2021年12月13日

FCRキャブレター 非分解部分のネジを取るコツ

SBR_7041
FCRキャブレターの非分解部分のOリングをご購入頂いたオーナー様から非分解部分のネジを舐めてしまったとたまーにSOSのご連絡を頂くのですが、極力ネジを舐めるリスクを減らして安心して取るコツをご紹介しておきます。

SBR_7047
自分は普段塗装で使用するシンナーを使っていますが、一般の方はシンナーなど持ち合わせていないと思いますので、今回は一般の方でも入手がし易い代用物として、近所のダイソーで除光液を購入し、壁に刺さっていた画鋲を使ってご説明します。
※ アセトンを主成分とした除光液の場合には引火性が高いので火気にご注意下さい。

SBR_7048
で、非分解部分のネジには ” ここは分解するなよ! ” とメーカーがネジ穴に栓をしているのですが、ここのネジを舐める原因はこの黄色い栓(塗料?)をしっかり取り除いていない事で工具がしっかり入らずに舐めてしまうケースが殆どだと思われます。

SBR_7050
という事で、この黄色い栓を取り除きますが、先ずは画鋲で大まかに取れる部分の栓をカリカリ引っ掻いて取り除きます。

SBR_7051
大体こんな感じでOKです。

SBR_7054
そうしたら除光液を爪楊枝に付けて、

SBR_7055
爪楊枝に付けた除光液を先ほどのネジの穴にちょんちょんと移します。
※ 誰でも用意できる簡易的な物として爪楊枝を使っているだけですので、スポイトや綿棒などもっと使いやすい物があればそれをご使用ください。

SBR_7056
何往復か爪楊枝を行き来させてネジの穴に除光液を満たしたら1分ほど放置をして、

SBR_7058
黄色い栓が柔らかく溶けたら画鋲でカリカリして穴を綺麗にします。

SBR_7059
こんな感じになりましたが、この小さな固形で残っている黄色いダストが工具との摩擦を邪魔してニュルっと舐める原因ですので、

SBR_7062
もう一度、穴の中を除光液で満たします。

SBR_7063
そしてまた1分ほど経ったら除光液を満たした状態のまま六角レンチを差し込んでグリグリと押し込み残っていたダストを潰してネジと六角レンチをしっかり嚙み合わせます。
※ 六角レンチを刺した際に除光液がプシュっと飛びますのでご注意下さい。

SBR_7031
しっかり六角レンチが嚙み合っていれば画像のように持ち上げてもネジの差し込み部分から六角が抜ける事はありません(もし簡単に抜けてしまう場合には黄色い栓の除去がしっかり行えていないか、六角レンチの摩耗が考えられますので、そのままネジを回すと舐めるリスクがあります)ので、このガッチリ食いついた状態で反時計回りにネジを回せば・・・、

SBR_7066
問題無く取り外せると思います。
非分解部分の分解で一番緊張するポイントがこのネジの取り外しですので、じっくりゆっくりと作業を行って、精度の高い作業を行ってください。


その他の非分解部分の一連の作業手順は下記URLにてご紹介しております。

FCRキャブ 非分解箇所+加速ポンプ オーバーホール手順
http://secretbase-racing.com/archives/2020-04-21.html





この記事へのコメント

1. Posted by 砂粒   2021年12月13日 08:37
ネジ穴で、ツルっと回り外れないと冷や汗出ます。
場所によっては、ネジザウルスも使えませんし。
今回も、丁寧な内容だw
2. Posted by matu   2021年12月13日 10:06
自分もここのネジを外す時は緊張しましたね 

キャブ4個 シンドかったなー
3. Posted by Gabu   2021年12月14日 03:15
>砂粒さん

お疲れ様です^^
ここだけの話ですが、ネジザウルスの噂を聞いて買ってみた物の、あれでネジを外せた事が一度もありません(笑)
やはりバイスプライヤーが最強です^^
4. Posted by Gabu   2021年12月14日 03:18
>matuさん

コメントを頂きまして誠に有難うございます。

舐めたら取り難い場所と分かっている分、緊張しますよね。
自分も初めの頃は何度も舐めて、その都度心の中で無事に取れる事を祈りながらリューターで削り落としてました^^:

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