JD-STER DRAG 参戦記

2021年05月06日

V-MAX1200 9秒チャレンジ 何度目の正直?

SBR_7839
先日、茨城県の日本自動車研究所 城里テストセンターで開催されたJD-STERにて、以前から行っているV-MAX1200 9秒チャレンジの続きを行ってきました。

_F2A1920
この時期にこんな事を書くのもアレですが、関東での開催という事もあって、前日の練習走行からかなりの数の参加台数があり、

SBR_7751
立地も環境も素晴らしく、あとはコロナさえ無くなってくれればもっと沢山の方が気兼ねなく遊びに来れるであろう凄く良い場所でした。

SBR_8456
というか、先日のお客さんの入もかなり多かったので、今後の盛り上がりと展開が益々楽しみです^^


それにしても今回のJD-STERさんは仕事が早いようで、先日のリザルトがSNSの方に既にアップされたようで、結果を確認した方数名から ” またダメだったの? ” というメールが・・・w_F2A2024
んなわきゃないだろ!? by オーナー、という事で、初めての環境での続・V-MAX1200 9秒チャレンジをお伝えします。

SBR_7821
内心、ここまでカムシャフトが折れていた回を除けば走る毎にベストを更新していたので、今回くらいで9秒入り達成かな?と、逆に今回のチャンスで9秒入り出来なければ当面無理だろうな・・・とも考えていた中でのチャレンジでしたが、

_F2A1943
前回急激に立ち上がるトルクカーブを解消するべく行ったセッティング変更の様子見の走行1本目はスタートをミスってアタック中止で、2本目に安定の10"2秒台で、とりあえずエンジンの状態をA/F計を録画したGoproの映像を元に確認して、キャブのセッティングを変更した3本目の走行で・・・

SBR_7836
自己ベスト更新の10"044秒と9秒入り目前。

_F2A2013
これなら9秒入りは間違いないだろうと簡単なアドバイスだけ伝えて4本目の走行へ。

SBR_7891
キャブのセッティングが功を奏したようで、フロントのリフト量も上がり過ぎず接地せずで最大限ロスの無い走りで、

SBR_7898
2速に入れてもフロントを綺麗に上げたままグングンと加速して・・・

SBR_7900
そして遂に目標の9秒入り達成^^
やっと達成してくれた感で感動よりもどっと疲れがw

SBR_7913
とりあえず9秒入りはオーナーさんの目標ですが、個人的には9.7〜9.6は狙えると考えているので、ここで満足せずに更に上を狙う事に。

そして挑んだ5本目の走行で・・・


SBR_7936更にベスト更新の9"823秒までタイムを更新^^


という事で・・・



ヤングマシンさん参照データ+V-MAX2
以前にこのV-MAX1200改のパワーチェックを行った際に損失補正後の馬力が225馬力と紹介しましたが、今回タイムも残せた事でしっかりとした裏付けを立証する事が出来ました。


SBR_8367
そしてレース当日は朝一の走行でセッティングの様子を見て以降は全てオーナーさんの自己判断で色々試しながら走ってもらう事にしたのですが、

SBR_8155
前日の多くの練習走行で路面にラバーが乗ってグリップ感が上がった事でフロントのリフト量が増えてしまい、またしてもアクセルを開けきれない現象で60ftの区間タイムが上がらず10.1秒台連発。

SBR_7822
そういえば以前にフロントフォークに付いているオレンジ色のは何? と聞かれた事があるのですが、矢印のオレンジ色の帯は、フロントフォークが伸縮してしまうとスタート時に余計にフロントがリフトしてしまうので、荷締め用のラッシングでガチガチにフォークをボトムさせて伸縮しないようにする為に付いています。
なので、200勸幣紊梁度でフロントブレーキを掛けるとタイヤが逃げて死に目をみますので、真似をされる場合には注意してください。

SBR_8188
その後も何本かアタックするも、最高速が本調子の時から平均5%ほど落ちてしまい、

_F2A2417
不調の兆候が出ていないかエンジンの圧縮圧力などのチェックを行うも全く問題無しで、当日の気温が高過ぎる事によるパワーダウンが原因と判断。

SBR_8251
チェーン駆動であればスプロケットを交換してファイナルを変更する事で乗り方を変えて何とか更に上を目指す事も可能なのですが、シャフトドライブ車ではそのような変更は出来ませんので非常に難しい所です^^:

SBR_8752
そして結果的にレース当日には一度も9秒台に入れる事は出来ませんでしたが、オーナーさんは楽しかったようなのでまぁ良いか・・と^^


_F2A2184
とりあえずオーナーさんには9秒入りしたら後は自由にレースやイベントなどに出て楽しんでくださいと言っており、自分の役目はロケットのブースターと同じで目的の領域まで連れて行く事が仕事ですので、ここから先の運用はオーナーさん自身のチャレンジとして新たな一歩を踏み出して頂ければと思います^^
間違ってもどこぞの国のように制御不能になって墜落しないようにしてくださいw


そんなこんなで・・・
計画期間1年半、挑戦2年半の結果・・・



SBR_8766

V-MAX1200ベースに於いて、
・クイックシフター
・エアシフター
・NOS
・ターボチャージャー&スーパーチャージャー
・フレーム補強(サブフレーム)
・トラクションコントロール等の電子制御
・チェーンドライブ化

上記装備一切無しの条件にて、
1/4mile (402m) 国内初の9秒入りを無事に達成。

Record time : 9"823sec
2021.5/3 日本自動車研究所 城里テストセンターにて



そして目標達成でこのブログも自主規制を解除して自由に・・・
その辺りの事は次回にでも。




ドラッグレースに興味のある方へ

SBR_8618
ドラッグレースと言うと、最新のハイパワーで高額なマシンが必要と考えてしまうかもしれませんが、JD-STERさんであればそんな事は全くなく、手持ちのバイクでも十分に楽しむ事が出来ます。

