V-MAX1200エンジン製作

2021年08月29日

V-MAX1200 FCRセットアップ

今回の記事はFCRセットアップと題していますが、セッティングに関してではなく、ゼロヨン9秒入りを目標にV-MAX1200のエンジンを製作する上で、出力向上を目的にFCRキャブレターの取り付け位置を変更した際の作業内容となります。
SBR_9173
今回V-MAX1200に於いて、エンジンのパワーのみでゼロヨン9秒入りをさせるという目標を頂き、それに向けてエンジンの仕様などを検討する上で、純正キャブレターから置き換えただけのこのFCRキャブレターの取り付け位置が気に入らず変更したいなぁ・・・となりまして、

SBR_8198
気に入らない主な理由としまして、キャブレター同士のクリアランスが狭すぎて・・・、

SBR_8404
お互いのトップキャップのネジがめり込んで痕が付くほどキャブ同士がぶつかってしまい、

SBR_8199
そのお陰でインシュレーターをしっかりセットする事が出来ず、定期的に嵌り具合をチェックしないと二次エアを吸う恐れが有った事、それとセッティング時にトップキャップを外すのが非常に面倒臭いので手返しが悪いこと、Vブースト機構のお陰でせっかくのダウンドラフトのメリットが生かせないなら出来るだけフレッシュエアーを吸わせてあげたかった事など、直感的に良くない印象が多数だったので取り付け方法の変更を行う事にしました。

vfr750_keihin_fcr
そこで一発目に考えたのがVブースト機構を取り払ってRC30などに採用されているこのマウント方式の導入ですが、

IMG_9527
インシュレーターの取り付け面が上を向き過ぎているのでこのままの角度ではキャブレターのヘッド側がシリンダーにぶつかってしまい装着が出来ず、一旦前に押し出すにしても90度VバンクのRC30と違って前後シリンダー間のバンク角が70度と狭いV-MAXでは前後のキャブレターが入るスペースが無いので却下。
仮にこれが自分のマシンでの挑戦だったらV-MAX1200はインマニ長が長いので、インマニを取り外すべく、キャブレターから50仭宛紊離好蹈奪肇襯椒妊に変更して、高回転領域でどのような変化が得られるかを試してみたいところでした。

SBR_8100
という事で現実に戻って、先ずはインマニの向きを変更する為のパイプを旋盤で削り、

SBR_8216
位置を出したところで、いつもアルミの溶接を手伝ってくれる仲間に今回もヘルプで溶接をしてもらって、

SBR_8314
このような形でインマニが完成。

SBR_8273
インマニに角度を付けた事でインマニ長が長くなった分の帳尻を合わせるべくスピゴットを旋盤で加工して、

SBR_8298
取り付けに支障が無いレベルでショートに。

SBR_8302
こんな感じでセット。

SBR_8435
そしてそれぞれの部品をエンジンに組み付けて完成♪ と言いたい所でしたが、画像右側、3番シリンダーの吸気ファンネル上部にラジエターのホースが通っていて、このままでは3番だけ熱せられた空気を吸う事になり他の気筒と条件が変わってしまう。。。

SBR_8440
しかもよくよく見ると、右側のエアーダクトはダミーで中にはラジエターのサーモスタット部分が収められていてイメージしていたような風は通らず・・・、

SBR_8441
ちなみに反対側のダクトは内部が空で、これでは左右でも吸気の条件が変わってしまってこのままではバランス的にダメだ。。。と。

そこで水周りの取り回しを変更しますが、SBR_8113
今回はラジエターも以前までの純正から容量アップを果たすので、その辺の効率も考慮して、

SBR_8569
新規でラジエターホース類を製作。

SBR_8591
そして邪魔なサーモスタット関係はキャブレター間にセットをして、

SBR_1039
SBR_1022
このようなオリジナルな感じでバランスを取って納まりました^^

SBR_8437
あとはエアーダクトの不要な部分をカットして・・・、

SBR_9622
これで4気筒全てが同一条件でエアーダクトからのフレッシュエアーをキャブレターに吸わせてあげられる仕様に変更できました^^

SBR_3762
結果論的な話になってしまいますが、結果的にエンジンの出力も大幅に向上する事が出来て、目標だったゼロヨン9秒入りも無事に果たす事が出来ましたので、このような細かな気配りの仕様変更もタイムアップの為には馬鹿には出来ないのかもしれません。





akane380 at 05:31|PermalinkComments(4)

2021年06月15日

2021 JD-STER Rd.2

SBR_0249
先日行われたJD-STER Rd.2にてV-MAX1200のオーナーさんがスタートの練習がてら参加をするとの事で、日曜日に観戦がてら会場に足を運んでみました。

SBR_9629
朝方は空もどんよりしていて意外に涼しい一日になるんじゃない?なんて思いましたが、

SBR_0067
日が昇り始めると気温がグングン上昇して、アスファルトに囲まれている事も有り、外気温も30度を超えてマシンにとっても人間にとってもかなり厳しい一日でした。

SBR_0077
そして今回も前回同様、こちらは指示を出さずにオーナーさん自身でセッティングなどを考えてもらい、現場の状況に合わせる現場力を養ってもらう方向で頑張って頂きました。

SBR_0132
という事でオーナーさんは土曜日の前日練習日から参加して走り込んで感覚を掴んできたとの事で、フロントを軽くリフトしての加速も慣れてきたようで、

SBR_0434
イベントの後半で60ftの区間タイムを1.6秒台前半まで詰める事が出来たようです^^
そして今回の参戦はスタートの練習が目的で気温的にもタイムは狙えないだろうなと、そんなつもりだったのですが、トーナメントでターボやNOSが付いた車両達が犇めくBクラスに入れたようで結果的に上出来だったのではないでしょうか^^


thumbnail_IMG_5646
ちなみに前日の練習走行日に自己ベスト更新とまではいかなかったようですが、R/T=リアクションタイム(反応速度)を加算したR/T+ETのタイムでも9秒台に入れる事が出来たようで、中にはこのR/T+ETが真のゼロヨンタイムだ!と拘る方もいるので、これで文句を言わさず完全な形での9秒入り達成ですね^^





