JD-STER DRAG 参戦記

2013年10月17日

JD-STER Rd.5&6

今年最後のJDーSTER Rd.5 と Rd.6 が無事に終了しました!が、個人的には波乱のまま終了しましたw
SBR_0955
当日は福島に着いた頃は小雨がパラついていましたが、朝方には雨も止んで風も無く朝焼けの虹が出て良い一日になるかなぁ・・・なんて思って期待とかしたのですが、

SBR_0985
ドラミが終わってRd.5 の幕が開ける頃には山からの強風でツリーもぶっ倒れる波乱の幕開けで、この後自分にとっても波乱の展開となりましたw

で、今回はエンジンを組み上げても車検と保険が切れていたので地元で走行テストなどは行なわずに持ち込み、ぶっつけ本番というか初日のRd.5 を使ってセッティングして二日目のRd.6 でタイムを詰めようという目論みで参加したので初日はストリートETという競技性の無いクラスだけにエントリーして朝一に2本走行して昼休憩後に2本走って終わりの方でまた2本走るという非常にゆったりしたスケジュールで動いていたのですが、結果的にこの作戦が自分の首を締めたようで・・・。

-Pen-Seur-354
とりあえず午前中に1本走ってみたところ、頭打ちが速くて高回転が全く吹け上がらず、コースサイドで見ていた仲間からずっとマフラーからバチバチ火が出てるとの指摘があったので、2本目に点火時期をハイカムに合わせて遅らせて走行してみるとだいぶ上まで回るように・・・。
でもまだ高回転での頭打ちが早い感じなので燃調を変えつつ点火時期をさらに遅らせてマップを変更し、昼休憩後の午後一の走行を待つことに。。。

-Pen-Seur-457
で、午後一のストリートETが始まり変更したマップで走ってみるとだいぶ綺麗に高回転まで回るようになったものの、点火時期が遅いせいでトルク感が全然無く排気音も異様な音でやっぱりオカシイ。。。
そもそもこの時点でこんなに点火時期をリタードさせたらNOSを使った時にどうなるんだ?と疑問を感じつつ連続走行なので大した変更もしないままもう一走行してみるとやっぱりオカシイ^^:
そして大会の方も終盤に差し掛かり、最後のストリートETの走行順が回ってきたので思い切って点火時期を戻して燃調に変化をつけて試してみようとスタートラインに向かい順番待ちをして自分の並び順が来て呼ばれたのでエンジンを掛けようとセルを回したらまさかのバッテリー上がりでエンジン掛からず・・・w
瞬間的に高回転が回らない点火時期の問題はセッティングじゃなくて電装系の問題だったのね。。。とこの最後の土壇場で気付くも時既に遅し・・・w

SBR_1081
とりあえず車までマシンを押して帰ってジェネレーターカバーを外してステーターコイルを点検してレギュレータもチェックして仲間とKさんとヤイのヤイの言いながら原因を追求したら発見しました。

SBR_1082
レギュレータ側のカプラー根本の皮膜が劣化してパキパキになって皮膜が剥がれて互いに接触して規定の電圧が得られていなかったようで、ここを直せば明日はバッチリイケる!と思ったらもう一箇所同じような症状の場所があったみたいでそろそろレストア作業が必要だな・・・と。
まぁでもこれで明日は一気に戦闘力が上がるだろう・・・という期待と共に初日を終えたのですが、

SBR_1014
そんなアホな自分とは対照的に九州から参戦のKさんは今回からNOSで武装した初期ブサで自己ベストを一気に詰めた9.5秒台でストリートファイタークラス2位をゲットw
せっかく初参戦初表彰と遠征の甲斐があったにも関わらず、気付かぬウチに自分のマシンでワイワイガヤガヤやってるうちに表彰式とか終わっててすいませんでした。。。

SBR_1068
そして一夜明けて次の日のRd.6 は前日の天気とは逆に風も無く長閑な秋晴れでいいレース日和に。

-Pen-Seur-274
そして前日電装系を直して朝からブースターケーブルに繋いで少しだけバッテリーを充電し、多分今日はイケるだろうと挑んだ朝一のストリートET1本目。

まずは試しにセッティングも基準値に戻してNOSも使わず全域の状態を把握する方向での走行ですが、
発電系統を直したお陰で前日の高回転での不調も消えて綺麗に吹け切ってタイムもまずまずな9.7秒を記録♪ やっと基準に戻った・・・^^: と安堵したのもつかの間、

SBR_1093
次のストリートET2本目の順番待ちをして呼び出しがあったので列に並ぼうとセルを回わしたところ、A/F計のワイドバンドセンサーが少ない蓄電を全て吸い尽くしてしまったようでセルを回す余力が無くまさかのバッテリー上がり再来。。。
2本目のストリートETの走行をキャンセルしてまたまた急いで車までマシンを押し戻してブースターケーブルにバッテリーを繋いで大事をみて予選1本目もキャンセルすることに・・・。

SBR_1115
そんなバタバタした後の午前の予選走行2本が終わって3本目で9.6秒台がやっと。 とりあえずドライNOSのセッティングを詰めてもしょうがないので後は一気にウェットNOSでタイムを詰めてやるw とかコッソリ狙いつつ午後一のストリートETでウェットNOSを試す事に^^

