2013年05月

2013年05月30日

2013. OLD DOMESTIC CAR DRAG ~Timeless memories~

2013 OLD DOMESTIC CAR DRAG Rd.3に参加された皆様お疲れ様でした。
オフィシャルの皆様、関係者様、今回も大変お世話になりました。
今回仲間が撮影してくれた画像をアップさせて頂きます。
※ 削除依頼等御座いましたらご連絡ください。


-pen seur-382


-pen seur-386



-pen seur-847-pen seur-770-pen seur-745-pen seur-677-pen seur-673-pen seur-808-pen seur-674-pen seur-806-pen seur-446-pen seur-448-pen seur-670-pen seur-432-pen seur-772SBR_1693-pen seur-437-pen seur-747-pen seur-429-pen seur-838-pen seur-593-pen seur-912


-pen seur-863-pen seur-862-pen seur-484-pen seur-638-pen seur-481-pen seur-797-pen seur-852SBR_1522SBR_1514SBR_1517-pen seur-700-pen seur-845-pen seur-496-pen seur-768-pen seur-701-pen seur-393-pen seur-715-pen seur-872-pen seur-726-pen seur-899-pen seur-626-pen seur-868-pen seur-778-pen seur-618-pen seur-457-pen seur-458-pen seur-461-pen seur-487-pen seur-869-pen seur-462-pen seur-495-pen seur-890
-pen seur-504-pen seur-761-pen seur-622-pen seur-719
-pen seur-454-pen seur-459SBR_1497-pen seur-786-pen seur-884-pen seur-469-pen seur-480-pen seur-503-pen seur-472SBR_1458-pen seur-689SBR_1449


SBR_1527-pen seur-515-pen seur-804-pen seur-521-pen seur-611SBR_1432-pen seur-655-pen seur-782

-pen seur-614SBR_1743-pen seur-525-pen seur-840



-pen seur-855-pen seur-542-pen seur-826-pen seur-563SBR_1574SBR_1642SBR_1554-pen seur-553


-pen seur-597-pen seur-750
-pen seur-650-pen seur-601
-pen seur-883-pen seur-896-pen seur-630-pen seur-764-pen seur-702SBR_1519


SBR_1730
Photo by
-pen seur- 根本博
&
SBR




akane380 at 11:29|PermalinkComments(6)TrackBack(0)OLD DOMESTIC CAR DRAG 

2013年05月28日

2013. OLD DOMESTIC CAR DRAG

前回のJD-STERでの失敗を取り戻すべくリベンジに行って参りましたOLD DOMESTIC CAR DRAG in 福島スカイパーク!!
-pen seur-382
天気も相変わらず良く先月よりも気温が上がって心地良い陽気で、

-pen seur-386
相変わらずシブいマシンが揃い踏みで・・・、

-pen seur-558
今回はバイクもシブいマシンが多数参加されてました^^

-pen seur-403
で、今回は前回とは違うモンスターマシンが居たのですが、こちらのV8モンスターマシンがアクセル全開でドライホップすると、凄い轟音と共にスカイパーク周辺の山々でV8サウンドのやまびこが3、4回こだましてて久々にやまびこを聞きましたw

-pen seur-422
そんな感じで今回もいろいろなマシンが見れてだいぶ楽しい時間を過ごさせていただいたのですが、そんな中で今回は熱中症でダウンした以前の反省点を踏まえて隣の先輩からテントを借りてしっかり熱対策をして、NOSガスも出発間際にガス屋さんから受け取ったのでそのままボンベとリフィル機材一式を持っての参戦でギリギリ準備OK!なのかギリギリ間に合わなかったと言うべきか・・・w
一応テールとタンクカバー一体式のシートカウルも仮で完成させ、即席で白で塗ると仲間に写真を撮ってもらう時に色がぶっ飛んで周りとの露出を合わせるのが大変だろうな・・・ということで、カメラで撮影した時に色飛びせずギリギリ白く映るであろう変な色でペイントして行きましたw

-pen seur-587
で、走行一本目は普通にNOS無しで全開走行をしてマシンに異常が無いかのチェックを行い、これといった問題点も無さそうなので二本目からウェットでNOSを噴いてタイムアタック決行♪
とりあえず地元で事前にNOSを使ってチェックした際に4速以降でシフターが蹴られて入らなくなる現象はNOSガスの残圧が復活すれば以前のように元に戻るハズ!との読みでのアタック一本目。