二輪のドラッグレースに興味のある方向けに参考程度に当日参加をされていた車両の一部を貼り付けておきます。
※画像に関しまして、被写体のご本人様はご自由にお持ちいただいて、何かに使えそうなら好きなようにお使いください。



SBR_9694


SBR_0338


SBR_0378


SBR_0448


SBR_0318


SBR_0385


SBR_9865


SBR_0289


SBR_0394


SBR_0140


SBR_0050


SBR_9953


SBR_0043


SBR_9976


SBR_0053


SBR_0544


SBR_9810


SBR_0031


SBR_9921


SBR_0056


SBR_0401


SBR_9989


SBR_0176


SBR_0231


SBR_9821


SBR_0266


SBR_0506


SBR_0168


SBR_9797


SBR_0499


SBR_0062


SBR_0430


SBR_0144


SBR_9980





akane380 at 03:08|PermalinkComments(2)

2021年05月12日

「結果を出せ」の難しさ

「先ずは結果を出した方が良いんじゃない?」
「結果を出さなきゃ信じてもらえないだろ」
「結果を出してから書いた方が良い」

上記は数年前によく仲の良いショップさんや先輩から言われていた言葉です。


このブログでエンジンの事やメカ的な事をよく書いていましたが、そのような専門的な事を書くなら結果を出して技術力を示した方が良いんじゃない?というアドバイスとして言って頂けたのだと感謝しておりますが、結果を出すと言っても何をすれば結果を出した事になるのだろうか・・・と、この言葉を言われるたびによく考えていました。

SBR_0110
例えば12Rで1/4mile( ゼロヨン ) 8秒台を目指してやっていましたが、あの活動の目的は色々な仕様を試しながら8秒台に近付けて行く実験がメインな活動だったので、じゃあ一気にすっ飛ばして8秒台を出します!と言って単純に8秒台を出しても他の人も既に8秒台で走っている以上、他の人が出来る事を行った所で難易度として結果を出したとは言えないよなぁ・・・と考えたりで、相手を納得させるだけの結果を出すって難しいな。。。と考えていました。

SBR_9168
そのような事を心の中にずっと持ったままの頃に、V-MAX1200のオーナーさんからドラッグレースで9秒台に入れたい!との相談を受けて話を聞くと、V-MAX専門店で長い事お世話になっても成し得ず、今までそれなりの数のV-MAXがドラッグレースに参戦して誰も成し得た事が無いという厳しい条件下での1/4mile 9秒入りという目標を掲げた挑戦で、仮にその挑戦を受けて無事にクリアーすればエンジニアとして結果を出す事になるのではないか?と。

その条件とは前回も書きましたがV-MAX1200ベースに於いて、
・クイックシフター
・エアシフター
・NOS
・ターボチャージャー&スーパーチャージャー
・フレーム補強(サブフレーム)
・トラクションコントロール等の電子制御
・チェーンドライブ化

上記装備一切無しの条件で、簡単に言ってしまえばエンジンのパワーだけで今まで誰も成し得なかった1/4mile タイムアタックでの9秒入り、

それにプラスして更に厳しい条件となる、

・個人的に一度も触った事の無い未知数なV-MAX1200のV型エンジンでの挑戦

・製作したエンジン性能の比較がし易いよう、以前にこのエンジンを制作したショップさんがチョイスした10年物の骨董品のような中古ピストンを再利用して、排気量を変えてはいけないという条件付きでのエンジン制作。

・仙台ハイランドのような条件の良い専用コースが無い事による不利。

・オーナーさんのライダーとしての技術的側面

・車検を所得した状態でのナンバー付き車両である事 ←個人的な拘り


これら自分にとってのぬるま湯となる好条件が一切無いこの挑戦を受けて結果を残せたなら

「結果を出す」

になるのではないだろうか?と。

ただ、当時V-MAXでのドラッグレースで有名な専門店さんが制作したエンジンでもクリアー出来なかった事を、V-MAXを触った事の無い自分が果たしてクリアーする事が出来るのか?という疑問も当然あったので、出来ない事を出来ると言う訳にもいかず、先ずは一度も触った事の無いV-MAX1200のV型エンジンを分解して可能性を探る事にしました。

SBR_0330
他の作業の合間に夜な夜な部品を検証して、計算して・・で、何だかんだで一年近く検証などをして、このエンジンって結構パワーが出せるかも・・・。という事で、

決して金儲けの為に受けた仕事ではないので時間が掛かる分、信頼してもらう為にも個人的なオーナーさんとの約束として、
・万が一、9秒台が出せなかった場合には、部品代と内燃機加工代以外の全ての費用や諸経費を一切請求しないと事前に約束。

・責任を持ってやりきる為にもV-MAX1200とV-MAX1700を走らせるまで自分だけレースを楽しまぬよう個人的なレース活動の自粛も約束。


更にオーナーさんにプレッシャーとなるので伝えてはいませんでしたが、個人的な決め事として、
・9秒台に入って記録を残すまではこのブログでメカ的な詳細や専門的な内容の持論の自粛。

この条件を更に追加して挑戦を開始する事としたので、このV-MAX1200のエンジン製作の詳細や、もう一台のV-MAX1700ターボの製作内容の作業記事も書かないようにしていました。

そして作業を開始して直ぐにJD-STERさんが1/8mile(200m)競技に変更となってしまい、1/4mileで9秒入りをさせるというチャレンジをする場所が無くなった事によって先行きが見えない中、作業を進めればそれだけコストが掛かりますので、オーナーさんの負担を減らす為にも一年近く作業を中断する事もありました。
その当時には「出来もしないのに金目当てで作業を受けたんじゃないか。」とか、まぁ色々陰で言われていたようですが、結果を出す自信は有ったので、とりあえず結果を出せば噂好きな人達も黙るだろうと、寧ろそのような事を聞かされたオーナーさんに申し訳ないと感じていました。

