2009年04月08日

酷使したM/Tの点検

前回バラしたエンジンパーツですが、現在部分ごとに作業を進めています。
そして今回のチェックはドラッグレースでかなり痛めつけたミッション部分の点検です。

IMG_1731
こちらが今回取り外した12Rのミッションですが、洗浄のために一度バラしたモノを撮影のために組んだので各ギア間のクリアランスがありませんが、12Rに限らずバイクのミッション構造は殆どがこのドグタイプを採用しています。仕組みは静止画では説明しずらいのですが、固定されているギアと誘導式のギアの組み合わせでその時々でのギア比の比率変化を発生させています。

IMG_1738
そんなこんなでまたシャフトから各ギアを取り外し異常がないか各部をチェックをします。
通常であればシャフト側は曲りや変形などそこまで異常をきたす事は無いので目視で確認し、組み上げ前にスプライン部分などの簡単なクリーニングを行い正常に動くようにする程度です。
今回自分はベアリングはそのまま再利用する予定ですが、動きなどに異常があれば新品に交換します。
と言いつつ交換しようか悩んでいるのですが、どうせなら次回セラミックタイプを入れたいんですよね^^:
そしてギアとギアの間に入っているワッシャーやブッシング類は磨耗している場合は交換しスナップリングは見た目が良くてもリサイクルせず全て新品に交換します。

IMG_1733IMG_1732
そしてミッション部分で主にチェックする所はというと、画像の各ギアが噛み合うドッグ部分の磨耗具合をチェックするのですが、自分の12Rは以前から全開で加速し4速から5速にシフトアップしたり5速全開状態からスロットルオフにした際に ”カラカラッカッカッカッカッ・・。”とギア抜けをしてニュートラル状態になり、毎回ガンッ!っと5速に叩き入れていたのでバラす前から結構磨耗しちゃってるんだろうな。と思いつつ乗っていましたが、早速気になっていたドグ部分(左画像)を見てみるとやはり角が潰れて丸くなり、画像右の受け側となるドッグ穴部分にもダメージの痕が見られ抜けやすい状態となっていますので、本来なら消耗部品は新品へと交換をしますが、正確で丁寧なシフトアップとは無縁なドラッグ走行を前提に考えると新品に交換しても当りが付く前に全開にしてはまたこうなるので、今回は対策加工で済ませます。
ちなみにこのギア凸凹部分のドッグ(ドグ)という名前の由来ですが、ギアとギアが噛み合う時の状態が犬が噛むさまに似ているからドッグと名づけられたそうで・・・自分猫好きなんですけどキャットはダメですか・・w

IMG_1748
そして上のギヤをシャフト上で右に左にと誘導してギアチェンジを行っているのが画像のシフトフォークですが、こちらもシフトフォーク先端の爪部分に結構な負担が掛かっていますので異常が無いかをしっかり点検します。
爪=猫・・・無いな。。。w

IMG_1740IMG_1743
シフトフォークは通常アウトプット側に2ヶ、ドライブ側に1ヶ付いていますが、それぞれ乗り方で変な当たりなどが付きますので、その辺りを観察して対処しますが、自分はよく6速走行時にもう一速シフトアップしようと何度もシフトをグ、グと無理に上げようとする癖があるのでシフトフォークにもその時に無理やり押されてシフトフォークの爪が偏磨耗しガタが増えてギアと接触した痕がしっかりと残っています。
とりあえずここは基準値を大幅に超えているので交換ですが、それでも基準値から3/10mmの磨耗と、ちょっとくらい良いじゃねーかと言えないシビアな部分です。
でもエンジン内部のクリアランスは殆どが1/100mm、レーサーに至っては1/1000mm単位なので3/10mmがどれだけ大きなガタかわかりますよね^^: 雑に組んだ時計は動いても徐々に時間が狂うと言うのと一緒で、エンジンも雑に組んでも回りますが、精工なほど良くなります。と言いたいけどそうでもないから面白いんですw
とは言っても耐久性を考えれば殆どダメですけど・・・w