SBR_8160
まさか口が裂けてもこちらの車両にうちのV-MAX1200がトーナメントで全開で競って負けたなんて言えませんがw、車両の性能差が有ってもゴール地点で同時にゴールするようスタートのタイミングを調整して競うようになっていますので、極端な話、モンキーでフルチューンの大排気量に勝つ事も可能です。


1/4mileを14秒で走るマシン vs 1/4mileを10秒で走るマシンの場合には、
14秒で走るマシンがスタートした4秒後に10秒で走るマシンがスタートをするので、ミスなく走ればゴール地点で同時にゴールをする事になりますが、そうは上手く行かないので如何にミス無く走るか?相手との戦いというよりは、自分の腕との戦いとなります。
自分の周りにも興味があるけど敷居が高いと勝手に思い込んで尻込みをしている人が居ますが、先ずは走ってみて、ご自身の全開のタイムを確認して、そこから自己目標などを設定して楽しむのも一つの楽しみ方かと思います。
レースに参加するのは緊張するという場合には、前日の練習走行の場であればお客さんも少ないと思いますので、人目を気にせず無理をせず自分のペースで何本でも走れるので気になっているのであれば考えるよりも行動した方が人生楽しめると思います。

今回のレースでも複数のクラスに色々なタイプのマシンが参戦していましたので、参考までに参加していたバイクの紹介までに下記に貼っておきます。
JD-STERさんは次回6月13日に今回と同じ茨城県の日本自動車研究所 城里テストセンターで開催との事ですので、興味のある方は是非^^
とりあえず自分も復帰目指してマシン制作頑張ります!
SBR_8726
_F2A1990
SBR_8008
SBR_8227
_F2A1964
SBR_8331
SBR_8529
SBR_8560
SBR_8183
SBR_8590
SBR_8001
SBR_8684
SBR_8600
SBR_7860
_F2A2380
SBR_8677



akane380 at 01:02|PermalinkComments(8)

2020年12月07日

JD-STERダメでした!

SBR_1276
数年振りのJD-STER参戦でしたが、結果から先に申しますと全くダメでした。

SBR_1497
現地に着いて準備をしている頃には雪がチラつく位の冷え込みで、外気温0℃からのスタートとなったのですが、

SBR_1518
一、二本目の走行はタイヤが全く食わず、赤線の60ft区間の目標タイム<1.6秒台>からは程遠いタイムで問題外で、サスの設定などを変えて劇的に60ft区間のタイムが良くなったと思ったら後半の車速の伸びが全く無く、タイムも11秒台連発で明らかにエンジンに力が無いな・・・と、キャブのセッティングは地元で練習走行をしていた時には#185のジェットを使っていましたが、それでは燃料が足りずに#202で空燃比も安定して「今日はタイムも出るぞ!」なんて期待もしていたのに走る姿は完全にパワー不足。。。

SBR_1500
そして最後の一本を走る前にプラグをチェックしてみると3番のプラグがカブっていて、今まで3発だったのか・・・。と、普段の直4と違って180度クランクのV-MAXは常に片排サウンドなので、まさか一発死んでいるとは思わず、直ぐにプラグを洗浄して期待も込めて挑んだ最後の一本も同様にパワー感が無く終了しました。

そして、先ほど遠征から戻ってガレージにマシンを入れて何が原因だったのか探る為に圧縮を図ると圧縮が全く無い。
iphone_IMG_4908
バルブが曲がったのか?またコッターが飛び出したのか?と内視鏡でピストンを見てみると薄っすらバルブとヒットしたような痕が確認出来るものの、激しい事は起きていない。
そこでヘッドカバーを剥がして、まずはバルブクリアランスを確認してみようとクランクを回すと、隣で見ていたV-MAXのオーナーさんが ” カムが回ってないです ” とポツリ。

SBR_1545
またかよ。。。という事で、どうやらカムシャフトがまた折れていたようです。。。

SBR_1533
ちなみにこのカムシャフトがいつ折れたのか?を考えてみた結果、9月くらいに練習走行をした時に、エンジンから変な音が一瞬聞こえたような気がして、一緒に居た仲間に ” いまヘッドから変な音がしなかった? ” なんて話しつつ気に掛けたものの、直ぐに音がしなくなったので気のせいか・・と思っていましたが、実際にはあの時に折れたのだと理解しました。

そして不運な事に、何故カムシャフトが折れているのに気が付かなかったのか?ですが、
SBR_1553
一つは空燃比計のセンサーを以前に作業を行っていたショップさんがマフラーの集合後に設置をしていたのですが、集合部からの二次エア混入で正確な空燃比が測れなかったので、こちらで新規に1番のエキパイにセンサーを移動してしまったので1番シリンダーに異常がない限り空燃比計に症状が現れない事と、普段の練習ではスタートの練習しかしないので、3発と4発のパワー差の違いが分かるほどのパワーを掛けれないという条件もあり、間近で見ていても全く気が付きませんでした。

SBR_1552
それでも幸運な事にバルブとピストンが派手にヒットしなかった事と、吸気側が折れてくれたお陰で無負荷+無症状でいてくれたので致命傷には至りませんでしたが、これが排気側だったら破壊的なエンジンブローになり兼ねなかったので、いろいろ不幸中の幸いに助けられたようです。

と言う事で、今回は大失敗に終わりましたが、丁度シーズンも終了しましたのでエンジンを降ろして戦闘力を取り戻すべく、来シーズンに向けて引き続き頑張ります!




akane380 at 01:26|PermalinkComments(4)

2016年07月21日

もーズタボロです

今年一発目の個人的に悪夢のようなJD-STER Rd.1が終了しました。
今回は何でここに来てこれが壊れるわけ?ってくらいにいろいろトラブルが続発して過去最低な結果となりました。
SBR_8036
まず練習走行日の当日になってPIC シフターのカット信号が入りっぱなしになってシフター死亡。
センサーを単体にしても反応しっぱなしで、後にモジュール内の基盤や配線をガシガシ触って接触不良を起こしているのか確認したら原因不明のまま復活したのですが、それ以前にいろいろ設定のダイヤルなどもイジッてしまっていたのでタイミングが狂い殆ど使えず・・・。