-pen seur-912
スタート後、アクセル全開でNOSスイッチONと共に一気にエンジンの吹けが上がり1速・・2速・・3速・・、で、問題の4速・・エアシフターのスイッチON!! ってポチポチ押してもやっぱ入らね〜・・・・っす。。。

-pen seur-423
とりあえず一旦エアシフターのカット時間を調整しなおして、その他もちょこちょこイジって再度挑戦・・・

-pen seur-757
が、やっぱりNOSを使うとどうしても4速以降のシフトアップ時にシフターが蹴られて跳ね返ってしまう・・・。
しかも出発前に地元で最後にセッティングをした時に、NOSを使った走行時にだけラジエターのリザーバーから冷却水が吹く現象が起こったのですが、ここにきてその現象までもが再発・・・

-pen seur-916
で、刻々と状況が悪化する中でいろいろ頭の中で整理しますが、NOSを使ってエンジンの吹け上がりが絶好調に速くなると4速以降でシフターが入らずクーラントがリザーバーから噴く・・・。何が起こってるんだ・・・?とりあえずはNOSの残圧の問題では無かったということで新たな憶測を考えますが、リザーバーからクーラントが噴くようになったのはこの前ラジエターの穴を塞いでからで、穴を塞ぐ際にラジエターの冷却水通路を4本潰したので流量的にラジエターが抵抗になってウォーターポンプから圧送された水が行き場を失いリザーバー側に逃げて吹き出してるのかな?と。
それだけウォーターポンプに抵抗が掛かっているのなら、そのウォーターポンプを回す為にギアで繋がっているクラッチ側にも抵抗が伝わり、そのせいでシフトアップの際にトルクが瞬時に抜けきらずにシフトアップが出来ないのかな・・・?と新たな憶測が・・・。
そんなこんなで走ってはダメ、また走ってはダメで目標の8秒どころか9秒入りさえも必死で、もうエアシフターなんぞ要らん!と気合の人力シフトで・・・ってツナギの革が硬くて脚が自由に曲がらねぇですw

-pen seur-913
でも後半でやっと9秒台に・・・って9.9秒とか9.8秒とか凄く世知辛いタイムでそのタイムに必死なのが非常に悲しい&減速時にまたラジエターにフロントタイヤがヒット。。。

-pen seur-831
その後も1,2,3速までエアシフターを使って4速以降を人力でシフトしたりといろいろ試してみたのですがタイムは上がらずフリー走行枠の時間が終了・・・^^:
全開のW.Rドラッグでは9.2秒とあと少しという所で終わってしまったので今年こそは・・・と思っていた分、非常に残念な結果に終わってしまいました。。。
SBR_8865
ちなみに先週末は全国的に運動会シーズン真っ盛りだったからか?「一等賞」の ◯一封 を頂きました^^
こうゆうストリートなノリが大好きですw


今回もオフィシャルの皆様とエントラントの皆様には大変お世話になりましたが、
SBR_1519
何度も何度もスタート地点から駐車場に皆のタイムシートを行ったり来たりして運んでくれた長尾さんの息子さんにお疲れ様の一等賞をあげたいですね^^  帰りにご褒美のレストランには行けたのでしょうか・・・w

とりあえず次回の開催はまだ未定とのことですが、また開催される際には次こそリベンジを・・・w
そんなこんなで翌日の波乱なJD-STERへと続く・・・


akane380 at 20:27|PermalinkComments(4)TrackBack(0)OLD DOMESTIC CAR DRAG 

2013年05月22日

紆余曲折中・・・。

前回クラッチを組んだところまで書きましたが、その後試運転がてら早速走りに行ってみたところ低回転時のエンジンの回りがオカシイ・・・。
アイドリングが不安定でアクセルを少し開けて3000回転くらいに回転数を上げると普通に回転を維持するのですが、アクセルを再び戻すとアイドリングが不安定でエンジンが止まる。。。逆にアイドリング不安定で止まりそうな時にアクセルを少し当てるとタコメーターの針がびっくりしたように上昇する・・・。
あら?クラッチがちゃんとに切れてないのかな?って一瞬思ったのですが、クラッチには問題無し。
残る要素としてこうゆう症状が出るということは点火系か・・・と、パワコマのイグニッションコマンダーが飛んだかなぁ?と、純正ECUに割り込ませたカプラーをキャンセルしてエンジン再始動も症状変わらず。。。
ということで残るはヤツか・・・