IMG_1751
そして以前にR1-Zのシフトドラムを少しイジってみましたが、画像の12Rのシフトドラムの加工を始めたところ、材質が何なのか不明ですが、特殊な鋳物なのかステンレス用のドリルの刃でもなかなか刃がたたず、それでいて削りは楽と、表面よりも中が硬い変な材質でとにかく以前に予備のコンロッドを試しに削った時同様、通常よりも硬い材質でかなり手こずってます。というか、殆ど洒落で軽量加工してますがw、通常ここはシフトドラムのフォークピンが通るドラム溝を若干の強度は低下しますが、動きを良くする為に表面の肌を純正のザラっとした状態からサラッとした状態にクリーニングしフォークピン側も綺麗に磨いておきます。
そして手こずるといえば、前半に投入予定だった秘密兵器は失敗しました。。。
途中までは良かったのですが、最後の最後で企画ボツと今年は密かにNOS無しでもタイムを狙おうとしていたので、かなりショックです^^:
ちなみにボツったので何を作っていてのか明かしますが、今回は対策として12Rの弱点というか、自分的に気に入らなかったパンチの無いモッサリとした加速(ギア比)をある車種を見習って9000回転前後維持でいけるよう、ミッションをオリジナルでクロスミッション化にしてパワーを上げずに瞬発力を・・・と他車種流用で製作したのですが、最終的に数mm分センターが狂いケースに収まらずで対策を練る時間がもう無いので、また機会があったら考えてみます^^:
空気抵抗などを考慮していませんが、計算上だと400m通過時に5速11000rpm/257kmなので去年のゴールライン1/4通過時よりも終速が20km近く上がりNAでも良い感じになる予定だったのでガッカリです。
まぁ単純にパワーがそこまで乗ってくるのか?とかいろいろそれに合わせた考えがあったのですが、とりあえず小ざかしいネタ満載でいろいろやってますw やはりパワーを上げてブン回さないとダメですかね^^:
とりあえずミッションに割り当てた予算4万円分が他に使えるのでラッキーと前向きに考えます^^
ちなみに今回ミッション制作に伴い主力候補のギア比なども複数調べてみたところ、下記のデータからZX14の開発者の秘密が分かりました。 

                   インプット+アウトプットでの総ギアコマ数

                      ZX-14              ZX-12
                   1速 17/42=59           14/34=48
                   2速 19/37=56           20/31=51
                   3速 22/34=56           25/36=61
                   4速 24/32=56            24/30=54
                   5速 26/30=56           23/26=49
                   6速 28/29=57           30/31=61

       この結果からみて設計した方は多分A型ではないかと・・・。ってそこじゃないですねww
                       ほんと、バカですいませんw
          ※上記データは通常の仕様とシャフト仕様のGTRとではギア比が異なります。
                    
              それにしても今年は目標に対して苦戦を強いられそうです。

akane380 at 03:56│Comments(4)TrackBack(0)│ │DRAG RACE 製作記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by S14まさ   2009年04月08日 22:39
5 シフトドラムすごいですね^^
写真をパッと見たときスワロフスキーを貼ったのかと思いました^^;
恥ずかしながら、自分は基本的にMTミッションはバラしたら組めなくなる人間です(泣)

質問なんですけど…
レスポンスアップのためにレース当日はエンジンオイルを極力少なくしたりするっていう事あるんですか?
自分は全くの無知なので教えてもらいたいです^^

秘密兵器の製作は完了していたのですか…
導入が出来なくて非常に悔しいですね^^;
他車種流用で製作した時点でスゴイと思います!!
2. Posted by Gabu   2009年04月09日 06:13
>S14まささん

シフトドラムはシルバーアクセを意識した殆ど洒落の領域です^^:
肉抜きしても穴を貫通させていない所にはオイルが溜まるので重量がほんの少し増えますが、逆にそこが狙いなのですが上手く働くかどうか^^:

質問のオイル量ですが、ひとえには言い切れませんが殆ど無いと思います・・・。
オイル量を減らしてクランクの抵抗などを減らしてもオイルポンプなどのロスは変わりませんし、通常はオイルを軟らかいモノへ交換するなどの対策になるのでは?と思います。チューニングされたエンジンであればその辺の事も考慮されているハズですしリスクがありますので^^:
逆にドライサンプやオイルポンプなどを電動外付けにしたりオイルパンやストレーナーを改造して新規なオイルラインを構築した場合は話が別です^^

それにしても秘密兵器失敗は痛かったですね^^:
ケースに無理やり入れれば入るのですが、当たりが強すぎてケースが割れそうですw というか、動きませんでした・・・。
以前にNSR50でもクロスを作っていたので今回もイケるかな?と思っていたのですが、一つ一つの部品が高くて一つ一つ試せなかったのが痛かったです^^: やはりヤマハとカワサキでは相性が悪かったですw
とりあえず別の対策を考えます^^
3. Posted by ヘミバード   2009年04月10日 23:30
自分もハーレーでしょっちゅう5速(5速ミッションです)からシフトアップをやってしまいます。

ギヤ抜けするのもこんな風にドッグという部品が磨耗してるからなんですね:;
新車の時は正確なシフトをした方が後々ギヤ抜けがしにくくなるというのは、こんなことが中でおきてるからなんですか^^;

自分も「キャット」のがいいです^^
4. Posted by Gabu   2009年04月11日 09:50
>ヘミバードさん

以前にどなたかの本でミッションの慣らしは育てるように優しくとありましたが、ミッションはシフトした際にドグクラッチに結構な負担が掛かりますので初期段階で変な当りが付くと引きずってしまうのかもしれませんね^^:
今回バラした12Rの画像のミッションも5つあるドグクラッチ(凸部分)のうち4つは凹にしっかり噛んでくれていますが、1つだけクリアランスが微妙にあり、その辺りも影響して抜けやすくなっていたのだと思います。。。
やっぱり猫ですよねw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