SBR_1022
ちなみに今回9秒台を記録したV-MAX1200のエンジンの仕様ですが、純正から50馬力以上出力を上げてありますが、内容としまして・・・

ピストン:再利用の社外品 83 1428cc
クランクシャフト:ノーマル
カムシャフト:ノーマル
コンロッド:ノーマル
ミッション:ノーマル
シム:インナーシム化
INTバルブ:ノーマル
EXHバルブ:ノーマル
シートリング:ノーマル
バルブガイド:ノーマル
バルブリフター:社外流用
バルブスプリング:ノーマル
リテーナー:チタンリテーナー


嘘のような本当の話、実は殆どの部品が中古純正部品の再利用でお安く出来てます^^:
高価な社外の強化パーツをこれでもか!! と列挙して書ければワクワクしてもらえたかもしれませんが、好奇心のままにこの業界に入って27年間ずっとエンジンの事ばかり考えてきた結果、料理と一緒で素材を生かせば素朴な材料でも良い物は作れると証明した方がチャレンジ難易度もより一層上がるかな?という考えもあっての事ですが。
それをオーナーさんに知ってもらう為にもオーナーさんにも手伝って貰ってセコセコ磨いて、実際に磨く前との違いを体感して驚いてもらったりもしました。
このように殆どの部品がノーマルですが、それぞれの部品には経験を元に下記のような独自の考えで味付けをしています。

ピストン:WPC処理+リング1st DLC 2nd WPC オイルクリアランス独自
ピストンピン:軽量化 DLC
クランクシャフト:ジャーナルラッピング メタルWPC オイルクリアランス独自
カムシャフト:ジャーナルラッピング オイルクリアランス独自
コンロッド:メタルWPC オイルクリアランス独自
ミッション:シャフトWPC シフトフォークWPC フォークシャフトDLC
シム:インナーシム化
INTバルブ:ノーマル 有効面積拡大
EXHバルブ:ノーマル 有効面積拡大
シートリング:当たり変更
バルブガイド:リーマー修正
バルブスプリング:セット荷重合わせ
バルブタイミング:独自
リテーナー:チタンリテーナー
リフター:WPC オイルクリアランス独自
燃焼室:オリジナル形状 容積合わせ
シリンダー:指定面研
ヘッド:指定面研
ポート:オリジナル形状 容積合わせ
各部締め付けトルク:独自
インマニ:オリジナル加工D/D
キャブレターセッティング:独自


このような内容で、基本的にはフリクションロスの低減を主目的に個人的な経験則に基づいてV-MAX1200では誰もやっていないであろう独自の考えに基づいたポート〜燃焼室の整形を行い、充填効率と燃焼効率の向上を狙った味付けを行って、今回の記録達成という結果に繋げてみました。
なので今回のエンジンはあくまでも基本ベースであり、ここから更に今風の軽量なピストンに変えつつボアを広げたり、カムシャフトの変更などでもう一段上が目指せる保険を掛けた仕様となっています。

SBR_3224
そんなこんなで・・36年前に生産されたV-MAX1200をベースに当時のままの部品を使用して、エンジンのパワーのみでオーナーさんと共に国内初となるゼロヨン 9秒台入りという結果をもってブログを観て頂いている方に技術的な面を信用して頂けるかは分かりませんが、公の場でのブログを書くいちエンジニアとして誠に勝手では御座いますが、一つの技術的な ” 結果を示した ” とさせて頂ければと思います。

SBR_7145
という事で、目標を達成して自主規制的な縛りも無くなったので、ちょうど3年前の2018年の5月11日から止まっている自分の12Rの作業記事も近々再開して、とりあえず心機一転もっと明確な結果を示す為にも国内最速を狙おうかとゴソゴソ寸法取り用のフレームも引っぱり出してきました^^
年内は厳しいかもしれませんが、冗談か本気か?国内で二度と誰にも更新されないようなタイムを目指して来年からアタックを開始出来るよう頑張ります^^





akane380 at 02:00|PermalinkComments(6)

2021年05月06日

V-MAX1200 9秒チャレンジ 何度目の正直?

SBR_7839
先日、茨城県の日本自動車研究所 城里テストセンターで開催されたJD-STERにて、以前から行っているV-MAX1200 9秒チャレンジの続きを行ってきました。

_F2A1920
この時期にこんな事を書くのもアレですが、関東での開催という事もあって、前日の練習走行からかなりの数の参加台数があり、

SBR_7751
立地も環境も素晴らしく、あとはコロナさえ無くなってくれればもっと沢山の方が気兼ねなく遊びに来れるであろう凄く良い場所でした。

SBR_8456
というか、先日のお客さんの入もかなり多かったので、今後の盛り上がりと展開が益々楽しみです^^


それにしても今回のJD-STERさんは仕事が早いようで、先日のリザルトがSNSの方に既にアップされたようで、結果を確認した方数名から ” またダメだったの? ” というメールが・・・w_F2A2024
んなわきゃないだろ!? by オーナー、という事で、初めての環境での続・V-MAX1200 9秒チャレンジをお伝えします。

SBR_7821
内心、ここまでカムシャフトが折れていた回を除けば走る毎にベストを更新していたので、今回くらいで9秒入り達成かな?と、逆に今回のチャンスで9秒入り出来なければ当面無理だろうな・・・とも考えていた中でのチャレンジでしたが、

_F2A1943
前回急激に立ち上がるトルクカーブを解消するべく行ったセッティング変更の様子見の走行1本目はスタートをミスってアタック中止で、2本目に安定の10"2秒台で、とりあえずエンジンの状態をA/F計を録画したGoproの映像を元に確認して、キャブのセッティングを変更した3本目の走行で・・・

