2008年11月28日

BUSA仕様製作開始

前回少しだけお披露目したZX12R-BUSA仕様の年内完成にまた一歩近づけるため、空いてる時間を利用して前回作業した方の反対側をベースに作業の続きを少しだけ進めてみました。また今回は既に反対側が完成しているので本来ならその形状を反転し転写して複製してしまえば良いのですが、それでは紹介する意味が無いのできちんと各部の寸法を測って一から製作していきます。

IMG_0251
とりあえずこちらが作業前の無加工状態の12Rのサイドと隼のアッパーを取り付けた状態です。
今回はアッパーカウルステーのネジ部分が12Rと隼では当然合わないので後々作り直す事を前提に予めカットしてしまったのですが、今考えてみたら12Rのカウルステー取り付け位置に合うよう隼のアッパー側の留め位置を作り直す計画にすれば完全ボルトオン形状で良かったかも知れませんね。。。

IMG_0280
そんな訳で早速作業開始ですが、まずは現状の12Rのサイド〜隼アッパーに繋ぐ為の空白部分を作るべく各部の寸法を測っていくのですが、今回は前回製作した反対側を一度取り外し、フリーな状態で一から作るのと同じ感覚で説明するので夜間の走行でライトがあさっての方向を照らさないよう基準となるセンターの位置決めから始めます。
位置決めは本来ならきちんとした計測でセンターを出した方が良いのですが、今回はそんなモノは御座いませんw よってトップブリッジのステムナットとカウルステーの取り付け部分、タンクキャップの3点が正面から見た時に交わる位置をセンターと仮定し、多少の誤差はヘッドライト側の光軸調整で微調整する方向でセンターを出したらそこからハンドルとカウルが干渉せず、見た目も悪くなく、尚且つアッパーとサイドカウルの端のラインが繋がる位置を探し出し、位置が決定したらその形状が崩れないように画像のような適当な棒などで仮留めを行います。
また、今回の12Rはサイドカウル〜アッパーに繋がる部分の形状が左右で同じ位置形状なので、今回左右でキッチリ同じ寸法のモノを作ってあげればカウルが傾げる事はないのでその部分の向きはこの段階では意識しなくても良さそうです。

IMG_0270
ここまでの位置決めはかなり完成度に影響を与える部分なのでじっくり納得するまで微調整を繰り返しますが、この位置決めさえ済んでしまえばあとの作業は簡単で、先ほどの位置決めを行った状態で画像のA・B・Cの各寸法を測り・・・

IMG_0292h
その寸法をカウル側にマジックなどで書き込みます。
今回は12R側の繋がり部分が比較的ストレートなことと隼のサイドカウルとの繋ぎ目部分をパテ埋めして最終的には綺麗に整形するので、この時点では画像のように寸法で出た4.5cm(A)の位置を2箇所マークし、その2点が交わる部分で平行にラインを引き、そのラインのカウル上側(画像左側)からBの寸法の33cm位置にマークし、C側のカウル下側先端から17.5cmの距離で先ほどの33cmマーク部分と重なる位置でラインを引きます。ここの寸法がぴったり合わないとどこかで誤差がありますので再計測してチェックします。また画像では×印で訂正してありますが、真面目に新規で制作する勢いで黙々と作業していたところ、さぁ切るぞ!という時点で「あれ?」と。考えてみたら今回反対側は既に完成しているので本当に新規の規格で作ると左右のバランスが微妙に合わずカウルがそっぽを向いてしまうため、左右のバランスを合わせなくてはマズイ!と急いで反対側を組んだ状態で再度寸法を取り直ししました^^;
※今回の記事は一から制作する場合として作業をしていますが、本来は片側が出来たら反対側は完成した方と同一の寸法にしないとカウルを取り付けた際に曲がったり歪んだりと面倒な事になりますので注意ですw というか、この寸法をそのまま左右で使えば自分と同じ形状ができますよww 

IMG_0293
そしてあとはラインに沿ってカットするだけですが、

IMG_0303
通常のサンダーなどを使用する場合は刃の厚みも寸法に入れておかないとライン上で切った場合、刃の厚み分若干寸法が狂います。
また今回下側(C側)のアッパーとの繋がりを考え、繋がり手前を少しだけ残して切り取りました。
そしてこれで下準備完成♪

IMG_0308
とりあえずアッパー側の2箇所をボルト留めして車体にセットし狂いがないかを確認して

IMG_0324
問題が無ければサイドカウル側にも穴を開けてネジ留めし遠目からの見た目や取り付けライン、各部変な場所が無いかを再度確認。

IMG_0326
あとは制作した両側を取り付ければ仕込みの完成です♪
この状態でも何となく色を塗って統一感を出せばそのままイケてしまうとは思うのですが、それでは芸もなく本当に単純過ぎるのでここからちょこまかと微調整をし、FRPで型を興して・・・と最終仕上げの為の長〜い道のりが始まりますw
果たして年内に完成させる時間があるのか? 有りそうで無さ気な今日この頃です。。。

akane380 at 02:26│Comments(4)TrackBack(0)│ │DRAG RACE 製作記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by S14まさ   2008年11月28日 22:36
5 バッチリ合ってますね^^さすがです!
この後FRPで作っていくのですか!?ここら辺も大変興味ありますね^^このネタ大好物です!!!
FRPで型取りして大量生産すれば一山当てられるかもしれませんよ(笑)
Gabuさんならキッチリと年内に完成させてくれるでしょうから?
このブログで得た知識を、冬休みの連休に活かしたいと思います!!!
体壊さない程度に頑張って報告お待ちしております(笑)

前回の記事の動画、色々見させていただいたのですが…
305キロを一般道で出す動画、あれはシビレました^^;
動画ですら手に汗にぎってしまったので、実際はヤバイんでしょうね(笑)
ジャンプ台からクッションに飛び込む動画は自分も理解できませんでした(笑)
2. Posted by Gabu   2008年11月29日 04:34
>S14まささん

という事はまささんの冬の連休予定は自分に懸かっているという事ですねww
プレッシャーに弱いのですが本番に強いタイプなので何とかやってみますw
まずはFRPの作業ですよねぇ・・・。
最近家の中の快適環境でぬくぬくと他のエンジンを組んでいるのでガレージでの寒さが嫌で嫌で・・・w
それは冗談としてもまずは型を作らなくてはならないんですよね。
大量生産しても多分在庫に塗れて倒れるだけです^^;
というか記事に制作寸法書いてありますしねww
とりあえず現状あっちもこっちもな状況で手が回らないので出来るところまでやってみます!
3. Posted by ベルボトム   2008年12月02日 05:26
すごいマシーンになりそうでわくわくしてきました!
あ!Gabuさんが近くに住んでいたら、あたしも実際見せてもらえるのになあ!
仕上がり楽しみですね。
早く続きがみたい!
4. Posted by Gabu   2008年12月02日 17:11
>ベルボトムさん

最近ガレージに来る人達からはこの12R−BUSAかなり大ウケしていますよw
自分はそちらのショップさんのデモ車両が見てみたいです。。。
年内に完成すれば年明けからペイントに入れるので、あと残り1ヶ月が勝負です^^;

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