で、午後一のストリートETの呼び出しが掛かり、順番を待ってバーンナウトエリアでバーンナウトをしつつウェットNOS用のスイッチを入れてバーンナウトを終えてスタートラインに着き、ツリーを見ながらステージングしていった時に何かオカシイ・・・。なんでこんなにバーンナウトの煙が車体にまとわり付いてんだ?とよくよく見ると
SBR_1110
おいおい、手元のハーネス燃えてるじゃねーかw って思ったら隣の人スタートでどうしましょ?ってなりまして、とりあえずハーネスぶっ千切って絶縁して発進w
久々にウェットを使ったのでハーネスをちゃんとに結束してませんでした^^:

で、車に戻ってスイッチ類を新品に交換して次から始まるトーナメントで一発狙ってウェットを吹くことにしたというか、実際にウェットNOSを吹いたのですが・・・
スタート直後にウェットを吹いたら1速後半から一気にトルクが無くなりまさかまさかのまたまたガスケット抜け発生でUターン時に少しラジエター水をお漏らししていたようですいません^^:
今回は面研も行って強化スタッドで剛性を上げつつ伸びも減らして新品のメタルガスケットも入れて熱も徐々に入れて気持ち万全な状態で行ったので正直ガックシです・・・。

-Pen-Seur-207
で、いつものように他の状況では全く症状が出ないのか?この後4本走行することが出来たので試しにNAとドライNOSをそれぞれ全開走行で試してみたのですが、どちらもガスケット抜けの症状は見せず・・・。
前回の270馬力仕様の時には何回走ろうがこの症状が無く、今年から350馬力仕様にしたらガスケット抜けが当たり前のように頻発するということは12000回転以上回すハイコンプエンジンでウェットNOSを使った場合に300馬力前後の仕様がZX20AEの一つの鬼門なのでしょうかね^^:
でもRd.5 の日の朝にTARGETの長尾さんと話しててハイブーストの対策でアレ使ってる?って言われた時に「そう言えばレース屋で下積みしてた時に社長がよくその名前言ってましたw」って存在を思い出したのでちょっと試してみます。

-Pen-Seur-041
それにしても今回九州から参戦のKさんはRd.5 で2位、続くRd.6 で3位と好成績連発w
甲斐性なしの自分とは大違いで邁進してくれて非常に楽しませて頂きました^^
来年は負けませんよ!多分w

PS, 川田さんへ
-Pen-Seur-379
いつも撮影してくれてる仲間がいい感じの写真を撮っててくれたのでよければどうぞ^^

今年もJD-STERで絡んで頂いた皆様ありがとうございました!
スタッフの皆様にも大変お世話になりました。
来年も懲りずに挑戦していきますw

akane380 at 00:30|PermalinkComments(12)TrackBack(0)

2013年07月19日

反省。。。と思ったら・・・

先日のJDではホント大失敗しました。
当初、福島スカイパーク戦ではストリートファイターの他にストリートETにもエントリーしていたので朝一のストリートETでの走行枠を使って毎回スタート時のトラクションの掛かりに悩まされていた部分を何とか出来ないものか!? と、作戦というか前回の仙台でリアのスプロケをダメにしてしまい交換するついでに試しでギア比を思いっきり高回転に振ってスタートを楽にしつつNOSを頼りに思いっきりブン回して目指せ6速吹けきり終速260km!! とか企んで、SBR_9389
仮にその作戦が上手く行かなかったらストリートETを走り終えてストリートファイターの予選が始まるまでに現地でギア比を変更して対処する予定でいたのですが、当日実際に走ってみると・・・・
なんじゃコリャw と突っ込みたくなるくらい回転が上がらず4速吹け切る前にゴールラインを通過^^:
ん?何でだ?後半の加速がえらく鈍かったぞ。。。あてにしていたNOSが最初の一瞬だけで後半効いて無い気が。とか思いつつ、まぁ良い良い。なんて呑気に駐車場に戻って調べてみると・・・
SBR_9364
NOSを作動させるマイクロスイッチのレバーが吹っ飛んで付いて無いっ。。。
これじゃボタンをピンポイントで押した一瞬だけ噴いて後は噴くハズないわな・・・と。
まぁこんな事もあるさ。と以前にアキバでまとめ買いしてきたマイクロスイッチの予備が入ったクリアケースをがさごそ探すも電装ボックスの中にケースが見当たらず嘘でしょ。。。と。
これ、ピンポイントでスロットルのレバーをオレンジのボタンに押し当てるなんて無理でしょ・・・、とりあえずこのままじゃ話にならないからスプロケをいつもの仕様に戻しとこう。と仲間と次の走行順に間に合わせるように急いで作業を開始して、スプロケカバーを外しフロントのスプロケットを留めている27mmのナットをエアーインパクトを使って一気に外そうとしたら補充してきたハズの窒素ボンベの圧力ではインパクトが元気に回らずクカカカカ・・・とナットも緩まずどうしましょ・・・ってやってるうちに次の走行順が来てしまいアウト。

