イベント観戦

2018年12月05日

YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW 2018

SBR_3946
先日の日曜日にパシフィコ横浜で行われたYOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW に今年も勉強を兼ねて行ってきました。というか、昨年のショーからまだ半年も経っていないくらいの感覚でしたが、時既に年末で一年経つのが本当にあっという間です・・・。

ES3A1273
そして今年も有り難いことにシュアショットさんのショーバイクにセラコートを採用して頂けたので、足回りや小物類のカラーチェンジのお手伝いをさせていただきました^^

SBR_3925
そのシュアショットさんの今年の作品ですが、当初は別の古いハーレーをベースに制作をする予定でそちらの車両用のリムなどを先行してセラコート処理をさせていただいたのですが、海外からの部品の納期がショーまでに間に合いそうにないということで急遽ベース車両を変更して一からの制作となり、相当タイトなスケジュールで今年もかなり追い込まれての準備となってしまったようですが、

SBR_4079
スロットルボディをダウンドラフトにセットするためにワンオフでインマニを鋳物で制作して、ダウンドラフトで真上に配置されたスロットルボディやエアフィルターを上手く纏めるように板金で板材からハンマーで叩いて造形したワンオフのアルミタンクなど、Fuelラインの新設や見えない部分の足回りの仕上げや配線関係などなど、スタッフの皆さん総出で極短時間でここまで仕上げてくる熱量は毎年制作過程を見させていただいていますが本当に半端ないです^^:

SBR_3819
ちなみに今回、急遽ベース車両が変更となった事で足回りの部品なども変更となってこちらのビレットホイールを新規にセラコート処理をする運びとなったのですが、

SBR_4188
当初希望の色味はガンメタ系とのことで、ガンメタ系であれば事前に濃淡に変化を持たせた色味を数種類オリジナル配合で制作していたのでこれでイケるだろう・・・と考えていたところ、シュアショット代表の相川さんのイメージしていたガンメタはアルマイト風の青味の強いガンメタを希望されていたようで、自分の準備していた色見本にそのような仕様は無い。。。
しかもセラコートはウレタン塗料のように塗料を混ぜて調色をして希望の色を作ったところで実際に焼き上げてみないと本当の仕上がり色が分からないという面があり、新規で色を作るとなると非常に手間と時間が掛かるのですが、今回自分に与えられた作業猶予は入庫から発送まで3日間しかないという中で出来る限りベストを尽くさせて頂き、

SBR_3858
何とか相川さんからイメージとバッチリと言っていただける新作のアルマイト風ガンメタを完成させることが出来て、無事に乗り切ることが出来ました♪

SBR_3820
その他ではここ最近増えている作業の一つでピッカピカなK&Nのパワーフィルターも・・・

SBR_3873
今回はセラコートのマットブラックで仕上げさせていただきました^^


ちなみにピカピカといえば・・・SBR_3970
メチャクチャ気合の入ったフルメッキ?ポリッシュ?のマシンが出展されていましたが、この気合というか情熱の掛け方も凄かったです。

SBR_4066
そして国産、外車、現行、旧車、二輪に四輪様々に入り混じる会場を見て回っていると・・・

SBR_4092
何やらFフェンダーを会場でモックアップしてデモンストレーションをしているなぁ・・・とマシンを見つつ、何となく見たことがあるマシンだなぁ・・・と視線を曲げるとクスノキカスタムワークスの楠さんが居てびっくりしましたw
このクスノキカスタムワークスの代表を務める楠さんですが、以前からNOS関係の事などでお付き合いをせていただいていて、数年前にドラッグレースを初めて短期間でハーレーのドラッグレース団体であるV.D.Aで最速をマークして年間チャンピオンを獲得し、 ドラッグレースは一定の結果が残せたし今度はボンネビルで最高速トライアルをして前人未踏の参加クラス初の200mile オーバーを狙ってやろう!と制作中のマシンを今回ついに正式にお披露目されたようで、その最高速トライアル用のフェアリング制作の真っただ中だったようです^^

