2009年02月18日

Nos専用ヘッド制作 〜続き編〜

すっかり記事にして既にアップ済みかと思いこんでいた例のNos噴射用のフォガーノズルの取り付け位置の決定とそれに伴う加工ですが、前回あれやこれやと悩んだ末になかなか理想的な取り付け位置が見つからず、どうしたものか?と行き詰まりそうになりましたが、どうにか解決策も見つかり作業は順調に進んでおります♪
そして今回のNos仕様ではいろいろ以前から思っていた事や試したかった事などを後々の為、試験的に取り入れて試していこうということで、取り付けに対しても幾つかの拘りがあったのですが、それは
・ノズルがポート内に突き出さない事
・出来るだけ効率よく燃焼室にガスを取り込むこと
・Jet 交換などセッティング変更がやり易いこと
・配管が無理な形状にならないこと
・他と違う発想を出来るだけ取り入れること
の以上5点+経費が掛からないことですw
そこである程度Nosの事を自分なりに調べた結果、理想的な考えがあったのでどうすればそれに近づくか?をエンジンと睨めっこしながら考え、案が出る⇒却下⇒案が出る⇒不可能っす。といった具合に考えた結果、多少妥協点がありますがどうにか考えを纏められたので、それを形にするべく別の実験も兼ねて材料片手に仲間の働く工場へ・・・。

IMG_0503
この仲間は溶接一筋十数年の職人で、普段から工場での聞き慣れない特殊合金などの溶接を担当しているだけあって以前のチタンマフラーや自分のレース用ステンマフラーの溶接など、毎回こちらの細かい要望どおりにきっちり仕上げてくれる職人魂を持った頼もしい存在です。
そして今回のヘッドはアルミの鋳物への溶接ということで、以前のチタンやステンに比べると完全に面倒な材質だったので、このヘッドの材質に合う溶棒探しからしてかなり苦労しましたが(その割には何だっていいんじゃね?と言ってましたがw)、今回のこの溶接が上手く付いてくれれば、後の可能性に広がるので仲間と実験がてらに作業を進めてみました。

IMG_0517IMG_0518
そして今回、溶接の熱でヘッドが歪むかな?・・・と心配していたところ、普通にヘッドが傷付かないようビニールの上に置いてそんな心配はいらん!とばかりに作業開始。
まずは溶接がきちんと付くかを実験して仲間からOK!が出たところで今回の最終形状を伝えて仲間が作業し、自分は工場の近くに居た猫と遊んでたら即席で角度を決める冶具を作って面出しまでやってくれてましたw
そして「本来こんなモン旋盤屋に出さねーとダメだろ」と言いながらもさっさとノズルの挿さる位置決めをして、このボール盤癖があるんだよなぁ・・などと言いながら最後の穴あけまでしてくれる何とも職人気質なプロ根性を持った仲間で御座いますw

IMG_0913IMG_0914
そんなこんなで、仲間に溶接で肉盛りをしてもらった部分をガレージに帰ってからリューターでサッと整形して撮影用に仮で色をつけて完成♪ って今回の作業は何にもしないで殆ど仲間が片付けてくれました^^;
今回、当初の予定であった上から燃焼室手前のバルブ付近を狙って打ち込む計画はスペースの関係上断念しましたが、とりあえずポート内に露出せず各気筒を同条件にすることができたので良しとしました^^;
そして本来ならこのままフォガーノズル用のタップ(ネジ穴)を開けるのですが、このヘッドは一度このままポート研磨をしてポートが完成したらノズルの差込み量などを揃えて打ち込みします。

IMG_0915
と、言うことでヘッド制作がやっと進んできましたが、ヘッドといえばポート研磨ネタですが、ポート研磨のネタはそのヘッドが持つバルブ径やリフト量、ポート形状に仕様など、ある程度の相対的な制約があり、個人個人の考えも十人十色な部分で所詮裏づけの無い一個人の考えでここをこーしました的なネタも面白くないので今回は違った形として作業記録にしようかな?と、ちょうど部品取り用のジャンクヘッドを一個用意したので、一箇所だけ気になって既に試しに研磨していますが、別で新規に何となくなポート研磨の作業手順でも作ります^^;


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ヘミバード   2009年02月18日 12:48
こんな凄い溶接が出来る仲間がいて羨ましいです。

完成後の写真、黙っていればメーカーが最初からそういう形に作っていたかと思うほどですね^^

ポート研磨はあの入り組んだ所をどうやってあんなに綺麗にしてるのか知りたいです。
2. Posted by かわだ(▼_▼)   2009年02月18日 23:06
5 マネしたいなぁ
スゲー羨ましい仲間をお持ちですね

