2022年05月

2022年05月24日

ZX12R ターボ仕様への道

かなり間が空いてしまいましたが、自分の12Rのターボ化に向けたフレームの加工で、SBR_7195
作り物に関しては素人な事から、イメージをつかみ易くする為に前回合板を使用してフレーム兼サージタンク構想のイメージ作りを行いましたが、

SBR_6211
そこで得られたイメージを元に加工屋さんにお願いをして、サージタンクの蓋とその蓋を取り付ける枠を製作していただきました^^

SBR_6205
フレームの枠はフレームに溶接で接合するので材質はアルミとなるのですが、フレームを大きく切り開いてしまうので加工後のフレームの強度が落ちてしまわないようにという事と、既存のフレームをベースとして作る為、自由度が少なくサージタンクの容積を少なくしたい考えもあって少し厚めの板材から製作をして頂きました。
蓋に関しては同じようにフレームの剛性を下げぬように、そして蓋にNOSの配管をセットする予定なので、溶接などの追加工が行い易いように蓋のみ鉄で製作をしていただきました。が、流石に重くなり過ぎました・・・。

SBR_6208
そして過給圧が逃げぬようOリング溝を設けて後ほどワンオフで製作したOリングを組んで、

SBR_6203
プラント配管ばりのネジで固定して使用する予定です。

SBR_6145
という事で、ついにフレーム加工も本番ですが、ナンバーが生きている車体のフレームをぶった切る=失敗したら廃車って考えると流石に緊張します^^:

SBR_6146
テスト用に用意してぶった切った部品取りフレームの時はかなり適当に大体の感覚でサンダーで切ってしまいましたが、今回は慎重に位置を決めて・・・、

SBR_6147
ちゃんとにマーキングをして、

SBR_6152
カットするラインに地道にドリルで穴を開けていって点線を作り、

SBR_6160
エアソーでぐるりと一周切り抜いて、もう後には戻れなくなったなとw

SBR_6163
金属加工は素人なので行き当たりばったりな為、イメージする方向にしっかり向かっているかをちょっと進んでは確認、ちょっと進んでは確認の繰り返し。

SBR_6165
とりあえず枠に合わせてカットをしてみたものの、この青マルの部分を残す意味はあるのか・・・と1日考えて、

SBR_6199
とりあえず邪魔な部分は全てカットをして埋没完了。

SBR_6200
とりあえずこれで具体的な状況も見えてきたのでフレーム加工の方もやっとスタートラインに立てた感じがします。
ここからサクションパイプをどのようにフレーム内で繋げるかとか考える事が沢山ですが、滅茶苦茶楽しいというか嬉しいですw

SBR_1813
あとは外装も今まで使用していたカウルはロングツーリングなども考慮して耐久性重視で製作していたので重量が重く、ついでに純正のデザインを元に製作しているのでいろいろライディング時の乗車姿勢に不満点もあって次作り直す時にはシートの座る位置のポジションを少し変更しようと考えていたので、このカウルも軽量化とシートポジションの変更も兼ねてカーボンで作り直す事にしました^^
とりあえず今年も既に半年が経とうとしているのにまだこの段階ですが、地道に納得のいくマシンに仕上がるよう少しづつ進めて参ります♪







akane380 at 01:32|PermalinkComments(8)│ │ZX12R ターボ製作 

2022年05月17日

テイスト・オブ・ツクバ

SBR_5863
先週のSUPER GTに続き、先日は茨城県の筑波サーキットで行われたテイスト・オブ・ツクバの観戦に行ってきました。 今回の目的はコーイチさんの新調したNewエンジンの仕上がり具合の様子と、

SBR_4943
今回TMRキャブレターのオーバーホール作業のメニュー化に際して検証した中で発生した気掛かりな点に関して、自分の考えで合っているのかを直接ミクニさんの出店ブースに伺って開発者の方に質問をぶつけて答えを得ようという目的でブースの方にお邪魔をしてきたのですが、個人的にTMRの気になっていた点は自分の考えで合っていたようなので、たぶん、TMRのVシールの異常判定がやり易くなった気がしますが、先ずは実際に試してから・・と言う事で、とりあえずこれで問題無く前回募集をしたモニター様のキャブレターを整備する準備が整いましたので、お待ち頂いているモニターのオーナー様には順にご連絡をさせて頂きますのでもう少々お待ちください。

SBR_5902
レースの方はコーイチさんはエンジンのトラブルにより残念ながらDNFとなりましたが、仕様を変えたNewエンジンだといろいろトラブルも出るので・・・とは言いつつ、先ほど早速分解したエンジンの画像を見せて頂いたらハードな状況でしたが・・・次に期待します!

