2021年03月11日

【 防災 】 Jackery1000ポータブル電源

SBR_4461
東日本大震災から10年という事で、レースの時に現場で電源が使えるように、尚且つ非常時の電源として使えるようにと容量の大きなポータブル電源を購入してみました。
10年前の震災当時はコンビニやスーパーから物が無くなって、計画停電が始まるなんて話が出た頃には懐中電灯以前に電池すら何処も売り切れ状態で、近所の100円均一に行って天ぷら油と凝固剤とタコ糸を買って来てセコセコと家で周りに配る分もローソクを作って夜の明かりを確保しましたが、結果的に近所の石油工場が爆発した関係で被災地扱いとなって自分の住む地域だけ計画停電は行われなかったなんて思い出がありまして、不自由を強いられた時に出来るだけ不自由をしないようにと・・・、今回初めてこの手の商品を購入してみました。
ちなみに実家に発電機も有るのですが、震災時など販売規制で燃料の入手が困難な状況の中で、移動手段の車やバイクよりも発電機に燃料を取られてしまうのは正直辛く、結果的に燃料を必要とする発電機も燃料が手に入らなければただのガラクタになってしまうという危機感から、ソーラー充電が可能な今回のポータブル電源の購入となりました。

※ 今回の記事ですが、決してこちらのJackeryという商品が良いのでお勧めです!という話ではありませんのでご注意ください。


iphone_IMG_5361
前回のセントラルでのレース時に、「今後は電源が必要ですね。」というV-MAX1200のオーナーさんとの話の流れから、自分の方でJackeryというポータブル電源を買おうか考えていますというやり取りの数日後に・・・

iphone_IMG_5362
まさかの太っ腹ご購入のご連絡を頂きまして^^:、ソーラーパネルを今後購入される予定のV-MAX1200のオーナーさんにソーラーパネルを実際に使ってみたらこんな感じでした!と伝えるレビュー記事となっておりますので、万が一にも同じようなポータブル電源を購入しようと思われた方は「ポータブル電源 大容量 比較」などで検索をしてしっかり用途に合わせた物を吟味してご購入ください。

SBR_4462
上でも書きましたが、今回ご紹介していますこちらのJackery1000という製品が果たして良い製品なのかは家電に疎い自分には分かりません。
比較サイトなどを見ると更に大容量な物なども沢山ありますが、とりあえずこちらのJackeryという製品はJVCケンウッドにもOEM供給をしているようなので、その点で信頼性があるのかな?位の考えで購入したレベルですので、性能が〜とかは本当に分かりません。
そんな安易な考えに賛同して一緒に高い買い物をさせてしまったオーナーさん本当にすいませんw

SBR_4479
で、肝心なソーラー充電ですが、メーカー側の公表では1枚のソーラー充電で満充電に掛かる時間は約17時間という事で、それなら2枚有れば半分の時間で満充電が出来るのか?という疑問を実際に実験してみました。

SBR_4483
本当は8:00からスタートして16時までの8時間でテストをする予定が、ソーラーを並列で繋ぐコードをガレージに忘れてきてしまい、10時スタートになってしまいました。

SBR_4822
先日は雲も無く良い天気でしたが、ソーラーパネル1枚の時の発電量が60w 台で2枚で115w 平均だったので、やはり単純に半分の時間で充電可能と考えて良いのかな?と。

SBR_4826
で、3時間過ぎた時点で30%充電が増えていたので、2枚並列でソーラー充電を運用する際には単純に1時間で10%くらいの認識でも良いのかな?と。

SBR_4827
ちなみにさらに少し時間が経った頃に急に充電電圧が下がったので、何でだろ?と思ったら・・・、

SBR_4828
ソーラーパネルにこの程度の影が掛かっただけで一枚分の機能が失われてしまうようです。

SBR_4836
で、最終的に影を避けながらパネルを移動させて16時までの6時間で50%増って、それじゃ計算が合わないぞ・・・と思ったのですが、今の時期では昼過ぎには西日となってしまうので、最後の方では発電量がだんだん落ちてしまっていたのかもしれません。
ただ、これだけ充電が出来れば数年前の台風の時のように、万が一長期的な停電が発生しても地域の充電ステーションとしてタコ足配線でもすれば、スマホや充電式のライトなどであれば相当数の充電は出来ると思いますし、コンパクトなので被災地域で必要性があれば貸す事も可能ですので、とりあえず役には立ってくれそうです。

SBR_4845
そして前回のセントラル遠征も0泊3日という強硬策で、その間に食べたものはおにぎり2つとお弁当1個という毎度のパターンに終止符を打つべく、我々の最大の目的である「レースの時にカップラーメンを食う!」を果たす為に、いざケトルを準備。
レビューではティファールの1300wケトルが使えたという人も居れば、使えなかったという人も居て、どっちが本当なんだ⁉ と。
結果、1300w ケトルは安全装置が働いて電源が落ちて使えませんでしたw
とりあえず1000wくらいのケトル買っときます。

SBR_4849
ちなみにこちらの商品、家庭用電源から充電をしますと約7.5時間で満充電が行えます。
平穏な日常と家庭用電源の有難みを再認識できる商品でした。




akane380 at 21:07│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by 砂粒   2021年03月12日 09:42
60Hz固定なのが唯一のネックですかね?
周波数なんて最近は気にもしてなかったのですが、
〜周波数専用と言う機器には要注意ですね。
コレは良い品ですよ!
ありがとうございます!
2. Posted by Gabu   2021年03月13日 02:07
>砂粒さん

お疲れ様です^^

この手の商品は全て60Hzなようですね。
以前に小さなソーラーパネルが付いたランタンを非常用に購入して、一日充電して5分で電池が切れて自分も一緒にキレてゴミ箱にダンクした経験があったのですが、とりあえず今回のは実用性があるようで安心しました^^

保険と一緒で安心感がだいぶ違う気がしますので、自分も買って良かったと思いました^^

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