SBR_4085
そしてラッキーな事に個人的にこの行動力抜群でレースの世界で結果を残してきているクスノキカスタムワークス代表の楠さん(右)と独創的でショーの世界で結果を残してきているシュアショット代表の相川さん(左)をいつか双方に紹介したいなぁ・・・と以前から思っていて、楠さんの地元が兵庫なのでドラッグイベントくらいでしか会えないからなぁ・・・なんて思っていたところだったのでこんなタイミングを逃してたまるか!と、速攻で楠さんに紹介させて頂きたい人が居る旨をお伝えし、やっとお二人を合わせる事ができました^^
そして会場で話していて面白い共通点があったのですが、シュアショット代表の相川さんも兵庫出身で、自分も母親の田舎が兵庫で兵庫の血が流れているので、3人共兵庫に所縁があって面白い巡り合わせで出会うもんだなぁ・・・と常に触発していただける人達と出会える事に感謝です^^

SBR_4117
ちなみに面白い出会いといえば、十代の頃に地元でバイクチームを一緒にやっていた地元の仲間がペインターとしてブースを出展していましたw
とりあえず周りに出展していた本場の外人ペインター達には負けねー!くらい言いなさいってことで、ColorHolic というペイントショップを営んでいるのでカスタムペイントやワンポイントのピンストやエアブラシワークなど、デコトラからローライダーまで二輪四輪関係なく塗れるものは何でも対象として作業してくれると思いますので興味のある方はリンク先のギャラリーページを見てみてください。

SBR_4141
そして今回もイベント事と兼ねて一石二鳥を狙って、帰り掛けにパシフィコ横浜から程近い一国サイクルワークスさんへ直接セラコート施工品の納品に向かったのですが、普段作業のやり取りは宅配便で荷物をやり取りしているので直接お店に伺うのは初めてだったのですが、何でこうハーレーのショップさんは皆お洒落なんだろうか・・・。というくらいに綺麗な店内で、

iphone_IMG_0437
一国サイクルワークスさんも画像のようなBuellベースでワンオフ制作したフレームのレーサーを作ってサーキット走行を行っていたりと、またしてもマニアックなハーレー屋さんでした^^

iphone_IMG_0438
そしてこちらは一国サイクルワークスさんのシャーシダイナモブースですが、先ほどの楠さんもシャシ台を持っていて、シュアショットの相川さんも只今絶賛シャシ台ブースを建設中と、ハーレーのショップさんのシャシ台保有率が高くて本当驚きでした^^:

SBR_3964
ということで、あっという間に今年も終了ですが、来年もいろいろ楽しみな事が控えているので自分ももっともっと頑張ります^^



おまけ

SBR_4002
SBR_4013
SBR_3929
以前からBMWが気になっているのですが、BMWも個性が出しやすくて楽しそうですね^^

akane380 at 01:35|PermalinkComments(8)

2017年12月06日

26th Annual YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW

SBR_9189
という事で今年もパシフィコ横浜で開催された横浜ホットロッドショーに行ってきました^^
このショーは
YOKOHAMA HOT ROD CUSTOM SHOW (以下 HCS) とは MOONEYES が主催する日本最大級のインドア Car & Motorcycle Show。日本国内はもちろん世界中で注目を集める Motor Showです。
さらに海外のビルダーとそのビルダーが製作した車両がゲストとして来日し、一日楽しめるスワップミート、ライブバンド、ペイントコンテストなどなど楽しい企画が満載のイベントです。


ということで・・・
SBR_9193
会場内も会場の外も人、ヒト、ひと・・・で凄い熱気でした^^

SBR_9284
そして会場内は作り込まれたショーカーや

SBR_9251
V Twinなレーサーマシンに

SBR_9349
国産ベースのNew Schoolなショーバイクの姿も^^

SBR_9451
そして会場内を見て回ると薩摩サイクルワークスさんの展示車両にて今年の5月頃にセラコート処理にて製作させて頂いたFCRキャブレターを装着したマシンを発見♪