SBR_8029
そして前日の走行データを見てウェットNOS側の燃調が濃いからジェッティングを変えようエアクリーナーBOXを覗いたらNOSの配管が割れてて終了。。。
SBR_8031
とりあえず苦肉の策でビニールテープで巻いてワイヤリングで締めてみたのですが、流石に低温の高圧ガスは止められませんでした。。。

SBR_7975
とどめに今回は事前のテスト走行でクラッチの方もだいぶ酷使したので出発前に交換していったのですが、その時に海外の某レーシングチームで購入した社外強化品と純正品のどちらを組むか一瞬悩んで社外品のテストも兼ねて強化品を組んで行ったのですが、

それも裏目に出てしまい・・・SBR_8047
交換した海外製の強化クラッチの初期摩耗が酷く、一本走るたびにびっくりするくらい摩耗して何度ロックアップのクリアランス調整をきつくしても全然追い付かずで、

SBR_8063
60ft のタイムを詰めに行ったハズがクラッチが全く繋がらず2秒台連発で過去ワースト1な自己ベスト更新と不甲斐無い結果に。

SBR_8055
そしてもう無理!と本線前にスペアとして持って行った純正クラッチに交換して、本線前のテスト走行枠で1本だけ走れるチャンスがあったのでロックアップのセッティングもそのままのキツキツな状態で走ってみたのですが、
SBR_8067
とりあえずクラッチはちゃんと繋がるようになりましたが設定がバラバラで繋がるタイミングが掴めず、フライングしない事だけに集中してと、
SBR_8066
他の事に気が回らず、走行後すぐにそのままトーナメント一回戦の為に並んでいたら燃料の残量計が点滅しているのに気付き、以前に仙台でも燃料の残量不足による加速時の偏りによるガス欠症状で痛い思いをしてるんだよなぁ・・・と思いつつスタートしたら、やはり加速と同時に吹け上がらず心も折れてスロットルオフにて終了しました。。。


前日の練習走行時のクラッチはダメ、シフターもダメなハチャメチャな走りの動画ですが、シフトチェンジをしてアクセルをあければ瞬発的に勢いよく加速するだけのエンジンパワーはあったので何とかバシッと一発キメて走りたくて、

SBR_8020
レース当日もゲートオープン前から気になって駐車場でクラッチをバラしてチェックしてと調整を行っていたのですが、結果は最低なボロカス低レベル野郎だったということで、いい経験を積んだと考えて次で自己ベスト挽回狙います!

akane380 at 07:14|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2015年10月13日

1年ぶりのJD-STER

_MG_0006
先日、福島スカイパークで行われたJD-STERさんによる先の不慮の事故で亡くなられた山崎さんの追悼と、今後イベントを安全に配慮して開催するに当たっての各種ルール変更に伴う安全確認や注意点の洗い出しなど、ライダーとオフィシャル双方の実践訓練というのか新たなルールの流れの確認的な?意味合いで普段のイベントとは全く違う形態で観覧のお客さんを招かず関係者のみの集まりとして執り行われたのですが、当日はまず初めに事故で亡くなられた山崎さんに哀悼の意を表して追悼を行い、その後に今後についての話とミーティング、そして午前中に0-100m 距離でのスタート練習を行った後に、午後からは1/8mile(約201m) での全体の流れの訓練と確認、ライダーはそれを利用した練習走行といった感じで進み、最初の0-100m 走行の際には1年ぶりのJD-STERということ+通常のイベントと違うのでどんなモチベーションで挑めば良いのか分からず変な緊張でスタート前には喉がカラカラで思いっきりスタートでストールしてしまいましたが^^: 、とりあえず周りを見る限り走る側は普段と変わらずでも良さそうだなぁ・・・。と言うことで、その後の休憩を跨いで午後からの1/8mile での走行時間を待つことに。

_MG_0027
そして午後の休憩後に開始された走行1本目。
今年の仕様変更後に前回のアメフェスで走ってはいるものの、肝心なタイムを計測してもらえていなかったので方向性が掴めぬままだったのですが、とりあえず前回の手応えを元にクラッチ周りの調整なども変えて、1/4mile を8秒台入りさせる為の一つの目標ともなる目指せ1/8mile 5秒台!で走った一本目。

_MG_0021
タイム結果は1/8mile 6.6秒台と目標に対して凡タイムですが、ここから更に詰めて行く事に。
で、今年は去年の仕様と比較するとギア比のファイナルをロングに振っているので、スタート時のクラッチを放すタイミングが去年と同じだとトルクが薄いのでストールしやすく、クラッチミートの回転数を6000rpmから1500回転ほど上げて7500rpm でクラッチをスパンと放してみることにした結果、

_MG_0035
結果的に2本目はタイムもほんの少し詰まって5秒台まで残り0.36秒ほどと方向性は間違っていない模様^^

_MG_0038
で、先ほどの走行時の車載映像などを見ながら ” 試される現場力 ” をプチスローガンに仲間とあーでもない、こーでもないと議論して結果的に自分がビビッてスタートからしっかりNOSを噴射していないことがイケナイという結論に至った3本目。

_MG_0040
何とか意識を集中させてスタートでNOSも吹いてロックアップが予定していた仕事を少し果たしてくれた結果、タイムも更に詰まって5秒台まで残すところ0.18秒と

_MG_0041
1/8mile 走行時の終速も200km の大台まで残すところあと少しw
とりあえずスタート時にロックアップの滑りは良い感じなのですが、クラッチの繋がるタイミングが下過ぎるので繋がるタイミングを高回転側に持って行きたい、そうすれば若干ストール気味な60フィートのタイムも一気に縮まるかも・・・。けどそうするとファイナルのギア比も変更しなきゃトルク的にどうにもならないしどうしよう・・・。とか考えながら残す時間も僅かしか無かったので、それらの変更は無理と判断して禁断の・・・