で、パカっとカバーを外して中を覗いてみると・・・
SBR_1137
ですよねぇ・・・。って自分のマシンの中で唯一使っていたMuzzy製パーツが死亡w
前回エンジンを組んでいる時にカムをカチャカチャイジっている際にアドバンサーのボルトをナメたので、仮でSUSの4mmボルトに交換したのですが、長さが微妙だったのでワッシャーを入れず締め付けも仮のままだったようで^^:

SBR_1139
とりあえずこの部分はレース場などでイグニッションコマンダーが飛んだ際に応急処置としてアナログ的に点火時期をイジれるように・・・と補助的に取り入れていたパーツなので、今回は手元にあった信頼の純正品に戻し問題解決っす^^

ということで仕切り直しで走りに行くと、フルスロットルで加速してシフトを上げて行くと要所要所途中でシフターが蹴られてシフトミスが頻発。。。

で、これはもしやあのお方の仕業では・・・
SBR_1171z
と、ガレージに戻ってプラグを一つ外してみるとやはり電極が溶けてたっす。。。
とりあえずお高いレーシングプラグが溶けたこともショックですが、整備性の悪さから純正でロングライフな2極プラグを採用されるくらい12Rのプラグ交換ほど面倒で嫌なことはありませんので、そちらの作業の事の方が気が重くショックだったり・・・^^:

SBR_1268
ちなみに自分の12Rは素晴らしい事にNOSの配管の都合でエンジンを降ろさないと#2と#3のプラグ交換が出来ませんw いや、厳密には降ろさなくても出来るのですが降ろして作業した方が倍速いですし楽なんです・・・。

SBR_1173
そういえば、よく「NOSを使っていてプラグ溶けない?」って聞かれますが、ご覧のとおり自分もテストだ!実験だ!で、条件やセットをミスる度にプラグを溶かし、現在までにはかなりの数のプラグを溶かしてきてます^^: 溶かした条件のまま間違ってテストして新品のイリジウム一発KOとか超萌えますw

SBR_1186
そしてその度にスーパー面倒なプラグ交換作業が待っていたので、途中から倍の値段出しても頑張って耐えてくれるなら・・・と、溶けにくいスラントタイプのレーシングプラグに交換し試してみたのですが・・・、

SBR_1159
まぁ、何やっても逝く時は逝くということで頑張って精進せねばプラグ代で破産しかねないという・・・w

SBR_1190
ならば溶ける場所を無くしてしまえ!と4倍近い値段を出してセミ沿面タイプをチョイスしてこれで無敵か!? と思われたのですが・・・

SBR_1197
街乗りをすると12Rでは相性があまり宜しくないのか?変な焼け方をしたり、低中速域で何か非常に細かい息つきのようなギクシャク感があり、しっくりこなかったので元のスラントタイプに戻し今は落ち着いていますが、沿面タイプということで電極のギャップが単純に広くなっているので12Rのイグニッションシステムじゃ辛いのか、スパークの位置が上方に移動してしまうのでその辺りの着火性の関係に軽く問題があるのか・・・。
でも常に全開走行を強いられるレースの時なら全然良いかもしれないのですが、普段だと交換作業が面倒でしてw

そんなこんなでプラグを交換して後日走ってみたら通常の全開走行でのシフターはOKになりましたが、NOSを使うと4速以上ではトラクションが抜けずシフターが蹴られるw
ホント、次から次へとまぁ。。。
で、NOSガスがまだ入手出来ていないので試せず何とも言えませんが、ガス圧が低くなってしまっているので空燃比的に燃料が濃すぎて点火を一瞬カットしても変に燃焼してしまいトラクションが抜けきらないのかなぁ・・・と。そんな憶測ですが、出発まで残り3日・・・ガス屋さんは間に合うのでしょうかw


SBR_1252
というか、ゲルコートが硬化不良を起こすという地雷を踏んで修正中の外装は果たして間に合うのでしょうかw

akane380 at 03:39|PermalinkComments(8)TrackBack(0)DRAG RACE 製作記 | NOS ナイトラス・オキサイド・システム