SBR_9455
製作時には何度もメールで打ち合わせをして色などを決めていただいたのですが、その時にはエンジン側の部品などもパーカライズ処理をしている最中との事で最終的な纏まり具合が想像出来ていない状況だったのですが、こうして完成形を見ると本来レーシングキャブレターが似合わないノスタルジックな仕様でもレーシングキャブレターを装着している感が出ていなく、ビンテージ的な纏まり感もあって非常に格好良く仕上がっていて完成形を実際に見て一安心しました^^

その後も会場内で他にウチで作業を行った車両を探したのですが、2台見つけたもののハーレーの部品は見慣れていないのと特徴的な色や仕様じゃ無い為に本当にウチで施工したかが分からず完成写真の撮影は出来ず・・・^^:
そして会場内を半分見終わった頃にMID-KNIGHT さんのブースを発見。
SBR_9327
今回 MID-KNIGHT の金子様が娘さんの為に製作して展示していたマシンが非常に良く出来ていたのですが、こちらのベース車両が何か分かりますでしょうか?
ちなみに純正モノサスでゼファー750よりもフレーム剛性が高く車両代がもしかしたら安価? なあの車両ですが、外装などはかなり加工をして取り付けをされたとの事で、

SBR_9329
答えはカワサキのZR-7 というバリオスの親玉のようなマシンですが、本来はGPz-F 系の角ヘッドのエンジンを載せている車両にゼファー750の丸ヘッドエンジンを載せ変えているのか・・・な?と詳しいお話を聞き忘れてしまいましたが、今回はこちらのマシンに取り付けるミクニのTMRキャブレターをマシンのバランスとマッチさせるべくフルセラコートにてBlack TMR仕様で製作させて頂きました^^

SBR_9401
そして会場内を見て回っていると昨年に引き続き今年もセラコート処理でお手伝いをさせて頂いたシュアショットさんのブースを発見^^

SBR_9393
今年は去年製作したスポーツスターと2台の展示との事で、

SBR_9392
SBR_9426
あのマットで施工したリムがどのような雰囲気になるのか? また、あの細くて大径なフロントリムがどのように仕上がるのか?を楽しみにしていましたが、半端なくお洒落な仕上がりに纏まっていました^^

SBR_9533
それを裏付けるように今年シュアショットさんが製作して持ち込んだこちらの1967年製のビンテージなハーレーが何と、当日の数多い展示車両の中から選ばれるアワードを3つも獲ったとの事で本当に素晴らしいです♪ おめでとう御座います^^


SBR_9404
ちなみにこちらのスポーツスターは去年製作したマシンの2号機との事ですが、昨年は会場への搬入が選考時間内に間に合わず章典外となってしまったとのことで、こちらのマシンもオリジナルのカーボン外装などでかなりレーシーでカッコイイので時間が間に合えばアワードが狙えたのではないかと思うと残念ですよね。。。
というか、毎年違うコンセプトで新規に車両を作って参加するって所が凄いですが。。。
また、この車両は現在販売中とのことで、コンプリートマシン製作やこのオリジナルの外装キットなども SURE SHOT さんにて購入する事が出来るとのことですので、気になる方は是非^^

SBR_9210
ということで今回3台の完成車両の実例画像をゲットすることが出来ました♪
今回関わらせていただきましたオーナー様方、本当にありがとう御座いましたm(_ _)m
それにしてもこのフロート室がこの向きで付くとは思いませんでした・・・。


   
〜 以下、会場で雰囲気のあったマシン達です 〜



SBR_9228


SBR_9246


SBR_9281


SBR_9229


SBR_9199


SBR_9253


SBR_9224


SBR_9221


SBR_9276
見応え十分なイベントですので来年は是非^^

akane380 at 11:40|PermalinkComments(4)

2017年10月06日

SAF2017 Challenge

SBR_9785
前回の記事で書いたとおり急遽立ち上がった今年最初で最後の1/4mile 8sec チャレンジですが、少ない期間でベストを尽くし、先週末に富士スピードウェイで行われたスーパーアメリカンフェスティバルの舞台にマシンを持っていって走らせてきました。