SBR_5465
そして今回会場で面白いマシンを見つけました。
GSX1300R隼のエンジンをオリジナルフレームに搭載したこちらのマシンですが、最近米国の方で隼用のパイプフレームが売られているので、てっきりそれを使用しているのかと思ったのですが、なんとワンオフで製作された一品物のようで、

SBR_5891
予選、決勝ともに58秒中盤でコンスタントに周回を重ねられていて完成度は非常に高いようです。
この手のハイパワーな新型E/g +オリジナルフレーム車両が増えて新しいクラスが新設されたらそれはそれで面白そうですね。

SBR_6048
それでも今回、このようなモンスター仕様に・・・

SBR_5979
ZRXとZ1000の両ライダーさんが必死に喰らい付いて熱いバトルを展開していたので、コーイチさんがDNFしてしまった後も十分楽しませていただきました^^

SBR_5282
ちなみにこちらのZRXのライダーさんはコーナー出口付近からの挙動が毎回不安定というか、他の方に比べて大きくスライドさせながら曲がっているように見えて滅茶苦茶アグレッシブなのですが、こうして画像で見ると結構カウンターを当てながら旋回しているようで凄い技術力だなぁ・・と。

SBR_5181
あとは当日一番早くコーナーを駆け抜けていった印象のこちらのMVアグスタのライダーさんですが、BRUTALE800RRという車両らしく、エンジンがノーマルのままなら排気量800佞3気筒エンジンで140馬力。その車両で59秒前半を叩き出していたので、やはりコーナリングスピードで相当稼いでいたようです。

SBR_5443
それにしても幾らKEIHINなどが日立に統合されたとはいえ、やはり家電製品の印象が強いHITACHIのロゴでFCRキャブレターなどが展示されていると違和感しかないですね^^:




akane380 at 00:18|PermalinkComments(2)│ │イベント観戦 

2022年05月08日

SUPER GT Rd.2 Fuji Speedway

SBR_2448
何年越しかでやっと行ってきましたSUPER GT 第二戦 富士スピードウェイ♪

SBR_4126
ずっと生でNSX-GTの走る音を聴きたかったのですが、今年も含め例年この5月のGWの時期はJD-STERと日程が被っていたので時間が作れず、今回念願叶って初めての観戦でした^^

SBR_3829
そして実際に聴いたエキゾーストノートは自然吸気時代のF1のような官能的なサウンドではありませんでしたが、2.0L 直4ターボでも直噴だと考えが変わってこんないい音が出るんだ!とそれはそれでいい音で走っていました^^

SBR_2892
唯一残念だったのは、いつか実車を生で見たかったGT500クラスで一番好きだったカラーリングのTEAM KUNIMITSUのRAYBRIG NSX-GTがRAYBRIGブランドの消滅と共にSTANLEY NSX-GTに変更となり、

SBR_4351
次いで好きだったKEIHIN NSX-GTがKEIHINが日立に吸収されたことでAstemo NSX-GTになっていたり。。。

カラーリングで面白いなぁ・・と思ったのは、
SBR_4490
こちらはファミリーカーをメインに扱う本田技研がサポートするModulo Nakajima Racing の Modulo NSX-GT で、

SBR_4154
こちらはレース屋の無限がサポートするTEAM Red Bull MUGEN : Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT。
どちらもベースの形状が同じNSX-GTなのに企業色でこうまで印象が変わるんだなぁ・・と

SBR_3013
参戦するクラスやスポンサーの規模によって数も変わってしまうので仕方がないのですが、スバルのこの走り屋チックなスポンサーステッカーだらけな仕様も個人的には好きです。

SBR_3983
そして今回もう一つの楽しみだった新しい日産のZは個人的にGTRよりもカッコ良いのではないかと。

SBR_2807
そして日産=IMPUL=カルソニックのイメージですが、マレリの経営危機で騒がれたカルソニックカラーもまだ健在で、当日は一番いい音を奏でて走っていました^^

SBR_4343
音でいうとLEON RACINGのメルセデスAMG GT3の6.3L 自然吸気V8エンジンのスロー走行時のドロドロとした排気音も見た目以上に悪そうでカッコ良かったです。

SBR_4670
そしてレースの内容は100周で争われる予定が度重なる大きなクラッシュからの2度に渡る赤旗中断で62周目に最大延長時間を迎えてまさかのペースカー先導のままレース終了という大波乱な展開で、チェッカーが振られたタイミングで先頭争いをしていたトヨタチームにペナルティが複数発表されて結果的に誰が優勝したのか直ぐに分からない前代未聞な展開でしたが、帰宅して結果を確認すると優勝していたのは3位を走っていたARTA NSX-GTだったようですが、何だか正直あまり喜べず。。。

SBR_4668
強いホンダを期待している身からすると、今回のレースではライバルチームに比べて今一歩といった印象は否めず、

SBR_4535
ダンロップを履いている2台はタイヤがダメとの話を聞きますが、今回のようにチームメイトのホンダ同士で中下団争いをするのではなく、熾烈なトップ争いをする強いホンダが見たいんですよねぇ・・・。

SBR_2461
ちなみにピットには先日亡くなられた国光さんのメモリアルコーナーが設けられていて、個人的に一番好きだったRAYBRIG NSX-GTも飾られていて嬉しい一方で悲しい気持ちでしたが、脈々と続くレース屋ホンダの今後に期待します!




akane380 at 04:16|PermalinkComments(2)│ │イベント観戦