SBR_7836
自己ベスト更新の10"044秒と9秒入り目前。

_F2A2013
これなら9秒入りは間違いないだろうと簡単なアドバイスだけ伝えて4本目の走行へ。

SBR_7891
キャブのセッティングが功を奏したようで、フロントのリフト量も上がり過ぎず接地せずで最大限ロスの無い走りで、

SBR_7898
2速に入れてもフロントを綺麗に上げたままグングンと加速して・・・

SBR_7900
そして遂に目標の9秒入り達成^^
やっと達成してくれた感で感動よりもどっと疲れがw

SBR_7913
とりあえず9秒入りはオーナーさんの目標ですが、個人的には9.7〜9.6は狙えると考えているので、ここで満足せずに更に上を狙う事に。

そして挑んだ5本目の走行で・・・


SBR_7936更にベスト更新の9"823秒までタイムを更新^^


という事で・・・



ヤングマシンさん参照データ+V-MAX2
以前にこのV-MAX1200改のパワーチェックを行った際に損失補正後の馬力が225馬力と紹介しましたが、今回タイムも残せた事でしっかりとした裏付けを立証する事が出来ました。


SBR_8367
そしてレース当日は朝一の走行でセッティングの様子を見て以降は全てオーナーさんの自己判断で色々試しながら走ってもらう事にしたのですが、

SBR_8155
前日の多くの練習走行で路面にラバーが乗ってグリップ感が上がった事でフロントのリフト量が増えてしまい、またしてもアクセルを開けきれない現象で60ftの区間タイムが上がらず10.1秒台連発。

SBR_7822
そういえば以前にフロントフォークに付いているオレンジ色のは何? と聞かれた事があるのですが、矢印のオレンジ色の帯は、フロントフォークが伸縮してしまうとスタート時に余計にフロントがリフトしてしまうので、荷締め用のラッシングでガチガチにフォークをボトムさせて伸縮しないようにする為に付いています。
なので、200勸幣紊梁度でフロントブレーキを掛けるとタイヤが逃げて死に目をみますので、真似をされる場合には注意してください。

SBR_8188
その後も何本かアタックするも、最高速が本調子の時から平均5%ほど落ちてしまい、

_F2A2417
不調の兆候が出ていないかエンジンの圧縮圧力などのチェックを行うも全く問題無しで、当日の気温が高過ぎる事によるパワーダウンが原因と判断。

SBR_8251
チェーン駆動であればスプロケットを交換してファイナルを変更する事で乗り方を変えて何とか更に上を目指す事も可能なのですが、シャフトドライブ車ではそのような変更は出来ませんので非常に難しい所です^^:

SBR_8752
そして結果的にレース当日には一度も9秒台に入れる事は出来ませんでしたが、オーナーさんは楽しかったようなのでまぁ良いか・・と^^


_F2A2184
とりあえずオーナーさんには9秒入りしたら後は自由にレースやイベントなどに出て楽しんでくださいと言っており、自分の役目はロケットのブースターと同じで目的の領域まで連れて行く事が仕事ですので、ここから先の運用はオーナーさん自身のチャレンジとして新たな一歩を踏み出して頂ければと思います^^
間違ってもどこぞの国のように制御不能になって墜落しないようにしてくださいw


そんなこんなで・・・
計画期間1年半、挑戦2年半の結果・・・



SBR_8766

V-MAX1200ベースに於いて、
・クイックシフター
・エアシフター
・NOS
・ターボチャージャー&スーパーチャージャー
・フレーム補強(サブフレーム)
・トラクションコントロール等の電子制御
・チェーンドライブ化

上記装備一切無しの条件にて、
1/4mile (402m) 国内初の9秒入りを無事に達成。

Record time : 9"823sec
2021.5/3 日本自動車研究所 城里テストセンターにて



そして目標達成でこのブログも自主規制を解除して自由に・・・
その辺りの事は次回にでも。




ドラッグレースに興味のある方へ

SBR_8618
ドラッグレースと言うと、最新のハイパワーで高額なマシンが必要と考えてしまうかもしれませんが、JD-STERさんであればそんな事は全くなく、手持ちのバイクでも十分に楽しむ事が出来ます。

SBR_8160
まさか口が裂けてもこちらの車両にうちのV-MAX1200がトーナメントで全開で競って負けたなんて言えませんがw、車両の性能差が有ってもゴール地点で同時にゴールするようスタートのタイミングを調整して競うようになっていますので、極端な話、モンキーでフルチューンの大排気量に勝つ事も可能です。


1/4mileを14秒で走るマシン vs 1/4mileを10秒で走るマシンの場合には、
14秒で走るマシンがスタートした4秒後に10秒で走るマシンがスタートをするので、ミスなく走ればゴール地点で同時にゴールをする事になりますが、そうは上手く行かないので如何にミス無く走るか?相手との戦いというよりは、自分の腕との戦いとなります。
自分の周りにも興味があるけど敷居が高いと勝手に思い込んで尻込みをしている人が居ますが、先ずは走ってみて、ご自身の全開のタイムを確認して、そこから自己目標などを設定して楽しむのも一つの楽しみ方かと思います。
レースに参加するのは緊張するという場合には、前日の練習走行の場であればお客さんも少ないと思いますので、人目を気にせず無理をせず自分のペースで何本でも走れるので気になっているのであれば考えるよりも行動した方が人生楽しめると思います。

今回のレースでも複数のクラスに色々なタイプのマシンが参戦していましたので、参考までに参加していたバイクの紹介までに下記に貼っておきます。
JD-STERさんは次回6月13日に今回と同じ茨城県の日本自動車研究所 城里テストセンターで開催との事ですので、興味のある方は是非^^
とりあえず自分も復帰目指してマシン制作頑張ります!
SBR_8726
_F2A1990
SBR_8008
SBR_8227
_F2A1964
SBR_8331
SBR_8529
SBR_8560
SBR_8183
SBR_8590
SBR_8001
SBR_8684
SBR_8600
SBR_7860
_F2A2380
SBR_8677



akane380 at 01:02|PermalinkComments(8)