で、一本走って当然ダメで最後の一本は何とか一発狙いでNOSスイッチのボタンを高確率で押せるように調整してNOSもドライから確実性のあるウェットにチェンジしていざ!ってスタートしたところ・・・
SBR_9371
ウェットの際の消費量を忘れていたお陰でNOSガスの残圧低下で燃料だけ吹いて一気に失速でまた終了・・・。

と、こんな感じで今回起きたトラブルは全て想定しており、それに対する準備もしていたハズが、まんまと嵌ってしまい結果的に自爆し大失敗に終わりました。。。なんてネガティブに思っていたのですが、
SBR_9399
レースから戻って次の日に早速エンジンを降ろして各部をチェックしてみたところ危機一髪だった事が判明w

SBR_9413
ブローの兆候を全く把握出来ていなかったので何だかんだでエンジンに高負荷を与えずに済んで、軽度のブロー初期段階のうちに異常を発見出来て結果的に運が良かったようです^^
物事が上手く行かなかったんじゃなくて12Rがあの手この手で自衛してたのかな?なんて^^:
甲斐性無しなオーナーでスマン・・・という気持ちでバッチリ直してやりまさぁw

akane380 at 01:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2013年06月02日

JD-STER Rd.2

前回に引き続き、今年二戦目となるJD-STER Rd.2に参戦ということで、
SBR_1895
先週の日曜日は前日の福島から移動し復活した仙台ハイランドへ。
で、久々の仙台での1/4mile ということで楽しみな半面、
SBR_8827
前日のスカイパークでのシフター不調の不安が残る仕上がりで気分は最高とは言えず・・・^^:
それにしてもハイランドが復活して一番驚いたこと・・・それは、以前まで毎回会場内のBGMでカントリー?インディアン風の歌?が流れていた気がするのですが、今回は少女時代などの流行り系が流れていて「おぉ変わったw」ってそこが一番感動したとこだったりw

SBR_8835
そして普段絡んで頂いている皆さんに挨拶をしつつマシンの整備を進め・・・

-pen seur-054
ストリートETクラスの走行が始まったのでまずは走って様子を伺うことに。

SBR_8833
で、やはりNOSを使ってエンジンの吹け上がりが早くなるとシフターが入らなくなる症状は継続しているようで、前日のスカイパークでドライNOS側でジェットの番手が小さければ(上乗せするパワーが少なければ)シフターも誤魔化しでイケる事を確認していたのでその「イケる」と「イケない」の境界線をジェットを徐々に小さくして探すことに。

SBR_1850
というか、今回予定ではNOSガスを補充してシフターのトラブルも解決すると思っていたので、これでNOSもバンバン吹けるしいっちょ狙ったる♪ とか思ってギア比を高速側に振ってしまったおかげで、ウェットを噴かないNAだと1/4mile のゴール付近でやっと5速中盤くらいの回転数と、ここも今回墓穴を掘り大失敗です^^:

SBR_1830
ついでにマッキントッシュのスイングアームに換えてからホイールセンターが約1.5cm程左にズレてしまっているのですが、純正でも右側に重量物のマフラーが付いているので若干左にセンターをオフセットさせてバランスを取っていたりしますが、これだけセンターがズレているとオフセットさせたスプロケを逆付けしても僅かにチェーンラインがズレて必要以上にパワーを損失しているハズなので、今年の夏頃にこのリア周りを作り直す予定でしたが時既に遅し・・・。この後このズレが原因で悲しい結果に・・・^^:

そんな事を知るすべもなくとりあえずドライNOS側のジェットの番手を小さくしては試し、小さくしては試しで予選とストリートETをここまで4本走り、本日5本目となる試走ですが、相変わらず4速以降はシフターが入らず久々の人力シフトに年に4、5回しか着用しない慣れないレーシングブーツと革ツナギの硬さに四苦八苦中っす。。。

SBR_8932
それでもあの状態でも路面が良いので少しづつタイムも縮んで何とか9.8秒・・・と、NOSをウェットで全開で噴いて気持ちよく6速吹けきりでゴールすればもっと良いタイムが出そうなんだけどなぁ・・・とフラストレーションが溜まり、

-pen seur-036
ラジエターの詰まりが原因でウォーターポンプに負荷が掛かってギヤを介して全体に悪影響を与えているならラジエターの水を無くせば症状が改善するんじゃ・・・もしやこのイライラを解消してカッ飛べるかも♪w
SBR_1858
ならば即行動!で試しにラジエターの水を抜いてしまえ!とクーラントを使っていない真水なのでそのまま排水溝に向かって出したらまるでバイクの立ちション状態w 
※ 真似する人は居ないとは思いますが、一応絶対に真似しないでください

-pen seur-113
そしてNOSをウェットで噴いて全開アタック!とラジエターに水が入っていないので長時間のエンジン始動はマズいと気持ちばかりが前に出て思いっきりフライングしてスタートしましたが、結果的にやはり4速でシフターが弾けかれてしまう症状は改善されず、戻ってウォーターポンプ周りもバラしてチェックしてみたのですが、ミッションの機構本体も既に問題ありとの読みで諦めてラジエターに水を再補充。