SBR_9879
と言っても今回のチャレンジは自分のマシンではなくこのTさんが乗る隼ターボを元気が良かった全盛期の頃の当時の走りに戻せるか?というチャレンジで、2週間という準備期間でしたが調子を崩しっぱなしだったエンジンを組み直して夜な夜なスタートの練習をしてで、 元気があれば何でも出来る!で8秒台を狙い張り切ってスタート。

SBR_FILE0745
当日一発目の走行ではスタートで横滑りしてしまいタイムは狙えませんでしたが、その後の加速力はエンジンを組み直す前とは完全に別物との事で、サイドカウルに埋め込んだ追加メーターが加速に伴う風圧で押し出されて飛び出すなど今まで問題がなかった部分に若干トラブルが発生しましたが、とりあえず地元で高回転まで回す事が出来ず確認が出来なかったHiブースト時の燃調も問題無い事が確認出来たので、2本目からは安心して攻めの方向で行くことに。

SBR_9868
結果、先ほどの復活一本目の走行は横滑りして問題外な11秒台でしたが、2本目の走行では1本目のダダ滑りを考慮してスタート時の回転数などを変えてリアを滑らせぬよう、不要にパワーを掛けないようにスタートをしてもらったものの、それでもクラッチのリリースと共にブーストコントローラー制御のブーストが立ち上がりを開始するとリアが滑って前に進まず10秒台後半を記録・・・。

SBR_9958
ただ、エンジンのパワーは捨てるほど十分にあるようなので3本目はタイヤのエア圧やスイングアームの垂れ角や車体姿勢などを変更し、食わない路面に悩みつつもスタート時のパワーを殺して初期ブーストを更に落とし、ロスを少なくしてスタートで失った分を後半のパワーで巻き返す作戦が功を奏してタイムも一気に9.2秒まで詰めて目標の8秒台に一気に迫ったところで午前中の走行枠が終了。

SBR_9905
朝一から3本の走行で11”105秒 ⇒ 10”775秒 ⇒ 9”265秒と確実に目標に近づき、9秒台前半のタイムも久しぶりとの事で後はあっさり8秒入りしてチャレンジ終了か?と思いきや、午後の走行枠でもスタートでの横滑りが収まらず2本走行した時点で9秒前半と11秒台の極端なタイムでどうもクラッチにトラブルを抱えてスタートが厳しい模様。

SBR_9677
ここで不思議なのが地元のテストコースでスタートの練習をした時には一度も横滑りをしなかったのになぜここに来てダダ滑りを起こすのか・・・^^:

やはり夜な夜なの練習時にはいろいろな事への警戒心で神経が研ぎ澄まされているのに対して、今日は安全な場所ということで少しラフな乗り方になっているのではないか?などと話し、もっと集中して丁寧に行きましょう!と。

そして時間も過ぎて最後となってしまった一本。
スタートを決めて60ft の区間タイムを詰められれば確実に8秒に届く・・・



そんな期待を背負い挑んだラストランで・・・




SBR_9888
よりによって当日一番盛大な横滑りを披露して終了w
考えてみたらこのマシンはフルパワーの状態で仙台以外の路面で走った事がなかったんですよね。
現状の仕様がラバーの乗った仙台ハイランドのドラッグコースに合わせたままの仕様がベースなので、来年はその辺もしっかり見直さなければダメかもしれませんね。。。
それとオーバーヒート対策もしっかり施さないとせっかくの走行枠が殆ど冷却に費やされてしまい、1時間30分の走行枠でたったの3本しか走れなかったのも手返しよくセットアップが出来なくて痛かったです。

SBR_9901
まだ他にも改善が必要な部分がいろいろ浮き彫りになって、今回は洗い出しのいい走行にはなったと思いますが、今回サポートさせて頂いたエンジンに関してエンジンのパワーは全盛期を取り戻せていたようなので、このエンジンにどれだけのライフが残っているか定かではありませんが、各部を詰め直して本領発揮はまた来年以降に期待ですね^^
そして今回の話を受けてから2週間という短い間での即席のチャレンジで目標の8秒入りまでは持っていけませんでしたが、束の間の良いチャレンジで来年は自分のマシンでこの隼ターボと張り合えるようなチャレンジをしたいと思います^^

