイルホール加工
クラッチ:バーネット製ケブラー
ロックアップクラッチ:Orient Express Racing 製 マルチロックアップクラッチ
エアシフター:MPS Racing 製 Big シリンダー + MPS Electronic Ignition Kill
オイル:シルコリン PRO-4 PLUS SAE 5W/40 SJ/MA
その他:2次エアキャンセル、各部バリ取り、エッジ落とし、面出し、

〜 吸排気 〜
スロットルボディー:純正
インジェクター:純正(噴射容量合せ)
燃料ポンプ:純正(入力電圧変更)
ファンネル:Muzzy 製 ショートエアファンネル
ラムエア:仕様変更
エアボックス:追加工
エキゾースト:不明4-2-1 エキパイ+オリジナルメガフォンテールパイプ
画像のサイドワインダーはイメージのダミーです

〜 Nitrous Oxide Systems 〜
NOSシステム:オリジナルダイレクトウェットショット
燃料ポンプ:MSDイグニッション製
燃圧レギュレータ:サード、NOS、KINOKUNI、都度変更
フォガータイプ:ストレートショット NOS Fogger-R Nozzles
ソレノイド:FUEL - NX  N2O - NX(LIGHTNING STAGE ONE .063 ORIFICE)
ボトルサイズ:2.5lb

〜 セッティングツール 〜
純正ECU
ダイノジェットパワーコマンダー usb
ダイノジェットイグニッションコマンダー
ダイノジェットマルチファンクションハブ
A/F 計:INNOVATE LM-1. A/F Data Logger
排気温度計:Defi-Link Meter BF

P1130161
1/4mile DRAG @ NA 164.2ps / 12kg ⇒ 9”647sec (2012.10.24 福島スカイパーク)
1/4mile DRAG @ NOS 267.7ps / 19kg
⇒ 9”228sec (2012.10.24 福島スカイパーク)

計測協力:JAMさん


akane380 at 13:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)DRAG RACE 製作記 | DRAG ZX12R 2012仕様メモ

2013年01月08日

ミッションコンプリート目前・・・

34b8838e
 今年一発目の国際入荷便はDHLさんですが、去年の暮れに記録したFedexさんのスピード配送とまでは行きませんがなかなか順調に移動し、本日無事に成田の通関をクリアーであとは国内配送を残すだけ♪
そんなこの荷物は実は去年の11月にすでに購入していたのですが、商品が米国から出国が出来ないとのことでU◯PS、U◯Sなどの配送業者に断られ、あの手この手を繰り出しつつ何度か弾かれた品で、その後米国内をたらい回しに配送されてソルトレイクで落ち着き最終的にDHLさんに助けてもらい、晴れて無事に通関クリアーという待ちに待った商品で久々に面倒な買い物をした感がありましたが、間違っても法律に引っかかるような悪さをしているワケではありませんので・・・。あくまでもグレーゾーンでセーフティーですw 

ただ自分の12Rの今年のテストに使用する目的で購入した部品なのですが、諸事情により輸出入に規制が掛かっている少し面倒な部品でそれを知らずに買った手前諦めるのも嫌で、いろいろ勉強も兼ねて輸入を試みたというだけのことなのですが、悲しいかな・・そんな内容でも同じく諸事情により大っぴらに品名を言えませんw がDHLさんがどうのとかそういう話でもありませんので輸入禁止なモノは基本的に輸入出来ませんのでこちらも変にチャレンジスピリットを開花させたりと誤解のないようお願いしますねw

とりあえず今年もドラッグレース1/4mile 最終目標8秒台目指してそれに関わること全て全力で頑張ります!!
とか真面目に〆て誤魔化してみるw





akane380 at 02:14|PermalinkComments(4)TrackBack(0)DRAG RACE 製作記 

2013年01月05日

海老一!!

P1120886
いつも高速カッターでガサガサで残念な切り口になってしまうサムコのシリコンホース。
先日ふと切り方を変えて必要分をカットしたら切り口スパッと気分良く新年一発目から「おめでと〜ございま〜す」と染之助・染太郎でメデテェ 、メデテェ悪ノリSBR 2013開幕です!!w


akane380 at 03:39|PermalinkComments(2)TrackBack(0)雑記 

2013年01月01日

2013年 元旦

P1120602
新年明けますたね、おえでとうございやす。まずはご飯ちょーだい by ちょこ

新年明けましておめでとうございます!!
旧年中はリアルで、ネットで絡んで頂けた方々、はたまたこの意味不明なブログへ来て頂けた方々どうもありがとうございました。
2013年は巳年ということで自分は歳男であります! えぇ・・はぁ、まぁ・・だからどうなんだ?って話なのでw、とりあえずさらにいろいろな部分を充実させて新たな事柄にもチャレンジして派手に散っていきますのでw 皆様と楽しく絡みつつまた一年よろしくお願い致します m(_ _)m 

2013年が皆様にとって良い年となりますように。

SECRET BASE Racing @ ちょこ


akane380 at 04:38|PermalinkComments(2)TrackBack(0)雑記