SBR_9872
NOSのジェット変更をw とりあえず現状の350馬力仕様から毎度お騒がせな鬼門の400馬力仕様へ。

_MG_0050
そしてアナウンスで最後の走行との放送がされて完全に最後の一本と気合を入れてスタートした結果、







_MG_0053
NOSが噴射されてロックアップが解除された瞬間、リアのスプロケがナメてチェーンが外れますた。。。w
突然の加速感消失でアクセル開けても進まない・・・、4輪の人達がドラッグのスタート時にドライブシャフトが折れたりデフがブローした瞬間の気持ちがよく分かった的な無力感が・・・w

SBR_9917
とりあえず ” 試される現場力 ” は途中まで全体的にタイムも縮んで良かったのですが、欲を出して試し過ぎると良くないってことが良ーく分かりましたw
それにしても走る前にもうオチは要らない!って皆で談笑してたんですがナゼ毎回こうなるのか・・・w

そんなこんなな一年ぶりのJD-STERでしたが、結果は別として、今回もあの場所に行かなきゃ会えない多くの人達とも久々に会えて非常に楽しかったです^^
そしてJD-STERさんも来年も継続して開催出来るように全力で取り組んで頂けるとのことで、来年もまた福島の地で皆さんとお会い出来る事を楽しみにしております!
今回もお世話になったオフィシャルの皆さん、エントラントの皆さん、ありがとう御座いましたm(_ _)m

akane380 at 14:19|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2015年09月10日

2015 ご破算ですw

SBR_9076
先日、富士スピードウェイで行われたスーパーアメリカンフェスティバルに参加してきました!が、内容的にはイベント自体が波乱万丈でして、当日は計測システムの不具合でそちらの調整に時間を割かれて刻々と時間が経過し、午後から雨の予報どおり昼前からは時折小雨も混じったりの中で行われていたのですが、

SBR_9171
最後に衝撃の事実として自分の走りのタイムは記録されておりませんでしたw
でもまぁ予選走行時に決勝はNOSのジェットを上げないとパワーが全然足りないなぁ・・・と思っていたのでタイムも良くなかったと思いますし別に良いのですが^^:
で、昼を回ったくらいから天気予報的中にて雨でレース中止w
そんな感じで今回はタイムだけじゃなく運営サイドでもいろいろなトラブルが有ったりでだいぶ荒れたイベントとなったのですが、レース終了後に諸先輩方が今日のイベントはどうなってるんだ?と運営側に説明を求める場面があったりで、個人的にもタイムが計測できていなかったと聞いた時に正直、寝る間を惜しんでマシンをセットして金を払って参加させてもらって、実際に走ってもタイムが分からないんじゃ地元でテスト走行している普段と何ら変わらないじゃないか!って一瞬頭の中に過ぎりつつも、日本に本格的なドラッグレースイベントを広めたいって想いで毎年個人で富士スピードウェイを貸切って一生懸命このようなイベントを盛り上げようと開催してくれている代表のMさんだって悪意があってワザとやった訳じゃないんだし、むしろいま一番ショックなのはこのMさんなんだよなぁ・・・。と思えて逆に責められている姿をみて心底可哀想になってしまいましたが、話を聞いている限り諸先輩方の言い分も確実に正しいしで、JD-STERさんもそうですけど何だか今年はドラッグレース界の事を思って頑張っている人達にとって乗り越えられるかを試されている逆風の吹き荒れる試練の年のような気がしてなりません^^:

SBR_9145
ドラッグレースに参加する人よりもまずは知名度を上げてドラッグレースに興味を持ってもらって好きになってもらえるようなギャラリーを作り、尚且つそのギャラリーを沸かせられるエンターテイメント性のあるトップフューエルなどのモンスタークラスが走れるのは今では富士くらいしかありませんので、何とか逆境を跳ね除けまた来年も是非富士スピードウェイでスーパーアメフェスが開催されることを期待します。

_MG_0209
ということで最後に今回の一番の目的である記念写真を撮って終了w
yayabusaさん、ケンタロウさん、またいつの日か九州 vs 関東のリベンジを宜しくお願いします^^
それまで速いマシンになるよう精進します!  

PS. Sクン 遠近法考えてもそこには立っちゃダメでしょ・・・w

akane380 at 04:16|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2014年10月14日

2014シーズン終了

先日に福島スカイパークで行われたJD-STER Rd.5と6に行ってきました。
が、前日にエンジンを組んで当日にぶっつけ本番で走ってみるとまだNOSを噴いていないにも関わらず調子が悪く、ゴールライン通過と同時にエンジンが停止。。。
SBR_0525
で、ピットまでマシンを押して戻ってエンジンが止まった原因を探ってみるとクランク角センサーの配線が劣化して剥き出しになっていた為にショートしていたようで、この部分を修正して仕切り直しで走った2本目・・・

NOSも全開で噴いてタイムを狙う方向で行った結果、悪ノリでNOSのジェットを前回の仕様からさらに70馬力上乗せにしたところ全く制御出来ずに一瞬で13000回転まで吹け切ってレブりまくりで走行後にまたしてもエンジンからは異音がw
SBR_0534
とりあえず原因を探ろうとエンジンをバラして故障箇所をチェックしてみると、

SBR_0528
またしてもバルブのコッターがズレてリテーナーとシムは傷だらけに。。。
ちなみに前回はEXH側の#8で今回はINT側の#1と場所が全く異なります。

SBR_0598
で、とりあえずガレージに戻ってマシンを下ろしたら早速ヘッドをバラして各部のチェックですが・・・

SBR_0580
前日に組んで2回しか走っていないヘッドガスケットにバルブが当たったような痕を発見・・・w

SBR_0583
ただ、実際にはバルブとガスケットの位置関係的に直接当たる事は考え難く、バルブのガタなども許容範囲内なのでバルブが首振りを起こした等も考え難い状況で、ヘッド側とガスケット側のバルブ面積の形状が若干違うので高回転、高負荷時にはそこに問題点が有るのかな?と。

