2022年03月28日

人と違ってなんぼな性分

SBR_7426
前回の記事で三者三様のキャブレター製作の内容を紹介させて頂きましたが、その作業と入れ違いで・・・、

SBR_7542
今回はこちらのAE86に搭載されている4AGに取り付けるFCRキャブレターの製作をご依頼いただきました。

SBR_6296
今回ご依頼をいただいたのは以前にもAE86に搭載された4AG用のFCRキャブレターを製作させていただいたイナズマワークスの池田さんからのご依頼で、

weboption
weboption.
最近の池田さんの作品ではV8を積んだ拘り満載のAE86(https://motor-fan.jp/weboption/article/15220/01_ad4i0355/)も話題になるなど、池田さんはShow car制作のスペシャリストですが、今回ご依頼を頂いた際の希望色は「赤」で、果たしてどんな仕上がりになるのか作業前から楽しみで仕方なかったです^^

SBR_7566
という事で作業開始ですが、以前にも書きましたが、4輪で使用されていたFCRキャブレターはエンジンからの熱害がバイクの比ではないようで、今のところ非分解部分のOリングが生きていた個体は見た事がないくらいに全て遣られてしまっています。

SBR_7807
なので、例によって今回も非分解部分まで分解してOリングを交換しますが、うちのオリジナル製作した非分解箇所用のOリングは熱にも強いフッ素ゴムで製作していますので、当面非分解部分のトラブルは発生しないかと思います^^

で、今回は細かな作業内容は省略して一気に完成形のご紹介ですが、
SBR_7969
赤ベースにシルバーでこのような感じにド派手に製作させて頂きました♪

SBR_7964
SBR_7968
普段はやはり黒系でのご依頼が多いので久しぶりのド派手仕様の製作で楽しく作業をさせていただきましたが、やはりショーカスタムなどで人を惹きつけるマシンを作る人の感性は違うなと、このド派手な仕様をオーダーしてくださった池田さんは本当に凄いなと感じました^^
車両の完成はまだまだ先になるのかもしれませんが、イナズマワークスさんの作る新たな車両の完成が今から楽しみです♪

SBR_7808
そしてイナズマワークスさんのFCRキャブレターと同時進行で制作を進めさせて頂いた存在自体が個性的なKZ1300用の直6FCRキャブレターですが、

SBR_7823
エンジンの排気量が1300佞任1気筒辺りの排気量が小さいのでスモールキャブレターベースで作られているのが非常に可愛い個体です。

SBR_7853
そして全分解からのオーダー仕様にて細かく1点ずつセラコート処理をして、

SBR_8153
組み上げ後にオーバーフローと加速ポンプのチェックを行なったら・・・

SBR_8033
真っ黒が逆に個性的なKZ1300用6連FCRキャブレターの完成です^^

SBR_7978
SBR_7988
SBR_8093
今回も全てセラコート処理で仕上げさせて頂きましたが、やはり6発は迫力が有って良いですね^^


SBR_8014
という事で、2つの個性的なキャブレターが完成しました♪
この度はFCR製作のご依頼を頂きまして誠にありがとう御座いました^^



話のついでに過去いちド派手なFCRキャブレターのご紹介も・・・



過去いちド派手な仕様はこちらのSR20DE用のFCRキャブレターですが、
SBR_3059
SBR_3052
SBR_3067
SBR_3076
組み付けの際に目が痛くなったのを未だに覚えているくらいド派手でした^^

ちなみに以前までは迷彩色がメインだったセラコートもここ最近外資系のブランドなどとの絡みで派手な色も多くリリースしていますので、
hunter-orange-h-128lollypop-purple-c-163
parakeet-green-h-331prison-pink-h-141
車両に合わせて周りと一味違ったド派手な仕様をチャレンジしたい方は製作依頼を楽しみにお待ちしております^^

こちらも以前に紹介したかどうか忘れてしまいましたが、派手仕様ということで、
SBR_0582
SBR_0795
SBR_0802
SBR_0816
SBR_0824
ヨシムラFCR-MJNベースで製作させて頂いた、たぶん世界で一番派手なヨシムラFCR-MJNですが、個性を出す事って楽しいですよね^^

SBR_1438
昨日同オーナー様からヨシムラ製のオイルクーラーガードのセラコート処理もご依頼いただきまして、車両の派手渋なヨシムラ化がより一層進んでおられるようです^^

ただ、周りと一緒じゃないと不安なんて方も世の中には居るので個性個性言ってんじゃねーよ!って話ですが、ちなみに自分の12Rのスロットルボディも個性を出しておりまして、
My ZX12R
My ZX12R.
以前にも紹介しておりますが、絶対に他人と被らない金ピカ仕様となっておりますw
誰もやらない事を創意工夫してやるのが楽しい性分なもので・・・。

SBR_1325
誰もやらない事。

SBR_1520
やっちゃう的なw
というか、個性を追い求めていたらKLX製作でやらかしてしまったので、次回はその辺を書こうと思います。。。



この記事へのコメント

1. Posted by エンドルフィン   2022年03月28日 08:43
お疲れ様です!自分、派手好きなのでどれもイイです。ロゴのグラデーションは特に!!これカッコイイです!!!
2. Posted by Gabu   2022年03月29日 01:44
>エンドルフィンさん

お疲れ様です^^
ありがとう御座います!
カスタムは人それぞれ好みが有りますが、やはり目立ってなんぼですよね(笑)
3. Posted by 砂粒   2022年03月30日 23:48
6連、迫力がありますね!
吸気音も派手になりそうで、一度聞いてみたいですね。
4. Posted by Gabu   2022年03月31日 04:04
>砂粒さん

お疲れ様です^^
V型もV8よりもV12の方がカッコイイですよね。
空冷のCBX1000の音と水冷のKZ1300では、やはり水冷の方が音が低いのかもしれませんね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