2013年05月18日

今年もドラッグ2Days やりますw

来週末は今年二戦目となるJD-STER のRd.2が先日復活した仙台ハイランドで行なわれますが、
img_500085_8926657_0
その前日の25日には福島スカイパークでバイクも参加OK!! なW.R ドラッグが開催されます。
前回の参加記事はこちら⇒http://secretbase-racing.com/archives/cat_48445.html
で、今回も自分等は前日の土曜に福島でW.R ドラッグに参加し、夜に移動して日曜に仙台でJD-STERにも参戦♪という作戦で行くのですが、先日聞いた話では今回のW.R ドラッグはバイクの参加台数が増えて多いとの事で楽しみです^^
で、先日のJD-STERの時にW.R ドラッグの事を何名かの方に聞かれたのですが、前回参加した時は午前中に3本走行してその3本の中で一番速いタイムを元に順位を付けて、午後は走りたい人は好きなだけ走ってOKタイムで、テスト走行やセッティング走行など好きなだけ走ることが出来ました。
801f6113[1]
それ以上に参加されている車の年式的な部分もありますが、場の雰囲気が凄く良いんです^^
皆さん元々ストリートドラッグをメインにされていたような方ばかり?なので、その延長線上的な賑やかなノリで音も良いし匂いも懐かしくワクワクしますw
ノリがストリートっぽいと言っても計測システムは昨年JD-STERでも使用されたTARGETさんのところの本格的なプロツリー一式の機材を使用しタイム計測もバッチリです。
とりあえずまだ滑り込みエントリーぎりぎり間に合うか・・も・・・?ですので興味のある方は
ラウンドエンジニアリングさん 046-269-9370
オートサービス ワタナベさん 080-3511-1744
にお問い合わせしてみてください。



ということで今回はマシンもしっかり仕上げてます!と言いたいとこですが・・・、GWの連休中 夜な夜な12Rのチェックの為に走り込んでNOSを全開で吹くとそれなりにパワーも出るわけで、それを何本も何本も行うとやはり各部への負担も大きく、お陰様でだいぶマシンの方も壊してしまいまった・・・
SBR_1207
ということでまずは12Rの泣き所のクラッチバスケットとクラッチハブ周りのクラックの有無なども点検しつつ、違和感が出始めたクラッチ周りの点検からですが・・・

SBR_1214
バラしている最中に手動で動かしてみたところ変なゴロゴロ感があるなぁ・・・とか思ったら、リリースシャフトのベアリングがだいぶお疲れ様だったようで、既にコロが一つ脱走し粉砕。。。SBR_1218
ということで新品に交換。

SBR_1209
ついでにロックアップ機構なども点検してみたのですが、この辺は問題なし。

SBR_1223
で、今回はいつものバーネット製ケブラーから以前に他の買い物のついでに購入したストックのOrient Express Racing 製のファイバーに変更。
以前に別のマシンでショップブランドの変なクラッチを使ったら数本走っただけで終わってしまった・・・。なんて純正以下な事があったので、消耗品とはいえクラッチは信頼のあるバーネット製ケブラーがお気に入りなのですが、Orient Express Racing のような400馬力だ500馬力だのターボマシンを製作するショップがリリースするクラッチは果たしてどうなのかを知りたくてのチョイスで、果たして今回のクラッチの結果は如何に^^

ってそう言えばですね・・・

SBR_1234
まぁたラジエターにフロントタイヤが接触してラジエターに穴が空きました。。。
とりあえず現状新しいラジエターを入れても同じ結果になってしまうので、ガス溶接をして穴を埋め、最後にまたタイヤがヒットしても瞬殺されぬよう金属パテで補強もしときました・・・^^:

それにしても前回使いきった亜酸化窒素をガス屋さんに注文したのですが、まさかの在庫切れで入荷未定とのこと。。。 そんな訳で来週末に間に合わないかも・・・らしいです。。。


akane380 at 05:00|PermalinkComments(4)TrackBack(0)DRAG RACE 製作記 

2013年05月14日

1/4mile の聖地復活!嬉しいっすね♪

先週末に仙台ハイランドで行なわれた復活祭は天気も晴れて大盛況だったみたいですね^^
話では仙台ハイランドの入場待ちの渋滞の列が一時は国道沿いまで溢れていたそうで、そんな大盛況ぶりの中行けなかった事が尚更悔やまれます^^:
でも仙台ハイランドの復活を一緒にお祝いしたい気持ちだけは強く持っていたので、img_569946_24630064_0
今回はこちらの新設コマーシャルゾーンに当日限りの復活祝を出させて頂きました。

img_569946_24630064_2
完全な自己満の世界ですが、十代後半からチューニングの世界に足を踏み入れそれ以降ずっと関わりを持ってきた仙台ハイランドの復活にこうして今は自分の看板で関われた事は非常に嬉しい事で良い記念になりました^^
でもどうせならやっぱり一緒に参加して走りたかったなぁ・・・ということで、こうゆう時にサッと走れる体制作りを目指して自分も仙台に負けじと頑張ります!ってそういえば早速タンク、シート一体式の外装製作で地雷を踏んで今ピンチですw 頑張りますw