SBR_0589
そこで去年から今年に掛けてテストで使用したヘッドガスケットを調べてみると、

SBR_0590
今までにはこのようなバルブが当たったような不可解な痕跡は見られないのですが、

SBR_0591
NOSのジェットを悪ノリ仕様にした前回と今回のガスケットには同じようにバルブが当たったような痕跡がw

SBR_0593
ちなみに前回コッターが外れかけたEXH#8部分のヘッドガスケットも改めて確認してみると同様の痕跡があったことが確認できましたので、それらも踏まえた上で幾つかの仮説も考えてみたので、シーズンオフの間に問題解決に向けて対策を練りたいと思います。

ということで、今シーズンはベストが9.1秒とまたしても目標の8秒入りは達成ならずw
タラレバは言いませんw また来年頑張ります!
今シーズンもいろいろな方にお世話になりました。
また、レースの場で絡んで頂けたいつもの皆様ありがとうございましたm(_ _)m
また来シーズンも不真面目に頑張りますのでどうか 白い目で 温かい目で宜しくお願いしますw

akane380 at 01:38|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2014年09月17日

仙台ハイランド ラストチャレンジ

先日の15日で惜しまれつつも閉園した仙台ハイランドにて、13日に行なわれた仙台最後となるJD-STER Rd,4に参加してきました^^

SBR_8908
当日はハイランドの行き掛けにNOSのリフィルをお願いしていたエスコートさんに立ち寄ってNOSのボトルをピックアップしたら・・・
SBR_8911
決戦の地ハイランドへ♪

SBR_9089
幾度と無く通い、毎度好プレー 一切なしの珍プレー連発でしたがw、今回はいつもの実験要素は一切なしでマシン作りの方もタイム狙いでベストを尽くしてきましたので、後はこのストレートをスロットル全開で駆け抜け性能を試すだけ^^

SBR_8914
そして今回は、エンジンをチェック程度にバラしてバルブクリアランスを変更した以外は素組みしただけで、その他のタイヤの空気圧の変化による違いやスタート時のフロントフォークの与える影響など今まで苦手意識で適当にやってきた部分をロックアップに合わせて何度も走って細かく煮詰めて乗り易い仕様を見付け、小さなことからコツコツと。。。仕様で仕上げてきました^^
SBR_9297
まぁ、そんなことを書きつつも一本目はめっちゃ遅いという安定の悲しい現実・・・w
60ft の区間タイムが1.885秒と目標の1.5秒台には程遠いのですが、普段の路面とVHTでラバーの効いたトラック上ではだいぶトラクションの掛かりも違うのでこれは問題無いとして、ここからトラックに合わせて各部分をセットアップしていきます^^

そしてちょこちょこ変更した2本目。。。SBR_9301
とりあえず60ft のタイムも若干縮みまして、前回シェイクダウンした際の8月のスポーツ走行Day の時のタイムと同レベルまでタイムが縮み・・・、

とりあえずまだ1st側のロックアップの滑りが大きいのでウェイトをさらに追加しての予選3本目。。。
※ 音量に注意してください ※
まだウェイトが軽いようで8000回転スタートから無駄にレッドまでタコが滑ってしまっています^^:

SBR_9299
それでも60ft の区間タイムは1.7秒台前半とタイムも縮んで方向性は間違っていない模様♪
というか、ギアのファイナルが当初計算した以上にショートでゴールのかなり手前から吹け切ってしまって気持ちだけが先行して有るはずのない幻の7速を探してシフターを押しまくりw
で、自分の12Rは不意なオーバーレブなどからエンジンを保護する為に、シフトランプが付くとNOSをカットして燃料を増量し、エンジンの回転上昇を抑えるように設定してあるのでシフトランプが点く=回転の伸びが急激に低下してしまいます。。。
なので今のゴールする遥か手前から吹け切ってシフトランプが点いてしまう状態では狙えるモノも狙えません^^:
ということで、ゴール手前での吹け切りを回避するためにフロントのスプロケットを交換してファイナルを変更すると共に、それに合わせてNOSのジェッティングも少し番手を上げて回転の落ち込み分を補おうと自分がNOSのジェット交換をして、その間に仲間が反対側でスプロケットの交換をしていたのですが、その仲間が今まで付いていたスプロケットを外して新しいスプロケットを付けようとした時に「これ何か見た感じ形が違うけど・・・」というので見てみると、
SBR_8999
なんとっ!間違えて250TR用に買ったスプロケットを持ってきてしまったようで今回終わったなと・・・w
仕方ないのでここで予定を変更してエンジンの吹け上がりを落とす為にNOSのジェット番数を下げてNOSのセッティング側で吹け上がりを調整してファイナルとの兼ね合いを調整することに。。。
ということでNOSのジェッティングの変更後にもう一本だけTTクラスで走っているのですが、スタートでごちゃごちゃして仕切り直しするのかとマシンを後退させている最中にスタートでよく分からず中途半端に流して終了・・・。

SBR_8968
そして日が暮れはじめた頃にトーナメントが開始されて、第一回戦の出走の出番直前のタイミングで雨が降り始めて一時待機からの雨脚が強まり無念のレース終了へ。

SBR_8953
そして表彰式が始まり、コントロールタワーの渡辺さんの元に向うと、ナイターのこの景色は綺麗だから向こう側から見ておいた方がいいぞ。と教えられたので最後にその景色を見がてらいつもサポートしてくれている仲間にドラッグコースを運転して走ってもらい、こんな感じだったんだぁ・・・と日本唯一のドラッグストリップを最後の記念に体験走行^^
静まり返ったコースを見ていると暗闇からサルが何匹もコースを横断しててびっくりw
そんな中、こうして振り返って見てみると結構舗装も傷んでいてその分、歴史を感じますね。
今まで本当にお疲れ様でした。って気持ちでいっぱいになります。
本当に長い間お疲れ様でした。