拙者も以前、貴方と同じ疑問を持ち、ノズルによる吸気抵抗についてmixiのどっかのNOSスレで質問した事がありましたが.......そんな小さな事は気にするなよ〜
みたいなレスが付きました。

今さらながら、気になる事には納得するまでこだわって装着すべきだったと後悔しています。
だってタイム伸び悩んでいるんだもの

各部の痛みが激しい老体85年式の愛機Vmaxは、現在OH中です。おそらく最後のOHとなると思います。

ポート研磨の仕上げ頑張ってください。
クラスが違ってしまいましたが
機会がありましたら
仙台でまたお手合わせお願いします

3. Posted by Gabu   2009年02月19日 01:55
>ヘミバードさん

この溶接をしてくれた仲間も単車乗りなので、こちらの考えや理想なども納得してやってくれるので非常に予定に近い仕上がりに持って行ってくれます^^
でも「自分のマフラーもワンオフで作れば?」と言うと ”そんな面倒臭ぇ事したくねぇ”とやはり自分の物は適当になってしまうようですw
ポート研磨ですが、あの作業だけは集中力との勝負です^^; 
これから少し他の作業に入るので、少ししたらアップします^^


>かわだ(▼_▼) さん

お久しぶりです!
この溶接をしてくれたのは毎回レースに付き合ってサポートしてくれている中の一人でかわださんも見たことがある人物です^^
性能はこれからといった所なので結果が出てからの方が無難かもしれませんよw
また、今回の作業は個人的な考えなので ”あくまでも個人的”意見としてですが^^;、自分的にはポート内部の突起物が与える影響は燃焼室に近ければ近いほど吸入に対して悪影響が出ると考えましたので、ノズルは出さない方向で取り付けを考えました。
ただ、V-Max+FCR+90度ノズルであれば、またまた個人的な考えですが、思いっきり良い角度のダンドラですしファンネル上部の4箇所中央から左右2列外向きに振り分ける形で配置して噴射してあげてもバランスは良いのでは?と思いますが所詮は個人的な考ですので・・・^^;
最後のO/hとの事ですが、自分が初参戦した時に本戦でかわださんに負けてますし、まだまだ愛機V-Maxが現役バリバリで年式に負けず出来るだけ良いタイムが出ることを祈ってます!^^
今年もETクラスでバトれると良いですね♪
自分も目標目指して頑張ります^^
4. Posted by S14まさ   2009年02月19日 21:11
5 すごい…
アルミの溶接が自分も出来れば作業の幅もかなり広がりそうなのですが…
すごく頼りになるお仲間さんをお持ちで羨ましいです…
写真に写っているGabuさんのお仲間さんのメールアドレスと電話番号を…あ、なんでもありません(笑)

写真も大変カッコ良く撮れていて職人魂が伝わってくる迫力ある写真ですね^^
自分も撮ってもらいたいですね…かなりカッコよく撮ってくれそうなので(笑)

Newヘッドの取り付けが今から楽しみです!!
5. Posted by Gabu   2009年02月20日 01:22
>S14まささん

「写真に写っている仲間のメールアドレスと電話番号を」と書いてあったので一瞬個人情報が写っていたのかとヒヤリとしました^^;
やはりガレージに交直両用の溶接機が欲しいですよね^^
以前に思い切って溶接機を購入しようと思った時があるのですが、200Vを引っぱったりとコストが掛かるのでまた必要性が高くなってからにしようと諦めました。
ただ自分の場合は仲間内だけでも4人も溶接工が居るので高価な機材を買うよりも今は頼んだ方が楽なんですよね。しかも中途半端なの買っても意味無ぇーぞと釘を刺されてますし・・・w
それ以前に自分はまず溶接の腕を磨かないといけないですね^^;

写真は数打てば当たるで、まだまだダメダメですよ・・・。
6. Posted by ベルボトム   2009年02月21日 05:22
すごいですね。
職人の技を越えてます。
あたし思いましたここらのバイク屋でこういう作業のできる人間どれだけいるんだろう・・・・

7. Posted by Gabu   2009年02月22日 02:08
>ベルボトムさん

自分等の周りは個々の人間がそれぞれの技術に誇りを持っているので団結した時には結構良い仕事します^^
でも皆、協調性に欠けてるので団結出来ないんですが・・・w
ベルボトムさんの住んでるCAと言っても面積が相当大きいとは思いますが、CAには世界のトップクラスのチューニングショップが多数点在しているハズですよ^^
もしかしたらベルボトムさんの近所にあるかも知れませんね^^

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