PS、画像は当日参加されたNOBUさんより拝借いたしました。





akane380 at 18:05|PermalinkComments(4)TrackBack(0)雑記 

2013年05月10日

もうすぐですね^^

今週末やっと仙台ハイランドのドラッグコースがSS1/4マイルで復活ですね〜^^
2013may_flyer
復活祭の行われる日曜日は当初の予報では曇り時々雨のマークが付いていましたが、昨日の予報で天気も曇りに変わってくれたみたいで、なんとか天気がもって復活記念のいい一日になって欲しいですね^^
とりあえず自分も二十代の頃の下積み時代からの辛かったり楽しかったりな思い入れの詰まった仙台ドラッグレースウェイの復活ということで出来れば是非とも参加したかったのですが、月末にもJDで仙台に行く予定もありますしちょっと現実的に連続は厳しいなぁ・・・ということで、今回はお祝いも兼ねた場の雰囲気作りに気持ちだけ参加ということで、月末まで仙台ドラッグレースウェイでの全開はお預けっス^^:

ちなみに仙台ハイランドの修繕作業、修復具合などの詳細は下記ブログにてチェックできます。

計測機器やタイムボード関係を担当されたTARGETさん
http://blogs.yahoo.co.jp/m_c_target_jp

コースの修復やイベントなどの企画を担当されたESCORTさん
http://blogs.yahoo.co.jp/hiroshi3408

コースの修繕工事をボランティアでお手伝いされたNOBUさん
http://blogs.yahoo.co.jp/gaspmc

img_498106_8960745_2
画像はTARGETさんより拝借
そういえば、自分のように視力があまり良くない人間には非常にありがたい事に、TARGETの長尾さんがコントロールタワーにもミニタイムボードを設置してくれたお陰で、今年からは遠く向こうにあるレフトレーンのタイムボードを覗きこんで確認しなくても済みそうです^^

akane380 at 01:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)雑記 

2013年05月07日

あ、燻ってますw

前回の走行結果があまりにも情けなくて、ここ一週間ガレージの中で燻ってました・・・。
というのは冗談で前回台無しにしてしまった走行分を取り戻す為に連休中、地元の特設コースで夜な夜な走り込んでNOSのテストをしていたのですが、一応直管での走行はマズいよねぇ・・・ということで普段乗り用のサイレンサーをセットして行ったのですが、
SBR_1116
いざ走行を開始してスタートダッシュと共にNOSを使用した瞬間、猛烈な加速Gと共に二段階の加速と音の変化で ”あれ?俺のエンジンV-TEC入ってたっけか?w” とか一瞬びっくりしたのですが、アクセルを戻して確認してみると排圧でサイレンサーが抜けてしまいぷら〜んとw
SBR_1123
でまぁそこまでは良かったのですが、NOS使用時の排圧は尋常じゃないようで、今回は集合部からも見事に抜けてしまったお陰でこの日はテスト中止で爆音のままガレージに帰還・・・。

SBR_1128
で、ササッと元に戻して・・・、なんて思っていたら#1と#2のエキパイの途中にバイパスパイプが溶接で固定されているので2本を一度に集合部に挿し込まなくてはならず、腹下をガンガン擦っているお陰で#1の接合部が変形してしまっているので思うように刺さらず、最終的にマフラーを外して引っ叩いて成形したりなんだりで元に戻すのにエライ時間を要してしまいました^^:

SBR_1133
ということで二度と抜けないでね。という気持ちを込めて極太のワイヤリングで固定。 でも以前にもこの手を使ったのですが、確か振動でワイヤリングが切れてしまってスプリングに戻した気が・・・w