SBR_9918
で、新宿でのDRAG Night 以来ハマっているもう一つの楽しみだったオシャレルズのライブも今回観れたので個人的には一日楽しめて良い息抜きになりました♪


akane380 at 04:33|PermalinkComments(8)

2016年05月25日

D&S FESTIVAL 2016

SBR_0412
先日の日曜日は栃木県のツインリンクもてぎで行われたD&S フェスティバルに行ってきました。

IMG_0542
今回も前回の筑波に続いて撮影の練習目的での参加ですが、今回はどうせならということで会長の塩原さんよりお誘いを頂いてカメラマンの仲間と共に当日のイベント撮影のお手伝いをさせて頂きました^^

SBR_0357
D&S は仙台ハイランドで開催された時に何度か参加させて頂きましたが、今回もエキスパートクラスのモンスターマシンから・・・

SBR_0371
内外装をバッチリ決めたドレスアップマシンにレトロな雰囲気満載の旧車・・・

SBR_1312
そして車格の大きな外車までと

SBR_0258
一日を通して楽しく撮影させて頂きましたが、やはりスタートからフルパワーで全開走行なドラッグレースは迫力があって最高でした♪  皆さんの熱い走りに触発されて自分も12Rのさらなる調整を進めたいと思います^^



akane380 at 06:52|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2015年11月26日

2015 アメリカンサンデー

_MG_0024
先日の勤労感謝の日に今年最後となるドラッグレースイベントに行ってきました。

SBR_3897
今回はハヤブサターボに乗るTさんに誘って頂いて、ツインリンクもてぎで開催されたアメリカンサンデーでのデモランと展示を目的に参加させて頂いたのですが、

SBR_3661
何と言っても人生初のツインリンクもてぎのオーバルコース♪

_MG_0010
この場所をIRLのダンウェルドンやスコットディクソンが爆走したんだなぁ・・・程度であんまり深く考えずにいたのですが、オーバルコースなのでコーナーにはバンク(傾斜)が付いているのは承知していたものの、

_MG_0016
まさかストレート区間も微妙に傾斜がついているとは知りませんでしたw
※画像はカメラ側で水平を出して撮影したものですが、ツリーの傾き分傾斜が付いています^^:

_MG_0042
そして当初デモランは午後の時間帯に一本だけの予定でしたが、急遽朝一のミーティングが開始される前の時間を使って一本だけ路面のチェックも兼ねた練習走行が行えるようになったのですが、いざ練習走行の順番が回って来てバーンナウトをするもやはり路面の傾きに合わせてリアが右に流れていってしまう。。。
要領が掴めず参ったなぁ・・なんて思いつつもとりあえず今回は路面の状況を知るためのテスト走行枠なので地元で散々走って調整してきたロックアップなどのクラッチ周りがそのまま行けそうか何も考えず全開でスタートしてみよう! とスタートからスロットル全開で予定通りNOSもスタートから吹いたところ・・・

_MG_0051
クラッチを切った瞬間、フロントタイヤを軸に思いっきりケツが横に流れてスタート早々派手にズッコケるかと思いましたw
スタート時にここまで横を向いたのは人生初ですが、単純に考えたら路面に斜度が掛かっているのに自分が垂直に構えてしまうと斜度分車体をバンクさせているのと同じことになるので、路面に合わせて若干車体を寝かせておかないとイケなかったんですね。。。 オーバルコースで走る際の良い勉強になりました^^:

SBR_3756
そんなこんなで要領も掴めたので午後の走行に合わせてクラッチ周りの微調整なども進めたのですが、予報よりも早く雨が降り始めてしまいドラッグイベントはそのまま中止に・・・。
今年はアメフェスの富士も雨でしたし、前回の筑波も雨で、今回の茂木も雨と行く先々のサーキットで雨にやられましたね^^:

SBR_3912
12Rもこのイベントに合わせて細かく仕様変更を繰り返して地元のテストコースで連日走り込み、なかなか良い手応えも掴んでいたのでアタック出来なかった事が非常に残念ですが、来年また気持ち新たに各イベントに向け出直します。
ちなみに前回製作したオリジナル電子回路の飛び道具の効果もバッチリで、これからはスタート時の静止状態からNOSを噴射して飛び出す事が可能となりました^^