SBR_8723
そうこうしているうちに予選結果からトーナメントラダーが発表されたのですが、今回は9.500秒~9.999秒以内のタイムで争うストリートファイタークラスで9.537秒という微妙なタイムのお陰で予選1位通過と、とりあえず走行本数が普段よりも1本多めにゲット出来てラッキーですw
それにしても他の方達の予選タイムを見ると皆さんコンスタントにタイムを出されていて安定していらっしゃるっていうのに、自分はと言うと相変らずの乱高下ぶりで安定せず一発あるか?の大穴状態w

SBR_1848
ということで一発「目指せ!9.4秒ファール負けw 」を目標にシフターが作動するギリギリまでドライNOS側のジェットを小さくして絶妙なバランスを探しますが、既に#14までジェットの番手を下げてトライしているので最後は前日のスカイパークで唯一普通にシフターが作動した(というか、ほぼ効果がないw )#10を再度試す事に。

で、結果的に#10だとほぼ効果は得られず?でも4速から先でもシフトがスムーズに入らず頭打ちしてタイムも伸びず・・・って一番最低じゃねーか!って仕様なのですが^^:

SBR_8938
それでもとりあえず結果は9.662秒とあと少しで9.4秒でクラス昇格なのに・・・って今回もここで苦しむとは。。。

そしてラダー表の一回戦が全て終了し二回戦での対戦相手はやはりこの方・・・-pen seur-117
最近では個人的にこう呼んでます、” キラー中村氏 ” とw
去年の暮のロードライダーフェスタもその前のJD戦でも幾度もトーナメントで対戦しているのですが、今まで一度もキラー中村さんに勝った事がなく毎回対戦後はトーナメントラーダーから抹殺されていますw
そんな中村さんの今回のマシンは現在製作中のZX14 ターボの製作が間に合わなかったとのことで、お店に有った売り物?のフルノーマルなZX14にスイングアームエクステンションを付けてスイングアームを伸ばし、リアサスを社外品に交換しただけというエアシフターはもちろんの事、マフラーすらもノーマルという状態ですが、さすが全日本チャンプだけあって9.5秒〜9.6秒台連発で一度もタイムがブレませんw

-pen seur-161
そして何よりもキラー中村さんはプロライダーだけあってスタート〜60フィートの区間タイムが抜群に速いので、ここで上手いこと食らいついていかなければ9.5秒切りなんて絶対に無理・・・。

-pen seur-162
ということで気合い一発行ってみようー!とか思っってクラッチをスパンっと離してスタートしたら・・・
5
直後にまさかのトラブル発生でトラクションが掛からず、

あわや、初のドナドナに・・・結果DNF。。。

-pen seur-163
どうやらスタートしてリアにトラクションが掛かり、リアサスが沈みきってチェーンがたるんだ際にチェーンが外れてしまったようで・・・^^:
でもスタートして瞬間的にストンと動力が消えたので、一瞬4輪でのスタート時にデフが粉砕した時と同じ感覚だったもので「ミッションが逝ったぁww 」とか思いながら下を覗いてケースからオイルがこぼれて無いことを確認しつつ惰性で出口に向かい、「なぁんだ、4速以降のシフタートラブルは結果的にミッションが悪かったってことか!? 原因追求する前に向こうから答えを教えられるとは・・・。でもまぁ良かった良かった、これで次回の福島は全開で走れるな♪」 とか先行きが明るくなって喜んでいたら原付で駆けつけてくれたオフィシャルの方から「チェーンが外れたみたいっすね!」とw
思わず違う意味で「マジッスか!?」って、普通ならエンジン無事で良かったって喜ぶトコなんですけど「そこかい!?」みたいなショックがw

-pen seur-166
とりあえずチェーンが破断してケースをぶっ叩くと高確率でケースを粉砕して一発KOされてしまうので、今回この程度で済んでラッキーでした^^:
それにしても今までこんなトラブルは一度も無かったのですが、路面のグリップが上がったせいなんでしょうね・・・って夏まで誤魔化すつもりだったチェーンラインの狂いがここで仇となるとは。。。^^:
フェイスブックの方でコントロールタワーのWさんが笑い話で「仙台なめるなよ!」と仰っていましたが、今回身に滲みて専用コースの凄さを痛感しましたw 元々ナメてはいませんがw

SBR_8887
という訳で、とりあえず仙台ハイランドに見習って自分も諦めない心で頑張りますw

-pen seur-259
PS,福田さん、当日はコンプレッサーとファンを貸してくださりありがとうございました!大変助かりました^^

-pen seur-137
ちなみに、この後ターボの今井さんとどちらが先にゴールしたのか気になるところです・・・w

akane380 at 01:45|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2013年05月01日