って実はまだ終わりませんw



SBR_8987
実は次の日は走れないと思っていたら実際にはスポーツ走行が可能だったようで、カキでも食ってゆっくり帰るかぁ・・・な予定を変更して再びの決戦の地仙台へw

SBR_8974
ただ、当日は渋滞が酷くて普段20分くらいの距離を一時間以上掛けてやっとハイランドに到着したのですが、やっとこさで仙台に到着してみると
Pen Seur0056
最後のスポーツ走行Dayということで駐車場も超満員♪

Pen Seur0083
走行待ちの列も最後尾が駐車場の一番奥まで続く勢いで午前中の走行は今からでは無理と判断して、列に並んで午後一での走行を目指すことに。

Pen Seur0070
そして昼休憩の合間にT/Fなどの走りを堪能したら・・・

Pen Seur0076
待ってました!な先日のリベンジ開始っす^^

※ 音量に注意してください ※
前日に安牌をとってNOSのジェッティングを変更して出力を下げてもやはりゴール手前から吹け切ってシフトランプが点灯してしまうので相変わらずA/Fが濃すぎて加速の伸びが良く有りませんが、スタートでのロックアップの感じはだいぶ理想に近づいたようで気になる60ft の区間タイムは・・・
SBR_9210
何とか1.7秒台を抜けて1.6秒台へ^^
そして2年振りに自己ベスト更新の9"169秒で目標まであと少しw
とりあえずスタートや後半の吹け切りなど問題部分が多いのでまだまだ伸びしろがありますし、丁寧に走ればこりゃイケるんじゃなかろうか・・・とか思いつつ直ぐに順番待ちの列に並んで・・・

Pen Seur0078
延々と列で順番を待つことまさかの1時間半・・・w
一緒に列に並んでいた山崎さんと、時間的にこれが最後の走行になると思うので悔いの残らないように自分のペースで走ります!なんて話をしつつ、リアクションは意識せずに丁寧なスタートを意識して着実に目標の8秒入りを目指した最後の一本・・・。

※ 音量に注意してください ※
ステージランプを点けてアクセルを開けて一瞬だけローンチを当ててヨッシャ!とクラッチを離そうとしたらまさかのストックスタートで緩みかけたクラッチを握り直して「やり直すのか?」とかいろいろな事が一瞬のうちに交錯して、心の中で「渡辺さーーーーん!w」とツッコミを入れつつ完全に動揺した気持ちのままランプが点いちゃったからとりあえずタイミングも取らずクラッチリリースw
思わずスタートした瞬間、心の中で「最後なのにマジかぁーっwww」と爆笑でしたw

SBR_9136
とりあえず結果は先ほどと変わらずな9.1秒台と、まぁまともにスタートしていても目標の8秒入りは無理だったと思うので楽しみを次に残したということで^^
ただ、60ftの区間タイムだけは最後の最後でやっと目標の1.5秒台に突入♪ ってことで許してくださいw

SBR_9170
毎度毎度ドタバタ劇でホント楽しかったし良い思い出、辛い思い出、悔しい思い出がいっぱいな仙台ですが、いつかこの「さよなら」の部分が「おかえり」にならないかなぁ・・・なんて、とりあえずその時まで仙台8秒入りはお預けっすw

SBR_9294
そして更なる現場力の向上を目指して、この流れのまま8秒入り目指して引き続きDRAG活動頑張ります!

今回もまたいろいろな方にお世話になりました。
諸先輩方、オフィシャルの皆様、エントラントの皆様、大変お世話になりありがとう御座いましたm(_ _)m



PS, 地元からバイクで仙台まで遊びに来てくれたUさん、無事に生きて帰っておりますでしょうか?^^:

akane380 at 02:02|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2014年09月13日

目標:最後は目一杯楽しむ!

SBR_8895
天気予報に振り回されて殆ど調整することが出来ず、挙句の果てには明日は仙台が午後から雨とかって予報が変わりましたが、どんな状況であれ、最後の仙台を皆さんと一緒に過ごして楽しんできます!
本当はいいタイムも出れば尚の事宜しいのですが・・・w
まぁちょっとくらい悔いの残る方が次の原動力になりますよね。。。とか行く前から言い訳してみたりw
多くの事を学ばせてくれて多くの人と出会わせてくれた仙台もこれで最後かと思うとホント悲しいですが、今の全力を出しきって生き甲斐でありMy Place だった仙台とお別れしてきます!
あ、最後まで目標は夢の8秒台で志だけは常に無駄に高く!で行ってきます!w


akane380 at 00:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2014年07月20日

JD-STER Rd.3 in仙台

SBR_8057
降ったり止んだりの気まぐれな天候により2日間ともコースオープンすること無く中止となりました・・・。
とりあえずマシンの状態的に今回は変な実験ネタを入れていない分、事前の走行でも手応えは非常にいい方向に向いていると思うので、このタイム狙いま仕様な状態をキープしつつ、次回仙台ラストアタックとなる9月までにさらに煮詰めてタイムを狙いたいと思います。

そんなこんなで天気には勝てないということで2日間とも颯爽とレースは諦めて東北のいい旅夢気分と化してましたがw 、広島のone offさんがたまにブログで広島のカキ小屋で食べる牡蠣がメチャ旨い!なんて羨ま記事を何度か拝見していて、いつかこーゆう産地モノを食べてみたいなぁ・・・と思っていたのでチャンスとばかりに昼飯ついでに有名な産地モノの旨い牡蠣でも海側に食べに行こうか?ということで・・・SBR_8051
車を走らせて仙台港ICを下りてすぐのかき小屋仙台港さんに行ってきたのですが、