2021年03月03日

目標は近いようで遠いようで・・・

SBR_4096
先週末に兵庫県のセントラルサーキットで行われたドラッグフェスティバルに遠征をしてきました。

今回からエンジンの出力をフルパワー化して初の挑戦でしたが、9:30からレースがスタートとなりましたが、数台のマシントラブルによってコース上に撒かれたオイル処理などでレースが何度か中断された影響で、時間的に余裕が無くなり予選本数が1本になってしまい、1日を通して走行本数が少なそうなので1本目から普段通りのスタートで全開でアタックして行きましょう!といつも通りに挑んだ一本目で、SBR_3762
派手にフロントを上げてしまい、今までと明らかにパワーの出方が違うとオーナーさんが喜んでくれるもタイムは当然ダメダメ・・・。

SBR_4167
昼休憩を挟んだ午後の走行1本目は先ほどフロントを派手に上げてしまったので少し抑え気味にスタートをして恐怖心を払拭してもらう作戦でアタックし、タイムが10"233と今までのベスト10"261を僅差で更新するも、

SBR_Gopromax
終速などが今までと違う事で勝手が違ったのか・・フロントタイヤのグリップを失い、止まりきれずに最終コーナーのグラベルに突っ込み転倒と踏んだり蹴ったり・・・。

SBR_4155
エンジンやキャブにグラベルの砂が吸い込まれていない事を確認して挑んだ当日最後の一本となる3回目もスタートからフロントが浮いてしまいフルスロットルに移行出来ず、10”3秒台でこの日は終了。

SBR_4282
とりあえずまともに走れた午後の2本のタイムですが、スタートを捨ててフルパワー化の後伸びでタイムを詰める作戦が裏目に出てしまい、スタートが更に遅くなってしまっているという悲しい結果に。。。

SBR_vmax_attack
前回までのベストタイム(左)と今回僅かに更新したベストタイム(右)ですが、抑え気味にスタートした事も有って330ft の区間タイムはベストを更新した今回の方が0.1秒も遅いのですが、後半の伸びとトップスピードは同一タイムながらも今回の方が速いので、エンジンのパワーは目標に対して現状で充分として、とにかくスタートさえ決まればと言った感じですね。

2013.5.26
こちらは自分が12Rで走っていた時のタイムシートですが、今回と全く同じ終速227 で9.6秒台を出せていますので、とにかくパワーを使いこなしてスタートダッシュさえ決まれば余裕で9秒台に叩き込む条件は既に整っています。

SBR_1517
また、昨年末にカムシャフトの破損に気が付かず3気筒の状態で走っていた際には、1気筒分パワーが無い事で安心してアクセルを全開に出来た為にスタートも決まって60ftの区間タイムも1.6秒台まで詰める事が出来ていましたので、何とかパワーのある状態で同じようなスタートを決めてもらいたい・・・


という事で、



IMG_2021.2.23_
今回スタートが決まらなかった一因は自分のエンジンの調整不足も原因なので、前回のパワーチェックで露呈した6千回転付近の谷をフラットなパワーカーブにして、もっと低回転域から安心してパワーを扱えるように調整し直して次回のアタックに挑んで頂きたいと思います。
乗り手、作り手、共にまだまだやれる事をやって、昭和の鉄フレームで目標の9秒入りを目指して進みたいと思います^^




akane380 at 01:03|PermalinkComments(4)

2021年02月25日

V-MAX1200 9秒チャレンジ再び

SBR_1545
昨年末に福島県で行われた2輪のドラッグレースイベントのJD-STERに参戦した際にカムシャフトの破損が見つかったV-MAX1200ですが、

SBR_3272
折れてしまったカムシャフトの破断面で傷が付いてしまったカムホルダー部分をナプレックさんにお願いをしてラインボーリングにて修正を行って頂き、無事に復活しました♪
このヘッドを一から作り直すとなるとコスト的にも作業的にも結構大変なので、ラインボーリングで対応出来てホッと一安心しました。

SBR_3264
そして今回からバルブスプリングは純正に戻しての挑戦という事で、前回分解時に何ヶ所かコッターが飛び掛かっていた箇所があったので少しリスキーですが、これでカムの破断が収まればと思います。

SBR_3225
そして時間の関係でバタバタと作業を行っていたらこんな画像しか撮っていなかったのですが、今回のエンジンの修正時に以前に若干下げた分のパワーを元に戻すべく、フロントバンクのシリンダーヘッドを新規で制作し直しました^^

SBR_3224
変な写真ですみません。
新規で作り直したのは画像奥のこちらのヘッドになります。

SBR_3287
そしてバルブの開口面積的にもう少し入らないかな?と、お祈り程度にポートの容積を実験的に今までよりほんの少しだけ拡大。

SBR_3587
そして組み上げ後にいつもシャーシダイナモでお世話になっているシュアショットさんに持ち込んでカムホルダーの軽い慣らしと最終調整を兼ねて回してみますが、このV-MAXを一番初めに制作した際に記録した後輪出力が162馬力で、前回の若干パワーを抑えた仕様時が後輪出力144馬力前後だったので、当然初期の162馬力越えを狙いますが、いざ回してみると140馬力前半しか出ていない・・・。

SBR_3592
いくらセッティングが合っていないからといって一発目からそんなに低い事ってある?と内心凹みましたが、どうやらこのウオタニという点火モジュールの設定次第でかなり特性に変化が現れる事が判明。
しかも点火マップがどうなっているのか内容が分からないので条件を変えながら各ジェットのサイズを変えてシャシ台のグラフがどう変化するかを何度も何度も仕様を変えて深夜まで・・・。
毎回長時間、深夜までシャシ台を貸していただけるシュアショットさんには感謝しかありません^^:

SBR_3598
そしてこちらのグラフはセッティングを煮詰めて後半の変化の様子ですが、

SBR_3598-2
上から下に向かって回を重ねてジェッティングを変えて点火マップを変えて走る度にパワーも上がって行き、あと一歩で160馬力目前という158.76馬力を境に垂れるというw
ただシャーシダイナモ室の室内温度が上がって吸気温度が上がってしまった事や、FCRキャブレターのボディ自体が熱を持ってしまって燃料温度などもかなり上がってしまったので158馬力でも仕方が無いのかなと。

IMG_2021.2.23
という事で当日の最大値158.76馬力(赤線)と最小値142.01馬力(青線)のグラフですが、トップエンドのパワーを求めるとVブースト機構を撤廃している関係で中間にドカンと谷が出来てしまうのですが、手持ちのジェットニードルでは対応しきれず、ここをフラットなパワーカーブに持っていけたらもう少し面白くなりそうなのでここはまた次の機会に。

また以前にこのV-MAXの記事で162馬力から144馬力にパワーを落とした際の記事で、何で純正カタログスペックで145馬力なのに排気量を上げて純正以下のパワーになってるの?と質問をされたのですが、それは計測方法の違いによって得られる出力が異なるからなのですが、カタログスペックはエンジン単体を計測機に繋げて馬力を測定されており、駆動系などで損失する分は考えられておりません。
対してシャーシダイナモではエンジンから出力された力が駆動系を通じてホイールを回す際に発生する抵抗やタイヤの摩擦抵抗などで出力した力の何割かが失われてしまいます。
SBR_5497
特にV-MAXのようなシャフトドライブ機構を持った車両の場合はエンジン側のミドルギアと後輪のデフの抵抗で30%ほど失うという話で、実際に145馬力のV-MAX1200をパワーチェックした際に得られる数値はネットを徘徊したところ平均100馬力前後が多かったようです。(100馬力 ÷ 損失補正0.7=143馬力となりカタログスペック145馬力とほぼ同じ)
なので前回の144馬力をシャフトドライブの損失補正30%として計算した場合にカタログスペックで数値化すると144馬力 ÷ 損失補正0.7=205馬力となります。
今回フルパワー化した後輪出力158馬力の場合には損失補正後は225馬力となります。
ターボもNOSも使用していないNAのV-MAX1200で225馬力とか言われても嘘くさいですよねw
実際、シャーシダイナモの数値を損失係数を変えて誤魔化しているようなモノや自称〇00馬力!なんて事も幾らでも出来ますので。

ヤングマシンさん参照データ+V-MAX
ただシャーシダイナモは仕様やセッティングの違いなどを評価し比較検討する機械ですので、今回のV-MAX1200に於いてはシャシ台上でいくら馬力が出ても意味がありません。
ですが、レースのタイムは誤魔化す事が出来ませんので、この馬力が嘘か本当かはタイムを出してこのランキングのトップを抜き去って立証して頂く必要がある!という事で、今週末のセントラルでオーナーさんには怖いなどと言わず死ぬ気で頑張って全開にしていただきたいと思います^^

SBR_3516
今回の計測で前回のフルパワー162馬力まで3馬力足りなかった分をいま思い出しました。
月曜日に伺った牧場に3馬力居たのを忘れて置いて来ちゃったみたいです・・・。


akane380 at 03:25|PermalinkComments(6)

2021年01月05日

V-MAX1200 エンジン修復作業開始

数年前の年末に作業を通してテレビ関係の方と知り合って話した際に、” 新年早々箱根駅伝の撮影なので正月なんて無いですよ〜 ” なんて話から ” 箱根駅伝は面白いから是非観てみてください! ” と言われて見始めて以来、毎年正月の日中は駅伝を見てから行動をするようになったのですが、毎年いろいろなドラマがありますが、今年の復路は天国と地獄が交錯する劇的な逆転劇で特に面白かったです^^
こんな事を言ったら大変失礼かもしれませんが、駅伝を観ているとトップグループの選手達はゴール後に皆倒れてガクガク痙攣をして担架で運ばれていくのですが、下位グループになるとゴール後に平然とスタスタ普通に歩いていたりで、強いチームと下位チームの差って体力面よりも自分を何処まで追いつめられるか?その辺りの気合いの差の方が大きいのかな?なんて現代社会で嫌われる根性論で考えてみたり。

SBR_1533
とりあえずチャレンジスピリットだけは学生さん達に負けちゃいられない!という事で、2月の下旬にセントラルサーキットでリベンジをするべく、前回のJD-STERでカムシャフトの破損が確認されたV-MAX1200のエンジンを今月中の復活を目指して作業を開始しているのですが、

SBR_2343
シリンダーヘッドを剥がしてみたところ、事前の内視鏡チェックで判明していた通り、ピストンとのソフトタッチは有ったようですが、致命的な痕も無く、

SBR_2348
ヘッドに関しても軽補修で再利用が出来そうで一安心です。

そして現在運用しているV-MAXのエンジンによるカムシャフトの破損は2回目となるのですが、
SBR_7909
原因は強化したバルブスプリングのレート(スプリング荷重)が高過ぎる事に由来していると思われるのですが、

SBR_2388
どの位レートを高くしているかというと、純正比で凡そ2倍強となり、それじゃ折れるわ・・・と思われるかもしれませんが、

SBR_9971
レートを強化して倍以上になっているとは言っても、その数値はV-MAX1700の純正のレートと同等レベルのレートでしかありませんので、ドラッグレースなど高回転でガンガンぶん回すにはV-MAX1200(FJ、XJR系)の純正バルブスプリングのレートでは低過ぎるとの判断からレートを強化した次第です。

SBR_2397
ただ、どうにもこうにもこのV-MAX1200のカムシャフトの注油口が大きく開いたデザインがネックとなって、その部分で毎回折れてしまうので、今回はプロフィールの派手なリフト量のあるハイカムを使用している訳では無いので、バルブとピストンがヒットするリスクよりもカムシャフトが折れるリスクを考慮して純正バルブスプリングに戻す事にしました。