大失敗。。。

福島に向けて出発する前日に急遽CPピストンからJEピストンへの組み換え作業を行い、NOS周りの配管の一部も修正したりしながら無事に組み付けが終わってエンジンを載せて最後にラジエターのエア抜きをする為にマシンをガレージの外に出して暖気運転をしながらエア抜きを行なって、その合間に出発準備をする為に散らかったガレージ内の工具の片付けをしていたところ、おかしな事にここに有るハズの無い腰下からヘッド側にオイルを圧送する為に必要な部品で、先ほどエンジンに組み込んだハズのオイルパイプが洗浄したままトレーに取り残されているのを発見・・・。どうやらバタバタして組み付けるのを忘れていたようでこの時既に21時過ぎ・・・幻滅。。。
で、暖気してエア抜きが終わったばかりの熱々なクーラントを抜いてガレージにマシンを押し戻して急いで再度エンジンを降ろして腰上をバラしての反復作業開始で、何とか3時間後に全作業完了でクーラントのエア抜きは深夜にエンジンを掛けると近所迷惑になるので次の日の出発前に行うことに・・・
-pen seur-154
そんなこんなで本当に最後の最後まで後回しにされた外装は出発の直前にバタバタと準備を済ませ、タンクカバーは変えが無いのでタンク剥き出しで、以前に使っていた純正のテールカウルとシートはタイラップで無理くり固定でサイドカウルは型取りを済ませていないマスターカウルの無理付けと・・・モチベーションMAXガタ落ちなやっつけ最高に恥ずかしいで仕様で行ってきました。。。

この有様です・・・⇓-pen seur-082
ということで、組み上げ後一発目の走行当日は、午前中にストリートETという予選とは別の走行枠2本と予選走行2本の計4本を走れる予定だったので、組んでからここまでに断続的なアイドリング状態だけで一度も走らせていないぶっつけ本番仕様ということでストリートET1本目の走行は普通に無難な走行でエンジンやブレーキなど各部のチェックを・・・w
で、バーンナウトを済ませてスタート位置に着いてスタートした瞬間、シフトミス連発でシフターの調子が悪い・・・これはマズいかも。。。とか焦ったのですが、ピットに戻って確認してみたらエアシフターのチェンジペダル側の取り付け位置がエンジン脱着の際の仮付けのままだったようで元の位置に戻して問題解決^^:
で、走ってみた感じでは各部からの液漏れも異音も無く吹け上がりも綺麗に回ったので2本目からはNOSを使ってとりあえずこの日の目標の9.5秒クリアーを目指すことに。
ですが、その後ストリートET1本と予選2本がNOSのセッティングが合わずエンジンが吹けない状態が続き、1本もまともに走れず終いで午前の走行が終了。。。

そして午後になり予選6位で迎えたトーナメントですが、相変わらずセッティングが合わないNOSを使うか悩んだ結果、どの道負ければ終了ということでNOSのボトルを新品に入れ替え一か八か上手くセッティングが合うことを願い「使用する」を選択。
が、スタート直後にNOSのスイッチが入った瞬間、またエンジンがカブり始めアタック中止でアクセルを戻しますが、再度アクセルをゆっくり開けていくとカブりが取れて普通にエンジンが付いてくる・・・。がUターンしようと車体を曲げたら今度はエンジン停止。。。
そのままその場でセルを回して各部のチェックをして、まさか!? とシート後方に積んである電装系を触って接触を確認すると見事に接触不良を起こしていたことが発覚。。。
接触不良を起こしていたピンをカチっと差し込むとエンジンが復活し無事に復活。これで加速する度に吹けなくなる理由が分かりました・・・。NOSのセッティング的な問題だという先入観で電装系を疑うことなく問題を解決しようとしていましたが、どうやら純正シートカウルにしたことで以前の設置場所を失ってシートカウル下に急いで詰め込んだ制御系の電子部品が加速の度に加速Gで後方にズレて配線が伸びきってピン部分で接触不良を起こしてしまっていたようで、どうせならもっと早くこの症状が出て発見していればせっかくの走行を無駄にせず済んだのに。。。

とりあえず今回はホント、自分でアホだなぁ・・・というかくだらなくてガッカリしました^^:
今回起こったトラブルは事前に走ってチェックしていれば全て見付けられた問題ですので。。。
いつも通りブレること無くいっぱいいっぱいで・・・って、いっぱいいっぱい過ぎて完全に不完全な状態で迎えたシーズン入りですが^^: 次回は事前にしっかり走って調整出来る余裕を持って迎えられるようにしたいと思います。

akane380 at 00:26|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2013年02月21日

祝☆復活!!

_MG_9717
ということで自分の体調の方も復活しましたが、今年はやっと仙台ハイランドのドラッグコースが1/4mile のフルコースとなって復活するようです♪
で、雪解けを待ってから路面の舗装工事を行ない、5月の11日と12日にハイランドのドラッグコースで1/4mile復活の記念イベントを開催するとのことで、待ちに待ったドラッグウェイの復活は本当に嬉しい限りでありがたいことです^^
個人的に体調不良で失った一年と震災で失った一年がありましたが、それでも少しくらいはレベルアップしていると思うのでまた最終戦辺りで北海道の猛者な方々(特にR1000のYさんw)と再戦出来たら最高なのになぁ・・・なんて。。。
あ、でも今年のJD-STERの最終戦の予定は福島でしたね。
福島のスカイパークもロケーションが良くて凄く走りやすい所なので今年は非常に楽しい一年になりそうです^^
まぁ まずは走れるマシンを作れや!って話ですねw クランクが・・・w

akane380 at 23:32|PermalinkComments(4)