SBR_8040
お世辞抜きにヤバイですここのカキの旨さw
3500円で食べ放題コースもあったのですが、仲間が牡蠣は微妙だそうで「1個食べれるかなぁ?」なんて感じで、自分も牡蠣は元々好きで食べてた方なのですが、過去に2連チャンで大当たりしまして・・・その時に悶絶して以来敬遠気味だったのでとりあえず二人で一皿頼んで様子見てみようか・・・?と食べてみたら牡蠣によくある独特の臭みもなく衝撃的な美味さに二人共びっくりw

SBR_8072
あまりの旨さに仲間が奥さん達にも食べさせたいな・・ということで早速リピーターになりまして、今日も帰りがけに仙台港に車を走らせましてw 、仲間と二人で3000円のお土産詰め放題コースを一つずつ購入して産地直送してきたのですが、さすがに独り身でそんなに持って帰っても食べきれんし利益率増やして復興の足しになってくれればいいな。って遠慮気味に余裕を持って詰めてたら店員さんが「まだまだ詰めれます!」って秘策を伝授されて店員さんも参戦して詰めてみました牡蠣8kg分^^: 保冷剤と殻剥きナイフも付いてキロ500円にも満たない・・・。関東ならこの牡蠣2、3個で1,000円前後はするってのにこれで利益上がってんのかな・・・?って正直心配になっちゃいますが、東北の人の優しさと受け止めありがたく地元の皆にも分けて美味しく頂きます♪

SBR_8066
そしてそんなカキ小屋から数百メートル進むと地元から消えた懐かしの南海部品があったりで前回無くなったステップなどの部品なんかを買い物して、数年振りに海沿いを走って対馬で弁当なんかも買って食ってで、レースが中止になったのは残念でしたけど、結果的にはレース場でいつもの皆さんと顔合わせが出来て仲間の食わず嫌いと自分の牡蠣恐怖症も克服出来たゆっくりしたいい旅でした^^

akane380 at 23:08|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2014年06月18日

天国モード or 地獄モードなJD-STER Rd.2

Pen Seur0224
今回もドタバタで精神的にだいぶ病みましたがw  何とかマシンを形にして行って参りましたなJD-STER Rd.2 in 仙台ハイランド DRAG RACE WAY。

Pen Seur0237
今回は西日本ツーリングの際にお世話になった九州のyayabusaさんがSECRET BASE Racing としてエントリーしてくださり・・・

Pen Seur0220
同じく九州の健太郎さんは PRO HEAD MOTOR FACTORYの林田さんのDRAGマシンを駆り九州より遠征されご一緒させて頂きました^^

で、まずはメシウマな地獄モード全開な自分の方からのご紹介ですが・・・。
今回は出発の4日前にはエンジンを組み上げたものの、ちょうど梅雨入りと重なって天候も悪く、どうせ組んでも乗れないなら・・・とエンジンは一発で掛かることを前提に、レース中などにその場凌ぎで行った短絡と直結のオンパレードな配線のスリム化を行うべく間引き作業を行ったりタコ足状態なハーネスを見直したりして全体の作業が終了しエンジンを掛けられる状態になったのが出発前夜の木曜日の夜。
で、いざクランキングをしてエンジンに火が入ると明らかに排気音がおかしい。。。
どうもエンジンが片排になっているようなドドドドド・・・という調子でアイドリングもせず、その状態でレーシングをするとマフラーからは黒煙を噴いて明らかに燃料が濃い・・・。
そうこうしている内にエンジンも止まってしまい、再度セルを回してクランキングするもエンジンは掛からずプラグを外してみるとすすで真っ黒になって燃料が濃いのか?と。
とりあえずその日は夜も遅く、近所迷惑にもなるので明日燃調をイジってみて様子見かな?とか考えて作業を終えたのですが、翌日の出発当日に燃料マップでマイナス補正を実際に掛けて燃料を絞ってみるのですが、いくら薄くしても空燃比計は反応せず燃料が濃いままの表示で、しばらくするとまたエンジンが掛からなくなってプラグが真っ黒な状態に舞い戻り。。。
なんだろうなぁ・・・マフラーを触ってみると4発ともちゃんと燃焼はしてるみたいだし、プラグがすすで真っ黒ってことは圧縮がおかしいのか?バルタイでもミスったのかなぁ・・・、と急遽ヘッドカバーを外してバルタイを測定してみるも間違って無い。。。
もしかしたらクランクを後期型のに変えた時に点火ローターも一緒にそのクランクに付いていたモノを使ったから前期と後期で点火ローターの形状が違い、点火するタイミングが合ってないのかもしれん!と純正部品で調べると2000年式と2003年式では部品番号も値段も全く違う・・・。ということはついに原因究明か♪ と前回使用していたクランクからローターを外して今回組んでいたローターも外して実際に手に取り見比べてみると、何ら変わらぬ同一商品で「これで部番が違い値段が2倍以上も違うのは詐欺やないかーい!」と意気消沈w
その後も症状は治らず、インジェクターから燃料は出ているし、プラグもしっかり火を飛ばしているしで原因追求の為にヘッドを開けてはバルタイを少し変えて変化を試みたり・・・。
SBR_7731
で、出発時刻を過ぎた頃にお互いに近い距離に位置するスロットルポジションセンサーのカプラーと吸気圧センサーのカプラー形状が同じ事に気付き、まさか・・・と配線図で調べてみるとしっかりと逆に組んでいたことが発覚。。。
なんでこんな特殊な異型カプラーをよりによって隣り合う二箇所で使うんだよ紛らわしい・・・。とか思いながらカプラーを組み替えて、変化を見るために少しイジってしまったバルタイも再度元に戻してこれでやっと直っただろう。と安堵する気持ちとともにセルを回してエンジンを始動するもプラグは燃料ビタカブりで相変わらず掛からない。。。
配線の組間違えも無いし、断線もしてない・・・。
インジェクターから燃料も噴いてるし点火も火はしっかり飛んでる・・・。
その割にはエンジンは掛からないしアフターファイヤーやバックファイヤーなどの異常燃焼の症状も無い。
もしかしたらサブコンがパンクしたのか?とパワコマ関係を外して純正ECUで制御するも症状は変わらず、純正ECUを予備のECUに交換しても症状に変化無し。。。
ダメだ。。。もう連日の完徹で頭も回らないし思考が働かない。。。