SBR_2364
元々スプリングのレートを重くする=抵抗が増えて損失が生まれる構造ですので、やむを得ないとはいえ純正バルブスプリングに戻すのは気分的にはウェルカムでデメリットばかりでもなく、あとはシフトチェンジの際にオーバーレブをさせないなど、乗り方で上手く立ち回ってリスクを回避していただければという他力作戦ですw

SBR_2353
そして2月のアタックに向けて再度フルパワー化にするべく、部品取りのエンジンも準備しましたので、フロントバンクのヘッドを新規で作り直してチャンスをモノに出来るようリベンジを行っていただきたいと思います^^

SBR_1894
とりあえず今回、タイミング良く1200と1700のエンジンを並べる事が出来たので、記念に一枚撮っておきましたが、やはり1700のエンジンは断然大きかったです^^

akane380 at 01:00|PermalinkComments(4)

2020年12月07日

JD-STERダメでした!

SBR_1276
数年振りのJD-STER参戦でしたが、結果から先に申しますと全くダメでした。

SBR_1497
現地に着いて準備をしている頃には雪がチラつく位の冷え込みで、外気温0℃からのスタートとなったのですが、

SBR_1518
一、二本目の走行はタイヤが全く食わず、赤線の60ft区間の目標タイム<1.6秒台>からは程遠いタイムで問題外で、サスの設定などを変えて劇的に60ft区間のタイムが良くなったと思ったら後半の車速の伸びが全く無く、タイムも11秒台連発で明らかにエンジンに力が無いな・・・と、キャブのセッティングは地元で練習走行をしていた時には#185のジェットを使っていましたが、それでは燃料が足りずに#202で空燃比も安定して「今日はタイムも出るぞ!」なんて期待もしていたのに走る姿は完全にパワー不足。。。

SBR_1500
そして最後の一本を走る前にプラグをチェックしてみると3番のプラグがカブっていて、今まで3発だったのか・・・。と、普段の直4と違って180度クランクのV-MAXは常に片排サウンドなので、まさか一発死んでいるとは思わず、直ぐにプラグを洗浄して期待も込めて挑んだ最後の一本も同様にパワー感が無く終了しました。

そして、先ほど遠征から戻ってガレージにマシンを入れて何が原因だったのか探る為に圧縮を図ると圧縮が全く無い。
iphone_IMG_4908
バルブが曲がったのか?またコッターが飛び出したのか?と内視鏡でピストンを見てみると薄っすらバルブとヒットしたような痕が確認出来るものの、激しい事は起きていない。
そこでヘッドカバーを剥がして、まずはバルブクリアランスを確認してみようとクランクを回すと、隣で見ていたV-MAXのオーナーさんが ” カムが回ってないです ” とポツリ。

SBR_1545
またかよ。。。という事で、どうやらカムシャフトがまた折れていたようです。。。

SBR_1533
ちなみにこのカムシャフトがいつ折れたのか?を考えてみた結果、9月くらいに練習走行をした時に、エンジンから変な音が一瞬聞こえたような気がして、一緒に居た仲間に ” いまヘッドから変な音がしなかった? ” なんて話しつつ気に掛けたものの、直ぐに音がしなくなったので気のせいか・・と思っていましたが、実際にはあの時に折れたのだと理解しました。

そして不運な事に、何故カムシャフトが折れているのに気が付かなかったのか?ですが、
SBR_1553
一つは空燃比計のセンサーを以前に作業を行っていたショップさんがマフラーの集合後に設置をしていたのですが、集合部からの二次エア混入で正確な空燃比が測れなかったので、こちらで新規に1番のエキパイにセンサーを移動してしまったので1番シリンダーに異常がない限り空燃比計に症状が現れない事と、普段の練習ではスタートの練習しかしないので、3発と4発のパワー差の違いが分かるほどのパワーを掛けれないという条件もあり、間近で見ていても全く気が付きませんでした。

SBR_1552
それでも幸運な事にバルブとピストンが派手にヒットしなかった事と、吸気側が折れてくれたお陰で無負荷+無症状でいてくれたので致命傷には至りませんでしたが、これが排気側だったら破壊的なエンジンブローになり兼ねなかったので、いろいろ不幸中の幸いに助けられたようです。

と言う事で、今回は大失敗に終わりましたが、丁度シーズンも終了しましたのでエンジンを降ろして戦闘力を取り戻すべく、来シーズンに向けて引き続き頑張ります!




akane380 at 01:26|PermalinkComments(4)

2020年12月03日

年内最後のV-MAX9秒チャレンジ

SBR_1095
バタバタしていたら あっという間に12月ですが、先日、今週末の5日(土)に福島で開催されるJD-STER最終戦に向けて夜な夜なマシンの調整と、

SBR_1092
寒い福島に向けて人間の耐寒訓練を行ってきました・・・w

SBR_1099
前回11月にJD-STERが開催されると思って練習をしたのが一ヶ月前くらいでしたが、前回合わせたキャブレターのセッティングが既に合わなくなるほど季節が移り替わっていて、当日の福島は午前中の予想気温が4度前後、最高気温8度の予報で、スカイパークは山の上なのでもっと寒いとして更にセッティングが進みそうで何よりです。

とりあえずセッティング的には燃料が沢山入れられるのでパワー面で有利な条件ですが、気温が低すぎてバーンナウトを行ってタイヤを温めても直ぐにタイヤは冷え冷えだろうな・・と。
SBR_1106
そして案の定というか、昨晩の練習でも外気温10℃でもバーンナウト後は急速にタイヤが冷めてしまい予想以上に食いつかず、美味しい所を使い切ってしまったのか?スタート後に通常の5倍近くブラックマークを残す有様で、スタートが命なドラッグレースとしては少し致命的な環境の中でのチャレンジとなりそうですが、先日の練習走行でこのロードレース用のタイヤ( DUNLOP SPORTMAX Q4 )をドラッグレースで使用するに当たってネガティブなポイントも分かってきましたので、再度新品を奢っていただいて、今までのシンコータイヤとの使い方の違いなども含めて現場の状況に合わせて臨機応変に対応できる様、現場力高めにサポートを行ってきたいと思います。