とりあえずこの連休中悔しさバネに毎夜テストしてたら30圓NOSボンベを使い切り、クラッチが逝ってミッションにも異常発生と・・・w ちょっと憂さ晴らしをやり過ぎてまた憂さが溜まったとゆう噂ですw




akane380 at 02:17|PermalinkComments(4)TrackBack(0)DRAG RACE 製作記 

2013年05月01日

大失敗。。。

福島に向けて出発する前日に急遽CPピストンからJEピストンへの組み換え作業を行い、NOS周りの配管の一部も修正したりしながら無事に組み付けが終わってエンジンを載せて最後にラジエターのエア抜きをする為にマシンをガレージの外に出して暖気運転をしながらエア抜きを行なって、その合間に出発準備をする為に散らかったガレージ内の工具の片付けをしていたところ、おかしな事にここに有るハズの無い腰下からヘッド側にオイルを圧送する為に必要な部品で、先ほどエンジンに組み込んだハズのオイルパイプが洗浄したままトレーに取り残されているのを発見・・・。どうやらバタバタして組み付けるのを忘れていたようでこの時既に21時過ぎ・・・幻滅。。。
で、暖気してエア抜きが終わったばかりの熱々なクーラントを抜いてガレージにマシンを押し戻して急いで再度エンジンを降ろして腰上をバラしての反復作業開始で、何とか3時間後に全作業完了でクーラントのエア抜きは深夜にエンジンを掛けると近所迷惑になるので次の日の出発前に行うことに・・・
-pen seur-154
そんなこんなで本当に最後の最後まで後回しにされた外装は出発の直前にバタバタと準備を済ませ、タンクカバーは変えが無いのでタンク剥き出しで、以前に使っていた純正のテールカウルとシートはタイラップで無理くり固定でサイドカウルは型取りを済ませていないマスターカウルの無理付けと・・・モチベーションMAXガタ落ちなやっつけ最高に恥ずかしいで仕様で行ってきました。。。

この有様です・・・⇓-pen seur-082
ということで、組み上げ後一発目の走行当日は、午前中にストリートETという予選とは別の走行枠2本と予選走行2本の計4本を走れる予定だったので、組んでからここまでに断続的なアイドリング状態だけで一度も走らせていないぶっつけ本番仕様ということでストリートET1本目の走行は普通に無難な走行でエンジンやブレーキなど各部のチェックを・・・w
で、バーンナウトを済ませてスタート位置に着いてスタートした瞬間、シフトミス連発でシフターの調子が悪い・・・これはマズいかも。。。とか焦ったのですが、ピットに戻って確認してみたらエアシフターのチェンジペダル側の取り付け位置がエンジン脱着の際の仮付けのままだったようで元の位置に戻して問題解決^^:
で、走ってみた感じでは各部からの液漏れも異音も無く吹け上がりも綺麗に回ったので2本目からはNOSを使ってとりあえずこの日の目標の9.5秒クリアーを目指すことに。
ですが、その後ストリートET1本と予選2本がNOSのセッティングが合わずエンジンが吹けない状態が続き、1本もまともに走れず終いで午前の走行が終了。。。

そして午後になり予選6位で迎えたトーナメントですが、相変わらずセッティングが合わないNOSを使うか悩んだ結果、どの道負ければ終了ということでNOSのボトルを新品に入れ替え一か八か上手くセッティングが合うことを願い「使用する」を選択。
が、スタート直後にNOSのスイッチが入った瞬間、またエンジンがカブり始めアタック中止でアクセルを戻しますが、再度アクセルをゆっくり開けていくとカブりが取れて普通にエンジンが付いてくる・・・。がUターンしようと車体を曲げたら今度はエンジン停止。。。
そのままその場でセルを回して各部のチェックをして、まさか!? とシート後方に積んである電装系を触って接触を確認すると見事に接触不良を起こしていたことが発覚。。。
接触不良を起こしていたピンをカチっと差し込むとエンジンが復活し無事に復活。これで加速する度に吹けなくなる理由が分かりました・・・。NOSのセッティング的な問題だという先入観で電装系を疑うことなく問題を解決しようとしていましたが、どうやら純正シートカウルにしたことで以前の設置場所を失ってシートカウル下に急いで詰め込んだ制御系の電子部品が加速の度に加速Gで後方にズレて配線が伸びきってピン部分で接触不良を起こしてしまっていたようで、どうせならもっと早くこの症状が出て発見していればせっかくの走行を無駄にせず済んだのに。。。

とりあえず今回はホント、自分でアホだなぁ・・・というかくだらなくてガッカリしました^^:
今回起こったトラブルは事前に走ってチェックしていれば全て見付けられた問題ですので。。。
いつも通りブレること無くいっぱいいっぱいで・・・って、いっぱいいっぱい過ぎて完全に不完全な状態で迎えたシーズン入りですが^^: 次回は事前にしっかり走って調整出来る余裕を持って迎えられるようにしたいと思います。

akane380 at 00:26|PermalinkComments(6)TrackBack(0)DRAG RACE 製作記 | JD-STER DRAG 参戦記