2022年05月17日

テイスト・オブ・ツクバ

SBR_5863
先週のSUPER GTに続き、先日は茨城県の筑波サーキットで行われたテイスト・オブ・ツクバの観戦に行ってきました。 今回の目的はコーイチさんの新調したNewエンジンの仕上がり具合の様子と、

SBR_4943
今回TMRキャブレターのオーバーホール作業のメニュー化に際して検証した中で発生した気掛かりな点に関して、自分の考えで合っているのかを直接ミクニさんの出店ブースに伺って開発者の方に質問をぶつけて答えを得ようという目的でブースの方にお邪魔をしてきたのですが、個人的にTMRの気になっていた点は自分の考えで合っていたようなので、たぶん、TMRのVシールの異常判定がやり易くなった気がしますが、先ずは実際に試してから・・と言う事で、とりあえずこれで問題無く前回募集をしたモニター様のキャブレターを整備する準備が整いましたので、お待ち頂いているモニターのオーナー様には順にご連絡をさせて頂きますのでもう少々お待ちください。

SBR_5902
レースの方はコーイチさんはエンジンのトラブルにより残念ながらDNFとなりましたが、仕様を変えたNewエンジンだといろいろトラブルも出るので・・・とは言いつつ、先ほど早速分解したエンジンの画像を見せて頂いたらハードな状況でしたが・・・次に期待します!

SBR_5465
そして今回会場で面白いマシンを見つけました。
GSX1300R隼のエンジンをオリジナルフレームに搭載したこちらのマシンですが、最近米国の方で隼用のパイプフレームが売られているので、てっきりそれを使用しているのかと思ったのですが、なんとワンオフで製作された一品物のようで、

SBR_5891
予選、決勝ともに58秒中盤でコンスタントに周回を重ねられていて完成度は非常に高いようです。
この手のハイパワーな新型E/g +オリジナルフレーム車両が増えて新しいクラスが新設されたらそれはそれで面白そうですね。

SBR_6048
それでも今回、このようなモンスター仕様に・・・

SBR_5979
ZRXとZ1000の両ライダーさんが必死に喰らい付いて熱いバトルを展開していたので、コーイチさんがDNFしてしまった後も十分楽しませていただきました^^

SBR_5282
ちなみにこちらのZRXのライダーさんはコーナー出口付近からの挙動が毎回不安定というか、他の方に比べて大きくスライドさせながら曲がっているように見えて滅茶苦茶アグレッシブなのですが、こうして画像で見ると結構カウンターを当てながら旋回しているようで凄い技術力だなぁ・・と。

SBR_5181
あとは当日一番早くコーナーを駆け抜けていった印象のこちらのMVアグスタのライダーさんですが、BRUTALE800RRという車両らしく、エンジンがノーマルのままなら排気量800佞3気筒エンジンで140馬力。その車両で59秒前半を叩き出していたので、やはりコーナリングスピードで相当稼いでいたようです。

SBR_5443
それにしても幾らKEIHINなどが日立に統合されたとはいえ、やはり家電製品の印象が強いHITACHIのロゴでFCRキャブレターなどが展示されていると違和感しかないですね^^:




akane380 at 00:18│Comments(2)│ │イベント観戦 

この記事へのコメント

1. Posted by 砂粒   2022年05月17日 09:27
将来、まだ内燃機関だったとして「KEIHIN」が通じなくなる可能性が出てきたのですね。
コーイチさん、エンジン壊れてしまったのですか•••
2. Posted by Gabu   2022年05月18日 01:38
>砂粒さん

お疲れ様です^^
多分ですが、ポケベル?ナニそれ?状態で、キャブレター?ナニそれ?とキャブレター自体が通用しないと思われます^^:

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