2012年12月04日

半端ねぇ〜

く、 寒かったっす。
P1120976
先日の筑波の朝はマシンも凍る寒さでした・・・。 おかげで本日風邪引いて辛いっす。。。

で、ロードライダーフェスタの報告ですが、朝6時過ぎに筑波サーキットに着いてマシンを下ろし、8時過ぎにブリーフィングを済ませて、その後時間の関係でイベントが開場する10時前から練習走行〜予選までを行う流れになるとのことで9時過ぎにコースオープンで他の人の走りを見て終了間際に自分も練習走行を一本だけ走ってそのまま直ぐに予選開始。-pen seur-0040
で、予選走行×2を走った中のベストタイム順に40台の参加車両を上から8台ずつ区切って5つのトーナメントを開催するとのことで、自分がいったい何秒で予選を走ったのか分かりませんが、とりあえず予選は4番手通過でトーナメント一回戦目の相手は「何でこうゆう時に限って隣に居るんすか・・・!? 」な全日本チャンプ、レッドモーターの中村さんが相手で心に一切ゆとり無しw
で、結果はNOSを使う作戦が裏目に出てスタートでリアをスライドさせてしまい瞬殺w

P1120983
ということで結果はシュートアウトクラス中最下位なタイムで終了ですw
というか、この最速クラスは自分以外リアクションタイムが皆さん0.5秒以内ですよ・・・
ホント素晴らしいというか、自分のスタートのヘタレ具合を露出した結果というか。。。w

-pen seur-0019
お陰でスタート前にブース出展で来ていた遊心のコーイチさんがコースに来てくれて「走ってみるまで結果は分かんねっしょ!?」なんて励みを貰ったのに、いざ走り初めてリアがスライドした瞬間にクルっとUターンしてスタスタとブースの方に消えていったとか・・・w

-pen seur-0080
それ以上に10時のゲートオープンと同時にわざわざ地元から見に駆けつけてくれた先輩に開始早々、即瞬殺終了という洗礼を浴びせてしまって本当に申し訳ないというか情けないというか・・・今回のことは無かった事にして頂きたく存じ申し上げアゲ祭りまっすw とか意味不明なことを言って逃げたい心境でしたが・・・、おかげで寒い中せっかく来てくれたUさんは自分と黄昏るハメに・・・ホント、昨日はすいませんでした。。。
その後、コーイチさんのブースにダメ出しを食らいに行って、元トップライダーMさんに ” 何やってんの!? ” ってやはりダメ出し食らって・・・く、悔しいですw

-pen seur-0098
でもイベント自体は寒空にも関わらずお客さんも多く入っていて、

-pen seur-0127
普段近寄りがたいあんなマシンや、 

-pen seur-0143
こんなマシンに触れて跨がれて絶対に客にならなそうな自分らにまでいろいろ丁寧に教えてくれて配布までしてくれて・・・

-pen seur-0071
テイスト車両もコーイチさんを始め、トップチームの殆どがブース出展していて・・・

-pen seur-0145
最後にはデモランも見れたので何だかんだでお土産も貰えて一日遊べる楽しいイベントでした^^

とりあえず最後は自分のミスで仲間も先輩も自分もポカーン・・・コーイチさんスタスタスタ・・・な最低な結果に終わりましたがw 、このようなイベントに参加させて頂き経験値が上がりました♪
当日の関係者様に感謝します! お世話になりありがとうございました^^

PS , エスパーレーシングジャパンの若田部さん、エクスカリバーレーシングの皆様にはピットの件で途方に暮れている時にお声を掛けて頂き本当にありがとうございました。
この場をお借りして改めて御礼申し上げます。

akane380 at 02:56|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2012年12月01日

明日はロードライダーフェスタです。

ROAD RIDER
ということで、以前にご紹介したロードライダー誌の創刊30週年記念イベントの「ロードライダーフェスタ」が明日12月2日(日)に筑波サーキットのTC1000コースで行われます。
そのイベント内で行われるJD-STER 1/16mile DRAG は10時〜12時の間に開催されるとのことです。
ロードライダーフェスタ : タイムスケジュール

P1120930
ということで明日は如何せん自分はスタートがヘッポコなので走りはダメダメの予定ですw
なので色物の役目を全うするべくマシンをイジったので雰囲気作りに努めますw

 ちなにみお金が貰えるこんなのもあるらしいっす ↓custom

 とまぁ朝は少し寒そうですけど、初めて参加するイベントなので楽しんできますw

akane380 at 11:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年11月17日

遅刻の訳は・・・

-Pen Seur-0128
仙台に遠征した際に「目の前にサーキット入り口があるのでギリギリまで寝られる」&「ハイランドにお金が落ちる」という理由で毎回遠征の度に泊まる定宿と化していた仙台ハイランドの敷地内にある ” 仙台ロッジセンター ” ですが、昨年の震災でホテルの建物が壊れて使える部屋数がかなり減った影響で今年は一度も予約が取れず・・・。

秋保大滝
で、今年に入ってからは仙台ハイランドの位置する山の裏手に在る「秋保二口温泉」という山の中にある完全に昭和な作りの源泉かけ流しが垂れ流しで風呂が熱すぎて入れませんとか笑いとツッコミどころ満載のとある温泉宿を気に入って利用させて頂いているのですが、