SBR_1631
そして無し無し条件のV-MAX1200に対して来年からは全く違うアプローチで進めているもう一方の何でも有り有りなV-MAX1700も本格的に進めて、上手くいけば自分の12Rの復活計画も来年からスタート出来ればと思います^^

akane380 at 01:36|PermalinkComments(4)

2020年09月23日

目指せ!ゼロヨン(0-400m) 9秒台

という事で、こちらのブログでチョイチョイ記事にしているV-MAX1200での1/4mile ( ゼロヨン )目標 9秒台!の話の中で、ゼロヨンに興味の無い方からすると、9秒台を出すのって難しいのか?と思われるかもしれません。

そこで簡単に現在9秒入りチャレンジ中のV-MAX1200を紹介すると・・・
VMAX1200_data
今回求められている条件は、V-MAXを愛するオーナーさんの意向で、国内では今までに誰も成し遂げた事がないドラッグレースに必要な装備を一切使用せずに、V-MAX1200でゼロヨン9秒台に入れる事を目標として、以前に10年近くレースでお世話になったV-MAX専門店でエンジンを制作してもらった時と同じ排気量 ( ボア×ストローク ) のまま、シークレットベースレーシングとしてメニューを考えて9秒台を出せるエンジンを作れというチャレンジングなレギュレーションの中、トライ&エラーで評価を繰り返して仕様変更と修正を重ねて回を重ねる毎にタイムを刻んでいる状況です。


ヤングマシンさん参照データ
そしてこちらはヤングマシンさんの記事(ソース:https://young-machine.com/2020/04/08/87787/)を元に、最新型スーパースポーツバイクにおける純正でのゼロヨンタイムを上から速い順に表にしてみた物ですが、一先ず計測結果のタイムは伏せてありますが、果たしてこの200馬力が犇めく高性能な最新機種の中で、9秒入りの車種が何台あるでしょうか? そして現在自分達が挑戦しているV-MAX1200のタイムがこの最新スーパースポーツ勢と対峙した場合にどの位のポテンシャルがあるのか・・・。





その結果は・・・





ヤングマシンさん参照データ+VMAX
この様な感じで、最新のCBR1000RR-Rをもってしても純正では9秒台には辛うじて届かない。そんな領域がゼロヨン9秒台となります。 
そのような高い壁に対して古いV-MAXに無し無し条件で、専用のドラッグコースも無く、一般舗装路+エンジンの出力だけでこの目標に挑むのは当然厳しくやり甲斐があるのですが、流石に適当に乗って出せるタイムでも無く、こうなってくると当然ライダーに求められる技術も高い次元が要求されます。

SBR_5480
レースの世界は裏側を見れば作り手と乗り手のバトルでもあり、作り手はこちらが作るモノを高い次元で使いきってくれないと困り、乗り手は物足りなさを感じないモノを作り手に要求する、その技術のぶつかり合いの結果がタイムであり、勝負の世界でもあります。
そして現状ではV-MAXのエンジンは練習用に耐久性を持たせるべく、一番初めに制作した時の仕様から若干パワーを落としているのですが、現状の状態でタイムが何処まで出せるか自身の腕を試したいオーナーさんと、次のチャンスを最大限生かす為にもフルパワーに戻したい自分との意見がぶつかり、それならスタートのタイムが安定して良いタイムが出るようになればそのままの仕様で、ダメそうならスタートを捨てて、エンジンのパワーに賭ける方向で行きましょう。という話の流れで先週からスタートの練習を始めたのですが、先週はウイリーからの着地でヘッドライトが切れて中止となってしまい、先日再度集まってスタートの練習を行ったのですが、一つの方向性が見えたところで時間切れとなってしまい評価が出来ず・・・。


iphone_IMG_4609
ちなみに単純に400mをただ真っ直ぐ走るだけの競技と思われがちなドラッグレースですが、実際その通りですw
ですが、タイムを出すとなると非常に難しく、同一車両でドラッグレースでタイムを出す為に一番重要なポイントは、静止状態からスタートでどれだけのエンジンパワーを無駄なく路面に伝えて高い加速Gでスタート出来るか?に掛かっているのですが、上のグラフはいつも計測に使用しているDragy のアプリ画面で、右のスタートしてから60ft(約16m)の区間タイム1.66秒の良いタイムの時と、左の2.95秒の遅い時ではオレンジ色の加速Gの初動の値が異なるのが分かるかと思います。
この部分を如何に高いGでスタート出来るようになるか?が乗り手の技術と度胸が試される見所であり、ドラッグレースの楽しさだったりします。
ただこのスタートに関しては周回レースのスタートも同様の技術が求められますので、ドラッグレースに限った話ではなく、 俺なら何秒出せるんだろうか・・・?と気になった際には11月1日に福島県でJD-STERという2輪のドラッグレースが開催されますので、タイム計測がてら参加されてみては如何でしょうか。
ちなみに現在の国内の2輪ドラッグは参加車種の幅が非常に広く、最新機種だけではないので、ギャラリーとして参加されても楽しめると思います。
訂正とお詫び

こちらの記事で11月1日に福島県でJD-STERという2輪のドラッグレースが行われると紹介をさせて頂きましたが、11月のレースは当初の予定から開催未定となっていると教えていただきました。現状11月1日開催予定だったJD-STERは開催未定との事で訂正をさせていただきます。



先日のJD-STERの様子を見やすく紹介されている動画がありましたので、
こちらでご紹介させて頂きます。
念のため音量に注意してください。
⇓    ⇓



とりあえず11月のJD-STER参加で一番の楽しみはGo to な宿だったりするのは内緒ですw






akane380 at 00:08|PermalinkComments(8)