SBR_3819
とまぁ走れずで残念でしたが、今回は嬉しい事にピットの隣にブロードキャスターレーシングさんのT/Fが入っていたので、

SBR_3770
調整の為にエンジンに火を入れる度に隣にいる自分等の内臓が爆音で震えるオマケ付きで、隣のT/Fからセルを回す音が聞こえはじめるとアドレナリンが放出するというサプライズな特等席で、イベントとしても非常に楽しかったですw

SBR_3758
そして生憎の雨模様ではあったのですが、会場にはバリっと決まったアメリカンなマシンが所狭しと展示されていて、

SBR_3737
別区画では音圧系のマシンの展示など、綺麗に作り込んでいるのに雨が降ってようがお構いなしで、晴れてたら相当盛り上がるイベント間違い無しでした^^

_MG_0110
そしてツインリンクもてぎといえば、もう一つ楽しみだったのが久しぶりのホンダコレクションホールでして、久々のバタバタともご対面^^

_MG_0121
この場に立ってホンダの技術を築き上げていった試行錯誤の数々なんかを見ているとホント勇気を貰えます。

SBR_3982
個人的には何かをやる時に道徳的なこと以外であればイレギュラーな事だろうと好きなようにやるべきだと思うんですよね、独創性というか、〇〇はこうじゃないとダメ!みたいなのが嫌いでして、セオリーを重んじる方にとっては「ああいう事はやってはイケナイ!」と反面教師として扱われてしまうのですが、何事でも既に完成の域に達したような事でさえ常に新しい発想で挑む事で、昨日までの常識がいきなり覆される事だって良くある話な訳で、基本やセオリーなんて時代と共に移り変わる有って無いようなものなんじゃないかなと。 
_MG_0125
そうなると独自理論でやはり冒険して失敗を積んで経験則を沢山蓄えることが後々に繋がるんだと、
SBR_3986
技術のホンダをもってしてもいきなりこんな凄いマシンが作れた訳ではないんだと、何度も自分に言い聞かせて失敗続きの自分を励ましたり・・・ってそろそろ末期の鬱でしょうか?w

SBR_3844
とりあえず来年自己ベスト更新して今年の不発分を巻き返せるように前向きで陽気な鬱患者として引き続きレース活動も頑張りますw

akane380 at 16:31|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2015年11月14日

2015テイストオブツクバ 秋 画像庫

先週のテイストの疲れが未だに抜けませんw
SBR_5555
というか、前回のテイストの時に200mmの望遠レンズを持っていったら距離が足りなかったので、

SBR_5606
今回は倍の400mm で勝負だ!とかたまのレース撮影でストレスを発散する予定が・・・

SBR_3319
午前中は天気が持つとの予報が外れて朝一から雨で・・・、まぁ降る事は想定内!と雨対策として購入していったヤッケに防水能力が無いことを知らず浸水しまくりで寒いし冷たいし暗くて撮影に向いてないしでホント辛い・・相変わらず人生終わってんなとw ストレスを発散するどころか試練のような状況に何度「耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び・・・」と心の中で呟いたことかw 最後の方は周りで撮影していたプロっぽい機材の方達も撮影を諦めて首を横に振りながら納得の撤収モードw

SBR_3327
流石にこの暗さだと高速で動く被写体にピントがなかなか食いつかないのでカメラの感度をガンガン上げて対応させるも、そうすると今度はノイズに悩まされているところに追い討ちをかける小雨ありで超ノイジーな仕上りに終始ガッカリで、精神的疲労と肉体的疲労でこちらもDNF寸前w

SBR_3239
でも当日一番大変だったのは悪天候でスリッピーな路面と格闘していたライダーさん達なので何とかそのドッグファイトをいい画像で撮ってやろうとこちらも気合を入れて悪天候と格闘した一日でした^^:

ということで以下、知り合いの方とかが写っている画像が有りましたらご自由にどうぞm(_ _)m

SBR_1610SBR_1613SBR_1626SBR_1630SBR_3294SBR_3262SBR_1661SBR_1694SBR_1815SBR_1820SBR_1822SBR_1826SBR_1828SBR_1832SBR_1852SBR_1990SBR_2036SBR_2053SBR_2802SBR_2992SBR_3002SBR_3140SBR_3222SBR_2109SBR_2100SBR_2053SBR_10469SBR_10489SBR_10494SBR_10498SBR_10505SBR_10506SBR_10510SBR_10516SBR_10525SBR_10535SBR_10539SBR_10553SBR_10556SBR_10560SBR_10582SBR_10590SBR_10631SBR_10623SBR_10622SBR_10610SBR_10593SBR_10597SBR_10598SBR_10601SBR_10607SBR_10637SBR_11986SBR_11988SBR_11991SBR_12002SBR_12009SBR_12023SBR_20674SBR_20660SBR_20676SBR_20688SBR_22142SBR_22065SBR_20773SBR_20728SBR_20727SBR_20718SBR_22142SBR_22144SBR_22153SBR_22158SBR_22162SBR_30764SBR_22226SBR_22222SBR_22220SBR_22217SBR_22209SBR_22184SBR_22168SBR_30777SBR_30785SBR_30795SBR_30798SBR_30812SBR_30816SBR_30850SBR_32237SBR_32345SBR_32337SBR_32330SBR_32286SBR_32281SBR_32275SBR_32266SBR_32261SBR_32350SBR_32357SBR_32361SBR_40946SBR_40953SBR_40958SBR_40960SBR_41021SBR_41033SBR_41041SBR_41046SBR_41052SBR_41061SBR_41070SBR_41123SBR_41157SBR_41178SBR_41182SBR_41186SBR_41215SBR_41218SBR_41219SBR_41221SBR_41231SBR_41172SBR_41265SBR_41268SBR_42383SBR_42385SBR_42396SBR_42405SBR_42414SBR_42437SBR_42441SBR_42446SBR_42449SBR_42457SBR_42521SBR_42600jpgSBR_42633SBR_42643SBR_42657SBR_42664SBR_42726SBR_42763SBR_51316SBR_51317SBR_51329SBR_51357SBR_51347SBR_51385SBR_51399SBR_51445SBR_51454SBR_51501SBR_51335SBR_51528SBR_51506SBR_51517SBR_51504SBR_51530SBR_51538SBR_51540SBR_51543SBR_51548SBR_51556SBR_51558SBR_51560SBR_51562SBR_51576SBR_52767SBR_52785SBR_52822SBR_52844SBR_52856SBR_52858SBR_52886SBR_52892SBR_52893SBR_52904SBR_52907SBR_52925SBR_52939SBR_52958SBR_1976


akane380 at 06:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年11月10日

テイストオブツクバ 秋

SBR_0454
先日の日曜日にツクバサーキットで行われたテイストオブツクバに行って、先日仕上げたコーイチさんの部品を撮りつつ走行風景も撮ろうと春以来なツクバサーキットに行ってきました。

SBR_2154
当日は予報より早く朝のうちからパラパラと雨が降り始め、

SBR_1976
徐々に雨脚も強まったりで撮影するには最低のコンディションで走るライダーさん達もやはりリスキーだったようで、当日はセーフティーカー大活躍で

SBR_1640
ライダーさん達も文字通り命がけ。。。

SBR_1911
とりあえずそんな中、カメラを雨水から守りつつ何とか先日仕上げたクラッチカバーのワンショットを収めて一安心で、徹夜のまま寝ずに行って朝8時から夕方17時まで立ちっぱなしでずぶ濡れになってぶっ通しで全クラスを撮影してたら普通に体調崩しますた・・・。

SBR_1838
ということでコーイチさん&GPz1000RX

VS


SBR_1813
カワサキが誇る最新の310馬力マシンH2Rとの熱いバトルの様子は近日コーイチさんの日刊ユウシンブログにて・・・って他力本願ですいませんw 頭がボーっとして全く回らないもので・・・。

akane380 at 20:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)