-Pen Seur-0126
その宿から仙台ハイランドに向かう途中に西光寺というお寺があって、5月のレースの時に「おっ、観光スポットか?」と、仲間と寄り道して境内をぶらっと回って「何もないな・・・。」と、さい銭だけ投げて鐘を鳴らして帰ったのですが、その後仲間から「どうやらあのお寺の奥には滝があったらしい・・・」と、マジで!? やっぱ観光スポットだったのか。。。ということで、前回の失敗を取り戻すべくJD-STER の最終戦に向かう朝に少しだけ仙台観光をしてきましたw

-Pen Seur-0122
ということで前回と同じように境内に入って散策しつつ、早朝ということで常香炉から線香の煙も立たず何もないのでとりあえずさい銭だけ投げて手を合わせ・・・、

-Pen Seur-0048
そこから前回気付かなかった本堂の横に続く道をさらに奥へと進むと・・・

-Pen Seur-0052
前を行く仲間の雄叫びが聞こえ、指差す方向に我らが求める何かを発見したようですw

で、その場に行ってみると
-Pen Seur-0062
時期的に紅葉を迎えて少し色づき始めた木々の間から流れ落ちる秋保大滝の絶景が♪
これは見に来た甲斐があったなぁ〜とか仲間と話つつ、そろそろレース場に向かおうか。ということでクルっとターンして車に戻ろうとした時に仲間と二人で ” ある物 ” を発見。

P1120112
新奥の細道 [ 秋保大滝 0.8km ⇒ ]

こ、これはまさかのあの滝を間近で見れちゃうコースなのでは・・・。
どうしましょ?もう時間ギリギリなんだよなぁ・・・。さっき寝起きに調べたアメダスだと山形は雹が降っててこっちは7時過ぎに強い雨雲が通過するみたいだからスタート遅れそうだしなぁ・・・

P1120085
ということで一路滝を目指して寝起き一発目から山道ハイキング決行ですw

P1120089
そして山道を散策しながら下って、やっと残り0.1kmの看板が出てあと一息か・・。というところで「熊出没注意」のこの看板がやけにリアルっす。
この辺り(仙台)で「熊出没注意」の看板が指す「熊」ってあの大きいツキノワグマとかヒグマとかイメージ通りの熊なんですかね? それとも穴熊とか一応小さくても熊科の動物のことなのかいつも疑問です^^:

-Pen Seur-0091
そして着込んだヒートテックの発熱にまたしても苦しみながら残り0.1kmを進んで・・

-Pen Seur-0093
前進を続ける仲間の前についに秋保大滝が♪

-Pen Seur-0095
ということで朝一から山道を下って ” 気持ち悪ぃ・・死にそう ” とか息切れしながらも無事到着でハイ!チーズw ちなみに滝の近くに駐車場が有ったので歩きたくない方は車で目前まで行けるようですw

-Pen Seur-0109
そんな秋保大滝は水量も落差も結構あるので見応えがあり、仙台ハイランドからも15分位と比較的近いので仙台に行っても毎回レースだけじゃ嫌じゃボケィ!となった際にはぜひともオススメのスポットです^^

とまぁ、こんな事をしていたら遅刻しますた・・・サーセンw

akane380 at 03:53|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2012年11月13日

最後は派手に散れ!?

-Pen Seur-0445
ということで、来月12月2日(日)に筑波サーキットのコース1000で行われるロードライダーフェスタ! ( R/R FESTA! )内で行なわれるJD-STER 1/16mile レースの詳細が何となく分かりました。

【R/R FESTA! 其の四】 JD-STER暫定エントリーリスト発表 ←詳細はこちら

普段ドラッグレースに触れる機会の無い方達にドラッグレースを直接目で見て感じて知ってもらおうという趣旨で競技が行なわれるようで、迫力の有る熱い走りは速い人達に任せて、自分のような色物系は爆音轟かせて派手に散れってことのようですw
とりあえずこのイベントでの走行が終わったらエンジンを降ろして仕様変更の為に全バラにする予定なので、人間が散らなければマシンは散ってもいい・・・っていうのは冗談で、そんなリスクを犯さなくてもドラッグレースは十分楽しめるってのを見せれればって思います^^

ちなみに今回どんなマシンが筑波で走るのかは上のエントリーリストを見ていただくとして、普段のJD-STERでは広くどんなマシンが走っているのか?
Dragbike
が、こちらのアメリカのドラッグサイト DRAGBIKE.COM に9月に行なわれたJD-STER Rd.4 の模様が紹介されていますので、そちらを見ていただくといろいろなマシンが走っているのが紹介されていて、本当に手持ちのマシンで参加できるんだなぁ・・・と次期参戦を目指して興味のある方にはその辺りも参考になるかと思います^^



akane380 at 02:27|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2012年10月28日

JD-STER 2012Final

前回に続き、今回は先週の日曜日に仙台ハイランドで行われたJD-STERの報告ですが、-Pen Seur-0134
普段はいつもゲートオープンの6:00時に合わせて現地入りするのですが、今回は宿を5:30に出発するも訳あってというか、朝一に確認したレーダーアメダスで7時過ぎから局地的な雨の通過があるとのことで、こりゃ急いでも仕方ないね。。。と少し寄り道をして8時前にハイランドに到着。