SBR_7742
ということで複雑な思考は避け万が一があるかも知れないしな・・・と、またヘッドを開けてカムを取り出し、作業し易いカットエンジンにカムを組んで再度バルタイを検証しながら、各ジャーナルのプロフィールもチェック。がやはり仕様書通りで異常無し^^:
もう今回はギブアップかもしれない・・・とか頭の片隅で思い始めながらも、もしかしたらとカムを組み込んでいろいろ数パーセントでも怪しい部分を虱潰しに試すも相変わらず変化無しで、気付けば出発時間を大幅に過ぎた土曜の朝8時を回った段階でタイムリミットも体力も限界なので最終的な判断を出すためにも純正のカムを組んでエンジンを始動してみて、これで答えが出るだろう。と純正カムに交換してエンジンを始動するも然程症状は変わらず変化なし。。。
でも逆にこれでエンジンに異常が無いことは確定したな・・・。ということで、カブりに弱いレーシングプラグから二極タイプの純正プラグに交換すると相変わらず片排気味ながらもエンジンは何とか始動したので、とりあえず思考が働かないのと健太郎さん達と宿が一緒なので夕方までには仙台に到着したかったので、「問題は点火系」と標準を定めて究明作業の続きは現地で行うことにして、まだ組んでいなかった外装などを組んで準備完了と共に出発し、夕方に仙台入りして健太郎さん達と合流してその日はそれ以上の作業は行なわないことに。

Pen Seur0099
そして迎えた当日ですが、前日に辛うじて掛かったエンジンは既に掛からなくなっており、外したプラグはビシャビシャに濡れて相変わらずの状態に^^:
で、早速プラグを外したり何だりしているとドラミが始まり、ドラミが終わって直ぐに作業に取り掛かり、少しすると走行準備のアナウンスが流れたのでオフィシャルさんに一本目をキャンセルする旨を伝えて仲間とあれやこれやと原因追求を進め、周りが予選を一本走り終える頃に自分等もやっと不調の原因を発見。

SBR_7726
今回も完全に自分のミスですが、ダイレクトイグニッションに向かうハーネスを長さを揃えようと一箇所でバチンと切ってしまったことで、この絶縁した繋ぎ目部分でノイズが発生していたらしく、そのせいで点火不良を起こしていた事が発覚。。。
ハーネス作業の際には段々に長さを変えてカットするという基本を怠ったが為に招いたトラブルですが、絶縁チューブを巻けば平気かと思っていましたが、今回はちょっと甘かったようでまた一ついい勉強というか、苦い教訓になりました・・・。
とりあえずここを対処したらエンジンは何事も無かったかのように一発始動^^:
ヨッシャ!とか心の中でガッツポーズをしながらもこの時点で組まれているカムはお試しの純正カムで、試しに組んだが為にシムも最薄の2.00mm のベースシム仕様で、バルブクリアランスも広くこのまま走る訳にはイカない仕様ということで・・・

SBR_7497
現地でのカム交換を視野に入れていたのでカムとシム一式を交換するべく急いで作業開始。
この時既に予選は2本目に突入し、2本目もキャンセルしていたので予選3本目に間に合わせるべく作業を進め、ヘッドを開けてカムを取り出して一つずつシムを入れ替えてカムを組んでバルタイを合わせてカムキャップを組んでトルクレンチで締め終わってよっしゃっヘッドカバーを付けようか!・・・というところで予選3本目の呼び出しと共に終了の音が。。。
いつもならもっと全体の予選時間が長かったのですが、今回は台数もそこそこでコース上でのトラブルもなく最終的にレース終了後に2本もおまけ走行が可能になるほど早いサイクルでレースが進行出来たようで、お陰様で全く作業は追いつけずw

jpg
とりあえず本戦以外にもテスト&チューンクラスという以前でいうところのストリートETクラスにも参加していたので、午前中は走ってないけど午後一のテスト&チューンクラスは走っても良いですか?とオフィシャルさんに聞くと、そちらではなくビギナー向けなドラッグチャレンジクラスで2本走って良いよという指示でイェス!レッツドラッグチャレンジ♪ と初心に戻ってコースインしてみたものの、いざバーンナウトをしてみるとそれまでに濃いガスで湿ったマフラー内の油分が排気で熱せられてタイヤスモーク以外の白煙が上がっていたので腹下を確認すると集合部から溶けた油分がポタっと垂れていたので走行中止。
もう何がしたいんだか分からないレベル。。。超ヘタレです・・・。

そんな地獄モード全開な自分とは裏腹に、
Pen Seur0162
毎回福岡のひよ子をくれる健太郎さんはイケイケで9”340secを叩きだして自己ベスト更新w

Pen Seur0072
yayabusaさんに至っては快進撃を続けCrazy8/Bクラスの決勝で9”450sec での自己ベスト更新でおまけに優勝!初仙台にして初JDで初優勝って流れは素晴らし過ぎますw
あぁ、早く自分も地獄モードから天国モードに抜け出したいっす・・・って全部自分で撒いた種なんで自業自得スけど^^:

Pen Seur0194
とりあえず最後は仙台の思い出にいつか見た憧れのJDDA風にマシンを止めて記念撮影で〆

ということで、今回は九州からのご両人のお陰で楽しい旅になりました^^
また9月か10月にボスも含めお待ちしております!
お返しのお土産は当然、また関東のひよ子ですw
って健太郎さん、そろそろお土産にお互いに関東と福岡のひよ子を持参するの止めましょうww

akane380 at 02:57|PermalinkComments(12)TrackBack(0)