2021年06月05日

FCRキャブレターのご先祖様救済

SBR_5056
こちらの画像は少し前にもアップさせて頂きました製作前のビフォーと、

SBR_6691
アフターの画像ですが、

SBR_6705
一機だけ見た目が変わっていないこちらのFCRキャブレターはオーバーホールのご依頼で入庫した個体で、


SBR_4899
加速ポンプのリンクレバーがデュアルで装備され、

SBR_4902
加速ポンプの噴出量をジェットの変更で調整出来るという非常に個性的な仕様をしているこちらのFCRキャブレターは、Kawasakiから25年前に発売されたZX-7RRに純正採用されたFCRキャブレター(FVKD41)となります。

SBR_7091
このZX-7RRで採用されたFCRキャブレターが改良されて現在の汎用FCRキャブレターへと進化していったはず(自信なし)ですが、当時はTPS的な開度センサーに単純なマイクロスイッチ(ON / OFF機能のみ)を採用していたり、現行のFCRキャブレターと寸法の違う箇所なども多々あり、普段作業をしているFCRキャブレターとの違いなどを探しながら興味津々に作業を行わせていただきましたが、微妙に寸法の違う部品の調達などで若干手こずってしまいました。

SBR_4896
そしてこちらのFCRキャブレターは今回ご依頼いただく前に、8耐などにも参戦している有名なショップさんで一度オーバーホールをして頂いたそうで、その作業から戻ってきたらアイドリングが不安定で元の状態より更に調子が悪くなってしまったとの事で、今回はセカンドオピニオン的な形で気になる症状などの話を聞いた上で、そのショップさんでの作業時に非分解部分のOリングを痛めつけた事が原因と踏んで、下記の方法にて非分解部分の状態を確認する作業からスタートとなりました。



非分解部分のOリングの確認方法は下記の動画で紹介をしています。
    ⇓             ⇓
     


SBR_5071
そしてチェックの結果、やはり非分解部分のOリングがダメになってしまっている事が確認出来たので、現状を動画にてオーナーさんに伝えた上で、改めて非分解部分の分解を行わせて頂きましたが、やはり前回のオーバーホール時に市販のキャブクリーナーなどを使用してしまった事で、逝きかけていた非分解部分のOリングにとどめを刺してシール性を失ってしまった事が不調の原因でした。

オリジナルOリングセット
という事で、貴重なZX-7RRの純正FCRキャブレターを救うべく、オリジナル製作してラインナップしている高耐久なOリングキットを投入して復活をさせますが、


SBR_6070
細かな作業内容は下記URLにて細かく紹介をさせていただいておりますので今回は端折ります。





SBR_6088
25年前に生産されたキャブレターを綺麗に復活させるべくウェットブラストなどを使用して綺麗に整えて、

SBR_7105
消耗部品などを交換して組み付けたらFCRキャブレターのご先祖様の復活です♪
組み付け後に新品のキャブレターと並べてみましたが、25年前の当時と遜色ないレベルで仕上げる事が出来たのではないかと思います^^

SBR_7069
そして納品からしばらくしてオーナー様よりご連絡を頂き、元々気になっていた部分や調子が悪くなった部分なども含めて全て快調に気持ちのいい乗り味になったとの事で、貴重なZX-7RRを蘇らせる事が出来て一安心すると共に、貴重な体験をさせて頂き誠に有難うございました^^





この記事へのコメント

1. Posted by 砂粒   2021年06月05日 12:39
料理番組の様に、コチラが完成ですw
Oリングの形が違うのですね。
GABUさんのガブちゃんが気になってます。
2. Posted by Gabu   2021年06月06日 05:11
>砂粒さん

お疲れ様です^^
まさに今、帰宅して深夜の通販番組を見てボーっとしています(笑)
以前に動物病院の先生に言われた言葉を思い出しました、動物は人間と違って辛い状況でもネガティブな感情は持たない強い生き物だと。
なので自分もネガティブな考えは持たずに、ガブがこれからも幸せに暮らせるようサポートして行きたいと思います^^

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