-Pen Seur-0145
で、コース入りして少ししたら、向こうは快晴でこっちは土砂降り・・なんて具合でして、お陰で珍しい二重の虹が見えました^^

-Pen Seur-0155
そして待機していると雨も上がったようでコース清掃が始まり、ある程度乾いたところでスタントライディングコンテストが始まりましたが・・・

-Pen Seur-0181
またしても土砂降りの雨で一時中止w

-Pen Seur-0180
それにしても出来る人からすれば何に乗ったって要領は変わんないのかもしれませんけど、グースでもポンポン技を繰り出せるものなんですねぇ・・・
キャブ車での直角ウイリーとかってオーバーフローでの息つき対策とかどうしてるのか非常に気になりました^^:

-Pen Seur-0285
そんなこんなで天気にやられて開始時間がズレにズレて走行開始が午後1時頃からのスタートとなったのですが、

-Pen Seur-0206
それまでカメラ片手にフラフラしていたもので準備がw
急いでNOSのボトルを交換してゼッケンを貼り直して、ツナギに着替えて・・・って無理だな。。。ということで、1本目のストリートETの走行をキャンセルしていつもJD-STERで仲良くさせていただいている方々を勝手に記念撮影でもとw

-Pen Seur-0219
こちらはカリカリにイジったV-MAXで9秒台の記録を持つ川田さん。
昨年のレースでマシンが炎上するというアクシデントに陥りながらも今年の後半戦で見事復活!
9秒台の本調子は来年にお預けですかね^^

-Pen Seur-0254
そして毎回バイクイジりでの経験談が面白いHONDAのX-4で10秒前半の走りを見せてくれる福田さん。
話を聞いていると細かな事に対しても非常にシビアに観察されているので、とても勉強になります^^

-Pen Seur-0306
そんなお二方が対決し合うこの構図が今年は何度もあって・・・^^:
応援する側としてはどっちが先にゴールしても非常に複雑な心境でしたw

-Pen Seur-0342
そしてZ750GP ロンスイ+ターボの王道スタイルな今井さん
自分の中でドラッグスタイルの王道だと勝手に決めつけていますがこのマシンは正直シブいです^^

そして他にも撮りたい方が何人か居たのですが自分のクラスの予選走行に向けて準備しに戻ります。

で、とりあえず1/8mile に対しては目標が無いので仲間ととりあえずどうしようか?と話して、とりあえず今までの1/8mile の自己ベスト6"170秒を更新すればいいか?と。
で、面倒くさいから1/8mile で5秒台が出れば1/4mileで8秒台に繋がる走りになるだろうから先日の1/4mile時のままのファイナルセッティングで5秒入りを目指して行こう!という適当に緩い感じでスタートw

で、ツナギを着てマシンの準備もしてコースに向かう途中に何かクラッチ周りに違和感が・・・。
で、ちょっとバーンナウトの時にクラッチに負荷を掛けないように水溜まりでリアを空転させてクラッチの様子を見てみよう・・・。とか思って取った行動が周囲に水を撒き散らすという最低な結果になっていたようでホントすいません・・・^^:
この動画を家に戻って見た瞬間、さ、最低だ。。。と。
この時にもし水が掛かってしまった人にはホント申し訳ないことをしました^^:

で、とりあずマシンの方も先日交換したクラッチにトラブルが発生しているようなのでアタックを止めて、一旦修理しに戻ります。。。 修理と言っても滑り初めているのでロックアップの効果を強めにする位でしか対応できないので、その辺りの修正程度ですが・・・

そのお陰でスタートのタイミングが合わずフライングw
まぁ、力みすぎたのかな?と挑んだ3本目・・・
P1120159
またフライングww って今まで2度連続でフライングとかしたことが無かったので「これやばいでしょ?」と、とりあえず仲間と笑うしかありませんw

-Pen Seur-0450
その後4本目の走行は石橋を叩いて何とか無事に走りきって・・・って全然タイムアタックになってませんが、このパターンはもしや!?って感じで・・・

-Pen Seur-0404
またしても今年最後の走行となるストリートET2本目にて伸るか反るかの一発勝負の時が来たようですw
で、前回はエアを抜きすぎて失敗したので今回は増やす方向でチュイ〜っとw

-Pen Seur-0401
そして今年最後の走り納めなのでクラッチも気にせずバーンナウトもガッツリと^^

そんな最後の走りがこちら・・・


P1120150
とりあえず何とか最後の最後で6"051秒を出して今までの1/8mile での自己ベスト6"170秒も更新成功♪

とりあえず1/4mile の自己ベストも更新したし良かった良かった。なのか?って感じで自己ベスト更新しても今回の8秒、5秒台の目標を一個もクリアーしていない & 中途半端にオチが無いという微妙さw

-Pen Seur-0428
ホント、サーセンの図w




2012. シーズン終了時点での自己ベスト

1/4mile 9"224秒
1/8mile 6"051秒

とりあえず遠回りしながらコツコツやっているので時間が掛かりますが、
また来年の最終戦で目標達成頑張ります!
今年もいろいろ絡んで頂いた皆様ありがとうございました^^


akane380 at 00:47|PermalinkComments(6)TrackBack(0)